FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第194回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽
    ♪リスト対象は 僅か10秒のイントロ。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  4. 第 4 位 ( △ )
    平原綾香“Voyagers”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ダーウィンが来た!~ 生きもの新伝説」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    木村カエラ“TREE CLIMBERS”
    モード学園 テレビCMソング


 先月24日に 名優・丹波哲郎 氏が、お亡くなりになりました。。

 丹波哲郎 氏の代表作といえば、やはり あのTBS「Gメン’75」やNHK新大型時代劇「真田太平記」など挙げられますが、大河ドラマにも 7回出演されています。

 最後の大河出演となった昨年の「義経」。 丹波哲郎 氏が演ずる源頼政が挙兵の炎の中、どんなシナリオでも言葉で表現出来ない不敵な笑みをニヤリと浮かべたシーンは、本放送時に このブログで絶賛。その後 各方面でも大河史上に残る「名場面」との声が上がっています。

 今週の「功名が辻」は、前田利家 役で唐沢寿明 がゲスト出演しました。2002年の「利家とまつ」において主役を演じ、同役で また4年後の「功名が辻」も出演した事になります。

 過去 津川雅彦が 徳川家康 役を 2回(独眼竜政宗・葵 ~ 徳川三代)演じ、仲村トオルは「信長 ~ KING OF ZIPANGU」から「琉球の風」へ羽柴秀吉 役をリレーする形で大河ドラマに同役出演しています。

 今回 奇しくも徳川家康 役の西田敏行は 財前又一。前田利家 役の唐沢寿明が 財前五郎。そして山内一豊 役の上川隆也は 関口仁 弁護士と、3人共に このブログで劇伴音楽が2004年の年間1位に選曲された、NBS(フジ)木曜劇場「白い巨塔」の重要登場人物でした。

 主役が そのまま後作の同一登場人物として出演する配役は、きちんと新作を経年で放送していく大河ドラマだからこそ出来る、ダイナミックなキャスティングだと思います。大河ドラマには 約40年の伝統があり、放送文化の観点からも常に高いレベルを保っています。

 NHK大河ドラマ「功名が辻」1日 放送・第39回「秀吉死す」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 仲間由紀恵 → ○ 上川隆也 / △ 前田吟 → 永作博美 → 生瀬勝久 → 田村淳 → 小倉久寛 → 浜田学 / △ 玉木宏 / ○ 唐沢寿明 / △ 篠井英介 / △ 多岐川裕美 / ○ 中村橋之助 / △ 津川雅彦(回想)/ ○ 浅野ゆう子 / ○ 柄本明 / ◎ 西田敏行 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第195回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪ラストに流れるピアノ・アンサンブルは変わらず秀逸。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌


 9日に 北朝鮮は、地下核実験を決行したと発表しました。

 核実験とされる爆発があったのは 午前10時35分。韓国のテレビメディアは、11時のニュースに第1報を伝えていましたが、日本は、11時45分頃 民放テレビのニュース時間帯で各局一斉に速報しています。

 ところがNHKは、ローカル番組の放送時間帯だったためか特設ニュースまで至りませんでした。NHK総合には、平日 正午前と午後6時台にローカルの放送枠があります。この枠で地震や緊急事件が発生すると、やはり若干速報が遅れるのです。

 結局NHKは、今回の地下核実験の詳報を 正午のニュースで登坂淳一 アナが伝えていました。但し一気に情報が入ったためか、陪席で解説をする国際部記者の名前を紹介し忘れるなど少々混乱していた様です。

 12時40分に 長野放送局では、ローカルニュースを関口泰雅 アナが5分間放送。その後 朝ドラのリピートを通常通り放送。午後1時からの特設ニュースは 阿部渉 アナが担当しました。

 NHKお馴染みの軍事評論家・江畑謙介 氏も登場し、どこよりも早く爆発の規模から「実験失敗」の可能性を示唆。特設ニュースは そのまま午後3時10分まで続いています。

 今回 NHK正午のニュースは、40分間に渡り総合・FMと同時放送しました。この場合、ラジオセンターへもアナウンサーが ひとり付き「ただ今テレビと同時に放送しております。」などとラジオ独自のナビゲーションを挟みます。このナビゲーションは、内多勝康 アナが担当しています。

 長野市の気象庁 松代精密地震観測室でも観測した人工爆発が、もし本当に北朝鮮の地下核実験なら、これは全世界への重大な挑戦です。

 このまま核開発が進みミサイルへの核弾頭搭載が可能になれば、周辺国はおろか人類全体を人質にして、国家の体制維持を謀っていると解釈されても否定できません。全体主義国家として、あのナチスドイツさえも到達した事がない極めて危険な段階になります。国際社会の一致した すみやかな措置が求められます。


(追記) 2009年 5月25日 北朝鮮は、2度目の地下核実験を決行しました。
 2013年 2月12日 北朝鮮は、3度目の地下核実験を決行しました。
 2016年 1月 6日 北朝鮮は、水爆と称する4度目の地下核実験を決行しました。
 2016年 9月 9日 北朝鮮は、5度目の地下核実験を決行しました。
 2017年 9月 3日 北朝鮮は、6度目の地下核実験を決行しました。

第196回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽
    ♪1位 2週、登場 7週。

  4. 第 4 位 ( △ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]


 NHK水曜シリーズドラマ「夜会の果て」(1997年 9月 ~ 10月 本放送)が、今週までNHK総合で再放送されていました。

 明治維新後、帝国憲法発布時の内閣総理大臣になった元勲・黒田清隆(江守徹)と、商家の娘から後妻にはいった黒田滝子(黒木瞳)の生涯を描いています。

 ジェームス三木は、ドラマ化されていない歴史素材を徹底的に研究し、一から書き下ろしていく事が出来る数少ない脚本家です。「夜会の果て」も その書き下ろし作品のひとつです。

 サブキャストは 松方正義 内務大臣:森山周一郎、伊藤博文 枢密院議長:なべおさみ、大隈重信 大蔵大臣:長門裕之、西郷従道 海軍大臣:磯部勉、井上馨 外務大臣:寺田農。そして函館戦争で敵味方だった黒田と深い友情で結ばれた、旧幕臣の榎本武揚 逓信大臣を 佐々木功が演じています。

 日本の歴史の中で最も美しい時代は何時か? と問われれば、この「明治時代」だと私は思っています。

 幾度もの政変で元勲達は時に失脚しますが、生命ある限り復権を果たし、近代日本の礎を積み上げていきます。

 そして人材登用の面でも旧幕臣を受け入れ、特に黒田清隆と榎本武揚が織り成す人間関係は、日本の政治史上最高の美談です。このドラマでも その友情が深く描かれています。

 音楽は あの「官軍行進曲」をベースに池辺晋一郎が制作。薩長中心の元勲政権から立憲議会政治への進展にクロスしていく様な、とてもキレのいい劇伴音楽群となっています。

 鹿鳴館外交を展開していた明治元勲達の虚実入りまじった日々と、黒田の妻・滝子の栄華から没落への流れを描いた この水曜シリーズドラマ「夜会の果て」は、本放送当時に録画していますが 今回の再放送で改めてDVDに焼きました。


(追記) 「夜会の果て」の録画は、総てデジタル化したMPEGファイルで保存を続けています。


 5日に このブログが、世界最大のウェブディレクトリ“Open Directory Project”(dmoz)日本語階層にサイトとして正式登録されました。

 登録カテゴリは、Top > World > Japanese > アート > ラジオ > 番組 > 音楽 です。ありがとう ございました。

第197回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( △ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    倖田來未「夢のうた」
    abn テレ朝・木曜ドラマ「だめんずうぉ~か~」主題歌
    ♪複数の旋律類似は明らかだが和声は損われないバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]


 今、FM長野の看板番組は何か? 即答をするのが難しいと思います。

 全放送番組を通して考えてみると、平日(火 ~ 土)深夜0時からの“JET STREAM”は、開局以来不変の看板番組に間違いありません。

 そして土曜夕方の“SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI”も、1992年 4月放送開始以来 高い人気を保っており、やはり看板番組のひとつだと思います。

 以前 看板番組だった日曜夕方の「サウンド アドベンチャー」終了後、いくつかの後発番組が生まれました。現在 同時間帯に放送中の“NISSAN あ、安部礼司 ~ beyond the average”も、なかなかユニークだと各方面から声があります。

 「アバンティ」のドラマ版というべきもので、オンエアーされる邦楽の選曲センスは抜群です。看板番組を目指し頑張って欲しいと願う者のひとりです。

 その他 JFN系での“Adult Oriented Radio(AOR)”や、独立プロ系で長年放送している日曜 深夜の“Heavy Metal Syndiate”も個性的で、これからの看板番組候補に類すると思っています。

 その昔 FM長野にも「マイ・ハーティ・タイム」など自社制作の看板番組がありました。しかし、ここ数年の自社制作番組、特に帯の生ワイドはスクラップ&ビルドが殆どで、なかなか看板番組は育っていないのが現状です。

 いずれにしても個人商店的でなく(笑)フォーマットを代々のパーソナリティ・スタッフが引き継いでいける様な番組。安定した番組構成が維持されている音楽番組のみ、FM長野そしてJFNの看板番組と称される資格はあります。

 奇をてらわず 実際 10年 15年と長年に渡り放送を続けてこそ、看板番組として認められるのだと思います。番組の継続期間は、看板番組か否かの重要な判断基準に間違いありません。

 そうなると 5分ミニ番組にも看板番組があります。

 「FM長野ニュース」も看板番組かも知れませんが(笑)やはり 1988年10月の開局以来 18年間、毎週 日曜13時55分から休まず放送を続けているクリエイティブ・ヨーコ(本社・長野市)提供の「いい旅ともだち」は、FM長野の隠れた看板番組だと思います。


(追記) 「いい旅ともだち」は 2010年 3月に放送が終了しました。放送期間は 21年6か月でした。 “SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI”も 2013年 3月に放送が終了しました。放送期間は 21年でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2006年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。