FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第192回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( △ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌
    ♪1位 4週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    木村カエラ“TREE CLIMBERS”
    モード学園 テレビCMソング
    ♪ちょっと未成熟な感じだがオルタナティブ・ロックに類する。


 20日 投開票の自由民主党総裁選挙は、安倍晋三 内閣官房長官が、事前の予測通り大差で当選し、第21代 党総裁に選ばれました。総裁選は、所属国会議員による直接投票 と 党員からの投票をドント方式で算定する方式で行われています。舞台となった両院議員総会は、NHK総合・SBC・TSBが生中継し、新総裁誕生後 NBS・abnも報道特別番組を開始しました。

 【獲得得票数:安倍晋三 候補 464 麻生太郎 候補 136 谷垣禎一 候補 102】

 旧長州藩領である山口県からは、初代 伊藤博文 以来 8人目の内閣総理大臣誕生となりました。新総裁が決まった後、祝賀ムードに沸く地元からの中継リポートでは「山口県一番の特産品は 総理大臣」との凄いフレーズも飛び出し(笑)まだショートリリーフ 1人の長野県人としては ただ驚くばかりでした(笑)。

 18日に TSB(日テレ)のドラマスペシャル「小泉純一郎を知っているか?」が放送されました。内閣が総辞職しない前に、この手の政治ドラマがオンエアーされるのはレアなケースだと思います。小泉劇場といわれた内閣の内幕を描く再現ドラマの形態でしたが、結局ドラマの筋よりも、やはり配役設定が面白く感じました。

 小泉総理 役が 岩城滉一なのは ともかく、田中眞紀子 元外相に 朝加眞由美。亀井静香 氏は 竜雷太。森喜朗 前首相が 綿引勝彦、さらに安倍晋三 官房長官を 中根徹が演じ、長年テレビドラマを視てきた者にとって、まさにサプライズなキャストでした(笑)。できれば登場しなかった鈴木宗男 氏には 不破万作を・・とは、少々乗り過ぎの発想でしょうか?(笑)。

 今回の総裁選を通じて、私は麻生 外務大臣の演説やインタビューが とても気に入ってしまいました。司会者や質問者に絶妙の反問切り返しをするあたりや、話が乗ってくると語句の選択が これまた絶妙に混線するあたりは(笑)一種の「話芸」を感じました。全国党員の一般投票による党員算定票も、やはり麻生 外務大臣は善戦した様です。

 戦後長く在任した内閣の上位は、1位・佐藤栄作内閣(2789日) 2位・吉田茂内閣(2616日) 3位・中曽根康弘内閣(1806日) 4位・池田隼人内閣(1575日) 5位・岸信介内閣(1241日)となっています。5年5ヵ月に及ぶ長期政権で、この上位へ食い込む事が確実となった劇場と言われた小泉内閣の時代は、静かに終わりを告げました。


(追記) 小泉純一郎内閣の在任期間は 1980日となり、戦後歴代第3位の長さでした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年09月22日 の週間選曲リスト と『 2006年 自民党総裁選挙 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。