FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第701回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽
    ♪編曲は 藤田哲司。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Echosmith“Cool Kids”


 先月 8日の午後3時を期して、NHKを始め全国のテレビ局は、一斉に天皇陛下のビデオメッセージを放送しました。

 天皇陛下のビデオメッセージ一斉放送は、2011年 3月の東日本大震災直後以来のもので、今回は数日前の事前予告があった事から、まさに「平成の玉音放送」とも言える、日本の放送史上の重大な出来事となりました。

 天皇陛下のビデオメッセージ指定放送時間の午後3時には、NHK総合や殆どの地上波民放テレビ局が特別番組を編成しました。但し東京メトロポリタンテレビ(MX)なと一部の局は、設備等の都合から天皇陛下のビデオメッセージを一斉放送せず、またテレビ神奈川やサンテレビなどの独立U局は通常番組を放送しています。

 ラジオは、NHKが第1放送で特設ニュースとして、ビデオメッセージの音声を同時放送。FMと第2放送は、通常番組を放送しました。東京AM民放3局は 特別編成を実施。海外では英国のBBCが強い関心を示し、なんと天皇陛下のビデオメッセージを、日本と同時放送しています。

 またFM長野は、3時20分から天皇陛下のビデオメッセージに関するJFN送出となり、3時24分から天皇陛下のビデオメッセージ音声を全編放送しています。全国でビデオメッセージが流れた3時頃は、通常番組でメジャーコードの派手な曲が流れ、20分過ぎから静かなクラシックに曲調が激変したのが大変印象的でした。

 7月13日のNHK総合テレビのニュース7とNHK―FMの今日のニュースで、突然「天皇陛下 生前退位の意向示される」と、驚天動地の第1報が流れました。他のマスコミメディアは、全くのノーマークで一斉に確認に走り、散発的にニュース速報や号外が打たれ大きな動きになりました。

 これは10年前にNHKニュース速報として、秋篠宮妃紀子さま ご懐妊を大スクープした時と類似しています。NHKのきめ細かい宮内庁取材の賜物かも知れませんが、宮内庁そして政府側のリークが、ニュースソースである事は間違いありません。

 そして私がこのニュースを知って最初に気付いた事は、天皇陛下の生前退位は現行憲法に抵触するのではないか? という疑問です。二千年にも及ぶ天皇制が培った歴史の中で、幕府や為政者に対し、抗議や不満の意思表示のために退位をほのめかし、また実際に退位した歴史上の出来事が何度もありました。天皇が帝位を賭けた政治利用の行動が生前退位なのです。

 天皇陛下のビデオメッセージには、ご高齢によるお体を省みて、憲法に定められた国事行為に支障がある可能性を憂慮され、責務を果たす事を強く望まれたお気持ちが ほとばしっていました。しかし、いかなる理由であれ生前退位は、現行憲法上の問題があります。

 もし天皇の生前退位を認めるならば、皇太子以下の皇族にも生前の譲位や離脱を、制度的に認めなければ法的均衡がとれません。天皇が神聖にして不可侵と謳われた明治憲法の頃でも、旧皇室典範第52条に皇太子以下の皇族へは懲戒規定があり、皇族としての品位を辱め皇室への忠順を欠く時は、皇族特権を停止もしくは剥奪出来たのです。

 今回の天皇陛下のお気持ちに沿うならば、摂政制度や国事行為臨時代理制度をさらに充実させる事など、現行皇室典範など法令の改正などで対応出来、陛下のご負担を軽減した上で、陛下が気にされている殯(もがり)などの崩御後服喪の皇室行事を、制度的に整理していけば良いと考えます。

 ところが、陛下のビデオメッセージでは、この摂政制度の活用に明確な懸念を述べているのです。ここまで踏み込まれると間違いなく解るのは、あのNHKの大スクープからビデオメッセージの内容まで、宮内庁そして安倍 首相を含む内閣官房のチェックは存在したと言う点です。

 ビデオメッセージでお伝えになった意向に全面的に沿った形で、天皇陛下の生前退位規定を全く問題なく設けるためには、皇室典範の全面改正そして憲法の一部改正が必要となるからです。

 私は憲法改正が実現するためには、最初は余程魅力的な条文草案を出さないと難しいとブログに書きましたが、安倍 首相は、憲法改正を実現する端緒として、まさしく驚天動地の第1章 天皇条項から手をつけようとするならば、護憲勢力は全く想像だにしなかった手段かも知れません。

 現に産経新聞が実施した世論調査では、生前退位を認める憲法改正には、なんと84%が賛成となっています。私個人としても天皇陛下の宸憂(しんゆう)を慮り、生前退位を認める憲法改正は、皇太子以下の皇族にも生前の離脱を認めるならば賛成です。

 いったい内閣からの意向が、天皇陛下のビデオメッセージにどれだけ含まれていたのか? 平成の玉音放送は、21世紀の天皇制の根幹に係わる重大なターニングポイントになりつつあります。


(追記) 天皇陛下生前退位に関する週間放送視聴日記は、次の通りです。
 「生前退位のご日程」(2017年 1月20日)
 「退位特例法を読み解く」(2017年 6月 2日)


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2016年09月02日 の週間選曲リストと『 平成の玉音放送 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。