FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第432回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Sade“Still In Love With You”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」劇中効果音楽 [村松崇継]
    ♪1位 3週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS フジ・アニメ「ちびまる子ちゃん」で放映される 株式会社ミツウロコ テレビCMソング [TARAKO]
    ♪非常にユニークな小休止を多用したCMソング。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    MISIA「記憶」
    abn テレ朝・ドラマ「遺留捜査」主題歌


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン が、飼育開始 満20年を迎えました。

 1991年の春、ちょこんと小亀でやってきた時、まさか それから20年一緒に暮らしていくとは思っても みませんでした。爪を折ったり、冷夏の時は日光浴不足で大人しくなってしまった事もありましたが、大病なく元気に成長しました。

 この20年間ほぼ毎日餌やりや水交換など、かめクン のお世話をしてきましたので長期の旅行などしていません。ですが1個体のペットを、20年連続で飼育していくという経験は、なかなか出来るものでありません。

 かめクン を飼育してきた20年間、穏やかな日々が過ごせただけでも、私の人生は幸せだったと言えるかも知れません。かめクン には感謝あるのみです。

 このブログでは、折に触れて かめクン の様子を書いてきました。例年の冬眠から加温飼育へ切り換えたり、日光浴も紫外線ライトや保温ライトを併用するなど、かめクン の加齢に合わせて工夫しています。

 かめクン も真冬の加温飼育は、大変気に入ってくれました。ライト浴も日光浴同様ちゃんと首足を伸ばしてくれて、環境の変化や工夫に きちんと対応しています。

 かめクン は毎日のスケジュールを心得ていて、餌タイムになるとバチャバチャ ガチャガチャ(笑)餌くれコールをしますし、餌を食べ水交換の後は、マッタリと夕暮れまで過ごしています。夜は ぐっすり寝て、朝は目覚まし時計より正確に飼い主を起こしてくれます(笑)。

 先日 近所に大きなホームセンターが開店し、そのオープンセールで かめクン の飼育ケースに最適な衣装ケースを入手。満20年記念(笑)として6代目の新居に、かめクン は引っ越しました。ふた回り程広くなり、しかも暖房完備ですので、かめクン は すぐ新しい飼育ケースに慣れてくれました。

 外来種と言われ、飼い主として肩身の狭い思いをする事もあるミシシッピ アカミミガメですが、長年きちんと飼育すると人懐こく、飼い主の愛情を理解出来る亀に成長します。

 かめクン の寿命がどれだけ残っているのか? 私にも判りません。ミシシッピ アカミミガメの寿命は、まだ諸説あり解明されていないのです。20年説ならば もう到達しています。60年説ならば 間違いなく飼い主が先になります(笑)。

 とても長生きするミシシッピ アカミミガメですが、うちの かめクン には まずは30年目を元気に迎える様に頑張って欲しいものです。

 最近東日本大震災を教訓に飼育水の非常備蓄も始めました。この かめクン の世話が出来るのは、世界中で私ひとり なのです。風光明媚な信州で暮らしながら、かめクン を これからも 大切に飼育していきたいと思っています。

第433回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Sade“Still In Love With You”

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]
    ♪Eテレ教養番組とは思えない力感溢れる佳曲に 美しいタイトルバック。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌
    ♪イントロと間奏部の音楽的落差が この名曲の心臓部。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NBS フジ・アニメ「ちびまる子ちゃん」で放映される 株式会社ミツウロコ テレビCMソング [TARAKO]


 NHK教育テレビの名称が 1日に「NHK Eテレ」と変更されました。このブログでは今週から「NHK Eテレ」の名称を使用致します。


 アナログ放送の完全デジタル化まで、あと約1ヵ月と迫りました。

 私の身近でもテレビの買い替えが一気に進んできています。もうブラウン管テレビを見かける機会は殆どなくなっており、薄型の液晶テレビがリビングの主役に代わっています。

 今から10年前の2001年 7月25日。アナログテレビ放送を全国一斉に終了させ、完全デジタル化する国策が決定。それから今日まで繰り返し周知広報されてきました。

 しかし、その目指していた2011年。東日本大震災により被災した岩手・宮城・福島の3県は、デジタル化最大1年延期との特例法が成立。全国一斉のデジタル化は事実上断念せざるを得なくなったのです。

 そして この段階で不可思議な話を耳にし始めました。我が家では地元のCATVで、テレビそしてラジオを視聴しています。そのCATV会社であるテレビ松本さんから、2ヵ月ほど前に1枚の葉書が送られて来ました。

 そこには「総務省の要請」を受け 2011年 7月1日から2015年 3月31日まで、NHK総合・Eテレと県内民放4局に限り、デジタル波をアナログに転換して放送する「デジアナ変換」を行うと書いてあったのです。

 ちょっと待ってください(笑)。デジタル放送をアナログに変換するとは、どう考えてもアナログ放送の継続ではありませんか?(笑)

 調べてみると、確かに総務省は一斉デジタル化の混乱を避けるため、全国のケーブルテレビ事業者に「デジアナ変換」放送を推奨。なんとこのサービスを実施するCATV会社には、国から補助金もでるそうです。

 全国のケーブルテレビを約2450万世帯が視聴していますが、今のところ その内58%にあたる1420万世帯で「デジアナ変換」放送を視聴出来る事になります。その世帯を対象に 2011年 7月24日以降も、約4年間アナログテレビ放送は続くのです。

 結局無線伝送であるアナログテレビ放送は、周波数帯域を空けるため廃止しますが、有線伝送であるCATVは、周波数帯域を空ける必要がないので、アナログ放送を続けても良いと言う理屈かも知れません。

 我が家にとって、これは重大な話です(笑)。アナログ液晶テレビは、当面買い替えない事にしました。「デジアナ変換」でアナログチューナーが、そのまま裏番組の視聴など使えるからです。

 但し この「デジアナ変換」は、あのコピーワンスがかかり、またしつこいウォーターマークも画面に常時表示されそうです(笑)。ですがデジタル放送をアナログ化すると当然画質は落ちますが、裏番組の視聴などには やはり充分なはずです。

 使えるアナログテレビを、昨年あたり買い替えしまったCATV視聴世帯は どうなるのでしょうか? 東日本大震災被災3県の延期は やむを得なかったとしても、CATV視聴者向けの「デジアナ変換」放送実施は、遅くとも数年前に正式決定すべきだったと思います。

 また このブログでも紹介した「地デジ難視対策衛星放送」は、ホワイトリスト対象地域以外も申し込みがあれば全国で「一時利用」が認められるなど、なし崩しの様相を呈してきました(笑)。

 少し焦りのムードも漂ってきた、国民運動というべきアナログテレビ放送の完全デジタル化が、1ヵ月後に混乱なく実施できる様 祈るだけです。

第434回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌
    ♪編曲は 寺島尚彦。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Sade“Still In Love With You”

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・アニメ「ちびまる子ちゃん」で放映される 株式会社ミツウロコ テレビCMソング [TARAKO]


 私が住んでいる長野県 松本市。そのJR松本駅へ行くと、何枚も同じポスターが目につきます。「信州が舞台の朝ドラ!」。女学生に扮した井上真央のポスターです。

 NHK総合テレビの連続テレビ小説。第84作「おひさま」は、私が住んでいる松本・安曇野が舞台です。

 太平洋戦争で二分される、激動の時代を生き抜いた女性の半生が描かれています。ドラマの地元である事を割引いても、今回の「おひさま」は、とても出来の良い朝ドラだと私は思っています。

 まずテーマ音楽は、朝ドラの原点に立ち返った様なストリングスが効いたインストゥルメンタルです。

 週6日放送する朝ドラのタイトルバックは、月曜日のみ詳細なスタッフ名をクレジットするため、時間長めの仕様が続いていました。ところが「おひさま」の場合、スタッフ クレジットの表示テンポを早くして他曜日と尺を同じにしています。

 渡辺俊幸が制作したテーマ音楽は、初聴の時 少し旋律パターンに類似性を感じましたが、毎日聴き込むと研かれていく様な美しさが現れ、この週間選曲リストでも現在1位を続けています。

 主役である須藤(丸山)陽子 役の井上真央は、子役の時にNHKの水曜シリーズドラマ「蔵」(1996年)で田之内烈の少女時代を好演。TBSの昼ドラ「キッズウォー」(1999 ~ 2003年)では、逆に奔放な少女・今井茜 役を演じ切りました。

 そのキャリアゆえに、今まで新進女優を抜擢してきた朝ドラ ヒロインの中では、演技力が群を抜いています。

 陽子の父親・須藤良一を演ずる寺脇康文は、ご存じテレ朝人気刑事ドラマ「相棒」(テーマ音楽は2005年の年間1位)の亀山薫 役。義母・丸山徳子 役の樋口可南子は、デビューがTBSのポーラテレビ小説「こおろぎ橋」(1978年)のヒロイン。二人とも連続ドラマ経験は充分です。

 さらに「おひさま」脇役陣の中で特筆すべきは、義父・丸山道夫 役の串田和美です。まつもと市民芸術館長 兼 芸術監督である串田和美は、今 最も松本市に所縁のある俳優・演出家です。

 父は 日本を代表する哲学者・串田孫一、祖父は 三菱銀行 創業者・串田万蔵。緒形拳と共演した不条理劇「ゴドーを待ちながら」は日本演劇史上の傑作として挙げられる作品です。

 出演したテレビドラマは 1度ぐらいしか視た事のない串田和美ですが、今回の朝ドラ「おひさま」に しっかりとレギュラー出演しています。串田和美が演ずる哀感も明るさで投影してしまう蕎麦屋店主は、まさしく ここ松本平に根ざし住まいする人そのものです。

 長い朝ドラの歴史を振り返ると近年の作品では、得意分野であった戦前そして終戦直後の描写が、だんだんと色褪せてきていました。

 現代に生きる俳優・女優が、平気でタイムスリップしているかの様な違和感があったのです。しかし、この「おひさま」は戦時中の描写も考証がしっかりしており、非常に上手く表現しています。

 今回の岡田惠和の脚本には創意があります。陽子の晩年とナレーションを演じる若尾文子と、聞き役となる1986年 第36作「はね駒」のヒロイン斉藤由貴のユーモラスな回顧が基点になり、そのフィードバックが不思議な安心感も与えているのです。

 また井上真央の国民学校 教師役には、児童とのエピソードに かつての名作映画「二十四の瞳」を彷彿とさせる様な清々しさ さえ存在します。

 連続テレビ小説「おひさま」は、東日本大震災の影響で放送開始が1週間遅れました。大震災の凄惨さを知った多くの視聴者の間には、その後 放送された多くのテレビドラマに乖離を感じ始めています。

 しかし、今回の朝ドラ「おひさま」には乖離を感じさせません。その証拠に関東地区 平均18%をマークしている、ビデオリサーチ社の地域別 世帯視聴率では、地元 長野県の平均27%より、被災地である福島県がさらに高く、直近平均30%近くまで達しようとしています。

 正統派の朝ドラが、この国難の時でも鑑賞に耐えうるテレビドラマのレベルを維持しているのだと思います。ここ信州 松本・安曇野を舞台とした朝ドラ「おひさま」は、激動昭和を生き抜く女性の一代記の中で、全国に力みの無い本当の明るさを毎朝届けています。

第435回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]
    ♪劇伴はテーマ音楽が有する旋律の広がりをベースにしている。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    NBS フジ・アニメ「ちびまる子ちゃん」で放映される 株式会社ミツウロコ テレビCMソング [TARAKO]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Sade“Still In Love With You”


 2011年は上半期が終了し、折り返し点が見えています。そこで『2011 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。

 年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 2011年の上半期は東日本大震災があり、大変な半年となりました。

 震災当日の3月11日は、ブログ更新の金曜日でした。震災発生14分経過の午後3時の段階で、既に書き上がっていた週間放送視聴日記の予定稿は破棄し、まず加入しているSNSで、大地震のため更新時間が遅れる旨の「臨時のお知らせ」をツイートしました。

 テレビ・ラジオ各局が全力を挙げた特別体制で、未曾有の大惨事が伝わる中、ギリギリの時間まで視聴を続け、結局 午後11時43分にアップしました。その週間放送視聴日記は、現在でも多くの方からアーカイブされています。

 問題は「週間選曲リスト」でした。震災当日(第420回ランキング)は既に決定したリストを、そのままアップしました。

 しかし、翌週から地上波の通常番組は、特別編成で休止が続出。次の第421回ランキングでは、視聴出来なかった番組に週間選曲リスト・ルール 注意事項[02]を適用。どうにか休む事なく「週間選曲リスト」を公開し続ける事ができました。

 今回の東日本大震災では、各方面で危機管理における非常体制の整備が問われています。この小さなブログでは、普通の個人ブログと異なり週一(いち)更新を続ける事が生命線です。

 そこで今回の大震災を契機として、Basic List である「週間選曲リスト・ルール」へ約5年ぶりに注意事項の追加を行いました。

 新設した注意事項[10]は「大災害等でブログ更新が不可能な場合、先週と同じ選曲及び順位を、当週の週間選曲リストと自動決定します。」としました。

 また注意事項[11]には「前項による自動決定の場合、後日 ブログ更新が可能な状況となった時、必ず本注意事項による選曲・順位決定だった事を 1位選曲理由欄に明記して、当該の週間選曲リストは速やかにアップします。なお自動決定時の1位週数・登場週数は、その週数にかかわらず、いずれも1週分のみカウントします。」と、特別の規定も設けています。

 政府の地震調査委員会は、106ある国内主要断層帯の中で、東日本大震災の影響から地震発生確率が高まった断層帯4箇所を指定しました。

 そのひとつに、ここ松本市を通る「牛伏寺断層」が選ばれてしまいました。この牛伏寺断層は、約1000年ごとに起きる大地震が、直近から約1200年起きていないとされています。

 松本市に住み続けたと仮定して 3 ~ 4%の誤差。つまり40 ~ 50年ずれると、私の人生的にはセーフとなるはずですが(笑)もはや日本列島どこに居住していようと、今後大地震に遭う可能性は否定できません。

 小さな個人ブログでも、週一更新というオーガナイズされたシステムである以上、この様な非常災害時の更新特例規定は決めておくべきだと思い、今回 注意事項[10][11]を新設した次第です。

 何事も備えあれば憂いなし。この注意事項[10][11]が何かの魔除け(笑)でもなればと思います。

 今年の上半期 1 位には、渡辺俊幸が制作した朝ドラ「おひさま」劇伴音楽が選曲されました。

 【1位 4週 登場12週】

 今年の上半期順位は、選曲条件をクリアした楽曲 9曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2011 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 4)
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  2. 第 2 位 ( 3)
    NHK総合・ドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」劇中効果音楽 [村松崇継]

  3. 第 3 位 ( 2)
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]

  4. 第 4 位 ( 3)
    ヤドランカ「誰かがサズを弾いていた」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」4 ~ 5月 オンエアー曲

  5. 第 5 位 ( 3)
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2011年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。