FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第58回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]
    ♪劇伴音楽の範疇を遥に超える圧倒的存在感。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」
    SBC TBS・日曜劇場「砂の器」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・火曜時代劇「剣客商売」テーマ音楽 [篠原敬介]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「はんなり菊太郎2 京・公事宿事件帳」テーマ音楽 [野見祐二]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    TSB YTV・ドラマ「乱歩R」劇中効果音楽 [仲西匡・吉川慶]


 最初は悲劇的な結末を知る者にとってキツイと思っていた、NBS長野放送(フジ系)木曜劇場「白い巨塔」。人気は全く衰えず加古隆の劇伴音楽もあって、民放テレビとして極めて稀有な名作ドラマの予感がしてきました。原作となった山崎豊子の小説「白い巨塔」は、過去3度テレビドラマ化されています。

 1度目は、1967年にNETテレビ(現・テレビ朝日)で全26回放送(財前五郎:佐藤慶、里見脩二:根上淳)。

 2度目は、1978年にフジテレビで全31回放送(財前五郎:田宮二郎、里見脩二:山本學)。

 3度目は、1990年にテレビ朝日で前後編2回放送(財前五郎:村上弘明、里見脩二:平田満)。

 そして4度目の今回は、財前五郎:唐沢寿明、里見脩二:江口洋介が演じています。最も有名な 1978年の田宮版を始め、過去3回と今回は どこが違うのか? 脇を固めている 3人の登場人物の配役が、大きく貢献してると思います。

 まず大河内 教授 役の品川徹。品川徹の信念ある病理学教授としての存在感には、正直いって驚きました。既に品川徹のファンサイトが出来るほど、この役でブレイクしています。品川徹は、キャリアを重ねてきた舞台俳優ですが、テレビ・映画そしてアニメの吹き替えなどにも幅広く、そして地道に活躍されてきました。

 次に、岩田 医師会長 役の曽我廼家文童は、関西喜劇の名優です。田宮版の「白い巨塔」では、松竹新喜劇で活躍していた名跡・曽我廼家一門から、曽我廼家明蝶が財前又一 役を演じています。今回 同門から 曽我廼家文童 師匠が出演しました。財前派の料亭会合では、財前又一 役の西田敏行と共に権謀術策のシーンを、上手くオブラートしてくれます。

 最後に佃 講師役の片岡孝太郎。片岡仁左衛門を父に持つ名門の女形歌舞伎俳優です。父が片岡孝夫 時代に大役・後醍醐天皇を演じた、1991年のNHK大河ドラマ「太平記」では、片岡孝太郎が後半に、高氏(真田広之)登子(沢口靖子)との間に生まれた、室町2代将軍・足利義詮 役を好演しました。

 今回の「白い巨塔」は、カルテ改竄など反社会的行為も、財前派そして第1外科を守るため実行してしまう難しい役ですが、過剰な罪悪感を視聴者に与えず、閉鎖的な医局制度をクローズアップする形で見事に演じています。

 この3人の登場人物が、あの結末に向かって これから どう演じていくのか? 最近にない優秀なテレビドラマとしての期待感を持っています。


(追記) 品川徹のファンサイトは、その後 見当たりません。本人によってブログが運営されています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年02月13日 の週間選曲リストと『 白い巨塔 財前五郎 と 里見脩二 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。