FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第245回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング
    ♪この時点で発売未定そして曲目不詳。→ その後 曲目追記済。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    James Blunt“1973”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“talkin’2 myself”
    パナソニック テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング
    ♪1位 4週、登場20週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“Beautiful World”


 今は放送時間が ずれてしまいましたが、長野朝日放送(abn)は、この番組を長年ABC朝日放送と毎週 同時放送してきました。あのEND5秒も含めてです(笑)。大阪からのローカル番組を、独自ネットで同時放送するとは、なかなか骨のある編成でした。

 「探偵!ナイトスクープ」(1988年 3月 ~ 現在放送中)は、視聴者からの依頼をベースに、かつては あの「てなもんや三度笠」も録っていた大阪・ABCホールで公開収録しているレベルの高い関西発の情報バラエティです。長寿番組で 放送19年目に入りました。

 二代目 探偵局長は 西田敏行(2001年 1月 ~ )。秘書に 岡部まり、探偵として 長原成樹・北野誠・桂小枝らが長くレギュラー出演しています。

 西田 局長は 異様に涙もろく、時には岡部 秘書が依頼文を読んでいる段階で もう涙ぐんでいます(笑)。西田 局長は 上岡 前局長時代から、東京・テレビ朝日で深夜2時頃 放送されていたナイトスクープを 熱心に視ていた大ファンでした。

 週3本のネタには正直スカもありますが(笑)失望を隠さず視聴者・観客と共有する姿勢は素晴らしいと思います。

 特に自分の土地や建物をハンドメイド(笑)で改造・建設していく個性あふれるミニテーマパークを紹介する「パラダイス」ネタ(笑)が 私は一番好きです。個人サイトや個人ブログの理想こそ、あの「パラダイス」ではないかと、かねてから考えているくらいです(笑)。

 他にも初代・上岡龍太郎 局長時代の1996年 3月 8日 放送された、1977年冬にアマチュア カメラマンが偶然撮影した神戸市御影地区で遊ぶ7人の少女達について、大きな被害を受けた阪神大震災後の消息が知りたいとの依頼は 名作でした。

 清水圭 探偵(当時)は、仮設住宅から 東京の嫁ぎ先から ひとりずつ探し出し 7人全員の消息が判明。僅か半日で神戸市御影地区の撮影した場所に、写真通り全員勢揃いさせた話は、番組の歴史に残る感動を呼びました。「探偵!ナイトスクープ」は この感動話をリピートした総集編の録画を所有しています。


(追記) 紹介した総集編の録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。


 私事ですが、仕事のため松本市へ転居する事となりそうです。転居の時期は まだ未定ですが、今度はCATV対応のマンションに入居してCS放送を堪能したい(笑)と思っています。転居の日程は決まり次第、このブログで ご報告します。


(追記) 2008年 3月に、長野市から松本市へ転居しました。

第246回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    James Blunt“1973”

  3. 第 3 位 ( △ )
    宇多田ヒカル”Beautiful World”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    桑田佳祐“NUMBER WONDA GIRL ~ 恋するワンダ”
    アサヒ飲料 テレビCMソング
    ♪黒澤明・植木等のCG映像に生命を与える陽動な楽曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    浜崎あゆみ“talkin’2 myself”
    パナソニック テレビCMソング


 仕事の都合で、どうしてもプライベートの携帯料金が毎月高額になってしまい、強い勧めもあって 某ソフトバンクの某ホワイトプラン(笑)に先日キャリア変更しました。

 今をときめく(笑)「ワンセグ」付きの携帯を購入。初めて地上波デジタル放送を 自宅で視聴しています。

 ワンセグですから、現在放送しているアナログ波と同一放送ですが、小さな携帯の中に鮮明な画面は見事に収まっています。従来のアナログ放送との比較では、約3秒ほどテジタルの画像・音声が遅れて進行している様です。

 今も abn長野朝日放送の「相棒」リピートを左半分に映しながら、右半分の画面で このリストの草稿を打っています。携帯をPCの様に使うスゴい時代になりました。

 かつて地上波デジタル放送の将来像が検討されていた時、TOKYO FMとJFNは「3セグ」を推進していました。デジタルテレビの放送波にデジタルラジオを搭載しようというアイデアです。

 しかし、総務省は「1セグ → ワンセグ」を採用。結局 携帯などで簡易受信可能なデジタルテレビとデータ放送を搭載した経緯があります。

 放送の歴史は、最初に音声だけのラジオが誕生し、そして映像を付加したテレビジョンへ進化しました。

 そのテレビに ラジオをもう一度「逆付加」するアイデアは、WOWOWにおけるセントギガ、さらにBSデジタルラジオと 失敗例が続いています。

 ラジオメディアは 運転中や仕事をしながら、または プライベートで のんびりしている時など、受け手を拘束せず情報が送れる生活に密着したメディアです。

 インターネットやテレビの様に情報伝達の過程で、受け手の時間や行動を制限する必要性がありません。これがラジオメディアの有する最大かつ最強の利点なのです。

 ラジオは、本来ステーションも 番組も そして出演者も 主役ではなく、欠かす事が出来ない「脇役」をメディアとして目指すべきだと思います。主役は リスナーの生活であって、ラジオメディアは主役を引き立てる名脇役であるべきなのです。

 ラジオは そのデジタル化を推進していく前に、まず番組内容つまりソフトの進化をはかるほうが将来の展望も開ける気もします。

第247回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    桑田佳祐“NUMBER WONDA GIRL ~ 恋するワンダ”
    アサヒ飲料 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    James Blunt“1973”
    ♪1位 2週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    織田哲郎「月ノ涙」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛の迷宮」主題歌
    ♪ボサノバ アレンジの佳曲だが、タイトルバックに音声付きのハイライトシーンを組み入れたのは好ましくない。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル”Beautiful World”


 どうも最近プロスポーツが面白くありません。野球・サッカー・大相撲・ボクシング(笑)と、このブログではプロスポーツに関する記載も多かったのですが、最近めっぽう減りました。

 プロ野球とサッカーのテレビ視聴率の低迷は顕著です。大相撲・ボクシングは、本道から外れたスキャンダルで右往左往しています。

 プロ野球は、セパ両リーグに「クライマックスシリーズ」というプレーオフ制度を導入しました。

 しかし、4年前にも このブログで書きました通り、レギュラーシーズンの優勝チームと、日本シリーズ進出チームを別個にする事は、プロスポーツとしてシステム破綻を起こす可能性もあります。

 プロスポーツの絶対原則は、最高勝者が必ず「1」でなければならないのです。140試合以上戦って決定されたレギュラーシーズン優勝チームの「格」は、いかんともし難いものがあります。

 プレーオフ制度を導入するならば、米大リーグの様にレギュラーシーズンの結果で最高成績のチームが解らなくするため、地区別(ディヴィジョン)編成は必須となります。それでこそプレーオフで 最高成績チームを決める意義が生ずるのです。

 レギュラーシーズンの1位が 最高成績チームにならないと、1試合1試合の勝ちを積み重ねる意味も薄れます。

 大相撲に関して 幕内最高優勝の決定方式に問題はないと思いますが、完全に制度疲労を起こしています。

 相撲部屋の経営は、幕内・十両力士が部屋に所属しなければ難しいと言われています。そのシステム自体に 過剰な外国人力士育成への依存や、限度を超えた稽古に走ってしまう原因があります。

 相撲部屋の独立性や相撲部屋に対する、日本相撲協会の指導の あいまいさ にもシステム的問題点があると思います。

 亀田家(笑)の場合、アウトロー的イメージを維持しようといった作為があり全く論外です。しかし、その様な発想を生み出す要因は、プロボクシング自体にもあるのです。

 公営ギャンブルが衰退した理由の ひとつには、非常に乱暴なヤジが横行する寒々とした観客席に根本的な対策をせず、新規ファンの開拓が出来なかった事実も挙げられます。

 青天井の年俸に象徴される大衆性の減衰から今回の亀田騒動まで、スポーツを楽しめないシラけた雰囲気が蔓延すると、そのプロスポーツは ゆっくり衰退していく事を、主催者そして盲目的に応援しているファンは 充分認識すべきだと思います。

第248回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    桑田佳祐“NUMBER WONDA GIRL ~ 恋するワンダ”
    アサヒ飲料 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    織田哲郎「月ノ涙」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛の迷宮」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”
    ♪和声と鍵盤の刻みにロックも感じさせる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル”Beautiful World”


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの ご存知「かめクン」が、まもなく 17回目の冬眠に入ります。

 今年は記録的な猛暑のため、真夏の日光浴を控えめにしました。その代わり 冬眠直前の日光浴を、天気の良い日に たっぷりさせています。朝早くガチャして日光浴を せがむほどです。

 来春には新しいカメハウスに転居(笑)させる予定もあります。しかし、冬眠は住み慣れた従来の飼育ケースでさせるのが やはり安心です。

 かめクン の冬眠は、毎年独特の方法で続けています。飼育ケースごと空気は流通する様に、専用の布団で包み暖かい寝室へ入れます。すると かめクン は、飼育ケースの水中に潜って目をつぶって眠るのです。

 しかし、その期間は約2 ~ 3日で 朝から好天の日になると、飼育ケースを布団から出してケースごと日光浴をさせます。途端に かめクン は、ガバと起き上がり(笑)丘に上がって日光浴を始めます。

 日光浴が終わる夕方には新鮮な水と交換して、また飼育ケースを布団へ戻します。かめクン は たっぷり紫外線を浴びた後、体内に蓄えた栄養が程よく分解され また熟睡。このサイクルを春まで続けるのです。

 約5ヶ月間 エサは食べず、サイクルを守って冬眠をします。元々ミシシッピ アカミミガメは、冬季を迎えると食べず 眠る様に体が出来ているのです。

 長野市にある善光寺大勧進前の放生池には、元気なアカミミガメが たくさんいます。40センチもある推定30年以上のカメ達が のんびり暮らしています。

 真冬の放生池も氷に被われますので、カメ達は池の底深く潜って冬眠。我が家の かめクン よりも、ずっと厳しい環境で冬眠しているはずですが、春になるとまた元気な姿を現わします。そして長生きなのです。

 家内で亀を飼う時は、保温して常春の状態にする方法が普通です。しかし、冬眠は 栄養を備蓄出来る亀にとって、長生きの極意なのかも知れません。但し加齢が進むと、加温飼育に切り替えていったほうが安全とも言われており 鋭意検討しています。

 外来種と言われ肩身の狭い思いをする事もありますが、縁あってやってきた小動物である かめクンを 長年大切にしています。冬眠前恒例の身長測定。かめクン は、0・5センチ伸びて 15・5センチになりました。


(追記) 2011年 1月から、かめクン の飼育方法を 加温飼育に切り替えました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2007年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。