FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第134回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( △ )
    一青窈「影踏み」
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング
    ♪歌詞のフレーズが耳に残る美しいCMを支える佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]


 今週は、根強い人気の外国テレビ映画「超人ハルク」(日テレ・1979年 4月 ~ 1980年 7月・本放送)を 数本視ました。私が茨城に住んでいた頃、20年ほど前の日本テレビ(NTV)の土曜深夜は、読売新聞 東京本社スタジオから放送していた「読売新聞あすの朝刊」をはさんで「白バイ野郎ジョン&パンチ」と連続で本放送していました。

 私は当時、音楽チャート番組の記録と自主集計に のめり込んでいました。遠距離受信で聴いていた、土曜夜の名古屋・CBC歌謡ベストテンで自主集計が出来上がります。その後に 手書きのチャート表を 30位まで作成するのです。作成が終わった後「超人ハルク」と「白バイ野郎ジョン&パンチ」を視るのが、週に一度の楽しみでした。

 デビッド・バナー博士(Bill Bixby = 有川博)は、潜在意識や能力に関する実験中、誤って大量のガンマー線を浴びたため、激怒すると狂暴な緑色の大男「ハルク」に変身する身体になってしまいます。新聞記者ジャック・マクギー(Jack Colvin = 青野武)には、変身する秘密を知られ、研究所の爆発事故の際には、変身まで目撃されてしまうのです。

 デビッド・バナー博士は、その爆発事故で亡くなった事にして自らの墓標を建て、逃避 と 放浪の旅に出るのです。ジャック・マクギー記者は、デビッド・バナー博士 と ハルクを執拗に追跡。デビッド・バナー博士は、旅先でハルクへの変身を抑える治療法を模索し続けますが、出会った人達を巻き込む事件が起き、激怒して また変身してしまうのです。

 そして立ち寄った街にいられなくなり、また次の逃避の旅が始まります。その繰り返しの中で、エピソードのラストシーンに、ピアノソロで流れる悲しいほどに美しいテーマ曲。Graveyard Farewell“The Lonely Man Theme”の存在が、このドラマ最大の特徴です。ラストシーン と テーマ曲は、忘れ得ないほど大変印象的なのです。

 「超人ハルク」は、最後のテレビスペシャルで、ハルクすなわちバナー博士が逃避の果ての事故により、永遠の旅立ちとなるストーリーを以て完結しています。そして Bill Bixby 自身も その後 ガンで亡くなっています。レギュラーシリーズでは、ヨーガの達人に出会い、変身を抑えられたエピソードが好きでした。それらの録画を中心に保存しています。


(追記) 第18話「チャイナタウンの決闘」第21話「輪転機を止めろ!」第24話「逃避」第28話「チャイナタウンの再会」以上4エピソードを、CMをカットせずデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。

第135回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪ドラマに相乗して情緒性を強く意識させる劇伴音楽。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    一青窈「影踏み」
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]


 8日に 郵政民営化法案が、参議院本会議で否決廃案となりました。 小泉 総理大臣は、即時 衆議院解散を決断しています。参議院本会議は、午後1時からNHK総合が特設ニュースを開始。民放テレビ全局は、報道特別番組で採決を 生中継しました。そして反対票が過半数を超えた時点で法案否決と速報。参議院本会議の中継は、最も迅速に集計された「電子投票」の様相でした。

 【採決結果:賛成 108 反対 125】

 特に民放テレビは 記名投票採決のため、議員が白 と 青の木札(賛成は 白票・反対は 青票。木札には 投票議員の氏名が記載されている)を行使した瞬間にカウンターを作動させ、投票状況は リアルタイムで画面に表示しました。竹中 郵政民営化担当大臣は、否決の瞬間に沈痛な表情でしたが、一方 臨時閣議へ向かう 小泉 総理大臣は、まなじりを決した顔をしていました。

 採決直後 開かれた臨時閣議では、解散の閣議決定に異議を表明した数名の閣僚を別室で説得。結局 島村宜伸 農水大臣以外、全員の閣僚が解散の閣議決定に同意しました。しかし、最後まで解散の閣議決定書への署名を拒否していた島村 農水大臣は辞表を提出。ところが小泉 総理大臣は辞表を受理せず、なんと島村 農水大臣を罷免したのです。

 小泉 総理大臣による農水大臣兼務の形で、解散詔書を閣議決定しました。このブログでも以前 書いた事がありますが「衆議院解散」は、内閣総理大臣の専権事項 とされています。その専権事項が、憲法に明示されている訳ではありません。専権事項の法的根拠は、憲法で与えられた内閣総理大臣が、国務大臣を任意で罷免できる権利に由来します。

 例え全国務大臣反対でも全員罷免の上、内閣総理大臣が国務大臣を全て兼務し「ひとり内閣」として解散決定する事は可能なのです。それ故に、現行憲法において 衆議院解散は、内閣総理大臣の専権事項とされています。はからずも島村宜伸 農水大臣の意思表示 と それに対する罷免によって、内閣総理大臣の強力な衆議院解散権が 今回 証明されました。

 結局 衆議院本会議で、河野洋平 議長が 午後7時4分に 解散詔書を朗読。衆議院が解散されました。日本国憲法公布以来 21回目。帝国議会を含む憲政史上では 39回目の解散になります。

 衆議院本会議でも 解散詔書朗読の瞬間、閣僚席の小泉 総理大臣が、野党側に深々と礼をした姿は とても印象的でした。一(いち)法案の成否で 衆議院解散を断行した 8日は、日本の歴史に残る一日と なりました。郵政民営化法案反対の抗戦をしてきた自民党議員に動揺が走る中、総選挙投開票日の 9月11日へ各政党は走り出しています。

第136回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Sugar「ひまわり」
    SBC TBS・ドラマ「幸せになりたい」主題歌
    ♪よくあるメロディ・ラインを強いポップ感のアレンジで押し切った楽曲。


 先日 ちょっと時間があったので、長野市IVYスタジオで毎週金曜お昼に生放送中の FM長野「よくばり★マガジン RADIO comfy」を視てきました。

 坂口千夏 ABN長野朝日放送アナウンサーが担当しています。番組DJが他局アナという、全国のFM局でも あまり類例のないスタイルです。

 一度視てみたいと思って来ましたが、ギャラリーは 誰もいませんでした。スタジオ内には、ディレクター・ライター・ゲストそしてDJの4人。坂口 アナは、実際視てみると完全にラジオのDJですね。とてもテレビ局アナの雰囲気がありません。いや これは誉め言葉のつもりなんです(笑)。

 IVYスタジオは、長野市にあるFM長野のサテライトスタジオです。以前 放送していない時に立ち寄った際は、看板も外して ひっそりとしていました。看板を外しているというのは不可解で、放送日以外はスタジオを賃借出来てないのかな? と思ってしまいます。但し搬入された機材はそのままですが(笑)。

 浜松にあるK-MIXは、やはり静岡市にサテライトスタジオを置いていますが、平日帯で毎日放送している様です。但しK-MIXの場合、東海地震対策で普段から放送拠点を分散しておく深い意味があります。

 FMラジオ局のサテライトスタジオとは、単に公開放送の拠点だけだと考えがちですが、それでは経営状態によって、すぐ改廃の対象となってしまいます。放送スタジオの分散に合理的意義があってこそ、サテライトスタジオの存在理由があります。

 開局当時のFM長野の生ワイドは、アナウンサーがディレクターを兼任して、社員以外はアルバイトのADさん 1人という体制で放送を続けていました。ローコストで高い収益をあげていたのが この頃です。

 お盆の16日 宮城県南部で震度6弱の激しい地震が、午前11時46分に発生しました。僅か9分後の定時のFM長野ニュースで、極めて珍しい“JUST IN”があり、田中利彦 アナは 県内震度などの速報をしていました。

 間違いなく言えるのは、このFM長野ニュースの緊急対応を、田中利彦 アナひとりで担当したという点です。ラジオ放送は、ディレクター・ライター・DJと分離しなくても、経営指導から強いイニシアチブがあれば、放送要員1人でも維持できるのです。

 昼間は何人も放送要員を手当しても、深夜に緊急災害が発生した時に、局舎が無人で放送要員が確保できない体制ならば、潜在的に問題の根は深いのです。


(追記) 2010年 5月に、長野市・IVYスタジオは廃止となりました。

第137回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング
    ♪まるで時間が停まる様な美しいCMと音楽。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS)ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  4. 第 4 位 ( △ )
    Sugar「ひまわり」
    SBC TBS・ドラマ「幸せになりたい」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]


 午後 5時45分です。いまだに この人形劇の放送開始時間を覚えています。当時は、画面左下に“5:45”と 時刻表示。右下に[カラー]と カラー放送である表示。そして前川陽子のテーマ曲 と あまりにも有名なタイトルバックが、休日を除く毎日放送されていました。それも「第1×××回」と、子供ながら気の遠くなる通算放送回数と共にです。

 今週は 整理済のテレビ番組録画テープから、我が国テレビ放送史上最高の人形劇「ひょっこりひょうたん島」(1964年 4月 ~ 1969年 4月・全 1224話 放送)第650話「夜を待とうよ」を視ました。博士:中山千夏、テケ:増山江威子、サンデー先生:楠トシエ、トラヒゲ:熊倉一雄、ダンディ保安官:小林恭治、ライオン:滝口順平 らが声の出演をしています。

 「ひょっこりひょうたん島」の人気の源泉は何か? 私は、ドン・ガバチョ大統領 役である、不世出の天才声優 故・藤村有弘 氏の存在に尽きると思っています。藤村 氏の台詞回しは 魔術的(笑)で、それが人形劇団「ひとみ座」が操るガバチョへ乗り移り(笑)ブラウン管に映し出されたのです。藤村ガバチョなくして、ひょうたん島の現在に続く人気は 存在しません。

 忘れられないエピソードは、ウクレレマン・ダン(牧伸二)が、ひょうたん島を乗っ取ろうと計画し上陸。大統領選挙によるガバチョ 大統領の追い落としを図ります。そしてガバチョ 大統領は、見事落選するのです(笑)。島民全員での大統領選挙ですから、開票速報も 1票ずつアップダウンクイズ方式(笑)を採用。それは それは大爆笑でした。

 藤村有弘 氏は「ひょっこりひょうたん島」終了後の人形劇「ネコジャラ市の11人」(1970年 4月 ~ 1973年 3月・全 668話 放送)でも、第3代市長・バンチョ・ホーホケ卿(笑)として登場しました。まだ家庭用VTRが普及していない時代に本放送された「ひょっこりひょうたん島」は、圧倒的な放送回数にも係わらず、十数回分しか録画が現存しません。

 ですが 当時オープンリールや 出回ってきたカセットテープを使ったレコーダーで「ひょっこりひょうたん島」の音声を録音している方は 数多く存在しています。どうにか そのテープを基に、ひとみ座が もう一度「ひょっこりひょうたん島」を再演する事は出来ないものでしょうか? やはりドン・ガバチョは、故・藤村有弘 氏以外 有り得ないのです。


(追記) この第650話「夜を待とうよ」の録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2005年8月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。