FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第757回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    JUJU「いいわけ」
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    狩野泰一&宮本貴奈「音紬ぎ」
    NHK Eテレ・古典芸能番組「日本の話芸」テーマ音楽

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Liam Gallagher“Wall Of Glass”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」劇中効果音楽[fox capture plan]
    ♪主題歌と別途にジャジーで洗練されたトラックを有する劇伴群。


 このブログも 14年10ヶ月になろうとしてます。我が家の主な出来事も だいたい記録してありますので調べてみましたら、なんと 7年も放ったらかしでした(笑)。

 2000を超えるテレビ録画・ラジオ録音のファイルを、大容量のUSBメモリー複数で統合管理する計画。そのネックになっていたDVD-RAMをリッピングして、mp4ファイルとして分離・保存する作業を 先週から開始しました。

 アナログビデオカセットテープに記録された録画のDVD化を始めたのが 2006年。その時最初に使った媒体が DVD-RAMでした。ビデオカセットは 重ね録りが出来ます。DVD-RAMも、約10万回という書き換え つまり重ね録りが可能で、かつ耐久性が高いという利点から記録媒体として選んだのです。

 しかし 最大の欠点は、汎用性が皆無なほどないのです。DVD-RAMは、いくつ録画ファイルを作っても、VROファイルひとつに まとめられてしまい、ファイルのインデックスは、ISOイメージ ファイルで別々に管理する、非常にやっかいなシロモノなのです(笑)。

 ですから中からファイルを取り出して、汎用が効くmpegファイルにするリッピング作業が極めて面倒です。いつぞやのラジオ録音にドルビーをかけていて、デジタル化が難解だった事情と似ています。

 例え リッピング出来たとしても、左右に黒い帯が出来てしまい、それを取り除くクロップと言う作業や、音声レベルを調整する作業なども行わなければならず、全作業込みで一発変換出来るフリーソフトを探し続けていました。

 そのフリーソフトを探しては、見つからず放ったらかし。またフリーソフトを探してみては放ったらかし、この繰り返しで7年が経過していたのです(笑)。そして遂にソフトを見つけました。

 見つけたというより、ファイルをまず分離する作業、分離したファイルにクロップと音声レベルの補正をする作業、さらにリッピングで雑音が混入した時には 無劣化でカットする作業。この3つの作業を、それぞれ別のフリーソフトで処理する事で、ほぼ完璧なDVD-RAMのリッピングが可能だと やっと解ったのです。

 そこでフリーソフトを揃えて、早速作業を開始しました。DVD-RAMは 32枚ほど所有しています。1枚ずつから ひとつひとつの録画ファイルを綺麗に分離して、映像は H.264(MPEG-4/AVC)音声が AACと設定した mp4ファイルにリッピングしています。時間のある時にやっていますので、作業は年内一杯かかると思われます。

 出来上がったmp4ファイルは、バックアップも含めて複数のUSBメモリーに保存しています。7年も放ったらかしにしていた、DVD-RAMのリッピング作業。懐かしいテレビ録画を楽しみながら、のんびりと そして確実に進み始めました。

第758回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「いいわけ」
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    狩野泰一&宮本貴奈「音紬ぎ」
    NHK Eテレ・古典芸能番組「日本の話芸」テーマ音楽

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」劇中効果音楽[fox capture plan]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    CHOYA 成熟篇 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪曲目不詳。洗練された調性を有する僅か15秒間のインストゥルメンタル。


 5日に スウェーデン・アカデミーは、今年のノーベル文学賞を、カズオ・イシグロ 氏に授与すると発表しました。

 カズオ・イシグロ 氏は、ご両親が共に日本人で、長崎県長崎市生まれの日系英国人です。NHKは、5日 午後8時04分に「ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏 日系イギリス人のベストセラー作家」とニュース速報を打ちました。

 ところが、その後1時間ほど各局ともに全く報道がありませんでした。全くのノーマークで、報道資料集めに時間がかかったのだと思われます(笑)。20時から始まったBSフジLIVE プライムニュースでも、生出演した安倍 首相とのディベートを淡々と伝えていました。

 ノーベル文学賞に関しては、とある国内著名作家のファンが、毎年発表の時期になるとイベントを催し、参加者が落選を噛みしめています(笑)。ノーベル賞は、そんなイベントでの劇的効果を期待できるほど、甘い国際アワードではありません。

 特にノーベル文学賞は、受賞者の居住国や出身国のバランスをとって決めています。今回我が国出身の作家が受賞した事で、よほどの特筆できる理由でもない限り、日本関係作家の受賞は、ここ数年 難しいと思われます。

 昨年のノーベル文学賞受賞者は、受賞者として値するのか疑問が沸くほど、人としての礼儀や社会性から かけ離れた対応をし、ノーベル委員会が右往左往しました(笑)。秘密のベールに包まれた選考審査過程でも議論になった事は間違いなく、ノーベル委員会は懲りたのだと思います。

 今年の受賞者カズオ・イシグロ 氏には、受賞連絡の際に、授賞式には出席されるのかどうか尋ねてきたのだそうです。その問い合わせに対して「他の予定はキャンセルして出席する」と即答しています。ノーベル委員会は、きっと安堵した事でしよう(笑)。

 カズオ・イシグロ 氏の「日の名残り」を、ハヤカワ文庫で読んだことがあります。同じ英国の作家スーザンクーパーの「コーンウォールの聖杯」が好きで、図書館でもう一度借りたいと探していた時に「日の名残り」の存在を知りました。

 「日の名残り」は、今で言えば ダウントン・アビー的な執事の世界が描かれており、歴史に翻弄されても貫こうとする大英帝国の貴族階層を支える独特な世界観に満ちていました。

 図書館経由の通読だけなので所有しておらず、受賞決定後 慌てて注文しようとしましたが、既に在庫切れ入荷待ちの状況でした。電子書籍なら入手可能ですが、このブログでも書きました通り、やはり紙の本(笑)でないと と言った感じです。

  その注文が殺到している出版の早川書房は、老社長が記者会見し、いかにカズオ・イシグロ 氏が誠実な人柄なのか、エピソードを挙げて力説していました。そして日本に感謝したいとの本人の言に、あの「日の名残り」の世界観が、実は日本的な優しい達観も貫いていると気づきました。「コーンウォールの聖杯」の隣に「日の名残り」を早く揃えてみたいです。

 ノーベル文学賞、本当に おめでとう ございます。

第759回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「いいわけ」
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    CHOYA 成熟篇 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    狩野泰一&宮本貴奈「音紬ぎ」
    NHK Eテレ・古典芸能番組「日本の話芸」テーマ音楽

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」劇中効果音楽[fox capture plan]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]
    ♪1位 6週、登場20週。


 このブログも 4年ほど前からモバイルでのご訪問・ご愛読者の数がPC経由を超え、今では約 7割がモバイル、残る 3割がPCからと完全に逆転しました。Googleさんも、検索エンジンのインデックス データを、PCサイトからモバイルへ変更する考えがあるそうです。

 そう言えば最近ラジオ・テレビ局のサイトにPCから入ってみると、以前と比べて間延びした(笑)雑なデザインに代わってきているのに気づきました。レスポンシブ ウェブ デザインを追求する余り、モバイルサイトをベースにして、単にPCサイズへ引き伸ばしているだけのデザインが蔓延してきているからです。

 10年ぐらい前のPCサイトは、フラッシュ ガンガンが全盛だったのですが、大きく様変わりしました。フラッシュ ガンガンのサイトを思い出すと、あれはあれで(笑)鬱陶しいもでしたが、モバイルサイトの間延びデザインも、芸がないというか 何か物足りなさを感じます。

 以前ブログに、スマートフォンのサイトは仮想ボタン文化(笑)と書いたことがありました。スマートフォンは、画面に直接タッチして操作するのが基本です。タッチした時、本当にボタンを押した様な疑似感覚、つまり仮想ボタンへの比重に特徴があると思ったからです。

 しかし、モバイルサイトは スマートフォンを意識する余り、さらに巧妙なボタンだらけになりました。例えば このブログ程度の字数を読ませる、テキストタイプの記事があると仮定すると、ページ冒頭から広告への画像ボタンやリンクが目立ち、下部の広告は、ページをスクロールしても消えずに貼り付いてきます(笑)。

 記事は抜粋や冒頭数行しか書いておらず、例の続きを読むボタンの前後にも また広告への誘導ボタンが囲んでおり、まるでタッチする指を誘う落とし穴(笑)が仕掛けてあるかの様です。しまいにはインタースティシャルと称する全画面広告が出てきて、ページ全体を覆う事さえあり、これではテキストを読む気が失せてしまいます。

 お盆休みに、このモバイルブログのボタンの挙動を修正しました。ボタンだとハッキリと解るデザインで、触れた瞬間にボタンを押した感じの疑似感覚と同時にタイトルも赤く変化。そして選択してのタッチ時には、個々のスマホやモバイル端末で使われている、リンクタップのハイライト表示仕様に従って、ボタン全体が指定色で光る様にしました。

 今年の3月から一部ページに残っていた続きを読むボタンも撤廃しており、このモバイルブログに関しては、ボタン操作が確実に視認出来る様に設定してあります。さらにブログ開始以来 一切広告を取り付けないポリシーを守っており、どのページからもテキスト全文を 一気に読了する事が可能です。

 モバイルサイトが主流となった昨今、広告収入あげたいと欲する余りに、貧弱なコンテンツと文字数のままで 落とし穴の様な誘導ボタンを、これでもかと貼りまくっているサイトが蔓延している現状では、どうみてもその落とし穴が、サイト評価の墓穴になっている様に思えてきます。

第760回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    CHOYA 成熟篇 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    JUJU「いいわけ」
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」劇中効果音楽[fox capture plan]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    狩野泰一&宮本貴奈「音紬ぎ」
    NHK Eテレ・古典芸能番組「日本の話芸」テーマ音楽

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Anly”Venus“
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌
    ♪歌唱を探るように和音化している佳曲。


 22日 投開票の『第47回 衆議院議員総選挙』は、連立与党で 313議席と、憲法改正発議に必要な3分の2の議席を引き続き確保し、自民党が大勝しました。

 【獲得議席数:自民 284 立憲民主 55 希望 50 公明 29 共産 12 維新 11 社民 2 無所属 22】

 長野県内小選挙区の当選者は、自民 2 希望 2 無所属 1。2区で 自民 1名の復活当選がありました。

 公示直後の週刊誌などでは、自民苦戦の議席予想が見出しを踊っていましたが、全く正反対の結果になりました。週刊誌予想は、最新世論調査のデータ積み重ねを全く行っておらず、アンチ安倍のシナリオから捻り出された予想は、調査報道に値しない内容でした。

 選挙戦さなか松本駅内に設置された期日前投票所の脇を通ると、既にいくつかの新聞社が出口調査を行っていました。それもそのはずです。今回の総選挙の期日前投票者数は、2137万8400人と、全有権者の 20・1%にも達していました。

 これは事前の選挙情勢が、投開票日直前で劇的に変化するアナウンス効果が起きにくくなった事を示しています。この事象は、2015年の大阪都構想住民投票でも現れています。

 投開票日当日は、松本市内も本降りの雨模様でした。私は、お昼過ぎに自宅から徒歩で 5分ほどの投票所へ行ってきました。投票所では、松本市選挙管理委員会が独自発行する「投票記念カード」を、今回も頂きました。これで 7枚目になります。

 午後7時55分からスタートしたNHK開票速報は、予告スポットの段階から、午後8時に議席の予測を発表すると大々的に宣伝。NHKも出口調査ありきの開票速報へ完全にシフトチェンジしました。

 そして午後8時ジャストには、自民党勝利・過半数を大きく上回る情勢とヘッドラインを打ち、全465議席の内、8時00分15秒にまず 150議席が当確。8時00分25秒に 248議席が当確。8時01分00秒に 283議席が当確。そして8時02分30秒の段階で 297議席(63・8%)にNHKは当確を打ってしまいました。

 しかし、開票速報の画面は、非常に解りずらかったです。台風情報が逆L字を占めて、さらに開票データの画面に最新の字幕情報と、これでもかと詰め込み過ぎた状態で放送を続けました。

 そこで我が家ではテレビの画面を そのままにして、音声はミュートにし、NHK-FMのラジオ開票速報を聴いていました。ラジオの開票速報は、当確速報から情勢分析、さらにテレビでのインタビューを時差でオンエアーするなど、一方向の音声に情報を整理していたので解りやすかったです。また台風情報や長野県内の警報・避難準備情報も、時々刻々と伝えてくれました。

 FM長野は、午後8時55分と10時55分のFM長野ニュース(JFNネット)で開票状況を速報。共同通信社の分析を的確かつコンパクトに伝えていました。11時からJFNネットによる開票特番を1時間放送しましたが、県内当選・当確者の速報は、翌朝の“OASIS 79・7”フラッシュニュースまでありませんでした。

 今回の総選挙では、超大型で非常に強い台風21号が、投開票日に日本上陸を狙うという、今までの総選挙になかった展開になりました。1992年の参院選以来続いてきた全国即日開票としては初めてとなる、13小選挙区で開票遅延による両日開票となりました。

 公職選挙法 第65条では、開票は すべての投票箱の送致を受けた日又はその翌日に行う、と定められています。離島からの投票箱送致が遅れた場合、その投票箱が到着するまで開票作業を始められないのです。

 NHK開票速報も、4議席が当選党派未確定のまま即日分が終了。そして翌日11時40分に、まず比例東海ブロックで当確。14時27分に沖縄4区の当確。16時26分佐賀2区で当確。17時22分に全議席の党派が確定。そして21時31分に比例東海ブロックで最後の当確が出て、やっと全議席の当確者氏名が確定しました。

 今回の自民勝利が新聞予測として一斉に流れると、そこから東京株式市場の日経平均株価は、史上最高の16日連騰をマーク。日ベースのサイコロジカル ラインは、極値の 100%を記録しました。しかし、週ベースのサイコロジカルラインを独自計算してみると 83%、月ベースのサイコロジカルラインは 66%と極値には至っていません。

 安倍 首相は、国政選挙 5連勝となり、共同通信社トレンド調査でも勢いに乗っていた小池百合子 希望の党代表は、2連勝の後で手痛い 1敗を期しています。野党再編解散と題して書いたブログで想定した「踏み絵」は、今までの小池ブームを一気に引き潮にしてしまうほどのダメージを与えてしまいました。

 どうも打倒安倍のシュプレキコールの裏に、顕著な実績のない小池 代表の激しい権力欲が、国民に透けて見えてしまった様です。一方の立憲民主党は、単調な護憲主張にも拘わらず、枝野幸男 代表が 2011年の東日本大震災の時、内閣官房長官として防災服姿で懸命に働いていたのを、多くの国民は忘れていませんでした。

 憲法改正発議に必要な両議院3分の2の勢力は、2019年夏の参院選まで維持されます。憲法改正を主張するなら、もはや具体的な改正条文案を、投票権者の国民に呈示すべき時です。憲法改正国民投票開票速報は視聴できるのか? やたら謙虚という2文字を多用する(笑)安倍 首相の次の仕掛けに注視しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2017年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。