FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第40回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    諫山実生「恋花火」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」8 ~ 9月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]

  3. 第 3 位 ( △ )
    day after tomorrow“Starry Heavens”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]
    ♪1位 1週、登場15週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK教育・教養番組「NHK人間講座」テーマ音楽 [篠原敬介]
    ♪ETV講座 番組テーマ音楽の中でも大変美しい楽曲。


 FM長野は『開局15周年』を迎えました。開局記念日の1日は、長野市・IVYスタジオから「FM長野 開局15周年記念番組・小林克也 RADIO MAGIC!」を生放送。私はIVYスタジオまで行ってきました。

 長野市 南千歳にある元 守谷商会ビルが「IVYスクエア」として生まれ変わり、南千歳公園(通称ポッポ公園)に面する一角に設置されたのが、FM長野の「IVYスタジオ」です。

 私は、DJの小林克也 さんと、ガラス越しで約2メートルほどの至近距離に陣取って、正午からの開始1時間ほど視てきました。窓越しに小林克也 さんと会釈なんぞしちゃいました(笑)。

 小林克也さんの挙動を じっと見ていましたが、スタジオ内でスタッフから小林克也さんに渡したお弁当を、そのままスタジオの床に置いてしまったのには、少々驚きました。さすがDJの神様です(笑)。

 IVYスタジオには、熊谷正・FM長野 常務取締役が詰めておられ、自らディレクターを担当してキュー振りをしていました。熊谷 常務(兼 放送部長)は、かつて城達也 氏の「ジェット ストリーム」でディレクターを担当していた事があります。

 TOKYO FMグループの連結子会社である、株式会社エフエム サウンズから松本に来られ、小林敬二 前副社長から引き継ぐ形で、現在 FM長野の今後の運命を決める番組編成の最高責任者です。

 開局当時の「マイハタ」「サタステ」ラインから 熊谷 常務の編成ラインが、最近では だいぶFM長野全体に浸透してきている感じがします。古くからのリスナーである私としては、FM長野 開局当時からのフォーマットと人材を大切にしながら、新しい番組にチャレンジして欲しいと希望しています。

 現在 松本本社スタジオが改修中ですので、この開局15周年記念番組は、長野市のサテスタであるIVYスタジオから放送された様です。20周年・30周年の記念番組の時も、健康でFM長野リスナーであり続けたいと念願しています。FM長野 開局15周年おめでとう ございます。

 1996年 4月を除きこの15年間、FM長野 生ワイド パーソナリティを担当しているのが大岩堅一 アナです。JFN加盟局の中でも最長記録を更新しています。第2位は「JOGU歌謡ヒットチャート」“J‐POP COUNTDOWN”など長年ヒットチャート番組を担当し、既に退職された広島FMの永田潔 元アナだと思いますが、いかかでしょうか?


(追記) 広島FMの永田潔 アナとFM長野の大岩堅一 アナ、お二人共に退社されました。社員アナとしての生ワイド パーソナリティ担当年数を、所有している放送資料により計算すると大岩 アナが約 18年。永田 アナが約 15年となっています。

第41回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]

  2. 第 2 位 ( △ )
    day after tomorrow“Starry Heavens”

  3. 第 3 位 ( ★ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌
    ♪ドリカムを精練した美しい楽曲とタイトルバック。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    諫山実生「恋花火」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」8 ~ 9月 オンエアー曲
    ♪1位 6週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・バラエティ番組「トリビアの泉」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [堂島孝平]
    ♪バロック的要素を含むハイレベルなテーマ音楽と抜群のBGセンス。


 10日の衆議院本会議で、綿貫民輔 議長が 午後1時05分に 解散詔書を朗読。衆議院が解散されました。

 日本国憲法公布以来 20回目。帝国議会を含む憲政史上では 38回目の解散になります。

 「衆議院解散」は、日本国憲法で天皇の国事行為と定められています。その解散の権能に関して、憲法上明文の規定はありません。国事行為に内閣の助言と承認が必要なので、衆議院解散の決定権は内閣に属します。さらに その決定権の行使は、国政全体に影響を及ぼす重大な判断となります。

 例え全国務大臣が解散に反対しても、全員罷免して、全て内閣総理大臣の兼務(一人内閣)により、解散を決定する事は、法的に可能なのです。これは内閣総理大臣に国務大臣を任意で罷免する権利が、憲法上 明確に与えられているからです。ですから衆議院の解散は、内閣総理大臣の専権事項とされています。

 衆議院解散の手続きの過程は、国政のシステム上、あまり類例のない劇的な効果があります。古代・太政官制から続く天皇 御名御璽が記印された、衆議院解散の命令書である「詔書」を本会議で衆議院議長が朗読した瞬間、衆議院議員全員は「解雇」(笑)となります。

 議長も不存在の状態になるため、本会議は散会手続きなく打ち切りです。議事録の速記も「万歳、拍手。何時何分。」と、詔書朗読の時刻が最後に記載され停止します。今まで議員に対して敬礼していた本会議場の衛視も、敬礼しなくなるそうですから徹底してます(笑)。

 また詔書朗読の直後、クビになった議員達が「万歳三唱」をするのは、よく考えると不思議な慣習です。「万歳三唱」をするのは、1897年(明治30年)松方正義 総理の時の4回目の解散からだと伝えられています。なぜ失職した代議士の皆さんは「万歳三唱」するのか? やはり「詔書」という重みから発するパッションの現れなのでしょうか?

 「詔書」が日本国憲法下で有効に発せられるのは、衆議院解散と国会召集、さらに衆議院議員総選挙と参議院議員通常選挙の施行公示のみに限定されていますが、詔書の渙発は 現代まで脈々と続いています。

 衆議院解散によって、40日以内に 新たな議員を全員選び直す総選挙が実施されます。衆議院解散の本会議は、NHKが毎回必ず生中継しています。今回は議員が納得づくの解散でもあり、例年になく奇麗な(笑)「万歳三唱」でした。巷では既に選挙ムード一色です。

第42回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    day after tomorrow“Starry Heavens”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Do As Infinity「柊」
    SBC TBS・ドラマ「恋文 ~ 私たちが愛した男」主題歌
    ♪久々にD・A・Iらしい和声感ある佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    ZARD「もっと近くで 君の横顔見ていたい」
    日本酒「月桂冠」テレビCMソング
    ♪今度のZARD新曲は美しいミディアム・バラード曲。


 松井秀喜選手の所属しているニューヨーク・ヤンキーズが、大リーグ・ワールドシリーズ出場を果たしました。

 アーロン・ブーン選手のサヨナラHRでは、松井選手が喜びを爆発させていました。日本の野球ではクールな松井選手も、やはり米・大リーグになると全てを賭けても余りある大舞台なのでしょうか? ヤンキーズ・スタジアムに「ニューヨーク・ニューヨーク」が流れて、音楽効果抜群の ちょっと粋な劇的シーンでした。

 日本のプロ野球になると、鐘・太鼓・トランペットです。どうも長年 聴いていると、リズムが単調な気がします。もう少し「ニューヨーク・ニューヨーク」の様に場内放送の効果音楽が応援をリードすれば良いのでは? と思う事もあります。

 高校野球の応援というと、ピンクレディー「サウスポー」ささきいさお「宇宙戦艦ヤマト」さらに 山本リンダ「狙い撃ち」と、定番というより固定化(笑)しています。吹奏楽部が、代々の後輩に楽譜を伝承(笑)していくのですから、生まれては消える流行歌の宿命からすると、永遠の命を保証された様なものです。

 ピンクレディー「サウスポー」の作詞・作曲コンビである阿久悠・都倉俊一 両氏にとっても、はからずも高校野球の世界から、他では代え難い名誉を与えられています。

 日本のプロ野球は、セントラルリーグとパシフィックリーグが、28回 140試合の総当たり戦を 1シーズン行います。そして各リーグの優勝チームが、日本選手権(日本シリーズ)を行い、日本一を決めます。

 米 大リーグの場合、2リーグに それぞれ「3地区」の所属分けとなっています。地区優勝チームと「ワイルド・カード」と称する地区優勝チーム以外での最高勝率チームを加えた計 4チームで、プレーオフを争いリーグ優勝が決定。「ワールドシリーズ」で全米優勝チームを決めます。

 日本のプロ野球では、人気の低迷が顕著になっており、盛り上がるような優勝決定システムの再構築が求められています。しかし年間 140試合を戦った上でのレギュラーリーグにおける 1位の「格」は、なかなか動かしがたく、新方式で優勝チームを決めるのは難問です。

 パリーグにプレーオフ制度導入の動きもあり、やはり日本のプロ野球も優勝チーム決定のしくみへの「ひと工夫」は、観客動員の面でも必要かも知れません。


(追記) 2007年からセ・パ 両リーグは、ポストシーズン ゲームとして「クライマックス・シリーズ」制度を導入しました。

第43回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌
    ♪アレンジも素晴らしい出来。

  2. 第 2 位 ( △ )
    Do As Infinity「柊」
    SBC TBS・ドラマ「恋文 ~ 私たちが愛した男」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    ZARD「もっと近くで 君の横顔見ていたい」
    日本酒「月桂冠」テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    day after tomorrow“Starry Heavens”

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]
    ♪1位 1週、登場10週。


 先週から今週と ABN長野朝日放送(テレ朝系)で、木曜ドラマ「TRICK」第1話 第2話を視ました。大変面白かったです。

 「TRICK」は、現代から隔絶された不可思議な世界に潜む、エセ超常現象のトリックを解くミステリー・ギャグ(笑)ドラマです。2000年 7月から 9月と、2002年 1月から 3月までの2シーズン、深夜枠の金曜ナイトドラマで放送され、今回ゴールデンタイムに進出してきました。

 金曜ナイトドラマ時代では、第1シーズン最終回のエンドロールに、主題歌「月光」を唄う鬼束ちひろが突然登場。強風の南の島で口パク熱唱(笑)していたのが鮮烈な印象として残っています。

 また第2シリーズ第1話の冒頭で、書道教室の教師である山田里見が生徒に「なんどめだナウシカ」と書かせていたのには爆笑してしまいました。

 第1話の本放送開始時刻は午後11時15分で、日本テレビ系列の金曜ロードショー「風の谷のナウシカ」の延長放送終了時刻とほとんどリンクしていたのです。ドラマに生放送的な要素を持ち込んだ素晴らしい演出で、強く印象に残っています。

 この様に やたら出てきます。習字・看板・図面・標語(笑)しかも手書きです(笑)。辻陽が制作した劇伴音楽も短く切っていく、効果音的な手法を採用しています。遠景の中に何かしらギャグ演技がある事も多く、常に意味ある背景で隙なく埋めていきます。これが堤幸彦 監督の演出特質なのかも知れません。

 山田奈緒子 役・仲間由紀恵、上田次郎 役・阿部寛の名コンビに、警視庁 公安部警部補・矢部謙三 役で生瀬勝久。そして「なんどめだナウシカ」と書かせた(笑)奈緒子の母である山田里見 役は 野際陽子が出演しています。

 仲間由紀恵の声質は、抜けるような透明感と仄かに母性を感じさせる素晴らしいもので、阿部寛の表現豊かな低音声質とのコンビは、ギャグの応酬にも つい引き込まれてしまいます。

 ドラマの構成は 2話を1エピソードとしている場合が多く、ゲストも 2話連続で登場します。終始ボケ突っ込み満載の台詞進行と、コマ落しを多用したシーン構成。それでいてシュールな解決パート。金曜ナイトドラマ時代から、浮気な視聴者を最後まで引き付ける仕掛けが、このドラマの本当のトリックかも知れません。


(追記) 木曜ドラマ「TRICK」全話視聴しました。3~4話の高橋ひとみ 演じるスリット美香子、5~6話の高嶋政伸 演じる赤地洋司、7~8話の羽田美智子 演じる亀山千鶴は、大変印象に残っています。今回のシリーズは、迷作から名作の域(笑)に達してるエピソードばかりでした。

第44回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Do As Infinity「柊」
    SBC TBS・ドラマ「恋文 ~ 私たちが愛した男」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    ZARD「もっと近くで 君の横顔見ていたい」
    日本酒「月桂冠」テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    LOVE PSYCHEDELICO“My last fight”
    NBS KTV・ドラマ「ハコイリムスメ!」主題歌
    ♪頑固なほどのデリコ・サウンドの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    day after tomorrow“Starry Heavens”


 NBS長野放送(フジ系)木曜劇場「白い巨塔」は、なかなか最近の民放ドラマにない重厚な作品との期待が高まっています。ただ1978年から1979年にかけて放映された際に、そのドラマの結末を知った私は、まだ少々ドラマに入れきれない気がします。

 しかし、今回の「白い巨塔」では、加古隆が制作した劇伴音楽に、卓越したものがあるのも事実です。あの巨塔が ゆっくり欠け落ちていく、短時間のタイトルバックに流れる音楽は、崇高さ すら感じさせます。

 その劇伴音楽は「週間選曲リスト」に、まだリストインしていません。週間選曲リストは、毎週 5曲だけ公開します。ルールにもあります通り、入れ替えは最大 2曲に限定されており、上位曲が強力ですとリストインのタイミングは減っていきます。

 但し この週間選曲リストは、あくまでも放送されている音楽を対象としています。放送が終了してテーマ曲や劇伴音楽が、放送から聴けなくなった時点で、順次リストから外れていきます。

 この木曜劇場「白い巨塔」はフジテレビ開局45周年記念ドラマと題し、民放では珍しい2クール(6ヶ月)に及ぶ長期放送のため、これからも選曲者として視聴を続けます。

 加古隆の音楽は、NHK総合のドキュメンタリー「映像の20世紀」に代表されるように凄まじい切れ味が存在します。出演俳優陣と長期に及ぶドラマ全体が、この劇伴音楽を消化し切れるか少々心配な面もあります。現在までドラマ本編に関して言えば、井上由美子のシナリオは、しっかり書き上がっています。

 田宮版では、関西の喜劇俳優・曽我廼家明蝶がキャストされていた、義父・財前又一 役は西田敏行が好演し、ドラマの苦さをオブラートへ包み込むコミカルな演技が、巧くインサートしています。私の様にドラマの筋書きが判り、少し躊躇している視聴者としては助けられます。

 また末期ガン患者・林田加奈子(木村多江)のエピソードは、オリジナルになく、現代医療の問題点や不可解な国立大学病院の医局組織が、前半の展開で露出していく役割を果たしています。

 この「白い巨塔」は、民放テレビドラマで五指に入るほど重い主題です。後半は難解な法廷劇となり、全編を不条理が覆います。軽薄になりつつある最近の民放テレビドラマでは、全く異質な題材で、相当な企画と覚悟で半年に及ぶ放送に踏み切ったのだと思われます。

 フジテレビ開局45周年記念ドラマとして、異例の2クール放送に選ばれた木曜劇場「白い巨塔」。フジテレビジョンのチャレンジと、これからの展開に注目しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2003年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。