FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第165回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS KTV・ドラマ「アンフェア」テーマ音楽 [住友紀人]
    ♪テーマ音楽で すぐ提供クレジットが出てしまうのは残念。


 昨年10月 1日に実施した「第18回 国勢調査」の結果速報が、総務省統計局から発表されました。我が国の人口は、間違いなく減少局面に入ったと推定されます。 生産年齢人口の減少など問題が顕在化し、人口減少社会が多くの基本統計へ反映された結果となり、日本は 大きな転換点に差し掛かっています。

 【全国総人口:1億2775万6815人 】

 また長野県内も少子高齢化社会が確実に進行しています。今回の国勢調査で 人口の多い市町村は、1位・長野市 37万8495人、2位・松本市 22万7579人、3位・上田市 12万3678人、4位・飯田市 10万8628人、5位・佐久市 10万0457人 となっています。逆に人口の最も少ない市町村は、下伊那郡 平谷村の 688人でした。

 【長野県人口:219万6012人 】

 国勢調査は、5年ごとに西暦が 5の倍数の年に行われ、今年が 18回目になります。今回からプライバシー意識に配慮し、調査票提出用封筒を始めて導入し、記入済調査票を封入して、調査員に渡せる様になりました。国勢調査も、インターネットによる調査を併用しないと、正常な調査が行えない恐れまで出てきています。

 第1回 国勢調査は、1920年(大正9年)に実施されました。当時としては珍しい記念切手が発行され、図柄は 大化の改新の際に国司に命じて戸籍を閲覧したという故事から、国司が戸籍を閲覧している場面が創作で描かれています。日本の国勢調査の原点は、そこまで遡るのだそうです。

 第1回 国勢調査のポスターでは、9月30日から10月 1日にかけて旅行する人に対して、調査漏れは国民の恥(笑)だと呼びかけたり、国勢調査の時刻は、全国一斉午前0時だから、その時間を期して調査用紙に書け。午前8時から集めにくる(笑)とか書かれており、非常に厳しくかつ国勢調査の本質が判る啓蒙活動をしていました。

 戦前の国勢調査の調査員には、記念章や授与品まで与えられ、名誉を持って調査に当たる様指導されました。戦後は、国勢調査の啓蒙活動の一貫として、自治体が人口当てクイズ(笑)を実施する事もあります。殆どの場合ピタリ賞は出ず、ニアピン賞で勝敗が決します(笑)。

 第18回 国勢調査の結果に対して、衆議院議員選挙区画定審議会は、選挙区の改定案勧告を行う必要なしと判断しています。国勢調査は、世論調査の様な標本調査でなく、ひとりひとりを調べる全数調査として、日本に居住している全ての人及び世帯を対象に実施される、国の最も重要な統計調査です。


(追記) この国勢調査の全国男女別人口は、男性 6234万0864人、女性 6541万5951人。長野県の男女別人口が、男性 106万8046人、女性 112万7966人 。「合計特殊出生率」は 1・32(5年前比マイナス0・01)と発表されました。ちなみに 2・08以上は、人口再生産に必要と言われています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年03月17日 の週間選曲リスト と『 第18回 国勢調査 結果速報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。