FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第848回ランキング

   new
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」テーマ音楽 [Sean Callery]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Qyoto「花時雨」
    カンテレ・ドラマ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」主題歌
    ♪歌謡曲的な調性を感じるが、旋律は ロックテイストを貫いている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「監察医 朝顔」劇中効果音楽 [得田真裕]


 あの幼い頃に眠い目を擦りながら、そして今でも鮮明に記憶として焼き付いているアポロ11号の月着陸生中継から 50年だそうです。歴史的な月着陸ではなく(笑)月着陸生中継と書いたのは、こだわりがあります。あの日NHK総合テレビで視た「アポロ11号 月着陸生中継」の信じられないほどの斬新さは、実際の月着陸という歴史的出来事よりも鮮明な思い出なのです。

 1969年 7月21日早朝、アポロ11号の月着陸船「イーグル」が人類初の月着陸を敢行した時の日本国内のテレビ放送体制は、世界中が注目した大偉業だけに、当時は放送を休止していた、深夜から早朝の時間帯にもかかわらず、NHKや民放テレビは、月着陸ミッションに入る前から、約 10時間にも及ぶ特設ニュースや報道特別番組が編成されました。

 ところが生中継といっても、月着陸までの画像は、アポロ11号から送られてこないのです。イーグル と 米・ヒューストン宇宙センター間の英語による交信音声だけでした。民放は、その音声を流しただけですが、NHKは違っていました。50年前にまだ世界でも珍しいコンピューターシステムをNHKは導入していたのです。それを生中継に使用しました。

 「NHKコンピューター」の表示と題し、月着陸コースに対するイーグルの現在位置のシュミレーションを同時進行画像として、交信音声と一緒に放送したのです。まだパソコンやネットも無い時代に、このシュミレーションは 極めて斬新で、月着陸の瞬間、家庭の視聴者がまるでヒューストンのコントロール・ルームにいる様な感動を与えました。

 イーグル と ヒューストン宇宙センター間の英語交信音声は、西山千という名人的な同時通訳者が、日本語にして放送しました。日本までは短波で音声が送られたため、当然フェージングやノイズがありましたが、上手く繋いで同時通訳していました。特に着陸直前の時、平地を懸命に探すイーグルを「もう少し前方!前方!」と交信の同時通訳から見事に表現していたのです。

 またスタジオには、村野賢哉・NHK解説委員がいました。アポロ計画の進捗状況を、当初から打てば響くような名解説をし、生中継でも瞬時に的確な解説をしていました。西山千、村野賢哉、そしてNHKコンピューターの表示。早朝 5時台でありながら、NHK総合のアポロ11号月着陸生中継の瞬間最高視聴率は、なんと 68・3%(NHK発表)を記録しています。

 私は「特別番組 アポロ11号の偉業」を保存しています。これは 30年ほど前、NHK衛星第2放送でリピートされた時に録画したもので、月着陸生中継も再放送しています。今見るとNHKコンピューターの表示は、原始時代の壁画の様な趣き(笑)がありますが、イーグルが着陸した瞬間に、点滅していたエンジン噴射シュミレーションがピタッと止まるのは見事です。

 50年前、アナログ テクノロジーだけで、人類は 月まで行って帰ってきました。それはアメリカ合衆国の財力を傾けてまでも、ソ連との宇宙競争に勝ちたいという一心が可能にさせたのだと思います。そして私は、月着陸よりも NHKの月着陸生中継が、デジタルそしてネット時代の未来を、最初にイメージとして視せてくれた様で忘れられないのです。

第847回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪1位 6週、登場29週。

  4. 第 4 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」テーマ音楽 [Sean Callery]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・ドラマ「監察医 朝顔」劇中効果音楽 [得田真裕]
    ♪抑制された和音構成だが洗練された印象を受けた。


 最近のモバイル サイトは、ちょっとニュースを読むだけにしても、抜粋や冒頭数行しか書いていないものが目立ちます。スクロール広告が追跡を止めず(笑)例の続きを読むボタンを押してみると、インタースティシャル広告が画面全体を覆ってしまったりとか、ニュースを読む気が完全に失せてしまいます(笑)。サイトに蔓延している営利主義には辟易しています。

 最近気になるのは、ひとつの記事の先頭に置いてあるアイキャッチ画像です。記事からの訴求力を高めるのが目的だそうですが、同じ様なサイズの広告を記事の合間に挟んでいる状態で、冒頭にどうでもいい(笑)アイキャッチ画像を置いても、どんな訴求力を高めるのか? はなはだ疑問です。記事からの訴求力を高めたいならば、まず記事の間に広告を挟めない事です。

 このブログは、アイキャッチ画像などを一切使っていませんが、W3Cアイコンやブログマークなどは、画像を使っていました。ところがHTML5やCSS3の合格アイコンが、作成されていないのです。特にCSS3のほうは、文法自体も更新されておらず、私のブログは合格なのですが、最新のベンダーについては、未知だとか(笑)警告が表示される始末なのです。

 そこで段落整序作業が終わったあたりから、熟考していたのですが、思い切って このブログから画像を一掃する事にしました。但しブログ写真館は、画像がなければ成立しません(笑)。それとメールフォームに掲載されているアドレスは、従来通りスパム防止のため画像で表示します。それとファビコン。この3点以外は画像を総て排除しCSSでデザインしました。

 まずブログマークは、8分音符をテキストで表現し、ファビコンと色彩を逆転させています。つまりファビコンは、ライトグリーンに白抜きですが、ブログマークは、白地に8分音符をライトグリーンで表現しています。ブログマークは、定着しているファビコンを色分析にかけてカラーコードを取得し、全く同じライトグリーンにした上で、総てのページに掲載しました。

 そして前述のW3Cアイコンも、既製の画像を止めて、普及しているチェックマークをベースに、CSSで独自にデザインしました。W3Cの検証ページにリンクしており、文法チェックと合格の確認が出来ます。W3Cが合格アイコンを新規作成しなくなった今では、例え作成を再開したとしても、画像を使用せず独自のデザインで表現する事は許容されると考えました。

 また最新リストに表示されるNEWマークも、点滅機能を付けてCSSで自作し、FEEDアイコンもCSSだけで作りました。既にアクセスカウンターもPHPを使ってテキスト表示に切り替えており、トップページや個別リストのページなどは、PC・モバイル共に全く画像がない状態を維持しています。真の意味での「テキストブログ」を具現してみました。

 長年トップページに掲載してきたブログ ペット「かめクン」の写真も、トップページからブログ写真館へお引っ越ししました。ブログ ペットの地位は そのままです(笑)。またファビコンの姉妹品(笑)であるスマートフォン向けの apple-touch-icon も、呼び出せば画像が出てきます。但し今回からブログマークと 色彩デザインを統一しました。

  apple-touch-icon は、設置しないと沢山の呼び出しが空振りになる事が解り、数年前に設置しました。それだけ このブログをスマートフォンでご愛読して頂く方が多く、心から感謝申し上げます。ただ基本のブログ表示には、画像の呼び出しが全くなくなりました。個人発信のサイトそしてブログは、本来この様な形態が理想だった気がします。

第846回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    家入レオ“Prime Number”
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」主題歌
    ♪1位 6週、登場11週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」テーマ音楽 [Sean Callery]


 注視している方は少ないと思うのですが、私は 今の時期になると新聞紙面に小さく掲載されている人事異動の記事を、官公庁・民間会社問わずマメにチェックします。職業柄(笑)というべきなのかも知れませんが、たとえ知らない会社組織の 知らない方の異動でも、前任の役職 そして 新任の役職から、ある程度会社組織の内部について推理が可能なのです。

 5月30日付の中日新聞朝刊に掲載されたエフエム東京(TOKYO FM)の人事異動記事を読んで、私は大変驚きました。会長・社長以下の取締役が一斉に交代しているのです。尋常ならざる人事異動です。すぐTOKYO FMの経営情報をチェックすると、さらに今期(第54期)決算発表を延期している驚愕の事実まで判りました。

 決算を定時株主総会で報告出来ない事態というのは、会社経営の危急時とも言えます。TOKYO FMからの理由説明のプレス発表では、過去の年度を含む決算において、連結対象の範囲について会計上・内部統制上の問題があり、決算を延期したとあります。この発表文を一読して、i-dio(V-LOW マルチメディア放送)が原因だと直感しました。

 TOKYO FMでは、第三者委員会を設置して調査するとの事ですが、巨額の内部留保を背景に、社内処分で幕引きをしたいというのが隠れた本音にある様です。但し監査役・監査法人の責任問題を、どう社内だけで回避するのか? 疑問は強く残ります。さらにiーdio(VーLOW マルチメディア放送)事業の処遇判断は、間違いなく避けられません。

 新任された黒坂修 新代表取締役社長は、FM岐阜の経営立て直しの際に、承継新会社の初代社長として尽力し、新生 FM岐阜を軌道に乗せた実績があります。また社外からの取締役相談役として唐島夏生 氏が、古巣のエフエム東京に戻ってきた点にもシグナルが見てとれます。そして御大(笑)後藤亘 名誉相談役は、今回の騒動でも微動だにしません。

 またTOKYO FMは、臨時株主総会招集の為の基準日設定公告を行っていました。その内容からも臨時株主総会を 9月に開催して、第三者委員会の結論を出し、延期になった決算承認を行う予定が読み取れます。新人事は、定時株主総会で承認されており、かつ臨時株主総会の設定時期まで、あと 2ヶ月しかなく、この問題の処理に時間をかけない姿勢が解ります。

 放送局の内情を知る方法とは、噂やインサイダーに根拠を置くものであってはなりません。堂々と発表されている決算公告や人事異動情報を経年で付き合わせていくと、その変化から経営情報が浮かび上がってきます。私の様に職業的(笑)技能が必要ですが、総ての会社組織の分析に有効な この手法が、営利を目的とする放送事業会社にも有効なのです。

 今回TOKYO FMで発生した大規模な人事異動 と 決算延期を知り、すぐ過去 5年ほどの決算電子公告を手許に保存しました。今日の段階まで達してしまうと、iーdio(VーLOW マルチメディア放送)の収拾策の立案は、並大抵の事でありません。秋に予定されている臨時株主総会を節目とする、TOKYO FM(エフエム東京)の経営動態に注目しています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。