FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第739回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ぼくのりりっくのぼうよみ「つきとさなぎ」
    テレビ東京・ドラマ25「SR サイタマノラッパー ~ マイクの細道」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「犯罪症候群」テーマ音楽 [やまだ豊]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Might fall in love”
    ♪少し和声的に枯れた感じを受けたが、ルーツミュージック色の際立つ佳曲


 平成の玉音放送とも言われる、天皇陛下のビデオメッセージ一斉放送があったのは 昨年の 8月。天皇陛下の生前退位のご意向を組んだ政府は、国会の内々の同意を得て「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」の法案を、19日に提出しました。

 これによって来年末の天皇退位と再来年 元日からの改元が、ほぼ確実となりました。新元号の発表は、それに先立つ来年夏頃と予定されています。

 この世の中には沢山のマニアの方が いらっしゃいますが、私は風変わりな法律マニアで(笑)愛読書のひとつが、明治憲法と旧皇室典範の逐条解説書である伊藤博文 著の「憲法義解」。岩波文庫版を擦りきれるほど読んでいます。また近代ドイツや旧ソ連の法律関係書籍も所有しています。

 そのくせ実用的な日本の民法や会社法は殆ど興味がなく(笑)結局持っている資格は行政書士ひとつだけです。そんな風変わりな法律マニアの私としては、今回の退位特例法に大変興味を引かれました。

 この「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」を、マスコミが解説しない切り口で読み解いてみると、今までの法律にない特別なパワーが見えてきます。

 この退位特例法は 本則が僅か 5条。それに対して附則が 倍の11条あります。その附則に 法律の核心部があるのです。この法律は 国会で成立し公布されても即日施行されません。一部条規を除き、公布から 3年内の政令で定める日が施行日となり、その施行日が退位日です。法律が有効になると即日 天皇陛下は ご退位となります。

 またマスコミが殆ど取り上げない重要条文が 附則 2条にあります。その施行日までに万が一陛下がご崩御された場合、この法律は効力を失う、自動失効の規定があるのです。

 さらに退位特例法が 憲法 2条違反になる事を避けるため、従前の皇室典範と退位特例法が一体を成すと、皇室典範の附則に加えています。その皇室典範の一部改正は、退位特例法を通じて行っているのです。

 他にも宮内庁法や国民の祝日に関する法律も、この退位特例法の附則を通じて一部改正しています。本来ならば皇室典範・宮内庁法・国民の祝日に関する法律の一部改正案も、セットで提出するのが筋なのですが、この退位特例法は 施行日と自動失効に特別な規定のある法律ですので、総てをまとめて新法律を通じて改正してしまう、極めて強い効力のある特例法なのです。

 退位された後の今上陛下は「上皇」と称すると本則 3条に規定されていますが、附則 4条には 検察審査会員の職務に関して、上皇は天皇の例によるとの唐突な規定もあります。

 1948年(昭和23年)に制定された検察審査会法は、検察官による起訴・不起訴の決定が正当かどうかを審査する検察審査会の設置を定めた法律です。検察審査会の活動は、時々メディアでも報道されています。

 占領当時 米国の陪審員制度を参考にGHQの強い肝煎りで作られた検察審査会法は、第2条に検察審査員になれない者として、まず天皇、皇后、太皇太后、皇太后及び皇嗣と、とてつもないポジション(笑)から規定されているのです。いかにもGHQ施政下で作られた法制度です。

 元々皇族は、戸籍・住民登録台帳ではなく大統譜・皇統譜に入り、公職選挙権がありません。検察審査員は、選挙人名簿からの抽選で決まり、皇族は絶対に選ばれないのですが、検察審査会法に規定がある以上、上皇も加えると退位特例法に念のため規定したのだと思われます。

 なお皇族は、皇室会議 議員及び予備議員の選挙権と被選挙権(互選権)を有しています。この退位特例法の施行日つまり退位日を定める際は、内閣総理大臣が皇室会議の意見を聴かなければならないと附則 1条2項に定められており、皇室会議が開催されるのは確実となっています。

 法律の公布には、天皇陛下が御署名して御璽を押させる事が必要です。陛下は どのようなお気持で、この法律に御署名なさるのでしょうか? 本則僅か 5条、附則が 11条から成る「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」は、風変わりな法律マニア(笑)である私から見ても、明治維新以来の全法律そして全布告を通じて類例がない特別な法律なのです。

第740回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ぼくのりりっくのぼうよみ「つきとさなぎ」
    テレビ東京・ドラマ25「SR サイタマノラッパー ~ マイクの細道」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  4. 第 4 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Might fall in love”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]
    ♪打ち込みの器楽和音が二重に聴こえるが、実は一体化している抜群な和声を有する佳曲。


 十九世永世名人位を獲得している羽生善治 三冠は、中学生棋士の頃に新人類と呼ばれ、同じく中学生でプロ棋士となった加藤一二三 九段は、神武以来の天才と呼ばれていました。藤井聡太 四段は、あまりにも普通過ぎて特段のニックネームは まだない様です。背広姿は とても中学生に思えません(笑)。

 藤井聡太 新四段は、プロ棋士の登竜門そして最大の難関である三段リーグ戦を 13勝 5敗で優勝し、プロ棋士として四段昇格、棋士番号 307が与えられました。

 そこから前人未到となる プロ棋士デビューからの 23連勝を達成しています。プロ初戦の勝利は前述の加藤 九段戦で、77歳の加藤 九段は、その後 現役引退が確実になってしまいました。

 中日新聞の掲載棋戦は「王位戦」。今年で 58期になります。私が子供の頃から読んでいた東京新聞にも掲載されている 個人的に馴染みの深い棋戦です。全プロ棋士と選抜女流棋士 2名が予選トーナメントのヤグラを 8組組み、各組優勝者が挑戦者決定の紅白リーグに進出します。

 紅白リーグと言っても男女に分ける訳ではありません(笑)。前期成績上位シードの 4名を加えた計 12名を 2組に分けて、紅組・白組とします。その紅組白組 優勝者が挑戦者決定戦を行ない、勝者が王位と七番勝負を行うシステムです。全ての棋士に王位挑戦の可能性があり、勢いのある若手棋士が 王位に就位する事も しばしばです。

 最高棋士を決定する伝統の「名人戦」は、挑戦者決定に関して「順位戦」と称する棋戦があり、A級から C級2組まで5つのクラス分けをし、総当たりリーグであるA級順位戦で優勝者した棋士が、名人に七番勝負で挑戦します。

 このブログでも書きましたが、A級順位戦の最終対局は一斉同時に行われ「将棋界の一番長い日」と呼称されています。私はこの順位戦システムを A級と B級1組は機能しているが、それ以下 特に降級制度が曖昧な C級1組・2組は、将来システム破綻の恐れもあると酷評した事がありました(笑)。

 僅か 10局の対局で 30名以上に膨れた棋士全員の順位を決める事は、音楽チャートマニア的に見ても(笑)相当な無理があります。間違いなく言えるのは、藤井 四段が何連勝しても、得られるのは昇級の権利だけで、順位戦初参加の年からの名人位挑戦は システム的に不可能です。

 一方 賞金額最高の棋戦である「竜王戦」は、名人戦・順位戦のシステムとは異なり、ひと味違います。全プロ棋士に女流4名、三段リーグを戦っている奨励会員1名、さらにアマチュア強豪も4名参加し、竜王ランキング戦を編成します。

 6組のクラス分けですが、オールトーナメントで行ない、残留・降級者もトーナメントで決定します。そして 1組は 4名、6組でも優勝者 1名が、竜王挑戦者を決定する決勝トーナメントへ進出できます。藤井 四段は、6組優勝者として決勝トーナメントに進出しました。

 頂点にいる渡辺明 現竜王は、将棋連盟を揺るがした不正行為冤罪事件で、何かと俎上に載った棋士です。名人戦において C級2組からの名人位挑戦は不可能ですが、アマチュア強豪でも連勝を続ければ、システム的に竜王挑戦は可能なのです。

 しかし、将棋好きというより棋戦システム好きの私から見ても、いくら可能とは言え、現実に新四段が 最下の 6組から連勝に次ぐ連勝で、竜王挑戦まで達するのは至難の技です。その細い細い急勾配の坂道を、藤井聡太 四段は、一気に駆け上ってきました。


(追記) 藤井聡太 四段の連勝記録は 29まで続きました。竜王戦 決勝トーナメント第2回戦で惜しくも敗退しています。

第741回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]
    ♪タイトルバックから本編への導入部劇伴は実に美しい。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ぼくのりりっくのぼうよみ「つきとさなぎ」
    テレビ東京・ドラマ25「SR サイタマノラッパー ~ マイクの細道」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( △ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Might fall in love”


 8日に 英国 下院の総選挙がありました。英国の議会は二院制で、貴族院である上院と、庶民院である下院で構成されていますが、議会としての実質的な権限は、下院が有しています。下院の総選挙は 完全小選挙区制です。

 英国放送協会(BBC)の開票速報は、日本時間の午前5時55分から始まり、全世界にネット配信されました。英国の選挙投票締切は夜10時、夏時間換算で日本時間の午前6時です。ビッグベンの鐘と共に発表された出口調査のヘッドラインは、保守党が第1党になるとだけあり、ちょっと歯切れの悪い内容でした。

 開票速報が進むにつれて、独立を標榜しているスコットランド民族党が苦戦。明らかになる開票結果で修正していくBBC最終議席予測は、少しずつ保守党が伸びていました。しかし、お昼頃には保守党が過半数に 8議席不足と大勢が判明。ヘッドラインは、例の“HUNG PARLIAMENT”。「宙ぶらりん議会」(笑)と表示されました。

 BBCの開票速報を視て気づいたのは、番組タイトルに“Election Results”「選挙結果」という語彙を使っていた点です。速報でなく結果なのです。

 以前ブログでも紹介しましたが、BBCの開票速報に当選確実という概念は存在しません。全候補者を開票所ごとに呼び出し、選管が最終確定得票数を発表して当選者決定のセレモニーする、その結果を放送するのが速報のベースです。

 その代わりに全体の獲得議席数の速報は、統計学的な根拠に基づき最新のグラフィックで分析します。特に“Swingometer”(スウィンゴ・メーター)という振り子グラフは、前回の選挙より何パーセント得票率が変化したか? その振り子の傾きで、党勢の伸長を一目瞭然に表示する美しい選挙グラフィックです。

 昔なら保守・労働の二大政党制で“Swingometer”は、ひとつで足りましたが、地域政党が台頭してきた英国では“Swingometer”は、いくつも必要になります。その中で、スコットランド民族党の“Swingometer”は、振り子が大きく逆に傾き、スコットランド民族党の熱が冷めた事を明確に示していました。

 BBCのラジオ放送は、全局ネットで聴くことが出来ます。私もBBCのIDを所有しており、番組表が私に合わせて日本時間表示になり大変便利です。音楽放送が基本のBBC Radio 1から 3までは開票速報特番はなく、BBC Radio 4 から放送されていました。

 BBC Radio 1 の日曜夕方は、伝統的にヒットチャート番組を放送する時間帯ですが、以前のトップ40から“BBC1’s Most Played”としてエアプレイのランキングを、15位からカウントダウンする番組に代わっていました。但し 15曲全曲オンエアーしています。

 確かに開票速報特番は「選挙結果」を放送する事には変わりなく、ヒットチャート番組も、ゲスト呼びなど変な構成をせず、全曲オンエアするなら 15位からでも充分かも知れません。“Election Results”と“Most Played” このふたつの枯れた(笑)番組タイトルに、英国放送協会・BBCが達したラジオ放送の境地が垣間見える様です。

第742回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( △ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ぼくのりりっくのぼうよみ「つきとさなぎ」
    テレビ東京・ドラマ25「SR サイタマノラッパー ~ マイクの細道」エンディング テーマ
    ♪1位 2週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」劇中効果音楽 [清水靖晃]
    ♪シンプルだが粒立っている和音構成の劇伴。


  このブログの全ページ常時SSL化から 1年になりました。URLの https:// や グリーンの鍵マークも、すっかり浸透した感じです。

 このSSL化とほぼ同時に、ブログの更新なしで瞬時にメッセージが、ブログのPC・モバイル総てページに表示される「臨時のお知らせ」機能や、メールの送信者が、ご愛読者か否かを判断する独自の「メールフォーム」を整備しました。

 加えて 画像に依存しないテキストブログのさりげないプライベートな(笑)フォトギャラリーである「ブログ写真館」も新たに設け、SNSに依存していたブログの機能を、総てブログ本体に納める事が出来ました。

 また Google さんが提唱している、モバイルの読み込み・表示を高速化する特別なページ設定“AMP”( Accelerated Mobile Pages )も搭載して 1年が経過しました。今やこのブログをGoogleでモバイル検索すると、ほとんどの検索結果には AMPページが表示されます。

 懸案だったAMPページのアクセスカウンターも“ampーliveーlist”によって、AMPのアーカイブから離れて最新のカウンター数字を取得して表示しています。このブログでは、PC・モバイル問わずリスト全文が読める「レスポンシブ ウェブ デザイン」をさらに進化させ、AMP ページのデザインと機能を、従来のモバイルページと全く同じに統一しています。

 1年前を振り返ってみると、CSR( Certificate Signing Request )と 秘密鍵の作成から始まり、認証機関へ証明書発行の申請や、相対パスが不可なHTML5のリンク設定を ひとつずつ https:// にする作業、さらにURLでのアクセスを 全てSSL化した正規のURLへリダイレクトさせる作業など、準備に手間がかかり なかなか大変でした。

 そして自力で組み上げたHTML5とCSS3で、総ての機能をブログ本体に納め、個人ブログとしては究極とも言える、全ページ常時SSL化を実現する事が出来ました。

 私はPCのプラウザに、Google Chromeを使用していますが、SSL化してないページには、セキュリティーの警告を表示する計画があるそうです。現在 Google Chromeで、このブログへPCでアクセスすると、グリーンの鍵マークの横に、保護された通信 と表示が出ています。一気にSSL化をやっておいて良かったなと つくづく思います。

 2003年のブログ開始から、独学でコツコツと HTML5とCSS3 を勉強してきた私にとって、このブログは 田中久重の万年時計の様な存在だと、以前書いた事がありました。1年間安定してSSL化したブログを運営でき、やっとブログのシステムが完成したと思えてくるのです。

第743回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( △ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪1位 5週、登場19週。

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Might fall in love”

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」劇中効果音楽 [清水靖晃]


 2017年は上半期が終了し、ちょうど折り返し点です。そこで『2017 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。

 年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 週間選曲リストは 今週で 743週目と、500週おきの全期間ランキングでも折り返し点あたりです。このブログには、開始以来アクセスカウンターを、PC・モバイル全ページに設置しています。それに付随して簡易なアクセス解析も入れてあり、ご愛読者の皆さんが どのページをお読みになったのか統計が解る仕組みになっています。

 その簡易なアクセス解析によりますと、以前ならアーカイブといえば、個別ページつまり週間放送視聴日記の内容が検索ワードに合致して、お読みに頂くケースが多かったのですが、最近では全リスト保存をしている月別ページを お読み頂く事が大変多くなりました。

 これは週間選曲リストの曲目などが検索ワードが合致してお読み頂いたり、このブログをまとめ読みしていただく方が、大変増えたのだと思われます。ご愛読して頂き 誠にありがとうございます。

 このブログの月別アーカイブである全リスト保存は、最新月を除き暦順にリストが並んでおり、まとめ読みがしやすくなっています。また続きを読むボタンを廃止し、モバイルでも 1回の操作で月別アーカイブからリスト全文が、お読み頂けるようになっています。

 先週ご紹介した通り このブログは、HTML5・CSS3全て自作しています。年間ランキング・全期間ランキングだけ集めたページもありますので、SNSと異なりアーカイブを重視している このブログを、まとめ読みして頂けると嬉しいです。

 このドラマのテーマは、2014年の第1シーズン本放送の際にもリストインしており、上半期と通算の登場週数が異なります。

 上半期 1 位には、林ゆうき が制作したドラマ「緊急取調室」劇伴音楽が選曲されました。

 【1位  5週 登場11週】

 今年の上半期順位は、選曲条件をクリアした楽曲 9曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2017 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 5)
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( 4)
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]

  3. 第 3 位 ( 4)
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( 3)
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  5. 第 5 位 ( 3)
    OKAMOTO’S「時差」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「嘘なんてひとつもないの」主題歌


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2017年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。