FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第232回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    高杉さと美「旅人」

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Linkin Park“What I’ve Done”

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメントにっぽんの現場」テーマ音楽 及び 予告使用音楽 [番組担当音響スタッフ 独自制作]
    ♪B.E.T Factoryに類例を感じる。


 6月20日に NHKは、今年10月から「緊急地震速報」を実施すると発表しました。

 「緊急地震速報」とは、気象庁が大地震時に先触れとなる初期微動(P波)の揺れを捉えて、震度5弱以上の主要動(S波)が襲ってくる10 ~ 数10秒前に、大地震の襲来地域を速報するものです。

 この極めて緊急性の高い速報を、NHKでは テレビ・ラジオ全波一斉に全国放送します。テレビの場合、画面テロップによる速報ですが、ラジオの場合は、通常の放送を自動で打ち切り音声で速報します。

 もしJFN加盟の民放FM局で実施すると どうなるでしょうか? JFNは、キー局がカットインして速報を送出できるネットワークでありません。各局が独自に「緊急地震速報」を放送する事となるはずです。つまりNHKの様に自動送出で緊急地震速報が放送されるシステムを導入すれば、極めてドラスティックな事態も考えられます。

 例えばアーティスト・ゲストとの楽しいトークを放送していた自社制作生ワイドの最中、突然 気象庁から「緊急地震速報」が発令されたとします。緊急地震速報は 間違いなく送出されます。それは地震の「前」だからです。

 問題は その後です。各局が緊急地震速報を独自送出するシステムならば、当然 その放送サービスエリア内で 強震以上が想定される時のみ速報されます。

 それは緊急地震速報を流した直後、高い確率で放送局自体も激震に襲われる可能性を意味するのです。激震に襲われた後、早急に地震直後の初期緊急報道を立ち上げなくてはなりません。

 今までは不意打ちの大地震から 立ち上がりまでのタイムラグは 許容の範囲内でした。しかし「緊急地震速報」が導入されれば もはや不意打ちではなくなり、災害対策基本法上の指定(地方)公共機関たるラジオ局にタイムラグが許されません。

 生ワイドのパーソナリティは、電波が発射し得る限り、激震の後 即刻 緊急報道を開始しなくてはならないのです。

 最近FM長野を始め県域民放FM局のホームページには、目立たぬ所へさりげなく「国民保護業務計画」のリンクが付くようになりました。

 国民保護業務計画は、有事における放送局の指針を、法令の定めにより事前公表するものです。リンクの先は、武力攻撃事態における国民保護法 第36条2項に定められた計画告知となっています。

 そこには「警報」「緊急通報」「ニュース速報」「緊急報道番組」など、とても音楽中心の民放FM局からは想像できない語彙が並んでいます。「緊急地震速報」を導入するならば同程度のマニュアルと、たとえタレントDJでも放送要員の訓練は必要になります。

 現在NHKの動きを横目で見ながら、民放ラジオ局が「緊急地震速報」の導入に躊躇しているのも解る気がします。私自身 FM長野で「緊急地震速報」は永遠に聴きたくありません。それは自分自身の生命への警報だからです。「緊急地震速報」とは それほど重大な警報放送なのです。


(追記) 2008年 9月より、FM長野は「緊急地震速報」の運用を開始しました。

第233回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    高杉さと美「旅人」

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    FLOW“Answer”
    TSB 日テレ・ドラマ「探偵学園Q」オープニング テーマ曲
    ♪隙のないドライブ感とキレのいいタイトルバック。


 全国のラジオ・テレビ局(放送事業者)は、放送法 第3条の4の規定に基づき「放送番組審議会」の設置が義務付けられています。

 放送番組審議会は、放送事業者の諮問に応じ、放送番組の適性を図る為に必要な事項を審議します。また放送事業者に対して、法的に大変強力な「勧告」や「見解」を出す事もできます。

 但し この伝家の宝刀を抜いたという話は 聞いた事がありません(笑)。通常の放送番組審議会では、局からの事業報告と番組試聴による合評が行われています。

 FM長野 公式サイトの会社概要に掲載されている「第186回 放送番組審議会報告」には、局側の発言として「来年度(2007年度)の聴取率調査は 共同調査も考えている」と記してありました。

 ラジオの聴取率調査は、謎に包まれています。ですが その調査期間は 公知の事実です(笑)。スペシャルウィークと称するキャンペーンで解ります。在京ラジオ局では、2ヶ月おきに この「スペシャルウィーク」がやってきます。

 普段ラジオ聴取の習慣がない人々を引き付けようとするあまり、いつも聴いているリスナーに対して 妙な疎外感を植え付けてしまうのが、この「スペシャルウィーク」なのです。

 今週 FM長野もSBCラジオもスペシャルウィークに入っており、9日から15日まで ビデオリサーチ社による長野県で初の「聴取率共同調査」期間だと推定されます。

 私は、非公開の「ラジオ聴取率調査」の結果表を、全ページコピーで放送資料として所有しています。SBC発注の 2001年 6月調査のものです。

 入手ルートは 守秘。また聴取率の数字も著作権があり公開出来ませんが、その内容は 実に微細な世界でした。深夜帯に1サンプルの聴取が記録され、コンマいくつの数字が付いているケースが散見できますが、完全に誤差の範囲で 統計学的有意性は疑問です。

 9割以上のサンプルが「ラジオを聴かない」と回答し、僅か1割で結果は決まるため、年齢層・職業別 色々な切り口により、様々な微差の勝者を作り得るのが聴取率調査の実態なのです。

 自動車までプレゼントするSBCに対し、FM長野もクイズや物まねハンター(笑)で盛り上げるかと思いきや、意外に正攻法なのにはステーションの良心を感じました。FM長野を応援している私としては、その良心の指し示す方向を信じたいと思います。


(追記) Radikoとラジオ聴取率の統計学的関連性について、週間放送視聴日記「第19回 国勢調査結果速報」で考察しています。

第234回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    高杉さと美「旅人」
    ♪ドラマで使用されているアレンジがリスト対象。

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  3. 第 3 位 ( △ )
    FLOW“Answer”
    TSB 日テレ・ドラマ「探偵学園Q」オープニング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング


 16日に 長野県北部地方と新潟県中越地方で、震度6強(長野県 上水内郡 飯綱町など)の激しい地震が発生。新潟県 柏崎市・長岡市を中心に、長野県北部を含め大きな被害がありました。

 【犠牲者 15名 負傷者 2315名】

 気象庁は、即日この地震を『平成19年 新潟県中越沖地震』と命名しました。

 長野市内でも 3年前の「新潟県中越地震」を超える 突き上げてくる様な縦揺れと、30秒近く続いた激しい横揺れに見舞われ(震度5弱)身の安全を確保してから、私は NHK総合とFM長野の録画・録音を即時開始しました。

 NHKは 10時15分「チャイム入り」地震速報を、登坂淳一 アナが全波同一で放送開始。「長野県北部地方で震度6強」との速報に衝撃を受けました。

 FM長野は、JFNネット“Open sesame!”生放送中に、同じく10時15分と非常に早い段階で地震速報の第1報。10時20分に「6強」の震度速報。10時32分、FM長野・松本本社スタジオからマスター割り込みで、伊織智佳子 アナが詳しい県内震度速報を伝えました。

 なおNHKは 12時07分頃 2度めの「チャイム」を鳴らし 全波ノルマルとなっています。これは祝日編成のNHK-FMとの同時放送を図るため実施した、珍しいテクニカルな「チャイム」だと推測します。ただ必要性があったかどうかは疑問です。

 その後 15時40分、最大の余震(震度6弱)が発生。NHKは 3度目の「チャイム入り」地震速報を、阿部渉 アナが全波同一で放送しています。

 今回の地震に関して、FM長野は 迅速な速報報道をしました。しかし、気になった点は 地震発生後オンエアーされる「音楽」です。

 JFNにしてもFM長野 自社制作にしても、Gメジャーコードで押し切る様な(笑)明るく陽気な音楽の合間に 緊急性のある地震速報を挿入しても、リスナーに伝わる情報のイメージは 変質してしまう可能性が有ります。

 また その様な曲調の楽曲をBGMにしながらの地震速報やライフライン情報は、薄まった形でリスナーに伝わってしまいます。緊急災害発生で速報が連発している時の選曲は 臨機に変更すべきです。

 また それが可能になる非常用の音楽プールを、生放送送出のスタジオへ常備しておく必要があると感じました。音楽放送局なら緊急のメッセージを伝える時の音楽選択も、普段から考慮すべきだと思います。

 気象庁は、震度6強の飯綱町へ本震到達「16秒前」に「緊急地震速報」を発令しました。しかし、まだ全く伝達するシステムは整備されていません。やはり「緊急地震速報」の存在意義を深く考えさせられました。

 「新潟県中越沖地震」で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。

第235回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    FLOW“Answer”
    TSB 日テレ・ドラマ「探偵学園Q」オープニング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    高杉さと美「旅人」
    ♪1位 2週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    ナナムジカ「彼方」
    abn テレ朝・金曜ドラマ「女帝」主題歌
    ♪和声感ある佳曲だがエンドロールのBGM扱いになっているのは残念。


 先週襲った「新潟県中越沖地震」。被災地では 懸命の復旧活動が続けられています。

 遡れば 3年前「新潟県中越地震」発生時に生放送していたFM長野“i―Style REQUEST”の担当DJ・船守さちこ さん と番組の対応を、当時このブログで批判した事がありました。

 今回の「新潟県中越“沖”地震」。発生時のFM長野は、JFNネットの“Open sesame!”を生放送しており、奇しくも同じ船守さちこ さん が担当していました。

 しかし 今回は 3年前と全く違っていたのです。NHKと ほぼ同時の地震速報 第1報から 非常に迅速かつ落ち着いて情報を伝えていました。3年前は いったい何だったんでしょうか?(笑)

  新潟県中越沖地震の日は、地震発生直後から 長野市内の携帯電話とメールが繋がらなくなりました。そして時間が経過した後で、消息を気遣う ご愛読者からのメールを、まとめて受け取った次第です。

  このブログは、週1回更新というペースを頑固に守ってきました。そして この1週間の間に、ご愛読者の皆さんへ「臨時のお知らせ」をしなければならない場合が、何回か あったのも事実です。先週の新潟県中越沖地震は、まさしく その必要がありました。

 週1回更新のブログを補完する「臨時のお知らせ」機能の必要性は、新潟県中越沖地震で、まず最初に理解した事柄でした。


(追記) 2016年 3月27日より「臨時のお知らせ」をブログの総てのページに全文掲載する機能を新設しました。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、21日に 6万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2007年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。