FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第172回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌
    ♪番組制作会社「テレパック」は 昔から主題歌の選曲に定評がある。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( △ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」劇中効果音楽 [梅林茂]


 FM長野を始め、この春のラジオ局タイムテーブルを調べてみると、全国のFM局で一時期大変勢いのあった、リスナー参加番組の企画変更が だいぶ目立ってきています。

 JFNの全国ネットのプログラムでも、リスナー参加可能番組が 5 ~ 6年前に比べて減少している点に、その傾向は現れていると思います。

 ラジオ リスナーの番組参加には、採用・不採用(ボツ)の判断を受ける事が不可避です。

 「おもしろい」と投稿したメッセージが採用。この採用が 1番組 生涯1度の「とっておきのネタ」なら もちろん、1年1度の「とびきりのネタ」程度が採用されれば結構な事です。

 しかし、何度も採用される常連の願望が芽生えると、少しやっかいに なってきます。毎回「おもしろい」私生活を切り売りしなければなりません。

 最近のFMラジオは、投稿のテーマを決めて募集するのが常です。

 リスナーは 公人ではなく、ほとんどの方が普通の生活をする一般市民ですから、いくつもテーマに合致した「おもしろい」話などありません(笑)。事実だけではネタが尽き 少しずつ「脚色」する事を覚えます。

 そして以前読まれた投稿内容との矛盾点から、多くのリスナーは その「脚色」に気付いてしまいます。気付かないのは 番組制作に追われ採用を続けているスタッフにDJ、そして本人だけ(笑)という妙な印象が聴取者へ残るのです(笑)。

 私のジプシーリスナーとしての経験から語るならば、この手の「脚色」リスナーを、全国ラジオ局の番組で 嫌と言うほど見聴きしてきました(笑)。この手が幅を利かすリスナー参加番組は、毎回の内容もパターン化し軽薄になり、そして短命です。

 やはり長寿のリスナー参加番組は、生涯ワンチャンスとも言えるロングメッセージ紹介のコーナー。そこにリクエストなど多数のリスナーが気軽に何度も「脚色」なしで参加出来るコーナーを巧くミックスしています。

 これからのラジオリスナーの番組参加は、メールや葉書による従来の方法ではなく、リスナー自身がインターネットを通じて発信していく形態が、主流となる可能性も高くなってきました。

 ラジオリスナー自らによる発信には、放送局の採用・没の判断が及ばず、総ての発信が採用される世界なのです。この形態の発信に耐えうる送り手のコンテンツも ラジオ番組に求められます。

 FMラジオは、音楽放送をメインとして誕生した経緯があります。その音楽放送をトークで埋めようとすれば相当優れた人材が必要です。

 人材なく その部分をリスナーからの投稿で埋めようとする場合は、大変な投稿数によって番組を支えるレベルの維持が不可避です。その点に、楽しく聴こえるFMラジオのリスナー参加番組の厳しい現状も見え隠れしています。

第173回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌
    ♪編曲は 村上正芳。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌
    ♪編曲は 243 ~ 都志見隆。

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」劇中効果音楽 [梅林茂]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌


 先月27日に ライブドアの前社長・堀江貴文 被告が保釈になりました。

 堀江 被告は、保釈直後に「世間をお騒がせし 申し訳ございませんでした。株主 従業員 関係者の皆様 ご心配をお掛けしました」と、深々と頭を下げました。

 また上申書や弁護士を通して「少し生き急いだのかも知れない」「登山がしたい」と語ったそうで、今までの堀江 被告なら絶対口にしない言葉が出るあたり、95日間の拘置生活の中に内省の日々は あった様です。

 ライブドアは上場廃止になりました。ですがブログサービスは 1日も停止する事なく運営され、このブログも再移転せず今日に至っています。少々ホッとしています(笑)。物理的停止がない限り、このブログはライブドアのサービスを引き続き利用していきます。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」。陽春を迎え元気な日々を過ごしていますが、首筋の角質化した部分は なかなか治りません。

 水カビなど皮膚病の恐れも否定できませんので、また角質化した部分に治療を開始しました。綿棒でお薬を毎日塗っています。

 さらに飼育ケースや敷石などもエタノールを噴霧の上で暫く放置し、その後 軽く水洗いする方法で徹底的に消毒しています。

 2年連続 要治療の状態に、16年の飼育の中で慣れがあったのかと飼い主として反省しきりです。今回 エタノールによる飼育ケース内の消毒も始めましたので、これから続けていこうと思っています。


 今週から新しく独自のブログ・テンプレートを使用し始めました。

 フリーテンプレートなど参考にしながら独力で勉強した CSSで、私がデザインしたものです。

 カウンターや一部のバナー以外、画像は極力使用せず「週間選曲リスト」そして「週間放送視聴日記」らしいシンプルなテンプレートを作ってみました。

 とにかく独力なので、まだまだHTMLなど改善の余地はありますが(笑)読みやすく目が疲れない理想的なテキスト・ベースのブログを、このCSSから表現したいと思っています。

 オリジナル テンプレートに切り替えた『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、今後とも よろしく お願い致します。

第174回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」劇中効果音楽 [梅林茂]
    ♪今週の第6回 放送では 20時04分から3分間の劇伴音楽がリスト対象。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌


 14日の深夜、SBC(信越放送)ラジオは 特別番組「亀渕昭信のオールナイトニッポン ~ 35年目のリクエスト・青春のかけら届けます」を、LFニッポン放送と同時ネットでオンエアーしました。

 ライブドアのLF買収劇混乱の責任を取る形で辞任した、亀渕昭信 前ニッポン放送社長(現・取締役相談役)が、社員パーソナリティ時代から数えて 33年ぶりにマイクの前へDJとして立ったのです。

 私が亀渕 アナウンサーの放送をリアルタイムで聴いたのは、オールナイトニッポンの後に担当していた日曜 朝8時からの「ポップス・ベストテン」。まだ私が小学生の頃でした(笑)。

 FM長野の大岩堅一 元アナと似て、音楽知識を少し理屈っぽく(笑)語っていたのが記憶に残っています。

 当時は同じく日曜 朝8時台に、TBSラジオで 久米宏 アナと小島一慶 アナ。11時台には、QR文化放送で みのもんた アナが、それぞれヒットチャート番組を放送していた「黄金時代」だったのです。

 昨年 2月 ニッポン放送の新株予約権大量発行の記者会見で、私は ひさびさに亀渕 社長の声を聴きましたが、昔と全く変わらない滑舌の良さに驚きました。

 亀渕 前社長は マイクから離れた後、編成部長 → 編成局長 → 取締役 → 常務 → 専務 → 社長 と駆け上がった管理職33年間を まるでワープするかの様に、ベテラン アナウンサー並みのレベルを維持していました。

 在京民放ラジオ放送局の社長まで昇りつめた社員パーソナリティが、35年前のリクエスト葉書から、一(いち)ラジオDJとして当時のリスナーを追った純粋な番組構成は、アナログラジオの世界に先導の光を灯す素晴らしい内容で感動すら覚えました。

 不毛のライブドア騒動から、亀淵 パーソナリティの復活という思わぬ佳い出来事があり、ラジオリスナーとして嬉しい限りです。

(追記) 2009年 4月から、NHKラジオ第1放送で「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」を開始。亀渕昭信 氏は 本格的なラジオDJとして復帰しました。


 このブログが『Inforseek モバイル』で「新着オススメ」5サイトのひとつに選ばれ、17日から約1週間紹介されています。ありがとう ございました。

第175回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌
    ♪類別はロックだがE.Pf和音に象徴される情緒性。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」劇中効果音楽 [梅林茂]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌


 今年の大河ドラマ「功名が辻」のテーマ音楽が「週間選曲リスト」に、今週で 20週連続 登場し続けています。

 情感に訴える旋律パートがアレンジの変化でリフレインする手法は、ラヴェルの「ボレロ」さえ想起させる斬新さもあり、ここ数年にない素晴らしい出来です。

 特に曲調の盛り上がりで、クレジット序列へ「トメG」に匹敵する重要配役発表のポイント(第20回放送では長澤まさみ・坂東三津五郎)を作っている点は見事です。

 NHK大河ドラマ「功名が辻」21日 放送・第20回「迷うが人」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 仲間由紀恵 → ○ 上川隆也 / △ 武田鉄矢 → 前田吟 → 和久井映見 → 石倉三郎 → 生瀬勝久 → 田村淳 / ○ 香川照之 / △ 長澤まさみ / △ 斎藤洋介 → △ 烏丸せつこ / △ 勝野洋 → 名高達男 → 刈谷俊介 → 俵木藤汰 / ○ 坂東三津五郎 / ○ 柄本明 / ◎ 舘ひろし … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


 我が家の集合住宅は、まだCATV対応でありません。地上波は 県内テレビ6波のみ視られます。

 長野市のCATVは「長野ケーブルテレビ INC」ですが、あと数年で ここから引っ越す可能性が高く、今度はCATV対応のマンションに入居したいと希望を持っています。

 CATVによるFMラジオの受信方法は、まずCATVのホームターミナルと、ラジオの外部アンテナ端子を同軸ケーブルで接続します。するとCATV会社から再送信されたFM長野の電波がキャッチ可能になります。

 周波数も通常のラジオの受信と異なり、例えば ここ長野市のCATVである「長野ケーブルテレビINC」では 82・4MHz。松本市の「TVMテレビ松本」や伊那市の「伊那ケーブルテレビ」も同じ周波数。飯田市の「飯田ケーブルテレビ」では 88・3MHzで、FM長野が聴けます。


(追記) 2008年 3月に、長野市から松本市へ転居しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2006年5月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。