FM長野・NHK-FM リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第935回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    10-FEET「アオ」
    テレビ東京・ドラマ24「バイプレーヤーズ ~ 名脇役の森の100日間」オープニング テーマ
  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Maica_n “replica”
  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「青天を衝け」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [佐藤直紀]
  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NBS カンテレ・ドラマ「シグナル~長期未解決事件捜査班」劇中効果音楽[林ゆうき・橘麻美]
    ♪ スペシャルが放送されました。和声を感じさせるトラックは健在です。
  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「立花登青春手控え」メインテーマ [羽岡佳]

 SSLの更新が先月完了しました。前回は 有効期限が 2年でしたが、今回は 1年でした。世界的に有効期限が短くなっており、最終的には、90日程度の超短期も視野に入っているとの話です。このブログは、JPRS さんの有料証明書をきちんと取得していますが、その更新手続きは どんどん自動化へ向かっており、超短期になれば自動化は 当然の事だと思います。

 このブログも引き続き、PC・スマホ両方のブラウザに、SSL証明書の印である鍵マークが付いています。SSLを新規取得した 5年前と比較しても、ほとんどの優良企業の公式サイト全ページには、この鍵マークが付くようになり、そのせいか稚拙なハッキングや不正事故は 最近聞かなくなりました。それだけネットの世界が 成熟してきた事を意味しています。

 しかし、ネット社会の成否に係わる深刻なカウントダウンも静かに始まっているのです。例の「2038年問題」です。基点である 1970年 1月 1日からの経過秒数が約 21億秒に達する 2038年 1月19日 午前 3時14分08秒(世界標準時)を過ぎると、コンピュータが認識できる経過秒数の 2進法桁数を超えてしまい、日付表示が機能不全に陥る懸念です。

 かつて「2000年問題」というのがありました。年のプログラミングを、簡略な 2桁で済ませていたため、99 ➝ 00の時に起こるコンピュータ誤作動の世界的懸念から端を発しました。2000年になる瞬間は、ゆく年くる年が報道特別番組と化した(笑)忘れ得ない年越しでしたが、この 2000年問題より、2038年問題は、深刻な影響が及ぶ可能性が高いのです。

 このブログでは、15年ぶりにフォントの刷新を行い、その際にCSSの総整理も合わせて実施しました。ブロガーもお年なので(笑)渾然一体となったCSSソースでは、緊急時に対応が遅れる懸念があり、仕様別にゾーン分けをして記載順の統一 と 総整理を行ったのです。その時に 2038年問題の対策もしようとしたのですが、修正の範囲は とても奥深く断念しました。

 修正必要な範囲が、WORDPRESSのタグ定義にまで及んでおり、この2021年の段階で強引に修正すると、一部機能が停止する恐れがあるからです。昨年 作り上げた自作のアクセス解析は、独自機能ですので、影響が及ばない最新の日付管理タグを使用しています。しかし本体のブログ機能に関しては、まだWORDPRESSの対策自体が済んでいないのです。

 実は 2038年問題には「特効薬」があります。時間保存表示を司る time_t 型を、符号付き 64ビット整数型にすればよいのです。そうすれば 2922「億年」(笑)まで問題が生じません。早い話が(笑)このブログの場合、2038年までに、さくらインターネットのサーバが、64ビット環境になっていれば、問題は オールクリアとなります。何とかなるかも知れません。

 あの「インターネット崩壊論」は、これから英知で解決出来ても、2038年問題は、2000年問題よりも 遥かに深刻な状況だと思います。ただ 64ビット環境が全世界に普及すれば心配ありません。このブログが いつまで続くのか解りませんが(笑)どの様な追記が 2038年までにされていくのか? 今週のリストには、タイムカプセル的な意味合いもあります(笑)。

第936回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    10-FEET「アオ」
    テレビ東京・ドラマ24「バイプレーヤーズ ~ 名脇役の森の100日間」オープニング テーマ
  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Maica_n “replica”
  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「青天を衝け」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [佐藤直紀]
  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NBS カンテレ・ドラマ「シグナル~長期未解決事件捜査班」劇中効果音楽[林ゆうき・橘麻美]
    ♪ 1位 3週、登場10週。
  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「立花登青春手控え」メインテーマ [羽岡佳]

 昨年秋に大改編を行ったFM長野は、自社制作番組に大きな動きがありませんでした。一方 デジタルラジオ事業から莫大な損失処理で撤退し、コアターゲットの設定を変えたTOKYO FMも、JFNネット番組などに 大きな改編は ありません。「新型肺炎」(COVID-19)は、消極 そして 積極と分かれて全国のラジオ局改編に影響を与えている様です。

 この春のラジオ局改編を全国規模で調べると、2パターンに分かれます。まず第1は、生ワイドを一気に整理して、社員アナウンサーをパーソナリティに総動員するパターン。第2は、従前の番組編成を極力変えずに、新番組の自社制作を抑制するパターンです。特に 今までの改編の様に制作費をかけてタレントを採用する生ワイドの新番組が、全国的に影を潜めています。

 秋の大改編の時に書きましたが、第1のパターンの場合、長時間の生ワイドを単独のパーソナリティに連日担当させるのは、働き方改革にも、時短政策にも逆行する行為です。コロナ禍以前の自社制作率に拘るのではなく番組内容を精査して、身の丈に合った生ワイドとなる様に時間短縮をすべきだと思います。加盟局ならば、JFNのBルートを積極的に活用すべきです。

 第2のパターンは、今まで経営状態が比較的安定しており、内部留保が潤沢な局が、番組改編でも とりあえず現状維持を優先させる考え方を採った場合です。しかしコロナ禍による広告出稿の影響は、ステーションを選ばず、ラジオメディア全体に吹き荒れます。コロナ禍は 6月頃落ち着くと、甘い見通しを年頭公言した某局幹部もいましたが、収まる兆しなど全くありません。

 FM東京(TOKYO FM)は、関東広域の外国語放送局であるinterFMを、JFNを通じて完全傘下としました。東京にもJFN Bルートの生ワイドが流れています。またJFN加盟局の東京支社が入居している JFNセンタービルを売却してしまいました。このふたつの事実からは、JFN加盟局全体の今後を左右するかの様な重大なシグナルを発しているのです。

 FM長野は、4月から生ワイドの制作を松本本社に統一しており、長野支社内にある長野スタジオでの生放送番組制作が停止した状態です。1992年から続いている 松本・長野二元放送体制の重大な変更になるのか? 注目しています。放送回線の維持には、大きな経費を要するのです。FM長野には、この急迫なコロナ禍において、なによりも日常の放送維持を願っています。


 FM長野 自社制作番組リスト


 2021年 4月 現在
  1. 【1】MAGIC HOUR
       月 ➝ 木 1600 ~ 1855
       小林新・寺岡歩美
  2. 【2】Oasis 79.7
       月 ➝ 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子
  3. 【3】claps!
       金 0730 ~ 1049
       高寺直美
  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六
  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1100 ~ 1200
       高寺直美

 開局時(1988年10月)から 33年間の全リストは、Basic List に掲載しています。

第937回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    10-FEET「アオ」
    テレビ東京・ドラマ24「バイプレーヤーズ ~ 名脇役の森の100日間」オープニング テーマ
  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Maica_n “replica”
  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「立花登青春手控え」メインテーマ [羽岡佳]
  4. 第 4 位 ( ★ )
    WGB “Starlight”
    NBS フジ・ドラマ「イチケイのカラス」主題歌
    ♪ エッセンスを散りばめたメロディラインを生かすアレンジが映える佳曲。
  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「青天を衝け」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [佐藤直紀]

 「新型肺炎」(COVID-19)は、2度の緊急事態宣言で、指数関数的上昇をギリギリ食い止めても、またすぐ新たな流行波が始まってしまう、いつ感染爆発が起きてもおかしくない綱渡りの状況が続いています。変異種の流行により、全世界的に感染者数・犠牲者数共に さらなる増加が見られ、このブログでも懸念していた、ウイルス強毒化の可能性が増してきています。

 特に野放し政策を維持していたブラジルは、犠牲者 1日 4000人、新規感染者 1日 20000人という状況となり、集団免疫の実験場となる以前に、国全体がウイルスの培養施設と化し、遂にアマゾン流域から変異株が発生してしまいました。このブラジル変異種では、重篤患者の過半数が40歳未満と、発症感染者の低年齢化が始まっており、医療は もはや崩壊状態です。

 日本では、やっとワクチン接種が本格化してきましたが、どうもメディアは、ワクチン救世主論(笑)に固執して、ワクチンの効能を正確に報道していません。まず伝えなければならないのは、従来のインフルエンザ ワクチンと同じく、接種しても感染を防止する事は出来ない点です。有効に接種しても、マスクをせず、手も洗わなければ、高い確率で やはり感染するのです。

 また現在効果のあるワクチンが、新しい変異種にも、有効であり続ける保証は ありません。現に従来のインフルエンザ ワクチンは、毎年流行するであろう型を予想して、製造工程に入るのです。微妙に変異をきたす連続変異も起き、インフルエンザ ワクチンの有効性は、約 1年と言われている事から、COVID-19 ワクチンも同じ傾向となる可能性があり得ます。

 COVID-19 ワクチンは、感染しても発症頻度や症状を軽減させ、犠牲者と重篤患者を減らす事に有効です。ただ広範なワクチン接種により集団免疫を得られるかどうかは、変異種が発生してしまった今、微妙な情勢なのです。盲進するブラジルと、性急にワクチン接種を進めたイスラエルは、COVID-19 の実験台となる道を、国民が選択してしまった事になります。

 私は、今の内にコロナ特措法の改正作業を進めて、日本でも事実上のロックダウンが出来る様な法整備をすべきだと考えます。もはや従来の緊急事態宣言では、国民に飽き と 慣れが蔓延しており、欧米レベルの強制力あるロックダウンが決行できない様では、もはや効果がありません。まん延防止等重点措置とは、準緊急事態宣言であり、1ランク下の対策なのです。

 COVID-19 ワクチンは、決してコロナ禍以前に社会を戻す特効薬と なり得ません。新しい生活様式は、これからも維持していく覚悟が必要です。どうもメディアは、空気を読んでワクチン接種 と 楽観論を結びつけてしまっていますが「新型肺炎」(COVID-19)は、社会 と 時代を大きく変質させつつあるという厳然たる事実を、まず理解する必要があります。

第938回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Maica_n “replica”
  2. 第 2 位 ( △ )
    WGB “Starlight”
    NBS フジ・ドラマ「イチケイのカラス」主題歌
  3. 第 3 位 ( ▽ )
    10-FEET「アオ」
    テレビ東京・ドラマ24「バイプレーヤーズ ~ 名脇役の森の100日間」オープニング テーマ
    ♪ 1位 5週、登場 8週。
  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「立花登青春手控え」メインテーマ [羽岡佳]
  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「青天を衝け」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [佐藤直紀]

 総務省から発表になった、民放AMラジオ放送停波「実証実験」の具体案(考え方)に関して、パブリックコメントの募集が行われ、昨年末に結果が発表となりました。現在 総務省は、最終方針の検討に入っています。56の放送事業者・関連団体から意見提出があり、長野県からも SBC信越放送が意見提出しています。長野エフエム放送からは、意見提出がありませんでした。

 パブリックコメント結果表には、読み取り方があります。総務省の回答(考え方の開示)で「参考とさせて頂きます」「賛同の意見と承ります」と書いてある時は、スルーした(笑)と判断できるのです。そのスルーした意見以外で、総務省がどう修正したか? あるいは どう反論したか? がポイントとなります。そのポイントの意見 と 回答を読み解いていけばよいのです。

 総務省が原案修正に応じたのは、ただ1点。エフエム愛知からの「放送法 第2条17号で、FM放送は 超短波放送と規定されているのだから、FM放送との記載を超短波放送に変えるべき」という意見だけです。総務省がFM放送(超短波放送)に修正すると白旗を揚げています(笑)。相当放送法令に精通してないと気付かない事柄で、FM愛知さんには 恐れ入りました。

 しかし、明確な原案修正に達したのは、このFM愛知さんの鋭い意見 1点のみでした。その他 今回提出された意見で示されたアイデアに対して、総務省が具体的に賛意で応じたのは、実証実験期間内の国主導による共通コールセンター設置ぐらいなものです。後は、総務省の原案に則して、民放AMラジオ放送停波の実証実験が行われていくことか確実となっています。

 総務省が原案に頑なだと解ったのは、FM転換の経費に関して、国への財政支援を求める意見が複数あったのに対し、FM転換は AM放送事業者の経営判断で行われるのであって、FM放送事業者との公平な競争環境を確保する観点から、国の財政支援は想定していないと、総務省が断言した点です。radikoなどのネット配信も、世帯カバーの対象外と言い切っています。

 AM廃止してFM転換を決行するならば、費用は総て自前。既存民放FM局の世帯カバー率平均値の90%は確保しなければならないと、厳しく放送サービスの維持を図る一方、転換後の親局となる現行FM補完中継局の増力はNG。90Mhz以下のFM周波数利用も、今までの条件を踏襲と、確認された総務省の方針からは、相当ハードルを高く設定した事が解ります。

 既に マスメディア集中排除原則は緩和され、ラジオは 4波まで、資本の支配関係が認められているのです。またローカル番組を制作しない放送番組の同一化を認める案も遡上に載っています。まず 2023年に予定されている第1次 実証実験への参加局は何局あるのか? そして その実験で、どの程度停波が確定するのか? だんだんと民放AM廃止が現実味を帯びてきました。


(追記) 週間放送視聴日記(2021年 8月27日)に、民放AMラジオ44社が停波してFMに を掲載しました。

(追記) 週間放送視聴日記(2023年 6月 9日)に、AM停波 第1次実証実験に不参加続出 を掲載しました。

(追記) 週間放送視聴日記(2023年11月10日)に、KRY山口放送から始まるAM局のFM転換 を掲載しました。

第939回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    WGB “Starlight”
    NBS フジ・ドラマ「イチケイのカラス」主題歌
  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Maica_n “replica”
  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「青天を衝け」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [佐藤直紀]
  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「桜の塔」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [村松崇継]
    ♪ 短旋律のアレンジから迸る様な和声を感じさせる劇伴佳曲。
  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「立花登青春手控え」メインテーマ [羽岡佳]
    ♪ 1位 3週、登場15週。

 24日に 菅義偉 内閣総理大臣は、新型インフルエンザ等対策特別措置法(コロナ特措法)第32条1項に基づく『緊急事態宣言』を再々発出しました。 対象は、東京・大阪・兵庫・京都の4都府県です。強毒化しつつある変異種が猛威を振るい始めています。飽きや慣れで耐えきれなくなった人々から、楽観情報や行動が蔓延してきましたが、現に慎まなければなりません。

 羽田雄一郎 元国土交通大臣の新型肺炎(COVID-19)による死去に伴う『参議院長野県選出議員補欠選挙』は、25日に投開票され、実弟である羽田次郎 候補が初当選されました。コロナ禍による衝撃の議員死去から、コロナ対策が最大の争点となり、対する自民党候補は、医師免許を有する医学博士でしたが、弔い選挙という構図は崩すことが出来ませんでした。

 【獲得得票数:羽田次郎 候補 41万5781 小松裕 候補 32万5826 神谷幸太郎 候補 1万7559】

 NHKは、午後 8時ジャストに羽田 候補への当確を打っています。出口調査の支持率は、羽田 候補 56%、小松 候補 43%で、実際の得票率との誤差は、2%以内に収まっていました。なお参院広島再選挙・衆院北海道2区補選・名古屋市長選も同日投開票で行われています。NHKは、今回「期日前投票 出口調査」の結果も、円グラフでしたが一斉に報道しました。

 今回の補選は、久しぶりに期日前投票をしています。感染を避けるため所用を一気に片付けようと考え、投票日 3日前の木曜日に、松本駅前の期日前投票所で、第1号理由による期日前投票を済ませました。コロナ対策のため、まず記載に使った鉛筆を回収箱に入れ、その後で 投票用紙を投票箱に入れました。期日前投票所では、投票記念カードも受け取っています。

 FM長野では、20時55分からのFM長野ニュース(JFN)で、長野補選の当確を速報しました。但し、項目順序は、コロナ感染状況の報道が優先されていました。また共同通信社の当確が 20時50分だったため、JUST IN だったと推定されます。実際聴いてみて、最後に差し込んだ印象を受けました。なお 22時55分からのFM長野ニュースで詳報しています。

 これで 2度目となる単独執行の補欠選挙投票でした。20歳に選挙権を有してから、1度も選挙を棄権したことがありません。また第1号理由を拡大解釈して(笑)期日前投票も行っています。究極のデジタル化社会では、やはり公職選挙も在宅でネット投票する事になると思います。ネット投票の前段階として、これから私も積極的に期日前投票制度を利用したいと考えています。

 開票速報の最中に、料理研究家の神田川俊郎 氏が、COVID-19 で急逝したという訃報が流れました。これからのポイントは、5月17日のIOC会長来日で、その時までに感染流行状況はどうなるか? さらに 7月は 東京都議選、秋までに衆議院総選挙が組まれています。もっと強力な感染対策が必要だと思う中で、コロナ禍 2度目のゴールデンウィークに入りました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 ご愛読者(拍手)ボタンがあります。