FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第210回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]
    ♪主旋律の度を上げているのがポイントになっている。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    中島美嘉「見えない星」
    TSB 日テレ・水曜ドラマ「ハケンの品格」主題歌


 今週1位の大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽。そのテーマ音楽が流れるタイトルバックを放送していた先月21日 午後8時03分「宮崎県知事に そのまんま東氏当選確実」と速報が流れました。

 この手には動じないはずの長野県民の私としても(笑)驚愕の当確速報でした。

 昨年末から発覚した官製談合事件で、県知事・県出納長・県土木部長が相次ぎ逮捕。県議会 全会一致で知事不信任決議は可決。直後の辞職に伴う今回の宮崎県知事選でした。

 それでも 26万6807人にのぼる宮崎県民が、投票用紙に「そのまんま東」と記載して投票箱へ入れた事実は、まさに驚きです。

 定員1の県知事選において、そのまんま東 氏は 得票率44%ですから、出口調査が正常なら やはり開票率0%で「当確」となる訳です。

 引責辞任による選挙のため当選後 即日知事となった、そのまんま東 改め 東国原英夫 宮崎県知事に、県下で鳥インフルエンザ連続発生という難問が突きつけられています。鳥インフルエンザが人体流行の新型インフルエンザへ変異すれば、事は重大です。

 先日 厚生労働省は、その新型インフルエンザ対策の指針案を公表。発生後のワクチン配分や抗ウイルス薬「タミフル」の配分に関する項目は、まさに衝撃的でした。どのくらいの人が、その指針案の重大性に気づいたでしょうか?

  不足するワクチンに関して、国が当初接種対象とするのは、医療従事者とライフライン・警察などの社会機能維持者に まず「限定」します。

 そしてワクチン増産体制時でも、病人等への積極的な接種により全体の犠牲者を少なくするか、日本の将来のため子供を中心に接種するのか、予め「優先順位」を定めるとの内容は、見方によれば「有事法制」を遥かに超える国家非常事態時のマニュアルを提示しています。

 全国的な大流行で火葬場の能力を超えた時は、遺体の土葬も検討するとの記載まであります。その内容は 一(いち)省庁の指針ではなく、どうみても法律に定めるレベルです。

 米国には 核戦争時の非常体制を定めた「最後の審判の日計画」があると、以前 新聞報道で読んだ記憶があります。

 新型インフルエンザ大流行に備えた この厚生労働省の指針案の一部は、もしかすると戦後日本において政府が初めて作成し さりげなく提示した「最後の審判の日計画」に匹敵するのかも知れません。

第211回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    井上陽水“Make-up Shadow”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪前奏部の和声と調性に全てが集約されている楽曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌


 このブログは、ユーザビリティを尊重し、FLASHを使用しないポリシーでデザインしています。そのためサイドバー(ブログパーツ)も最小限必要な表示だけに限定したいと考えてきました。

 そこで 今週までに、このブログのサイドバーについて基本機能を整理してみました。

 まずブログ開始以来表示している Basic List のリンクやカウンターは不動です。このブログを お読み頂いた総回数は、ページビュー「カウンター」が全ページで常時公開しています。

 また総ての月間アーカイブへリンクする「全リスト保存」も全ページに掲載しています。この律儀な(笑)直リンク コーナーは、ブログの重要な構造的特徴のひとつです。

 さらに今回「ブログ内検索」を、全ページに新設しました。

 例えば「かめクン」と検索すれば(笑)このブログの中から「かめクン」に関する記載を探し出してくれます。とりあえず Googleさんのフリー検索カスタマイズ版を利用しました。やはり「ブログ内検索」は、テキストブログに不可欠な機能です。

 先月21日 放送のNHKスペシャル「“グーグル革命”の衝撃 ~ あなたの人生を“検索”が変える」をご覧になった方も いらっしゃると思います。今やGoogleは 飛ぶ鳥を落とす勢いです。

 Google本社正面玄関のホワイトボードに、将来の夢として書かれていたグーグル政府・グーグル貨幣という造語には、視ていて寒気が走りました。

 しかし「長い物には巻かれろ」(笑)。公開している このブログの「専用メールアドレス」もGmailである事ですし、Googleさんのシステムを、このブログにも組み入れています。

 さらにトップページには、ご案内を簡潔にまとめた“GUIDE”を新設。他のページにも“GUIDE”を掲載していく予定です。

 「おまけ」として(笑)ご存知「かめクン」のベストショットを掲載する“PET SHOT”のコーナーをトップページに付けました。

 もちろん読みやすい2カラムで、私が「リストキーパー(Listkeeper)」と名付けた好評のシンプルなブログデザインと広告表示無しの姿勢は、このまま堅持致します。

 サイドバーが確定した「チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG」を、よろしく お願い致します。


(追記) 2011年 7月に、ブログ内検索を WORDPRESS機能による独自の検索エンジンへ切り替え、検索結果のリストが一発で表示される様になりました。 2014年 9月に、サイドバーの筆頭にあった Basic List のリンクを、ブログ ヘッダーの下へ横に並べました。 2016年 4月には、メールフォームを設置しました。

第212回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪メインテーマが流れるエンディングに台詞を乗せてしまうのは残念。

  3. 第 3 位 ( △ )
    井上陽水“Make-up Shadow”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪編曲は 佐藤準。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌


 NBS長野放送(フジ)木曜劇場「拝啓、父上様」が、今期ドラマでは なかなかの出来です。

 タイトルからして今から 32年前に日テレで放送された金曜劇場「前略おふくろ様」(1972年10月 ~ 1973年 3月 / 1973年10月 ~ 1974年 3月・全2部50話 本放送)を彷彿とさせます。

 そして この作品にも やはり脚本家・倉本聰の得意技である、主人公の心情を同時通訳(笑)的にナレーションさせる手法が貫かれています。

 また「前略おふくろ様」から、そのままの役柄で 2人レギュラー入りしています。

 まず かつて「前略おふくろ様」において花板・村井秀次だった梅宮辰夫は、今回同じく花板の小宮竜次 役で出演。まるで32年間 板前を続けてきたかの様なイメージがあります(笑)。厨房シーンでの手さばきも実に見事です。

 8日の第5話で マンション店舗への建て替えを嫌って、大女将が突然家出をするシーンがありました。大女将の居所を言わずに完黙を続ける主人公の三番板・田原一平(二宮和也)に、竜次(梅宮)は長台詞で諭します。

 その長台詞の中にあった「街は時代の流れで形を変える」という考え方は、常に自然共生をテーマに書き綴ってきた倉本聰から、初めて「都市理論」を聴く様で新鮮でした。

 また その大女将・坂下夢子 役の八千草薫も「前略おふくろ様」第2部での女将・竹内かや と、ほとんど変わらない天然キャラが炸裂しています(笑)。

 私見ですが 美しく年齢を重ねた女優を 3人挙げるならば、香川京子・藤村志保そして八千草薫だと思っています。

 二番板で婿の坂下保 役・高橋克実は、なかなか堂にいっており、若女将の坂下律子 役・岸本加世子も、厳しさと優しさのバランスがとれた役を演じ切っています。

 さらに男性視聴者的には、一平の母親役である高島礼子と芸者役の木村多江が共演している事自体、粋なキャスティングとも言い切れるのです(笑)。

 ただ音楽に関しては「前略おふくろ様」の井上尭之が素晴らしい劇伴音楽をスコアリングしたのと比較をしてしまい、森山良子・島健コンビは少々 没個性的と言うかヌルい感じもしました。なぜか15日の第6話から、エンディング テーマ曲が いきなり変更になったのにも驚きました。

 芸術選奨・文部大臣賞を受賞した「前略おふくろ様」の「おふくろ様」は、昭和の名女優・田中絹代でした。今回の「父上様」は誰なのか? 今後の展開に期待しています

第213回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( △ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌
    ♪作曲が 大野愛果。編曲は Cybersound。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    井上陽水“Make-up Shadow”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]


 16日 発表となった第30回 日本アカデミー賞の最優秀作品賞に「フラガール」が選ばれました。「フラガール」は、あの常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾート ハワイアンズ)の誕生秘話を描いた作品です。

 私は ブロガー プロフィールでも紹介した通り、茨城県最北の市である北茨城市に年少の頃 住んでいました。元・米米CLUBの石井竜也氏は 私の中学校の先輩です(笑)。隣町が福島県 いわき市。そこに常磐ハワイアンセンターがあり、小学生の頃 急成長していました。

 とにかく いわき市の湯本温泉郷を過ぎたあたりは、いまだに旧炭鉱町の名残がある街並み。陰気なボタ山跡を抜けると突然「ハワイ」が出現します(笑)。この別世界感は行ってみないと体験できません。

 「フラガール」で岸部一徳が演じた吉本紀夫 部長は、常磐炭礦 副社長の故・中村豊 氏がモデルです。中村豊 氏は、当時 斜陽化が著しい炭鉱産業と従業員を、なんとか救済しようと考えました。そして あの常磐ハワイアンセンターを創業したのです。

 まず炭鉱採掘の際、最も邪魔で処理に困っていた温水を、温泉の泉源として再利用する大構想から打ちあげます。まだ東京ドームも存在しない時代に 中村豊 氏は、大学ノートに書いた構造計算だけで柱が一本も使用されない「ダイヤモンド・トラスト工法」の温泉熱ドームを起案計画しました。

 さらに「フラガール」でも描かれているポリネシアンショーのダンサーを、炭坑従業員の子女から独自に養成する事まで企画。フラダンス学校の「常磐音楽舞踊学院」も設立します。

 そして第1期のダンサーを育てた上で、1966年(昭和41年)1月16日に「常磐ハワイアンセンター」を開業したのです。全てが創業者の中村豊 氏のアイデアでした。中村豊 氏は、神がかった天才経営者といっても過言ではありません。

 中村豊 氏が、常々言っていたことが 3つあります。「他人の真似はするな、自分たちの力でやれ、地域と共に歩め」。同じ炭坑町ながら財政再建団体への陥落が決まった北海道 夕張市で、昨年 9月 この「フラガール」の試写会があり、場内は感涙に包まれたそうです。

 どんな産業でも大胆な発想と行動力を必要とする時があります。その必要な時を逃すと衰退あるのみです。

 スパリゾート ハワイアンズ敷地内にある創業者・中村豊 氏の銅像は、座しながら「フラガール」の舞台となり累計来館者5千万人へ達した、常磐ハワイアンセンターを静かに見つめ続けています。


(追記) 週間放送視聴日記(2011年 3月11日)に、東日本大震災 当日の記載があります。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2007年2月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。