FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第189回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌
    ♪繊細なビブラートに気付くと理解できる深みのある和声を有した楽曲。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Thom Yorke“Black Swan”


 テレビ草創期は、各局ともに外国映画放送枠が、数多く編成されていました。テレビ東京は、前身「東京12チャンネル」の開闢時代、つまり私が幼稚園の頃(笑)から、平日午後の外国映画放送を脈々と続けています。25年ほど前、その外国映画放送の後に、このドラマを初見しました。放送権とテープが、テレビ朝日 から テレビ東京へ流れていったのです(笑)。

 「ロンドン特捜隊スウィーニー」(テレビ朝日・1978年10月 ~ 1979年 7月 本放送)は、本国で劇場版も制作されるほど人気があった、70年代の英国刑事テレビドラマの傑作です。原題は“The Sweeney”。英国・民放テレビの“ITV”で制作されました。しかし日本では、本放送でさえ 金曜 深夜1時15分からの扱いだったのです(笑)。

 主役のリーガン警部に John Thaw(富田耕生)。部下のカーター刑事に Dennis Waterman(伊武雅之 → 伊武雅刀)。そしてハスキンス特捜部長は、イギリスの杉浦直樹はたまた角野卓造こと(笑)個性派名優 Garfield Morgant(岸野一彦)が演じています。このテレビドラマには、独特な映像の雰囲気 と 脚本の切れ味があります。

 このドラマの特筆すべき点は、Harry Southが作ったテーマ音楽です。エンディングのタイトルバックに流れる、哀調を帯びたアレンジのテーマ音楽は、心底へ染みていくほど美しく、和声・調性が整った外国テレビドラマの中で五指に入る優れた楽曲です。なお同じ旋律でもオープニングは、テーマ音楽がハイテンポなアレンジに仕上がっています。

 そのオープニングに出てくる“Sweeney”公用車のナンバープレートが、なぜか“NHK”なのです(笑)。また“PART 1”“PART 2”と、CMタイミングでテロップが出て、きちんとドラマを区切るスタイルも、日本のドラマにない律儀さを感じます(笑)。さらに犯人や刑事が、スーパーバンドのラジオ受信機を愛用しているシーンが時々登場します。

 “STAY LUCKY,EH? ”というエピソードには、ひと稼ぎしだ情報屋が、そのスーパーバンドラジオを買い、嬉しくて仕方がない顔で 初スイッチオンする 実にマニアックなシーンもあり、強烈な印象として残っています。この情報屋 と 私は 価値観が一致しているのです(笑)。「ロンドン特捜隊スウィーニー」には、他のドラマと異なる不思議な魅力があります。

(追記) 紹介したエピソードである、デスクワークのハスキンス特捜部長も、リーガン・カーター コンビ と ラストの銃撃戦に参加していた 第2シリーズ 第9話“STAY LUCKY,EH? ”と、第3シリーズ 第8話“SWEET SMELL OF SUCCESSION”の録画を デジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。

第190回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽
    ♪CMソングから弦楽奏に特化した前奏部を選曲。


 秋篠宮妃紀子さま が、男のお子様を、6日 午前8時27分 無事ご出産されました。

 皇室では、41年ぶりに親王様のご誕生です。帝王切開による ご出産となった この日、NHK総合は、午前8時30分から紀子さま ご出産関連の特設ニュースを開始しました。

 その特設ニュースの最中、8時47分に「秋篠宮妃の紀子さま 男のお子さま ご出産」「皇室に41年ぶりの男児誕生」とチャイム入りのNHKニュース速報が流れ、登坂淳一 アナが極めて稀な連続 11回 繰り返しアナウンスで、この慶事を伝えています。

 民放テレビ各局も ほぼ同時にニュース速報。FM長野でも伊織智佳子 アナが 8時49分に担当生ワイドの中で第1報を伝えました。8時55分のFM長野ニュース(JFN)でも詳報しています。

 以前このブログで書きました「チャイム入り臨時ニュース」の他、テロップ出しの「NHKニュース速報」にも、ニュースの重要度に応じてチャイム有りと無しがあります。このチャイムは、臨時ニュースのチャイムと異なり、電子音の短いチャイムが 2回鳴ります。

 紀子さま ご懐妊のNHKニュース速報は、宮内庁よりも、そして内閣官房よりも、まさに神がかっているとしか思えないほど早く(笑)また先月27日のNHKスペシャルでは、さりげなくコウノトリの特集を放送。ご誕生後の慶祝ニュース特番まで紀子さま ご出産のニュースを、NHKはリードしていました。

 小泉 首相が皇室典範改正作業を進める中、高齢での紀子さまの ご懐妊・ご出産は、秋篠宮殿下としても相当なご覚悟と ご決意だったと拝します。

 このブログでも書きましたが、私は女系天皇の制度に疑問を持っています。今後も皇室典範の改正論議は必要かも知れませんが、少なくとも法学的な研究段階に留めるべきです。

 女系天皇と女性天皇は、その意味が異なります。さらに古来皇室には養子禁制があり、女性天皇は 生涯独身との不文律がありました。なぜこの禁制と不文律が成立したのか? 称徳天皇と道鏡の例を説き起こすまでもありません(笑)。そして現代において女性天皇を制度化した時は、生涯独身でなければならないと法制化する事は絶対に出来ないのです。

 小泉内閣での女性天皇容認の議論の中では、女性天皇の配偶者の地位について、全く提唱がなされていません。現在の皇室制度は、女性軽視と決して言えないのです。神功皇后の例を持ち出すまでもなく(笑)現行皇室典範 第17条の規定で、皇后は摂政になる事が可能です。

 天皇の地位は、憲法により国民の総意によって定められます。天皇制を根幹から変える事にも、国民の総意が必要なはずです。現行皇室典範により自動確定された新親王様の皇位継承順位を、単純な法改正だけで侵犯する事だけは、厳に慎むべきだと思っています。秋篠宮 新親王様のご誕生、誠に おめでとう ございます。


(追記) 12日 執り行われた命名の儀において「悠仁」親王殿下とご命名されました。

第191回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌
    ♪1位 3週、登場11週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]


 竹中平蔵 総務大臣の私的懇談会である、放送と通信に関する懇談会は、2011年までに NHK 3波(BSから 2波 プラスFM)の減波を方針として決定。竹中 総務大臣に、その方針を盛り込み最終報告しました。現実味を帯びた「NHK-FM」の減波問題でしたが、総務省と自民党の折衝で、結局 減波は見送りとなりました。

 私は、NHK-FMを完全に減波するなど、不可能に近いと考えていました。全国を網羅している送信所・中継局を一斉に停波させて、保守管理を打ち切る事は あり得ません。例えNHK-FMが独自編成を止めても、ラジオ第1放送のFM中継所として、全国のNHK-FM送信・中継施設は、残る可能性が高かったのです。

 国内の少子高齢化は、絶対的にラジオリスナー そして音楽ユーザーのコア(核)層の世代が高くなる事を意味します。民放FM局に代替できると断じられてしまったNHK-FMの番組編成も、その見極めの甘さに起因しているのです。しかし、NHK-FMの減波問題が、いつまたクローズ アップされるかは 不透明です。

 アナログラジオにおける音楽放送とは何か? その意味と存在理由が、今後も問われ続けると思います。FM長野の開局以前から、NHK-FMを聴き続けている私としては、クラシック音楽放送を中心とする編成を維持し、オンエアー曲は総て完奏する本来の姿に、NHK-FMは 帰結して欲しいと願っています。

 最近“last fm”というネトラジが 話題になっています。リスナーの音楽嗜好を調べ尽くして、個人の好みに合わせた選曲で、ストリーミング配信するインターネットラジオ(形態はSNS)です。英国で普及し日本へ上陸してきました。“last fm”の意味は、貴方に必要な最後のFM局という事らしく、まさに恐るべきネーミングです(笑)。

 私が注目しているのは、個人ごとの選曲嗜好により「チャート」を発表できる点です。しかも週間順位から 年間順位まで、カスタマイズは自由自在。その チャート を、自分のサイトやブログにパーツとして貼る事も可能。このブログの「週間選曲リスト」に 近いものがあります。インターネットの普及で、音楽情報や評論の発信が、個人でも簡単に出来る様になりました。

 今までメディアしか出来なかった、音楽チャートの発信も可能な時代を迎えています。どうしても音楽チャートというのは 新譜のみが対象で 、M1・F1層の音楽販売動向を測るモノサシと決めがちです。しかし、インターネットの時代には、新譜・旧譜 区別なく多種多様な順位を発表し、個人の音楽評論やセンスも、その順位で表現していくスタンスが存在し得るのです。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、10日に 4万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。

第192回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( △ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌
    ♪1位 4週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    木村カエラ“TREE CLIMBERS”
    モード学園 テレビCMソング
    ♪ちょっと未成熟な感じだがオルタナティブ・ロックに類する。


 20日 投開票の自由民主党総裁選挙は、安倍晋三 内閣官房長官が、事前の予測通り大差で当選し、第21代 党総裁に選ばれました。総裁選は、所属国会議員による直接投票 と 党員からの投票をドント方式で算定する方式で行われています。舞台となった両院議員総会は、NHK総合・SBC・TSBが生中継し、新総裁誕生後 NBS・abnも報道特別番組を開始しました。

 【獲得得票数:安倍晋三 候補 464 麻生太郎 候補 136 谷垣禎一 候補 102】

 旧長州藩領である山口県からは、初代 伊藤博文 以来 8人目の内閣総理大臣誕生となりました。新総裁が決まった後、祝賀ムードに沸く地元からの中継リポートでは「山口県一番の特産品は 総理大臣」との凄いフレーズも飛び出し(笑)まだショートリリーフ 1人の長野県人としては ただ驚くばかりでした(笑)。

 18日に TSB(日テレ)のドラマスペシャル「小泉純一郎を知っているか?」が放送されました。内閣が総辞職しない前に、この手の政治ドラマがオンエアーされるのはレアなケースだと思います。小泉劇場といわれた内閣の内幕を描く再現ドラマの形態でしたが、結局ドラマの筋よりも、やはり配役設定が面白く感じました。

 小泉総理 役が 岩城滉一なのは ともかく、田中眞紀子 元外相に 朝加眞由美。亀井静香 氏は 竜雷太。森喜朗 前首相が 綿引勝彦、さらに安倍晋三 官房長官を 中根徹が演じ、長年テレビドラマを視てきた者にとって、まさにサプライズなキャストでした(笑)。できれば登場しなかった鈴木宗男 氏には 不破万作を・・とは、少々乗り過ぎの発想でしょうか?(笑)。

 今回の総裁選を通じて、私は麻生 外務大臣の演説やインタビューが とても気に入ってしまいました。司会者や質問者に絶妙の反問切り返しをするあたりや、話が乗ってくると語句の選択が これまた絶妙に混線するあたりは(笑)一種の「話芸」を感じました。全国党員の一般投票による党員算定票も、やはり麻生 外務大臣は善戦した様です。

 戦後長く在任した内閣の上位は、1位・佐藤栄作内閣(2789日) 2位・吉田茂内閣(2616日) 3位・中曽根康弘内閣(1806日) 4位・池田隼人内閣(1575日) 5位・岸信介内閣(1241日)となっています。5年5ヵ月に及ぶ長期政権で、この上位へ食い込む事が確実となった劇場と言われた小泉内閣の時代は、静かに終わりを告げました。


(追記) 小泉純一郎内閣の在任期間は 1980日となり、戦後歴代第3位の長さでした。

第193回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  4. 第 4 位 ( △ )
    木村カエラ“TREE CLIMBERS”
    モード学園 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    平原綾香“Voyagers”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ダーウィンが来た! ~ 生きもの新伝説」テーマ曲
    ♪詞とアレンジが番組のコンセプトに合致。


 26日に 衆・参両院本会議で、安倍晋三 自由民主党 総裁が、第90代(58人目)内閣総理大臣に指名されました。衆・参両院本会議における内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 339票(71・2%)参議院 136票(56・6%)でした。

 指名後 直ちに組閣へ着手し、午後4時10分に、塩崎恭久 内閣官房長官が閣僚名簿を発表しました。NHK総合と民放テレビ4局が生中継しています。組閣時は、恒例の「テント村」が首相官邸前に設営されます。しかし、東京は折からの雨でした。NHKは、登坂淳一 アナが全てスタジオから組閣情報を伝えています。

 組閣の際には、新閣僚に対する呼び込みを、マスメディアが取材するために、首相官邸前庭にテントを設営出来ます。これが「テント村」です。今回テント村からの放送は、アナブースがテントの手前まで占めてしまい、カメラなど外置きになるため、雨中の中継を避けたのかも知れません。

 新内閣の顔ぶれを見ると、安倍 首相の友人・側近そして自民党総裁選での功労者で、閣僚のメンバーを固めた陣容です。第1次小泉内閣の塩爺こと塩川正十郎 財務大臣の様に、もう少し重厚な人材を登用しても良かったのでは? と私は感じました。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・塩崎恭久 内閣官房長官、2位・麻生太郎 外務大臣、3位・柳澤伯夫 厚生労働大臣、4位・久間章生 防衛庁長官、5位・尾身幸次 財務大臣 となっています。

 組閣後の新閣僚記者会見では、やはり麻生 新外務大臣の絶妙な「反問」攻勢が際立っていました(笑)。麻生 大臣は、前小泉内閣からのスライドですが、以前から このブログでも書きました通り座談の名手「話芸」に秀でた数少ない政治家のひとりです。

 また新閣僚の中では、菅義偉(すがよしひで)新総務大臣が目を引きました。菅 総務大臣は、横浜市会議員から衆議院議員連続 4回当選しています。履歴を読むと、段ボール工場作業員と書いてありました。大学は、その仕事をしながら、学費を貯め苦学して卒業した様です。

 今まで衆議院、参議院含めて、国会議員の履歴の中で最も印象的だったのは、参議院 大阪選挙区のタレント議員、西川きよし 氏でした。西川きよし 氏の経歴は、たった3語。中卒、工員、漫才師、とだけ書いてありました。あくまでも私見ですが、こういった人物も全国民の代表たる国会議員に必要だと、率直に思いました。

 国会議員の経歴詐称は、公職選挙法違反です。今まで何人もの議員が、経歴詐称の問題を起こしています。それでも着飾る様な経歴を発表する議員が多い中で、菅 総務大臣の経歴には、西川きよし 氏と同じく人生に対するポリシーを感じました。今回の安倍 内閣では、麻生 外務大臣と菅 総務大臣に注目しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2006年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。