*

FM長野リスナーである、ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記を、発表・保存しています。

第223回ランキング

   
公開日:
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴咲コウ「ひと恋めぐり」
    SBC TBS・愛の劇場「砂時計」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」劇中効果音楽 [梅林茂]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメントにっぽんの現場」テーマ音楽 及び 予告使用音楽 [番組担当音響スタッフ 独自制作]
    ♪ごく短時間に使用される効果音楽は、NHK音響スタッフが創り上げた佳曲。


 大河ドラマ「風林火山」変わらず視聴率が、好調に推移しています。また ここ数年の大河ドラマの中では、群を抜くほど、脚本が充実しています。大森寿美男のシナリオには、毎回驚くほど胸を打つ 、しかも論理的な台詞回しがあります。

 千住明が制作した、音楽に関しては「週間選曲リスト」の評価通り、相当練り上げ、隙なく創った作品です。ただ旋律の心底に、染みていく豊さは、小六禮次郎の「功名が辻」テーマ音楽のほうが、優るかも知れません。

 ですが、テーマ音楽が流れる、タイトルバック映像の、総合的な出来は、空の雲の変化に合わせた、色彩のコントラストの素晴らしさに、象徴される様に、大河ドラマ史上最高だと、断言できます。

 配役序列では、前作「功名が辻」が、最も評価が高いトメG(タイトルバックの最後に配役が紹介される)俳優を、完全に固定させていたのとは異なり、非常に柔軟です。

 例えば、時代劇や2時間サスペンスに異彩を放つ、名悪役俳優であった、上杉祥三。テレビ草創期の頃から、あらゆるドラマへ出演し、脇役に徹し続けてきた、女優・大森暁美。このふたりを、大河ドラマでトメG入りさせた事は、驚きでもあり、その人選に、粋を感じています。

 NHK大河ドラマの配役序列は、最も権威がある、俳優・女優のチャートなのです。残るキャスト上の問題点は「あの人」(笑)。そう「あの人」だけなのです。ドラマの出来が良いだけに、段々と心配が つのってきました(笑)。今後の展開に、期待しています。

 NHK大河ドラマ「風林火山」4月29日 放送・第17回「姫の涙」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は… ○ 内野聖陽 / ○ 市川亀治郎 / △ 池脇千鶴 / △ 金田明夫 → 田辺誠一 → △ 有薗芳記 / 佐藤隆太 → 水川あさみ → 桜井幸子 → 貴地谷しほり / △ 柴本幸 / ○ 加藤武 / ○ 浅田美代子 → △ 上杉祥三 → △ 大森暁美 / ○ 竜雷太 / ○ 風吹ジュン / ◎ 千葉真一 …となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を評価対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも、意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ と評価は上昇。「トメ」の ◎ が、今回における最高評価俳優と、このブログでは、独自な格付けをしています。

第224回ランキング

   
公開日:
更新日:
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴咲コウ「ひと恋めぐり」
    SBC TBS・愛の劇場「砂時計」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」劇中効果音楽 [梅林茂]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング
    ♪CM“Segreta”で表現された見事なドライブ感は、書き下ろしのオリジナル曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]


 4月期のテレビドラマは、相変わらず不作のようです。ビデオリサーチ社の、視聴率調査(関東地区)を見ると、第1回 放送は、まあまあの数字でも、以降 低落傾向が ほとんどです。

 調査の標本構成を、10年前・20年前と比較していけば、やはり少子高齢化の波が、着岸しているのが解ります。

 その中で、毎回好調に推移しているのは、SBC信越放送(TBS系)の「夫婦道」です。

 武田鉄矢・高畑淳子に、柳井満 プロデューサーという「金八」シフト。穏やかで、かつ小ギャグ満載のホームドラマは、佳きTBSドラマ復活の感があります。

 母親・高鍋聡子 役の高畑淳子は、日本で有数の、本気で泣ける女優です。本気で泣けば、鼻水は出るし(笑)とても芝居になりませんが、高畑淳子は、ギリギリまで本気で泣き、見事な芝居を演じ切ります。

 長女 夏萌 役・しずちゃん こと、南海キャンディーズの山崎静代は、さすが常磐ハワイアンセンターの「フラガール」(笑)。人知を超えた、女優としての魅力があります(笑)。

 武田との口喧嘩相手で、隣家の市会議員を演じる、名優・橋爪功には、文句のつけようがありません。

 先日NHK総合の「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演した時、有働由美子 アナのカンペが「瓜」になっていたのを、目敏く見つけ、奪い取り、生放送のカメラに、写してしまう芸当は、まさしく「京都迷宮案内」の杉浦恭介 記者そのものでした(笑)。

 また、橋爪功の朗読技能は、卓越したものがあります。NHKラジオで、1年以上に渡り、読み継いだ「三国志」も人気を博しました。フジテレビの「剣客商売」や、NHK大河ドラマ「武蔵」(2003年放送)ではナレーションを担当しています。

 芸達者達の息の合ったドラマは、当然広い年代層の支持を、獲得する道が開けます。前人気を煽らなくても、世帯視聴率の総合値は、高くなります。見事な芝居と、統計学的推定は、正直に一致するものなのです。


(追記) 2009年 4月から 6月まで「夫婦道」第2シリーズが、復活した「水曜劇場」枠で本放送されました。しかし「水曜劇場」枠は、テレビ朝日の人気刑事ドラマ枠と、同じ時間帯であったため、視聴率が伸び悩みました。

 6月24日 放送では、サブタイトルも付かず「最終回」と、大きめのクレジットがされたのが、印象的でした。もう少しTBSも、番組編成を、熟考したほうがよいと思われます。

第225回ランキング

   
公開日:
更新日:
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴咲コウ「ひと恋めぐり」
    SBC TBS・愛の劇場「砂時計」主題歌
    ♪編曲は、華原大輔・前嶋康明。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」劇中効果音楽 [梅林茂]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌
    ♪上位4曲は僅差。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]


 12日 午前8時30分ジャスト、突然 FM長野で「海の波の音」が流れ始めました。

 途中、高寺直美 アナにより「暫くお待ち下さい」のアナウンスが放送されています。通常番組の放送は、8時45分に復帰。FM長野の通常放送で、大きな事故があったのは(ネットによる放送事故を除く)は、1999年 7月13日以来となります。この時も発生は、午前8時30分でした。

 FM長野は「送信所に電波を送信する機械に不具合が発生し、通常は自動的に予備の機械に切り替わるが、この日は うまく切り替わらなかった」とのプレス説明をしています。信濃毎日新聞には、記事として掲載されました。

 FM長野の送信は、独特てす。松本本社から放送マイクロ波を、一度 松本市北部の芥子望主山(けしぼうずやま)にある「反射板」にぶつけます。その反射波を、美ヶ原 本局送信所に、送っているのです。

 ブロガー プロフィールでも紹介している通り、私は 放送送受信技術について、独学で勉強した事があります。

 報道内容から、私なりの放送技術の知識で考えてみると、松本本社・主調整室(マスター)STL送信機の主系統が故障。さらに副系統への切り替えも出来ず、停波回避のため「予備伝送系」である、美ヶ原 本局送信所へのコーディック(音声をデジタル圧縮)伝送系が、瞬時に緊急作動しました。

 無音を避けるため、非常音声ファイルとして、プールしてあった「波の音」が自動送出。高寺直美 アナは、マスター割り込みで、この予備伝送系を通じて、緊急アナウンスを入れ、芥子望主山の反射板経由ではない、松本本社と、美ヶ原 本局送信所を直接結ぶ、非常回線を通じて、流れたのではないかと推測しています。

 民生用で、帯域は狭かったも知れませんが、この予備伝送系のおかげで、最悪の停波事故は、回避できたと思われます。

 15分間に及ぶトラブルで、FM長野へも、電話問い合わせが、殺到したはずです。しかしこのトラブルに関し、FM長野の公式サイトで、なぜかオフィシャルなメッセージは、発表されませんでした。

 この様な場合こそ、公式サイトで、リスナーに状況を出来る限り、早く知らせるべきで、無広報状態の継続は、放送事故の最終的な収拾にならないのではないのか? と、一(いち)FM長野リスナーとして、思った次第です。


(追記) 2009年11月15日にも、午後7時頃から数分間「波の音」が送出されています。

(追記) 2010年 4月10日にも、午後12時55分から約1分間「波の音」が送出されています。この時の「波の音」と、遅れて始まったFM長野ニュースは、mp3ファイルで、録音を保存しています。

第226回ランキング

   
公開日:
更新日:
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」劇中効果音楽 [梅林茂]
    ♪2年越しで1位評価。

  2. 第 2 位 ( △ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    柴咲コウ「ひと恋めぐり」
    SBC TBS・愛の劇場「砂時計」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]


 最近の銃犯罪の激増は、何とかならないものでしょうか? 17日に起きた愛知県の立てこもり事件は、とうとう、警察官の犠牲者が、出てしまいました。

 この事件で、何よりも驚いたのは、犯人が立てこもりの最中、地元FM局のDJを名指しの上「事件について語りたい」と言い出した事です。警察・局編成部長立ち会いの元、約30分間も電話で、DJと犯人は、実際会話を交わしました。

 その地元FM局は“ZIP-FM”。DJは「ジェイムス・ヘイブン」氏と伝えられています。穏やかな音楽放送メディアである、FMラジオが、この様な凶悪犯罪に、登場してきた事自体 異常です。

 ZIP-FMのヘビーリスナーは“ZIPPY”(ジッピー)と呼称しています。まさか元 暴力団構成員の凶悪犯人が、熱烈な“ZIPPY”だったとは、とんでもない所で、ZIP-FMの地元エリアに対する、極めて高い浸透度を、思い知らされました。

 FM長野の開局は1988年10月 1日ですが、全く同じ日に、東京のJ-WAVEも開局しています。

 FM横浜の成功の影響を強く受けた、J-WAVEの開局時編成は、横井宏・編成部長と常行邦夫・編成課長、このふたりに、託されていました。

 当時のFMfan誌に掲載された、ふたりの開局準備の対談記事を読んだ私は、この文章に、釘付けとなりました。「1日24時間を ひとつの番組にするのが理想」。その後、J-WAVEのタイムテーブル原案も発表され、驚きは、さらに深まります。

 音楽を、シャワーの様に、徹底的にオンエアー。平日は、朝からCMを入れず、30分間音楽だけを流す“NON STOP POWER PLAY”を7本放送。1日の大半が生放送。平日 夕方帯に、電話リクエストワイド。そして、日曜日 午後は、4時間のカウントダウン番組。しかも、100位まで発表。全く信じられない様な編成案でした。

 1988年 8月からJ-WAVEは、あらゆるジャンルの音楽を試験電波として流し、今でも「日本最高の音楽放送」だったとの評価がある、試験放送を開始します。

 そして放送免許が降り、サービス放送 第1日目の朝に、J-WAVEが流したニュース“Headline News”を、最初に聴いた時の、雷に打たれた様な感動は、生涯忘れる事が出来ません。まさか ラジオニュースと音楽が、ここまで融合出来るとは思いませんでした。

 開局18年を経た今でも、使用されている“Headline News”のサウンドステッカーは、ラジオニュース・テーマ音楽の最高傑作だと信じています。このJ-WAVEを大成功させた、開局時編成は、そのまま大阪のFM802にも、引き継がれます。

 J-WAVEを創り上げた、横井 氏と常行 氏ですが、この後、運命は分かれます。

 横井宏 氏は、衛星デジタル音楽放送「セントギガ」の編成局長となりました。

 月齢や日の出・日の入り、潮の満ち引きに基づき選曲し、音楽と自然音だけを、24時間1番組として生放送。世界音楽放送史上、最大の実験と言い切っても過言ではない、衛星ラジオ放送を開始します。

 しかし、余りにも、前衛的実験的な内容でした。私が、唯一聴取料を払った、有料ラジオ放送でしたが、聴取者は伸び悩み失敗。開局から3年後に、横井宏 氏は、急逝します。仕事に追われた故の末期ガンでした。

 一方 常行 氏は、京都のα-STATIONの編成部長に、紹聘されます。

 そこで開局時から、全ての正式番組名を定めない「24時間ワンフォーマット編成」の壮大な実験をします。

 当時のタイムテーブルは、1週間をトンネルの様な絵にしてあり、所々コーナーの刻み目が、書かれていただけでした(笑)。しかし大きな成果は上げられず、α-STATIONは、通常の番組編成へ回帰します。

 常行 氏が次に紹聘されたのが、開局準備中の、名古屋のZIP-FMでした。

 そして、取締役編成局長 兼 制作部長であった、開局9年目に、もう一度この「24時間ワンフォーマット編成」へ挑戦します。

 日曜 午後に、小林克也 氏が担当していた“ZIP HOT 100”以外、全ての番組を廃止する、改編率97%の、革命的大改編を断行。時間帯ごとに、番組名は定めず、ミュージック ナビゲータ(DJ)に任せる編成をしました。

 しかし、やはり失敗。常行 氏は、2004年退社。直後に「24時間ワンフォーマット編成」は、僅か2年で廃止されます。

 それでもリスナーとステーション、リスナーとミュージック ナビゲーター(DJ)の徹底した結びつきは、ZIP-FMに残りました。常行 氏は、このZIP-FMで、J-WAVEからの完成型を示しています。

 「1日24時間を ひとつの番組にするのが理想」。そして、ZIP-FMで、常行 氏と共に歩み、開局時から採用され続けている、ただひとりのミュージック ナビゲーター(DJ)が、あのジェイムス・ヘイブン 氏だったのです。


(追記) 週間放送視聴日記(2012年 8月24日)で、我が国 民放FMラジオの、革命的先駆者だった 小谷野修 FM横浜 元常務取締役 を紹介しました。


G U I D E

 ここは長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「チャート★ドランカー」の個人ブログ「2007年5月」の保存ページです。

 このブログには、全ページから月別のリスト保存ページへ、ひとつずつ漏れなくリンクしている構造的特徴があり、この完全なアーカイブ リンク群を「全リスト保存」と称しています。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 このふたつのコンテンツを、1リストにし、毎週ラジオ・テレビ放送の「定点観測」の積み重ねとして、本ブログで発表・保存しています。

 月間アーカイブページは、週間選曲リストの推移が はっきり解る様に、掲載は暦順に整序し、かつ前月・次月の移動ナビゲーションにより、読み進みやすくなっています。

 コメント・トラックバック欄はありません。コミュニケーションツールとして、Google +1 ボタンを、全リストのフッターに設置しています。

 拍手のお気持ちが ございましたら、このソーシャルボタンから、お伝えください。

 広告等は一切表示しないポリシーで、開始時からブログを運営しています。デザイン総てが 手作りです。

 FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば、嬉しい限りです。