FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第849回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング
    ♪編曲は Survive Said The Prophet。

  3. 第 3 位 ( △ )
    Qyoto「花時雨」
    カンテレ・ドラマ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」テーマ音楽 [Sean Callery]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「監察医 朝顔」劇中効果音楽 [得田真裕]


 21日 投開票の『第25回 参議院議員通常選挙』は、自民・公明の連立与党が、勝敗ラインとして設定した改選議席の過半数を超え勝利しました。自民は 前回獲得した議席数にも達しましたが、非改選も加えた参議院の新分野では、改憲勢力とされる党派の議席数が、憲法改正の発議に必要な 3分の2に 4議席不足する結果となりました。但し 改憲勢力の範囲分けは流動的です。

 【獲得議席数:自民 57 立憲民主 17 公明 14 維新 10 共産 7 国民民主 6 れいわ新選組 2 社民 1 NHKから国民を守る党 1 無所属 9】

 NHKの開票速報は、テレビ・ラジオ共に午後 7時55分からスタート。8時ジャストからの 1分間に 94名もの議席当確を打ちました。正確には 僅か 35秒です(笑)。比例区では その 35秒間に 50名中 42名の議席当確が一気に打たれました。長野局では 最初に、1名減員となった地元の当確をまず打っています。長野県選挙区の当選者は、国民民主党 1でした。

 abn テレビ朝日は、恒例の開票速報特番・選挙ステーションの放送時間を大幅に短縮しました。 7時58分から開始したものの 8時20分で一旦中断し、世界水泳選手権の中継を優先。9時58分から再開しても、11時で放送を終了。以降は 全米オープンゴルフの中継を深夜まで行いました。明らかに開票速報特番よりスポーツ中継を優先する編成方針です。

 我が家では、テレビを映像だけにして、音声はチボリ オーディオ モデルワンを通じて、NHKーFMの開票速報を聴いていました。とても整理されて伝わるラジオの開票速報を、テレビ映像で補完するスタイルです。ところがNHKーFMでは、午前 1時07分に開票速報を打ち切りラジオ深夜便を放送。内容は 究極のラジオ放送と言われる「話題と音楽」(笑)でした。

 もちろん正時から 15分ほどニュースとしての開票速報を放送し、比例の当確者は、ラジオ深夜便内で随時速報されていましたが、ラジオでも長時間編成から離れ始めていました。本来ならば電子投票を普及させて、運転免許の合格発表(笑)の様に全当選者を速報し特番は早めに終えるのが筋ですが、今の段階では 出口調査に根拠を置きスピードアップする形になっています。

 FM長野では、8時55分 と 10時55分からのFM長野ニュース(JFN)で 2回。11時からはJFNネットの開票特番を放送しました。FM長野ニュースではコンパクトに開票速報をまとめていましたが、今回も長野県区の当選・当確情報は、翌朝 7時30分からの“OASIS 79・7”フラッシュ ニュースまで ありませんでした。もはや常態化しつつあります。

 今回の参院選で驚愕だったのは「NHKから国民を守る党」の躍進に尽きます(笑)。選挙公示直後のNHKニュースで、NHKから国民を守る党と、党名がコールされただけでも、一言では表現出来ない強い違和感を感じました。それが比例で 98万票 1議席を獲得。全国の選挙区では得票率 3・02%と、政党助成金が国庫から交付される基準を突破しました。

 このブログで書いてきましたが、NHKは、バックアップの点からもテレビ・ラジオ各 2波の放送は、国民のために維持すべきだと考えます。もちろんノースクランブルです(笑)。しかし、NHKという巨大組織を維持する必要性は 国民に微塵もありません。NHK受信料の強制徴収 と 大衆から遊離した職員の高給などに、国民が嫌気を差している事は 間違いないのです。

 NHKから国民を守る党に、民放がまず当確を打った時に 立花孝志 代表が、NHKが当確を打ってからと祝賀を諌めたのには、NHK報道の信頼性を裏付ける様で笑ってしまいましたが、泡沫政党扱いだった NHKから国民を守る党が、国会議席を獲得し 政党要件を満たすまで急成長した事は、憲法改正への動向よりも、メディアが読みきれなかった国民の判断だと思います。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。