FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第415回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]

  2. 第 2 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“Show Me Love(Not A Dream)”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲
    ♪1位 3週、登場17週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「告発 ~ 国選弁護人」劇中効果音楽 [沢田完]


 1月30日 カタールで行われた サッカー AFCアジアカップ決勝「日本 vs オーストラリア」戦は、1-0でオーストラリアを下し、日本が 2大会ぶり4度目のアジア王座に輝きました。

 決勝戦の試合中継視聴率は、午前0時過ぎからの開始にもかかわらず 33・1% 。瞬間最高は 37・5% 。25日の準決勝「日本 vs 韓国」戦の視聴率は、10時25分からの試合開始で 35・1% 。瞬間最高は 40・6%をマークしています。

 ザックことザッケローニ監督は、就任当初まず日本人の心情から理解しようとしました。それが 僅か5ヶ月での大きな成果に繋がったのだと思います。

 従来 AFCアジアカップは、ワールドカップ中間年に行われていましたが、今年から西暦を4で割って3余る年(笑)つまりワールドカップの翌年に開催されます。

 2014年 ブラジル本大会へのアジア予選に向かって大きな弾みがつきました。ザック ジャパン、優勝おめでとう ございます。


 日本サッカーの活躍を裏腹に、政治の世界は 混迷が増してきています。野党時代の菅 総理は、舌鋒鋭く与党を攻撃してきた論客のひとりですが、転じて与党に廻ると 守勢の時に広く必要なボキャブラリー不足も露呈しています。

 「今までは仮免許だったが、これからは本免許」(笑)。内閣総理大臣の地位が与えられた後も自動車学校に通っていたとは(笑)呆れるほど甘えている感じです(笑)。攻撃している時は 実に生き生きしている菅 総理が、守勢になると こんなに脆いのかと驚かせられてしまいます。

 また1月27日に、世界国債の格付け機関であるスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)社が、日本国債を「ダブルA」から「ダブルA マイナス」へ1ランク下げた事に対して、菅 総理は 記者会見で「そういった事に疎い」と発言したのも、どんな意味であれ失言の部類だと思います。

 日本の国債発行残高は なんと973兆円。元利支払に充てる国債費は、毎年 国家予算の3割近くを占めています。もはや自転車操業からバンザイ(笑)な状態のはずです。ところが 日本の通貨である円は、高い状態が続いています。

 経済破綻する国家の通貨は、絶対的に暴落が先行するものです。しかし、円は、極めて高水準をキープしています。実に不思議な状況です。

 同じ国債でも戦時国債などは、どんどん湯水の如く借りたお金が 弾薬に消えていってしまいます。しかし、戦後発行していった日本の国債は 9割以上が国内で調達され、その借りたお金も国内で使われ、原則 国土へ留保されてきました。無駄な公共事業もありましたが(笑)自転車操業は家内工業で済んでいた(笑)と言えるかも知れません。

 S&P社の格付けより信頼出来るのは、やはり時々刻々と変動する外国為替市場の円相場です。なぜ これだけ国債を発行している借金国家なのに、通貨は輸出業者を苦しめるほど高いのか? その理由も少し知っておくべきだと思います。

 900兆円以上借金している この国は、全世界の国々から200兆円以上の債権も保有している、世界一お金を貸している国なのです。さらに深く理解する必要は なぜかありません。だんだんとインフレやデノミ待望論者になってしまうからです(笑)。

 お札を刷っている日本銀行が、どんどん国債を買い取っていけば いいじゃないか? などとは、もっと考えては いけません(笑)。

 やはり借金に頼らない国家財政の健全化は、キチンと目標に据えるべきです。それでも民間機関の国債格付けの話とはいえ総理大臣に「疎い」と発言されては、その理由を知っていたとしても、この国の行方に不気味な感じを受けます。

第416回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“Show Me Love(Not A Dream)”

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・ドラマ10「フェイク ~ 京都美術事件絵巻」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪穏やかな広がりのあるインスト オンリーの劇伴。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「告発 ~ 国選弁護人」劇中効果音楽 [沢田完]


 CNNテレビを視る時間が増えています。やはりエジブト情勢は気になるところです。

 そのCNNテレビを視ながら 妙な事にも気づきました。どうも私の英語ヒアリング力が落ちているのです(笑)。同時通訳無しになる日本時間 午前0時以降のCNNテレビを視聴していると、肝心なところが聞き取れず 画面の字幕に頼る事も多くなりました。

 出演しているアンカー達が興奮して早口だという理由もありますが(笑)ここ暫く英語ラジオ放送を聴けないせいかも知れません。

 私は、ご多分に洩れず英語が喋れません。ところが平易な英会話は ほぼ聞き取れます。なぜ妙に耳年増(笑)な英語力がついたのか? と言うと、在日米軍放送のFEN(現・AFN)を聴き続けたからです。

 小学6年生の頃からFENを聴いていました(笑)。土曜午後のAmerican Top 40(全米トップ40)を聴きとりたい一心からでしたが、シャワーを浴びる様にFENを聴き続けていると不思議に英語は解ってきます。

 まずペラペラ喋っている(笑)そのペラペラが 1語ずつ区切って聴こえる様になります。次に名詞が解ってきます。

 例えばAmerican Top 40のDJであるケーシー ケイサム(Casey Kasem)が、やたら「サーベイ」(笑)と言っているのは“Survey”。つまり“Research”より高度な順位を算出する音楽市場調査という意味だと解ってくるのです。

 そして語をつなぐ動詞が聞き取れる様になると、8割がた英語放送は理解できます。文法は特に関係ないのです(笑)。その時には英文読解も ある程度こなせます。しかし、この様な勝手についた英語力は やはり勝手に落ちてきます(笑)。

 信州に来て約20年になりますが、こちらで東京 横田の在日米軍放送は殆ど聴こえません。やはり英語放送を普段から聴いていないと、確実にヒアリング力落ちてくるのです。

 そこで最近私は、Voice Of America(VOA放送)を聴くようにしています。

 三大ネットワークやCNNなど民間放送が深く根付いているアメリカ合衆国にあって、Voice Of America(VOA放送)は、国務省が管轄する対外向けの「国営放送」です。

 昔のVOAは 短波放送中心でした。特に東アジア向け 9・760MHzが有名で、ラジオたんぱ(現・ラジオ日経)第2放送の昼間限定送信用JOZ7と全く同一周波数なため、ラジオたんぱ専用ラジオがあると、夜8時からVOAの英語放送がクリアに聴く事が出来ました。

 現在では 夜10時からですが、9・760MHzは健在です。そして短波ラジオよりインターネットが主流となった今、24時間ストリーミングで英語放送を聴く事ができます。

 暫くぶりでVOA放送を聴いているのですが、毎正時から5分間 必ず最新ニュースを流す編成は FENと同じになっています。

 お堅い政府広報番組もありますが“VOA MUSIC MIX”という長時間音楽番組は、アメリカンDJスタイルで選曲も良く、全世界のリスナーからリクエストを受け付けていました。

 またVOA放送には“SPECIAL ENGLISH”という基礎英語1500ワードだけで、ニュースなどを ゆっくり放送する時間もあります。こちらは現状の英語力でも ほぼ聞き取れました(笑)。

 VOAも ご多分に洩れず政府予算の削減とかで、アジア向け短波放送の廃止が検討されています。

 元々VOA放送は、第2次 世界大戦当時から政府宣伝の国営放送としての役割を担っており、現在 アフリカ向け放送に大変力を入れていて、ストリーミングされている全世界向けネット中継の「グローバルライブ」でも、アフリカの朝夕の時間帯は、アフリカ向けに特化した番組が そのまま流れているほどです。

 しかし、アジア向けの番組も まだ残っていますし、VOA放送は英語学習に最適なラジオです。私もVOA放送のリスニングで、英語ヒアリングのリハビリ(笑)をしているところです。


(追記) 2011年 5月 6日の週間放送視聴日記に、VOA放送からの返事。 2015年 8月14日には、VOA放送のログを取得。 2017年 8月18日には、VOA放送の今後 を掲載しました。

第417回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“Show Me Love(Not A Dream)”

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]
    ♪1位 2週、登場13週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Kalafina“symphonia”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」エンディング テーマ
    ♪繊細なアレンジにヴォーカルも溶け込んでいる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「告発 ~ 国選弁護人」劇中効果音楽 [沢田完]


 松本市でも 11日に10センチ、14日に18センチの積雪がありました。

 今年の冬は、全国広い範囲に降雪を もたらしており、温暖と思っていた瀬戸内地方まで積雪したとのテレビニュースが流れていました。そのニュースを視ながら、作詞家・阿久悠 さんの日記を思い出しました。 阿久悠 さんは、その瀬戸内に在する兵庫県 洲本市出身です。

 このブログでも以前 筒美京平 さんを取り上げた時、阿久悠 さんは、歌手やスタッフの求めてくるものを見事に作品として産み出していく、そして片っ端からヒットしていった その生産過程(笑)に引っ掛かりを覚えると 正直に書いた事がありました。

 阿久悠 さん最期の出演となったラジオ番組を、偶然にも私は聴いています。NHK-FM「ミュージックメモリー」(2007年 6月 放送)という番組でした。

 阿久悠 さんは、その年の4月から1年間 葛西聖司 アナと この番組を担当されるとかで、毎週ゆっくりと阿久悠 さんが紡いだ昭和歌謡の歴史を振り返る内容を予定していました。

 聴いた週のゲストは 岩崎宏美 さん。思い出話が花咲き、明るい師弟の雰囲気がラジオから流れていました。ところが聴いた翌週から急遽入院で、葛西 アナが ひとりで担当。それから僅か1ヵ月で急逝の訃報に接したのです。

 私は、阿久悠 さんを尊敬していました。作詞家としてではなく、実は日記をつけていた 一(いち)個人に対してです。

 もう15年以上前になりますが、阿久悠 さんの日記を、日々の生活と共に紹介するドキュメンタリーがテレビで放送された時、それを視た私は衝撃を受けました。

 通常 日記帳を書き始めるのは、新年からという方が多いものです。そして今頃 挫折します(笑)。自分自身の心の振幅を書き留めるのが 普通の日記のスタイルです。ところが阿久悠 さんは違いました。

 阿久悠 さんは、日々起こる社会現象を 日記へ克明に記録していたのです。百科事典並みの外国製大型日記に、テレビを視聴しながら あらゆる社会現象を記録していくのです。そして就寝前に その日に記録した中から 数項目の重要事項を選抜。日記のページにインデックスとして書き込みます。

 阿久悠 さんは、1981年から お亡くなりになる2週間前まで、この様な日記を毎日書き続けていました。

 阿久悠 さんの日記には、喜怒哀楽の感情を極力表現しません。好き嫌いの感情を表現しません。その感情は 日記に記録する社会現象の選択で表現するのです。阿久悠 さんは、手書きのアナログな日記でしたが、その姿は まさしくブロガーの理想像そのものでした。

 公開された阿久悠 さんの最期の日記ページに、病気の事は 1行もありません。スポーツの結果。台風情報。当時 沸き起こり始めていた年金問題のニュース。その日に起こった社会現象が 詳細に記録されていました。

 自分基準の感情から私生活を切り売りし 日記に書きなぐり公表するのではなく、自分が属する社会を観察し記録する行為は、ブログがメディアに成長する重要な要素だとも思うのです。

 阿久悠 さんは、日本で最も先進的な日記著述者でした。とても阿久悠 さんの様に、毎日 視聴記録をする事は出来ませんが、せめて週1回は、阿久悠 さんと近いスタンスで、これからも視聴記録していきたいと考えています。阿久悠 さんの克明な日記を思い起こさせた 瀬戸内の雪模様でした。

第418回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“Show Me Love(Not A Dream)”

  2. 第 2 位 ( △ )
    Kalafina“symphonia”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「告発 ~ 国選弁護人」劇中効果音楽 [沢田完]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Tokio Hotel“Darkside Of The Sun”
    ♪和声と調性は整っているサウンド。ドイツのポップロック バンド。


 昨年10月 1日に実施した「第19回 国勢調査」の結果速報が、総務省統計局から発表されました。

 日本の人口は、前回2005年の国勢調査結果と比較して、0・2%の微増になっています。但し この微増は、今回から導入された郵送方式などテクニカルな回収率向上も原因とされており、やはり少子高齢化を背景とした人口減少社会が確実に進行している様です。

 【全国総人口:1億2805万6026人】

 また長野県内は、前回調査と比較して 2・0%人口減少の結果となりました。

 【長野県人口総計:215万2736人】

 今回の国勢調査で 人口の多い市町村は、1位・長野市 38万1533人、2位・松本市 24万3070人、3位・上田市 15万9604人、4位・飯田市 10万5364人、5位・佐久市 10万0575人 となっています。逆に人口の最も少ない市町村は、下伊那郡 平谷村の 566人でした。


 地上波ラジオをインターネットで配信するIPサイマルラジオ“radiko”が好評です。この春から、名古屋・福岡・北海道へもサービスを拡大し、その後 広島・仙台・静岡が予定されています。

 またNHKラジオも独自のネット配信開始を予定しており、IPサイマル ラジオは 徐々に全国展開が図られる見通しとなりました。先行している首都圏・関西地区の“radiko”ストリーム数は 最高 月1700万を突破し、日本のインターネットラジオとして群を抜く規模になっています。

 ところが“radiko”での聴取も対象とした最近の首都圏・関西地区のラジオ聴取率調査に大きな変化はありません。ラジオ離れに歯止めのかかった傾向が出ていないのです。

 実は ここに統計学的怖さが見え隠れしています。例えば ある新譜音楽のダウンロードが 100万件突破したとします。100万と言えば大変な数字ですが、日本の全人口からみると僅か1パーセントにも満ちません。

 テレビ視聴率は、調査エリアの総世帯数。そして ラジオ聴取率は、調査エリアの12才から69才までの総人口数が「分母」なのです。

 “radiko”は、週平均で 200万 ~ 300万ストリームと公表されています。単純計算のため1日当たり35万ストリームかつ総聴取 時間(TLH)を24時間とすると、聴取率の増加は 全局合算で 1パーセントにも達しません。いかに分母が巨大かという事です。

 もちろん“radiko”1ストリームの聴取者が、24時間ぶっ通し聴き続けている訳でもありません(笑)。実質聴取時間を これも公表されている1ストリーム平均20分程度とすると、純粋な“radiko”全日聴取率は、ここで書きたくないほどの(笑)微弱な数字になってしまいます。

 “radiko”対象開始以降も、ラジオ聴取率調査に目立った変化が見られないのは、統計学的に当然な結果なのです。ラジオ放送におけるネット配信ストリーム総数は、番組を「有料配信」した場合のみ放送局の収益力へ直結します。

 これから数年内に“radiko”の長野県内運用も開始されると思いますが、地上波ラジオは「分母」が放送エリアの総人口である公共公益性の高いメディアだと強く認識して、番組コンテンツの質を高めていかないと、せっかくの“radiko”が結局 空回りになる恐れもあります。


(追記) この国勢調査の全国男女別人口は、男性 6232万7737人、女性 6572万9615人。「合計特殊出生率」は、1・39(5年前比プラス0・07)と発表されました。ちなみに2・08以上は、人口再生産に必要と言われています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2011年2月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。