FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第543回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    GLAY“DARK RIVER”
    NHK総合・ドラマ10「激流 ~ 私を憶えていますか?」主題歌
    ♪編曲は GLAY & SEIJI KAMEDA(亀田誠治)。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    AZU“Circles of Life”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」劇中効果音楽 [中島ノブユキ]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]
    ♪1位 3週、登場26週。


 第88作目のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」は好評です。2006年のSBC(TBS)昼ドラ「吾輩は主婦である」以来の帯放送ドラマとなる宮藤官九郎のオリジナル シナリオは良く練り上がっています。

 岩手県 北三陸市 袖が浜という架空の町を舞台としていますが、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県 久慈市が主要ロケ地です。

 東京では引きこもりがちで何事も積極的になれなかった女子高生・天野アキ(能年玲奈)が夏休みに母親(小泉今日子)と一緒に北三陸の故郷を訪れ そこで見た祖母(宮本信子)の姿に憧れて観光海女になり、遂には全国的なアイドルを目指していきます。

 脇役は芸達者を ふんだんに揃えており、祖父役・蟹江敬三、父親役・尾美としのり。観光海女の仲間には 渡辺えり、美保純、片桐はいり。北三陸鉄道の駅長には 杉本哲太。そして元フジテレビ アナウンサーの八木亜希子が女優として登場し、橋本愛 演じる足立ユイの屈折した母親役を演じています。

 昨年のNBS(フジ)木曜劇場「最後から二番目の恋」で丁々発止のテレビディレクター役を好演した母親・春子役の小泉今日子は、演技力にも磨きがかり相当な存在感をドラマから放っています。

 特に7月29日 第103回放送の薬師丸ひろ子 演ずる鈴鹿ひろ美との討論(笑)対決は、間に松田優作の長男・松田龍平が入っている事も相乗して、往年のアイドルシーンを知る者としては大変興味深かったです。

 また荒巻太一 役の古田新太は、AKB48の総合プロデューサーである秋元康を完全にパロディ設定しており、そこからは模倣性よりもリアルなシュミレーションを視ている様な感じを受けました。

 ドラマは2008年 夏からストーリーが始まっていますが、時系列の流れは ある一点へ向かっています。2011年 3月11日の東日本大震災です。

 北三陸鉄道は実在する三陸鉄道 北リアス線がモデルです。三陸鉄道 北リアス線は大震災で大きな被害を受けましたが、僅か5日間で一部の区間を復旧させ、無料運賃で電車を走らせた勇気ある第3セクター鉄道でした。

 今までは登場人物ひとりひとりの個性と自我に満ちたドラマの展開でした。この3・11を境に いったい どうやってドラマの筋書きを接続させるのか? 視聴者の注目が集まってきています。

 いつも喫茶「リアス」で琥珀を磨いている勉さん こと俳優・塩見三省は、1998年の朝ドラ「天うらら」で阪神・淡路大震災で犠牲になる杜氏 役を演じました。

 描写が難しいのか東日本大震災を正面から取り上げたテレビドラマは数少なく、4月から6月までオンエアーされたSBC(TBS)日曜劇場「空飛ぶ広報室」でも航空自衛隊が舞台だったにも係わらず、東日本大震災の詳細な描写はスルーしていました。

 ドラマの時間は、少しずつ確実に東日本大震災へ向かっています。脚本家・宮藤官九郎がアイドルブームと東日本大震災、そしてその後の復興への懸命の努力を どう結びつけていくのか? 傑作との呼び声が高い第88作目のNHK連続テレビ小説への注目が高まります。

第544回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    GLAY“DARK RIVER”
    NHK総合・ドラマ10「激流 ~ 私を憶えていますか?」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    AZU“Circles of Life”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪ストリングスで和声が整えられた劇伴音楽群。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」劇中効果音楽 [中島ノブユキ]


 このブログでも取り上げた、AMラジオ局のFM同時放送の問題ですが、遂に解禁の方向となりました。

 総務省は 先月17日に、V-LOWマルチメディア放送 及び 放送ネットワークの強靭化に係る周波数の割り当て・制度整備に関する基本的方針案を発表し、沖縄など一部地域にしか認められなかったAM局のFM同時放送を、全国的に認めていく政策を示しました。

 まず今までFMラジオ放送をしてなかった 90MHzから 95MHzまでは、AMラジオ局のFM同時放送に割り当てる事となりました。但し難聴対策もしくは津波など大災害への対策が条件です。またコミュニティ放送にも割り当てられます。

 99MHzから108MHzまでは、主として地方ブロック向けマルチメディア放送の利用周波数帯となりました。具体的にはこの帯を さらに2分割し、北から各ブロックごとに割り当てます。

 そして中間の95MHzから 99MHzまでは、ふたつの異なる形態の放送同士が相互に干渉し、電波障害が発生することのない様に、ガードバンドとして放送しない周波数帯としました。

 既存のFM放送の周波数帯でも、大きな変更となるプラン発表がありました。

 首都圏・関西圏・名古屋・札幌・仙台・福岡など、地上波アナログテレビ放送にVHF1チャンネルから3チャンネルが割当られていた地域では、今まで 86MHzから90MHzがガードバンドになりFMラジオ局の放送は認められませんでした。

 ところが これからは 86MHzから90MHzでも、新規のFMラジオ放送やコミュニティ放送の他に、難聴対策としてのAMラジオ放送のFM同時放送が割り当てられます。但し「空中線電力(送信出力)が小さい」事が条件です。

 しかし在京のAMラジオ局は 100KWで放送しており、仮に その100分の1程度なら空中線電力(送信出力)が小さいと認められると、1KWの出力によるFM同時放送用の中継所が首都圏に出現する事となり、既存のFMラジオ局にとって相当な脅威となるはずです。

 V-LOWマルチメディア放送は一応認められましたが、推進「全国」協議会のサイトは突然閉鎖され、推進協議会も正式に解散してしまいました。

 その解散直後にV-LOW帯(90 ~ 108MHz)を3分割して 9セグメントの帯域でやってみろとは、先鋭化してまでV-LOWマルチメディア放送を進めてきたTOKYO FMとJFNは、電波政策の読みが浅かったと言わざるを得ません。

 それもV-LOWマルチメディア放送は、開設計画の認定の日から 5年以内に、予め定める世帯カバー率の基準を満たすよう、送信所・中継所を建設・配置しなければならない厳しい条件を設けられました。

 さらに移動端末でもV-LOWマルチメディア放送を受信可能にするため、送信所・中継所の開設時期に係る基準を、都道府県単位まで細かく満たさなければならないなど、計画認定後も厳しい審査が待っています。

 産官一体のプロジェクトなら いざ知らず、推進協議会解散の状態で この様な厳しい基準をクリアする巨額の先行設備投資が可能なのか? TOKYO FMとJFNが中心となって進めていた V-LOWマルチメディア放送は、五里霧中の状態です。


(追記) 週間放送視聴日記(2015年 2月20日)に、AMラジオのFM補完中継局を掲載しました。

第545回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    AZU“Circles of Life”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌
    ♪編曲は Ryosuke“Dr.R”Sakai(酒井亮介)。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    GLAY“DARK RIVER”
    NHK総合・ドラマ10「激流 ~ 私を憶えていますか?」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」劇中効果音楽 [中島ノブユキ]


 2013年は猛暑と、このブログでも書いた通りの新記録です。12日 午後1時42分に、高知県 四万十市 江川崎のアメダスで『国内最高気温極値』が更新されました。

 【国内最高気温極値:41・0度】

 2007年 8月16日に、埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で観測された気温の史上最高記録が、6年ぶりに更新された事となります。

 しかし、今回の記録更新は ちょっと気になる点もありました。極値を更新した観測地点が、職員が常駐する気象官署ではなく、無人の地域気象観測所であるアメダスだったのです。

 そこで高知地方気象台の職員が、13日に急遽 江川崎アメダスの観測機器の臨時点検を実施。今も昔も変わらない水銀柱の温度計も使い点検したところ「全く異状なし」との結果が出て、晴れて我が国における最高気温の史上最高記録が公認されました。

 高知県四万十市は 史上最高気温記録の更新にテレビ局の取材が殺到。極値をマークした江川崎アメダスを わざわざ訪れる観光客も現れ始めました。

 高知新聞によると 地元商工会は「日本一の暑さ 江川崎」の看板を手書きで制作(笑)。その看板を設置した地場農産物を扱う直販所は、ふだんの3倍ものお客がやってきたそうです。

 私も今回テレビで初めて四万十市 江川崎という地点を知り、清流・四万十川の上流に位置する素晴らしい自然に恵まれた場所だと解りました。日本一暑い町として、全国から注目される観光の名所になっていくと思います。

 江川崎のアメダスは、なんと最高気温が 4日間連続 40度を超えるという、これまた日本の気象観測史上初の記録をマークしましたが、13日の午後4時頃 雷雨があり、そこから一気に12度以上も気温が低下し多少しのぎやすくなったそうです。

 「長野県の最高気温極値」も同じ12日 午後1時31分に、飯田市南信濃アメダスで更新されています。

 【長野県内最高気温極値:39・1度】

 今までの極値が 38・8度でしたから、初の39度台に入りました。

 この最高気温記録を更新した12日は、松本の最高気温も 34・7度あり、私は お盆休み前の所用があって、その頃 松本市街を歩いていました。

 しかし、どうも猛暑のためか歩行の調子がおかしく、慌てて近くのコンビニに立ち寄りミネラルウォーターを1本買って、店先の日陰で一気に飲み干してしまいました。

 その水分補給が上手くいったのか、元気を回復して無事帰宅できました。全く意識しなかったのですが、所用時間が いつもの倍かかっていました。やはり猛暑下での外出は なるべく控えるのが賢明です。

 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン は、この猛暑を元気一杯で過ごしています。居室には冷房が入っていますが、紫外線と保温ライトのおかげで適度な(笑)猛暑を満喫しています。やはり かめクン には猛暑が似合います。

 昨年夏 葉が丸まってしまった白梅の盆栽は、今年は初夏から充分な水分を与えているためか、青々とした葉を猛暑の太陽に向けています。また紅葉の盆栽も例年通り元気一杯です。我が家の生き物逹は猛暑を謳歌しています。

 偏西風の蛇行が原因で、日本だけでなく北半球全体が、30年に1度という猛暑に襲われています。まだまだ暑い日が続きます。適度の冷房使用と水分補給で、今年の猛暑を乗り切りたいものです。


 このブログのカウンター(ページビュー) が、16日に 24万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。

第546回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    AZU“Circles of Life”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」劇中効果音楽 [中島ノブユキ]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    GLAY“DARK RIVER”
    NHK総合・ドラマ10「激流 ~ 私を憶えていますか?」主題歌
    ♪1位 5週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌


 中日新聞など広域のブロック紙のテレビ番組欄を視ていると妙な事に気付きます。ドラマ「相棒」を再放送するテレビ局が実に多いのです。

 それも通常の再放送ではありません。「相棒」は元日やシーズン最終回などのスペシャルを除き 1時間のサスペンスドラマですが、それを2話連続、3話連続と放送していくのです。

 昔 VHSのビデオデッキを使用していた頃、2時間のテープを3倍速にしテレビドラマのCMをカットして録画していました。こうすると少なくとも 6回分が 1本のテープへ収まり、無操作で 6回分を連続して視聴する事が出来ました。

 まさかテレビ局が同じ事を放送でやるとは思ってもみませんでした(笑)。この様な再放送の形態は極めて異常です。10日のテレビ朝日は、なんと正午から 5時間半に渡り ぶっ通しで「相棒」を再放送していました。

 この背景にあるのはドラマ「相棒」再放送の高視聴率です。平日昼間にも係わらず 10%を大きく超え、ゴールデンタイムの新作ドラマの本放送より高い時も しばしばです。この高視聴率に気づいたテレビ局が長時間に渡り「相棒」を再放送する異例の編成を行っているのだと考えます。

 ドラマ「相棒」のテーマ音楽と劇伴音楽は、このブログでも高いポジションで選曲されてきました。大人気になる前の段階からです。

 テーマ音楽は、2005年の年間ランキングで 1位。劇中効果音楽は、別途に2007年の年間ランキングで 5位をマークしています。もう 6 ~ 8年近く前になります。

 しかし、それ以降は選曲が止まりました。最近の相棒新作は あまり視ていません。ドラマ「相棒」は、警視庁ふたりだけの特命係とサブタイトルがつき、まず最初に土曜ワイド劇場で 3作品 放送されました。その後 水曜夜9時からの1時間枠でシリーズが始まったのです。

 最初は杉下右京役の水谷豊と亀山薫役の寺脇康文が、文字通り警視庁二人だけの特命係だったのですが、2008 ~ 2009年のシーズン7から寺脇康文が降板しました。私は そこから気持ちが醒めてしまったのです。

 相棒シリーズは、1991 ~ 1992年にかけて日テレ系で放送された「刑事貴族2・3」で共演した水谷豊を俳優として慕っていた寺脇康文が、キャスティングの企画に当初から参与したと聞いています。

 ドラマシリーズには必須の要素というものがあります。私は シーズン3 のタイトルバックにあった、水谷豊が振り向いて待っているところへ、寺脇康文が駆け寄っていくシーンに、相棒シリーズの本質が見えた気がしていました。

 どうも水谷豊は人気が出てきてから、その人気を背景に相棒シリーズのキャスティングなどへ影響力を行使し始め、遂にシリーズ8から自分の相棒を交代させるまでになってしまったと聞いています。しかし それは、相棒シリーズの本旨から遊離しているのです。

 シーズン2 第6話のドラマの常識を超える息を飲むようなラストシーンや、このブログでも劇伴音楽を絶賛したシーズン5 第8話「赤いリボンと刑事」の深遠なラストシーンは、全て水谷豊と寺脇康文が織り成した作品だと思っています。

 相棒とは、あくまでも水谷豊と対等の存在であって、上司と部下ではありません。それは撮影時も その前後も含めてです。高い人気の源泉は水谷豊ひとりから湧き出しているのではなく、ふたりだけの特命係という根本のコンセプトから流れてきているのです。

 現在 相棒シリーズは高い人気を博していますが、あえて言わせて頂くなら、相棒は企画当初から参与してきた寺脇康文あっての相棒であって、寺脇康文が降板した以降のシリーズはドラマ「相棒」ではないのです。

第547回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    AZU“Circles of Life”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」劇中効果音楽 [中島ノブユキ]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメンタリー同期生」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [東谷尚]
    ♪和声と調性が整った劇伴を使用している。→ その後 音楽制作者追記済。


 30日 午前0時から「特別警報」が始まりました。

 特別警報とは、重大な災害が起こる可能性が高まった場合に気象庁が発表する、従来の警報・注意報より高いレベルの警報です。特別警報は「その地域で数十年に一度の現象が予想される場合」のみ発令されます。

 具体的には 大雨特別警報、暴風特別警報、高潮特別警報、波浪特別警報、大雪特別警報、暴風雪特別警報。そして従来の大津波警報、噴火警報(レベル4 ~ 5)緊急地震速報(予測6弱以上)も特別警報に類されます。

 この特別警報開始を受けて、NHKでは特別警報が発令された県域・広域(首都圏・関西圏など)の総合テレビ・Eテレは、チャイム付きの字幕速報で特別警報を伝える事になりました。

 同時に全国の総合テレビ・EテレさらにBS2波では、特別警報をチャイムなしで字幕速報し、事態によっては特設ニュースも行います。

 ラジオ第1放送とFM放送では、特別警報発令と同時に全国へ向けて速報。ラジオ第2放送でも特別警報が発令された県域・広域で速報を行います。

 FM長野を始めとする民放ラジオ局など、日本民間放送連盟としての特別警報に関するマニュアルは まだ発表されていませんが、特別警報は重大な警報のため、緊急地震速報 開始の時と同様に民放も対応していくと思われます。

 これは私見ですが、緊急警報放送(EWS)の運用基準にも、新たに特別警報を加えるべきだと考えます。

 現在の緊急警報放送は、東海地震の警戒宣言や津波警報さらに災害対策基本法第57条に基づく都道府県知事や市町村長からの要請。以上 3種に基準が限定されています。

 特に災害対策基本法第57条に基づく都道府県知事や市町村長からの要請による放送は、1985年の開始から僅か数例しかありません。

 緊急警報放送とは、大災害を招く事象発生の恐れがあると判断された時点で速やかに送出されるべきであって、災害情報の高速化・高度化の観点からも 要請を待つという性格のものではありません。この「特別警報」の発令も、緊急警報放送の放送開始基準に加えるべきです。

 今回の特別警報開始で少し気になったのは その始期です。4月 1日の年度初めではなく、8月30日と ずいぶん中途半端な時期から始まりました。

 どうせ始めるなら集中豪雨などが多くなる 7月前に開始するのが筋だと思うのですが、まるで それを避けるかの様な設定です。

 現に 7月28日に起きた山口・島根両県の集中豪雨は、特別警報の発令基準に達していたにも係わらず、開始前として発令されませんでした。気象庁も その点もう少し特別警報の準備を早くすべきだったと思います。

 公共公益性を高く有するラジオメディアでは、緊急地震速報やJ-ALERTさらに特別警報を、やむを得ず放送するといったスタンスではなく、その放送局の存在理由に係わる重大なコンテンツであるといった発想の転換をし、より迅速な警報放送に努めるべきです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2013年8月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。