*

FM長野リスナーである、ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を発表・保存しています。

*

第579回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「眠狂四郎無頼控」テーマ音楽 [渡辺岳夫]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪「福家警部補の挨拶」と和音構成は類似しているが、際立つ劇伴トラック群。


 モバイル ブログのシステムが、今週から刷新されました。

 このブログで運用している、独自に作成したWORDPRESSのテーマ“Listkeeper”のモバイル版“Listkeeper-mobile”が完成。PC・モバイルどちらによるアクセスかを自動で判断し、スイッチング機能でテーマが切り替わるシステムを導入しました。

 17日 午後5時18分に、Google+(プラス)ページと、twitterで、モバイル ブログのシステム刷新作業を行うと「臨時のお知らせ」を発信。午後6時51分に、作業は無事完了しました。

 スマートフォンや従来の携帯は、モバイル ブログ。PCやタブレットではPCのブログが表示される様に、スイッチングの初期設定をしました。また新しいタイプのモバイル端末が出現した場合、どちらのブログを表示するか、簡単に設定できる様になっています。

 モバイル専用テーマである“Listkeeper-mobile”は、スマートフォンから従来の携帯まで、差別なく表示され、総てのテキストが簡単な操作で読めるのが特徴です。

 特にスマートフォンでは、従来よりボタンなども ひと工夫してあり、Google+1や、twitterへのアクセスナビなど、きちんと表示されています。

 もちろんPCのブログ同様に、HTML5とCSS3を使用し、このスマートフォン完全対応のモバイルブログを、シュミレーターと所持している携帯での推測により、またまたスマートフォンなしで組み上げました(笑)。

 このブログは、テキストがメインですので、PC・モバイル共に、あくまでもシンプルなデザインを心掛けています。

 ブログのカラーは、タイトルの背景が、青い空の深いブルー。タイトル文字は、青い空に浮かぶ白い雲のホワイト。そして枠線は、陽を浴びて輝く、明るめのグリーンとブルーです。このカラーは、PCとモバイルで統一しています。

 2005年から私は、独学でHTMLとCSSさらにPHPの勉強をし、ブログシステムを作り上げました。ここまで作り上げる事が出来たのも、WORDPRESSという自由で素晴らしい、オープンソースのブログソフトウェアがあったからです。

 2010年からの使用開始当時は2.9.2でしたが、現在は3.9.0まで、WORDPRESSもバージョンアップしてきました。

 24個使用しているプラグインも、独自作成したものを、ブログシステムの頭脳として使っています。さらに問題になっている、無断コピーペーストやログイン侵入を防止するため、セキュリティに関するプラグインも充実させました。

 このブログは、PCから従来の携帯まで、総てのテキストを簡単なアクセスでお読み頂ける点と、バナー広告を一切表示しない点が、大きなポリシーです。

 全ページのURLは、PC・モバイル統一しています。PC・モバイル全機種平等に表示する「チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG」を、これからも よろしくお願い致します。


第578回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  2. 第 2 位 ( △ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「眠狂四郎無頼控」テーマ音楽 [渡辺岳夫]
    ♪ラストに流れるテーマ音楽の調性は抜群なものがある。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Foster The People“Coming of Age”
    ♪オルタナティブ・ロックに類するが、G.のカッティングは実に解りやすい。


 FM長野は、この春は目立った自社制作番組の異動がありませんでした。開局25年半を経過したFM長野は、午後のワイドが3年目、朝のワイドが8年目に入っています。

 隣県の県域民放FM局「岐阜エフエム」(大垣市)では、経営改善に血が滲む様な努力をしてきましたが、どうしても約3億円の債務超過を消化することが出来ず、開局(2000年)以来続いてきた「岐阜エフエム放送株式会社」を解散し、新たに「株式会社エフエム岐阜」を設立して、放送事業を継承しました。

 以前ブログでも紹介した通り、岐阜エフエムは、マスメディア集中排除原則のラジオ4波特例として、岐阜新聞社の支配を受けていました。ところが筆頭株主は中日新聞社と、妙なタスキ掛け状態になっていたのです。

 あくまでも私見ですが、岐阜エフエムが中日新聞社の傘下に入っていれば、この様な破綻処理は なかったと思われます。新会社のエフエム岐阜は、中日新聞社・岐阜新聞社が一気に抜け、JFNとFM愛知・FM東京主体の株主構成となりました。

 また中京エリアでは、2010年 9月に閉局した、外国語FMラジオ放送局“RADIO-i”に代わって、今月からInterFM名古屋が開局しました。その番組編成は、東京のInterFMと全く同じであり、開局当初は名古屋制作の番組は皆無で、まさに放送番組の同一化を先取りした形態となっています。

 総務省が提示した、放送ネットワークの強靭化に係る 周波数の割り当て・制度整備に関する基本的方針や、同省諮問機関である「放送政策に関する調査研究会」がまとめた、放送番組の同一化の考え方は、今後のラジオ放送の重大なガイドラインです。FM長野には、リスナー本位の穏やかな自社制作を期待しています。


 FM長野 自社制作番組リスト(敬称略 ・【 】内は整理順位)

 2014年 4月 現在

  1. 【1】echoes
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・渡辺麻衣子・田中利彦・なるみ・小出真保・唐木さやか・湯澤かよこ

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1049
       小林新

  4. 【4】Vitamin Marche
       月 → 木 1500 ~ 1549
       佐々木香代・高寺直美

  5. 【5】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  6. [6]FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1100 ~ 1230
       高寺直美

  7. [7]ランチタイム@信州
       金 1200 ~ 1249
       大湾瑠

  8. [8]まるごとおおまち
       金 1130 ~ 1155
       佐藤栄見子

  9. [9]Real Voice
        土 0930 ~ 0955
        有本純

  10. [10]汐入規予 I’m with you
        土 1800 ~ 1830
        汐入規予

  11. [11]アニラジ!VOICE SANCTUARY
        土 0030 ~ 0100
        upolu・LITTLEPISCHNA・樋口真利子

 開局時(1988年10月)から27年間の全リストは、ブログのベーシック リストに掲載しています。


第577回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ
    ♪1位 5週、登場12週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌
    ♪旋律構成に類例を感じるが、澄んだ美しさを保ったバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE“AGAIN”
    TSB(日テレ)ニュース番組“NEWS ZERO”テーマソング


 新年度がスタートした1日から、商品を購入したり、サービスの費用を支払う時にかかる消費税の税率が、5%から8%まで引き上げられました。

 消費税は、昭和から平成になって僅か3ヵ月目の1989年 4月に、3%の税率からスタートしました。0%から3%となる消費税導入時は、ありとあらゆる製品やサービスの価格・料金に徴税するシステムを構築しなければならず、大変な騒ぎだったのを覚えています。

 世界的に見てみると、最も消費税が高い国は、ハンガリーの27%で、次いでノルウェーやスウェーデンが25%と、高福祉国家が並んでいます。日本は、消費税が最も安い国に挙げられていました。

 1997年 4月に、3%から5%へ引き上げられて以来、17年ぶりの増税です。さらに今回だけでなく、来年10月には、8%から10%へのアップも計画されています。

 その際には、消費者の負担増を減らすため、日常品や食料品などの税率を抑える、日本にはない軽減税率制度の導入も予定されており、それを適用する品物の選定を巡って、現在議論が進んでいます。

 消費税率が高い国では、食料品を始めとした生活必需品に対して、大幅な軽減税率が設定されていることが多く、適用される品目は、その国によって異なります。

 イギリスは、消費税20%と高額ですが、食料品・水道水・医薬品などの軽減税率は0%と、思いきった非課税政策が取られています。消費税が付加されずに、食料品を購入できるという訳です。

 消費税22%のイタリアでは、軽減税率が細かく定められており「食肉・小麦粉・鮮魚・卵・酢・砂糖」などは10%が適用。「生鮮野菜・牛乳・紅茶・書籍・新聞・パン・パスタ」に至っては、4%の低減税率となっています。

 日本では新聞購読料などに、まず低減税率の適用を求める声も聞かれますが、まずは「口に入る」生活必需な食料品から、低減税率を導入する事が急務です。また新聞購読料を低減税率の対象とするなら、アナログラジオの購入にも、低減税率を適用すべきだと、私は思います。

 アナログラジオこそ、非常災害時には最も役に立つツールであり、各家庭に少なくとも1台、アナログラジオを常備させるためにも、生活必需品として、アナログラジオ購入の際に、低減税率を適用すべきです。

 先月末まで、消費税アップ前の駆け込み需要が喚起されていましたが、これからは新たな消費喚起を目的に、既存商品の価格競争が起こると予測する人もいます。しかし価格競争が過熱すると、またデフレを誘発しかねないとも限りません。

 増税後の景気への影響も気になるところですが、あくまでも消費税は、福祉を主たる目的とした租税であり、年金制度などの安定と充実が、消費税アップの絶対条件である事は間違いありません。


第576回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪時専では現在、テーマ音楽がフルサイズで流れる第5部が放送されている。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS(フジ)ドラマ「福家警部補の挨拶」テーマ音楽 [横山克]
    ♪1位 2週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    DREAMS COME TRUE“AGAIN”
    TSB(日テレ)ニュース番組“NEWS ZERO”テーマソング


 NBS長野放送(フジテレビ系)のお昼の生放送バラエテイ「笑っていいとも!」が、31日に終了となります。なんと1982年10月から32年間に渡り、8054回も放送が続きました。

 この番組は、言わずと知れたタモリが総合司会なのですが、番組のタイトルにも、森田一義アワーと頭書してある通り、タモリが本名を名乗っており、クレジットにも一貫して「森田一義」と表示されています。

 番組開始から続く名物コーナー「テレフォン ショッキング」は、実は真裏にモデルがありました。TBSテレビ系「スーパーダイスQ」のあと、12時20分からオンエアーされていた「悪友親友」という番組です。

 司会は芳村真理が担当し、有名人の友人同士が、2日連続で出演しトークのあと、ひとりが残って次回の友人を紹介していく形態でした。これは現在も続くフジ系「ごきげんよう」にも、システムが似ています。

 私はポーラテレビ小説の前に、この「悪友親友」を視た記憶があります。その時の二人は、ルパン三世の山田康雄・小林清志でした。この二人が一緒に顔出しのテレビ出演をしたのは、後にも先にも なかったと思います。

 当初の制作スタッフも、パロディー的な軽いノリで「テレフォン ショッキング」コーナーを作ったのだと思いますが「悪友親友」は、1984年 3月に終了となり「テレフォン ショッキング」は、それから2014年まで続くのですから、皮肉という一語では片付けられない、運命めいたものを感じます。

 23日のテレフォン ショッキングには、安倍晋三 内閣総理大臣が出演。 28日には、テレ朝で同じ時間帯に引っ越してくる「徹子の部屋」の黒柳徹子が登場。31日 最終回のゲストは、ビートたけし。夜 放送されるグランドフィナーレには、女優・吉永小百合が予定されているそうです。

 ギネスブックに、単独司会者による生放送最長世界記録としてレコードされている「森田一義アワー 笑っていいとも!」も、放送文化の黄金時代と共に、終わりの時を迎えました。


 松本も まだ朝晩は寒いのですが、天気の良い日中は、すっかり暖かくなってきました。日陰などに僅かに残っていた、2月豪雪の残雪もすっかり溶け、美ヶ原の山々を見上げると、雪模様がだいぶ少なくなりました。

 我が家で春を告げる白梅の盆栽も、今週から開花を始めました。沢山の花の芽が膨らんでおり、大変楽しみです。隣の紅葉の盆栽は まだ眠っていますが、両方とも毎日の水やりを再開しています。

 足かけ24年飼っているミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン も、軽々と冬を越し、元気一杯で春を迎えました。飼い主が姿を見せると、エサくれガチャをマメにやってます(笑)。

 昨年は「ブログに費やした1年」だったと、年末の週間放送視聴日記で回顧した通り、既にブログの整備は終わっているのですが、モバイル ブログに関して追加の整備を、この春に続けています。

 最近の多種なモバイルの出現で、端末によって、PC・モバイルどちらのブログページを表示するが適正なのか、そのスイッチングが大変難しくなってきています。

 そこで従来プラグインで生成していたモバイル ブログを、独立したWORDPRESSのテーマにし、PC・モバイルふたつのテーマのスイッチング機能を、プラグインで独立する事にしました。これによってモバイルの媒体毎に、設定の簡単登録が出来る様になります。

 デザインが大きく変わるとか、見た目の変化は全くありません(笑)。現在モバイル ブログのテーマ作成を少しずつ進めており、切り替え時には、Google +(プラス)とtwitterで「臨時のお知らせ」をし、直後の週間放送視聴日記でも、詳細を発表する予定です。

 作業中に一部の端末では、PC・モバイルページが、輻輳して表示される場合もあるかも知れませんが、もう少しお待ち頂ければと思います。


第575回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS(フジ)ドラマ「福家警部補の挨拶」テーマ音楽 [横山克]
    ♪本編エンディングからタイトルバックへのカットインが実に効果的。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  4. 第 4 位 ( △ )
    DREAMS COME TRUE“AGAIN”
    TSB(日テレ)ニュース番組“NEWS ZERO”テーマソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]


 まだソチ冬季五輪が始まる前でしたが、1月28日 夜のNHKニュースウォッチ9で、大越健介 キャスターが発した、まるで最近のスポーツニュースの様な、感動を先物買いするコメントに、私は視聴しながら引っ掛りを覚えていました。

 ノーベル賞確実などとマスメディアが沸き立った「STAP細胞」論文は、世界中の化学者の間に、再現実験の成功例がなく、かつ論文自体に明らかなコピーペーストと見られる無断流用が数多く、結局撤回となりました。あの割烹着姿も演出だったそうです。

 今回の問題は、安易に報道したマスメディアにも、脚色の一端がある様な気がします。発表直後からネットでは、早くも疑念の声が起きていたのですが、感動を煽ったマスメディアは、当初その声を無視していました。

 世界中の学者から再現できないと、一斉に指摘された時も、論文主要著者が所属する理化学研究所(理研)側からの「再現にはコツが必要」との弁明に、私は強く胡散臭いもの感じました。科学の理論証明は、誰が行っても同じ実験結果が出なければならず、コツなど有り得ないのです(笑)。

 小保方晴子 理研研究ユニットリーダーが著した論文には、スペルのミスまでコピーペーストされていた跡が数多く見つかり(笑)この時点で、あらゆる信用は失墜していました。

 STAP細胞の騒動を見聞きする中で、1989年に巻き起こった「常温核融合」騒動を、私は思い出しました。

 「常温核融合」とは、室温の状態なのに、水素原子の核融合反応が起きる現象で、実験成功と発表されるや否や、今回のSTAP細胞と同じ様に、世界中が大騒ぎになりました。

 当時茨城に住んでいた私は、我が家で購読していた東京新聞「こちら特報部」の図解を見て、心底から驚いたのを、今でも覚えています。まるで中学校の理科室の実験キッドの様な簡単な装置から、核融合が起きるのです(笑)。地球上のエネルギー問題は、即解決するはずでした。

 しかし世紀の大発見のはずだった常温核融合は、その後 誰も再現実験に成功した化学者がおらず、世紀の大誤報となりました。全く今回のSTAP細胞騒動と、極めて酷似しています。

 STAP細胞は、薄い酸に浸して細い管に通す、常温核融合の様な簡単な仕組みで出来る、万能細胞と称していましたが、15日付の中日新聞1面コラム「中日春秋」に、STAP細胞理論の根幹を突く、実に解りやすい英国科学者の疑問の声が掲載されていました。

 「なぜレモンやコーラを口にしても、細胞の初期化は起こらないのだろう?」(笑)。

 常温核融合は、今でも世界中で研究が行われており、疑惑まみれになったSTAP細胞も、化学発展の大きなヒントになるかも知れません。何よりもノーベル医学・生理学賞を受賞した、山中伸弥 教授のiPS細胞は、いかに偉大な発見なのか再認識できました。

 メディアを意識し過ぎ、今日という日に、偽りの輝きしか出来なかったSTAP細胞ですが、山中伸弥 教授の様に、輝く前の地道な努力と、たゆまぬ研鑽の日々があってこそ始めて、科学の新発見は、人類の進歩として、明日に光り輝くものだと、つくづく思いました。


カウンター

カウンター
ページ ビュー

Google+

Google プラス ページです
最新のブログ更新情報を発信しています

ブロガーの送受信専用アドレスです
頂いたメール内容の秘密は厳守しています

G U I D E

 ここは長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー『ラジオネーム:チャート★ドランカー』の個人ブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 このふたつのコンテンツを、毎週1リストにし、発表・保存しており、トップページでは、最新5週分のリストを、連記で掲載しています。

 コメント・トラックバック欄はありません。コミュニケーションツールとして、Google +1 ボタンを、全リストのフッターに設置しています。

 拍手のお気持ちが ございましたら、このソーシャルボタンから、お伝えください。

 広告等は一切表示しないポリシーで、開始時からブログを運営しています。デザイン総てが 手作りです。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば、嬉しい限りです。


プラス1 ボタン


BLOG PET

かめクン

このブログでも おなじみ
長年 飼い続けている
ミシシッピ アカミミガメの
ごぞんじ『かめクン』です

L I N K S

【 週間選曲リスト 】

【 週間放送視聴日記 】

最新5週連記

▲ 上へ