FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第462回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    麻衣“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部 メインテーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Lady Antebellum“Just a Kiss”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Pink Martini & Saori Yuki“Mas que nada”
    ♪ワールドミュージックの価値を有してきた1969年歌謡曲の中で和声が整った佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌
    ♪1位 2週、登場12週。


 明けまして おめでとう ございます。2012年(平成24年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。

 12月29日 発表の FM長野“COUNTDOWN JP”年間第1位は、AKB48「フライングゲット」 (推定得点:170) 「コスモ ポップスベスト10」年間第1位は、LADY GAGA“The Eden Of Glory” (推定得点:74) が それぞれ獲得しました。

 30日の「第53回 日本レコード大賞」は、AKB48「フライングゲット」が受賞。視聴率は 14・9%(関東地区)をマークしています。

 大晦日 放送「第62回 NHK紅白歌合戦」(前半 35・2%、後半 41・6%)は、なんと(笑)7年ぶりに紅組が優勝しました。

 【最終審査結果:紅組 34万3045 白組 32万3767】

 20日 放送された事前PR番組での予行投票は 4:6で いつもの様に(笑)白が優勢。ところが本番の中間投票から 紅組 23万0275(61%)白組 14万3551(39%)と劇的な大逆転でした。

 最終審査では 私が参加したワンセグ審査員が、紅組 4万0504・白組 4万6377と 46:54の僅差で白。携帯審査員も 38:62で白。会場審査員に至っては 24:76と、圧倒的に白が優勢となっていました。

 しかし、地デジ化の後 視聴者審査員の約8割を占めるデジタルTV審査員では、紅組 28万4129・白組 24万6905(53:47)と約3万7千の差をつけ紅組が優勝。7年ぶりの紅組優勝で司会の井上真央は号泣。ネットでは一斉に紅組優勝が速報されました。

 私は もちろん(笑)予行投票・中間投票・最終投票全て紅組へ投票。デジタルTV審査員への7年を費やしたアナウンス効果には驚いた次第です。

 そしてNHKホールのバズーカクラッカーから岩手県 平泉町・中尊寺へ。11時45分ジャストの「映像落差」ですが、紅白のエンドクレジットが出ず見切り発車してしまい、2年連続少しトラブる結果になりました(笑)。

 正月2・3日の「第88回 箱根駅伝」(往路 27・9%、復路 28・5%)は、東洋大が往路・復路そして総合と「完全優勝」。しかも総て大会新記録という圧倒的強さで、5区山登りの柏原選手は圧巻でした。

 しかし、余りにトップが強すぎ復路の中継所では繰り上げスタートが続出。下位校には厳しい箱根になった様です。

 元旦早々 新潟中越と鳥島近海で地震があり、長野県北部や首都圏で やや強い揺れがありましたが、ここ長野県 松本市は穏やかな三が日でした。

 さて年頭日記恒例の経済「星取表」。昨年大納会の日経平均株価終値は、8455円35銭と、1年間で1773円57銭「下降」しました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ ● ● 』(2011年 大納会)】

 この星取表でも、日本経済の低迷が象徴される2年連続の黒星です。

 本州横断 金環日食やロンドン夏季五輪そして このブログでは、第500回記念 全期間ランキング の発表もある 2012年。今年は果たして どの様な1年になるのでしょうか?

 ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。

第463回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Lady Antebellum“Just a Kiss”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    麻衣“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部 メインテーマ
    ♪1位 2週、登場 5週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]
    ♪打楽器を多用する洗練された和声と、静かなるピアノ旋律で紡がれた美しい秀逸曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・ドラマ「ストロベリーナイト」劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪旋律や和音構成はパターン化しつつあるが劇伴は美しく佳曲。


 13日に 野田内閣の改造が断行されました。政権発足から僅か4ヶ月での改造です。

 午前11時46分に、留任した藤村修 内閣官房長官から閣僚名簿の発表がありました。NHK総合が生中継しています。

 今回の改造は、先月 参議院で問責決議が可決されてしまった山岡賢次 国家公安委員長と一川保夫 防衛大臣を、更迭する目的のための小規模な改造との予想はありましたが、結局は蓮舫 行革担当大臣、平岡秀夫 法務大臣、中川正春 文部科学大臣も退任させました。

 まず岡田克也 前民主党幹事長が、内閣法 第9条の第1順位指定大臣すなわち「副総理大臣」として新たに入閣しました。

 担務は大変広く、社会保障と税の一体改革・行政改革・公務員制度改革、加えて内閣府特命担当大臣として、行政刷新・新しい公共・少子化対策・男女共同参画まで兼任します。

 そして あの田中眞紀子 元外務大臣の「婿さん」(笑)であり、小沢グループに属する田中直紀 参議院議員が防衛大臣へ抜擢されました。

 さらに国家公安委員長 兼 拉致問題担当大臣は 松原仁 国土交通副大臣。法務大臣は 小川敏夫 民主党参院幹事長。文部科学大臣に 平野博文 元官房長官が任命されています。その他の大臣 12名は全員留任という布陣でした。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・岡田克也 副総理大臣 、2位・藤村修 内閣官房長官、3位・鹿野道彦 農林水産大臣、4位・川端達夫 総務大臣、5位・田中直紀 防衛大臣 となっています。

 現職衆議院議員の任期も3年目となり、だんだんと解散水域に入ってきました。もし今年衆議院解散がないと、来年いよいよ衆参ダブル選挙。もしかすると東京都議選とのトリプル選挙。遂に全国翌日開票もあり得る大変な国政選挙の可能性が生じます。

 野田 首相は、政治信念から消費税値上げを目指しており、普通なら広範な国民から反対の大合唱が聞こえるはずなのですが、国家財政への危機感も きちんと認識している賢明な国民の中に、ため息まじりながら容認の多数が形成されつつあります。

 この国民の賢明さ や世界一の債権国という底固い国力を背景に、財政危機を放置した欧州各国との比較対照から、外国為替市場で一段の円高が進んでいる状況です。

 今回の改造で野田内閣は消費税値上げを断行できるのか? マイナーな国政の方向から ゆっくりと解散風が吹き始めています。


 このブログでも おなじみ、我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの かめクン。飼育21年目で初めての冬眠無しの真冬を元気に過しています。

 初冬から飼育水を温めるヒーターを入れて、ひと冬通した加温飼育になりましたが、かめクン 上手く対応しています。

 朝方から午前中はヒーターの近くの水面で、まるで温泉に浸かっているかの様にマッタリしており、暖かい午後の2時間ほど元気にガチャ。夕方あたりから夏より早く寝てしまう感じです。

 餌は慎重に栄養価の高いレプトミンを、真夏食べる量の半分程度を与えていますが、もちろん毎日完食です。とにかくヒーターや保温ライトなどの暖房を充分認識しているので、かめクン は大変機嫌がいいです。

 加温飼育に切り換えて本当に良かったと思っています。加温飼育でも自分なりの環境対応で、真冬の日々もスケジュールをこなしていく かめクン。長生きの秘訣は そこにある様です。

第464回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Lady Antebellum“Just a Kiss”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「ストロベリーナイト」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    The Little Willies“Jolene”
    ♪ジャジーさを損なわないアレンジの佳曲。Dolly PartonそしてOlivia Newton-Johnのカヴァー。


 今年のNHK大河ドラマは「平清盛」です。

 脚本は朝ドラ「ちりとてちん」の藤本有紀。特筆しますが(笑)また女性のライターです。視聴率は 第1回が 17・3%、第2回は 17・8%と、20%を超えない範囲で推移しています。

 画面の映像が2年前の「龍馬伝」と同様 立体感や色彩に広がりを持たせる技術を踏襲しており、赤色は さらに強くなりました(笑)。

 アナログのカラーテレビが普及し始めた頃、テレビ画面に出てくる人物の顔色を自然な感じになる様に調整出来れば、カラー調整は合格と言われた事を今でも覚えています。

 兵庫県知事からクレームを付けられるまでもなく(笑)今回の暗赤の顔色では、確かにカラー調整失敗だと言われるかも知れません(笑)。

 ストーリー設定も白河院政を「王家」と表現したり、平清盛を白河法皇の落胤と決めてかかるなど、最近の大河ドラマに見られた歴史考証の軽視などの問題点が さらに顕在化しています。

 しかし、なんと言っても序盤2回の芯となった、伊東四朗 演ずる白河法皇の圧倒的存在感は素晴らしいものがありました。

 特に第1回放送での清盛の生母・舞子(吹石一恵)が一斉弓射で誅せられる場面は圧巻で、昨年のスウィーツ大河(笑)を払拭するシーン・メイキングです。沢山の演技派俳優が大挙配役されている事にも魅力を感じています。

 音楽は吉松隆が担当。初めてテレビドラマのスコアを制作しています。

 ポイントはラストで平安時代の歌謡集「梁塵秘抄」(りょうじんひしょう)の有名な一節「遊びをせんとや生れけむ」(人は遊びをするために 生まれてきたのではないだろうか)を少女が唄う旋律です。

 このパートはテーマ音楽冒頭のピアノソロの旋律と連結しています。それが挿入歌として指定されている Emerson,Lake&Palmerの「タルカス」(Tarkus)のオーケストレーション・イメージに繋がっていく、不思議な劇伴音楽構成となっています。

 私が大変気に入っているのは、タイトルバックでの平安舞のリズムと、テーマ音楽中盤の打楽器や吹奏楽を多用した和音構成に全く違和感がない点です。ピアノソロと打楽器・吹奏楽への転調、さらに少女が唄う梁塵秘抄への転調は、相当のアレンジ技巧を必要としますが見事に こなしています。

 今回の大河ドラマ テーマ音楽は内省的な面もありますが、精巧な素晴らしい作品だと思っています。もう少し赤みを抑えた(笑)「平清盛」の今後の展開に期待しています。

 2012年 NHK大河ドラマ「平清盛」15日 放送・第2回「無頼の高平太」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 松山ケンイチ → △ 玉木宏 → 三上博史 → 豊原功補 → 金田明夫 → △ 吹石一恵 / △ 松田聖子 →→ 檀れい →→ りょう / △ 阿部サダヲ → 岡田将生 → △ 杏 / ○ 伊東四朗 / △ 小日向文世 →→ △ 和久井映見 →→ △ 上川隆也 →→ △ 國村隼 →→ △ 中村梅雀 →→ ◎ 中井貴一 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第465回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「ストロベリーナイト」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Lady Antebellum“Just a Kiss”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「聖なる怪物たち」劇中効果音楽 [沢田完]
    ♪綺麗な変奏が味わえる劇伴がある。


 大晦日からお正月にかけて、年末年始のラジオ番組を数多く録音しました。いつも寝正月なので(笑)録音には我が家のラジオサーバーの留守録機能を総動員しています。

 ラジオフリークは数多くいますが、年末年始のラジオ放送の中でも この様な番組を録音しておくのは、全国で5人いないのではないかと思っています(笑)。

 まず元旦朝のラジオ体操(笑)。365日 放送する あのラジオ体操の元旦は、どんな感じなのか? 前から聴きたいと思っていました。ちゃんとピアノ伴奏でお正月の定番曲「春の海」を流し、ラジオ体操の歌の前に講師が新年の挨拶をします(笑)。

 他にもNHKラジオ第2放送で三が日しか放送しない「雅楽」や「筝曲(そうきょく)演奏」の時間などレアな年始番組が録音出来ました。

 年末にかけてネット上へ、放送開始80周年を迎えるラジオ第2放送の広告が大挙流れていました。総合テレビでもラジオ第2放送のPRミニ番組をオンエアーしています。

 平日15分間だけ密やかに放送している「朗読の時間」も、新年は女優・松たか子が担当し、大々的に宣伝したのは今までない事でした。村上春樹を読んだ この「朗読の時間」スペシャルも今回録音しています。

 そのNHKでは既に4月新編成の概要が発表になっています。ラジオ部門をみると少し首を傾げる内容です。

 まず平日午前の「ラジオ ビタミン」を終了させて、新しい日替わりパーソナリティによる生ワイド番組を編成します。タイトル名が「すっぴん!」(笑)。さらに土日の夜3時間に若年齢層向けのワイド番組も編成。あの「ラジオ深夜便」の午後11時台まで削り、この番組に時間をさいてしまいました。

 近年、低年齢層のラジオ離れが進んでいます。

 NHKも民放ラジオと共同キャンペーンを打つなど対策を進めていますが、首都圏を中心としたラジオ聴取率調査でも、一部の番組で10代の男女(T層)で「※印」すなわち聴取ゼロの記録が散見される様になってしまいました。しかも それが深夜の若者向け番組にも現れているとの事ですから、さらに制作サイドの危機感は募ります。

 ここ数十年のラジオの世界は、性別・年齢層や職業別にターゲットを絞って番組の編成をする「オーディエンス・セグメント」編成が席巻してきました。

 NHKラジオ第1の今春の新編成の方針も、どうにか若年齢層までターゲットを伸ばしたいという「オーディエンス・セグメント」の考え方からだと思われます。しかし、若者向け番組でも そのターゲット層に※印がつく時代なのです。

 ラジオリスナーを なめてはいけません。安易なターゲット層を絞った番組は、他の年齢層を敵に回す結果にも繋がりかねないのです。そしてターゲット外の絶対多数の大衆は、確実にラジオから離れていきます。

 1 ~ 2%の少ないパイだけを取り込もうと躍起になり、残り90%以上のラジオを聴かない人々の理由を真剣に考えないとなると、もはやラジオに未来はありません。

 絞るべきターゲットがあるとするならば、性別や年齢層などの安易なものではなく、知的水準や多次元的な社会階層なのです。単純なオーディエンス・セグメント編成は、特化が昂じて非ターゲット層に対し差別や蔑視を助長する可能性さえあります。

 どうしても疲弊してきたラジオ制作者は、自分より知的水準や社会階層が下と想定するリスナーを対象に、それを年齢層や職業と勝手に重ね合わせて、見下す様な番組制作をしたほうが楽だと本能的に考えているのかも知れません(笑)。

 もしNHKが本気で若者向けのワイド番組を開発したいのならラジオ第1でなく、まずラジオ第2放送ですべきです。

 それは元来「お話しでてこい」などの幼児向け番組も存在する、細分化された教育専門波のラジオ第2放送だから可能なのです。総合波であるラジオ第1放送が維持してきた、知的水準のキープを怠ると かえって逆効果になります。

 短絡的に年齢層で切り取った「オーディエンス・セグメント」編成では、少子高齢化を迎え成熟しきった この国においては、もはやラジオメディアを救えないのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2012年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。