FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第147回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「着信アリ」主題歌
    ♪精密さを感じさせる打ち込みサウンドによるガールズポップ。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「女刑事みずき ~ 京都洛西署物語」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]


 10月31日に 第3次 小泉内閣改造がありました。総選挙の圧勝から、遠慮なく そして容赦なく(笑)郵政民営化を積極推進させていく布陣となっています。NHKを始めテレビ各局は、午後から特設ニュースや 報道特別番組を編成しました。組閣は スムーズに進み、午後 4時09分に、安倍晋三 内閣官房長官が閣僚名簿を発表しています。

 改造された内閣の陣容は、まず竹中平蔵 郵政民営化担当大臣が、そのまま同特命事項担当で「総務大臣」にシフトしました。そして、麻生太郎 外務大臣、谷垣禎一 財務大臣と、党内有力者が相次いで入閣しています。しかし、福田康夫 元官房長官は、入閣しませんでした。やはり内閣官房長官に安倍晋三 氏を任命したのが、ポスト小泉に向けて重要な布陣との印象を受けました。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・安倍晋三 内閣官房長官、2位・谷垣禎一 財務大臣、3位・麻生太郎 外務大臣、4位・与謝野馨 金融財政担当国務大臣、5位・中川昭一 農林水産大臣 となっています。

 「内閣官房」は、本部が 首相官邸に置かれ、総合調整機能を有する 我が国最高レベルの行政機関です。官房長官をチーフとして、内閣官房副長官 3名(政務担当 2名・事務担当 1名)内閣危機管理監(官ではなく監) 1名、内閣広報官 1名、内閣情報官(情報機関である内閣情報調査室を統括) 1名。さらに内閣総理大臣補佐官 と 内閣官房長官補 数名で首相官邸を支えます。

 内閣官房は、1924年(大正13年)に設置されました。明治維新以降は、天皇親政が国政の絶対原則でしたので、内大臣府や 枢密院も 総合調整機能を有していました。そして内閣官房の長は、内閣官房長官でなく 内閣書記官長と呼ばれていました。さらに第2次世界大戦前には、法制局長官、企画院総裁、情報局総裁に、内閣統括の職責が分かれていった事もありました。

 その内閣官房の本部が在する首相官邸は、新しくなりましたが、戦後から続く慣習で従来通り首相官邸前に内閣改造恒例の「テント村」が設営され、そこから組閣情報を放送していました。警備厳重な首相官邸で、唯一例外がテント村の設営でした。しかし、最近では組閣人事が2 ~ 3日前から どんどん漏れてきて、テント村の取材・速報は、あまり意味がなくなっていたのです。

 ところが小泉 首相は、一切事前に人事を漏らしません。入閣内定者が事前にメディアに漏らすと、内定取り消しなるとの噂があるほどです。また首相官邸での取材・リポートが重要になって「テント村」は、拠点として復活した感もあります。NHKの場合「テント村」には、定時ニュースのメーンキャスターを配置するのが通例です。今回は、武田真一 アナが担当しました。

第148回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]
    ♪チョッパーベースの和音に調性を感じさせる。

  2. 第 2 位 ( △ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「着信アリ」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「女刑事みずき ~ 京都洛西署物語」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]


 このブログは、正式なブログサービスへ移転する準備を始めました。ブログ隆盛の昨今、数あるブログサービスから、ライブドア ブログを使用する事に決めました。既にアカウントを取得しています。

 いま使っている無料携帯サイトのブログ機能(後のMSNスペース)は、エクスポートがワークしておらず(笑)結局 100以上の「週間選曲リスト」と「週間放送視聴日記」を、ひとつずつコピーペーストして移記する作業を現在行っています。

 これは事前の予想以上に大変な作業となりました。単にコピーペーストするだけでなく、文章に XHTMLである <p></p>タグも手打ちで植えています(笑)。<p></p>タグの手打ちだけでも 1週分 最低 10ヶ所以上あり、単なるコピーペーストの約 3倍近くの時間は かかってしまいます。

 タグの移記作業は、今のうちに正確にやっておかないと、後々文法準拠にしようとする時に大変苦労します。さらに誤字・脱字のチェックも行っていますので、神経を使う作業が続いています。とにかく 1週ごとの選曲リストや日記を、少しずつ慎重に移転させています。年内に移記作業を終わらせるべく奮闘中です。

 とにかくブログ開始以来貫いている、一切 自らアフィリエイト広告を貼らないという点は、引き続き 方針にしようと まず決めています。無料サイトには、広告がついて回りますが(笑)正規のブログサービス移行後は、速やかに有料サービスへ切り替えて、ブログから出来る限り広告を排除します。

 またブログデザインも、今までの携帯閲覧からPC閲覧をメインとして考えています。とりあえず既存のテンプレートを使いますが、これからCSSを独学で勉強して、オリジナルのテンプレートで、ブログ デザインを表現出来る様に努力していく所存です。

 このブログは、現在Yahoo!モバイルに正式ディレクトリ登録されていますが、来年以降には、PCサイトとして、本家(笑)の Yahoo!JAPANに正式ディレクトリ登録されたいとの希望があります。更新サイクルやデザインが落ち着きましたら、登録申請するつもりです。

 理想のブログとは何か? 調べてみると根本的には、既存のブログ サービスよりもさらに進んだ、サーバを借りてブログ ソフトをインストールした形態なのかも知れません。既存のブログサービスとは違った、独立した運営によるブログです。近未来のブログは、その様な形態が主流になる可能性があります。

 まずは 一歩ずつ進んでいきます。ライブドア さんのサービスを利用して、名実ともに本格的なブログとして運営していきたいと考えています。来月には独自ドメインを取得し、この移記作業が終了次第 いよいよ このブログも正式なブログ サービスへ移転します。


(追記) 2006年 8月 9日に、このブログは、 Yahoo!JAPANにディレクトリ登録されました。

(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。

第149回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「着信アリ」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    加藤ミリア「ジョウネツ」
    ♪UAのカヴァだが独特の繊細感。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”
    ♪1位 4週、登場10週。


 15日に オーストラリアの動物園で世界最高齢のガラパゴスゾウガメが、なんと「175歳」の誕生日を迎えました。このニュースを知り大変驚きました。スゴイの一言に尽きます。

 1830年11月に孵化して、進化論を最初に唱えた学者ダーウィンが 1835年ガラパゴスから連れてきたカメさんだそうです。ささやかなカメマニアの私としては、まさに世界史的なニュースです(笑)。

 日本で 1835年と言えば 天保6年。江戸幕府11代将軍・徳川家斉の頃。福沢諭吉や土方歳三が、このカメさんと同じ年に産まれています(笑)。ガラパゴス ゾウガメの本来の寿命は、さらに長く約 200年と言われ、研究家の間でも まだ識別固体の寿命測定が ほとんど未了だそうです(笑)。

 またガラパゴス ゾウガメは草食です。サボテンや青草をムシャムシャ食べているだけです(笑)。やはり地球上の生命体においては、穏やかな草食の動物こそ長寿の素養があるのでしょうか?

 ガラパゴス ゾウガメは、1日16時間も睡眠し 実勤は8時間程度(笑)。実勤と言っても、食べているか甲羅干しをして、のんびりと過ごしています。人間とは全く逆の生活サイクルで、ストレスがかかる生活とも無縁です。

 それにガラパゴス ゾウガメは、新陳代謝が大変スローペースで、かつ体内に相当量の水分・養分の備蓄が可能なので、一切食物を摂取しなくでも最長1年間生きていく事が可能だそうです。この生命力には驚嘆の一語です。

 日本で一番長生きな亀は、現在のところ上野動物園で飼っている やはりゾウガメの「タロウ」さん。推定年齢は 70歳を超えています。

 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのご存知「かめクン」も、やっと冬眠にはいりました。今年で15回目になります。175歳のガラパゴスゾウガメさんに比べれば、ささやかなブログ的ニュースでしょうか?(笑)。

 かめクン の夏場の睡眠時間を計測した事はありませんが、暗くしていれば合計 10時間程度 目をつぶって寝ている感じです。日光浴している最中も、目をつぶっている時があるくらいです。

 その代わり起きている時は、エサくれガチャをしたり元気一杯です。活動時の機敏さは、のんびりした亀のイメージからは 意外にかけ離れています。日光浴が充分になると、丘から突然水辺に飛び込む その姿は、ダイビングと表現したほうが適切かも知れません(笑)。

 但しガラパゴス ゾウガメも、うちの かめクン も最大の弱点は、やはり ひっくり返ってしまった時です。あの巨体のガラパゴス ゾウガメが ひっくり返ってしまった時は、助力してあげないと非業の回復不能になってしまうケースもあるそうです。

 うちの かめクン の場合、ひっくり返ってしまうと、自分の首をテコの様に使い、体を元に戻そうとします。成功率ほぼ 100%で元に戻りますが、戻った後は必ず暫く動かず体を休めているのです。やはり しんどいのかも知れません。ですから かめクン がひっくり返ってしまった時は、飼い主として必ず元に戻る手伝いをし、過度の疲労をさせない様に心掛けています。

 うちの かめクン は、ここのブログ ペットに認定された(笑)我が家の家族の一員です。175歳のガラパゴス ゾウガメにあやかるべく、これからも穏やかに長生きして欲しいと願っています。

第150回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイト ドラマ「着信アリ」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・土曜ワイド劇場「ハラハラ刑事2 ~ 危険な二人の犯罪捜査」テーマ音楽 [義野裕明]
    ♪単発の2時間サスペンスドラマだが、ビートを乗せたセンスのいいテーマ音楽と粋なタイトルバック。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    加藤ミリア「ジョウネツ」


 私が小学生の頃から、TBSでは平日夕方の再放送をしていました。それを小学校の視聴覚室のテレビで、友達とこっそり視た思い出があります(笑)。

 「水戸黄門」も含めて長年頻繁に再放送できるのは、制作会社C・A・Lが著作権を単独で保有しているからです。

 「大岡越前」(TBS系・1970年 3月 ~ 1999年 3月・全15部 402話 本放送)は、その希有な形態の時代劇のひとつです。

 主役の大岡越前に 加藤剛。榊原伊織:竹脇無我、雪絵:宇津宮雅代、村上源次郎:大坂志郎、すっとびの辰三:高橋元太郎、神山左門:天知茂、徳川吉宗:山口崇、大岡妙:加藤治子。そして大岡忠高役に「御大」片岡千恵蔵が配役されています。

 この第1部レギュラー出演者達がベースとなり、まるでホームドラマの様な雰囲気の五指に入る完成された時代劇を造り上げました。

 しかし、なんと言っても決定的な魅力は、あの「テーマ音楽」です。

 山下毅雄 氏作曲の『大岡越前・テーマ音楽』は、日本人の心情へ奥深く訴えるメロディラインや和声に、ジャズの要素を取り入れた全く独創的な調性であり、歴代テレビ番組テーマ音楽の中で最高水準の作品だと思っています。

 口笛にスキャット。これは同じ山下 氏が制作した「七人の刑事」テーマ音楽に通じるものがありますが、ラストの劇的な転調は傑出した要素です。

 あの劇的な転調は、山下毅雄 氏の独壇場と言うべきもので、ルパン三世 第1シリーズのエピソード「雨の午後はヤバイぜ」のラストに流れたトラックにも、その片鱗が現れています。

 山下毅雄 氏が作・編曲した『大岡越前・テーマ音楽』は、やはり劇伴音楽においての最高傑作だと、私は信じています。

 また主演・竹脇無我による「大岡越前」と同形態なC・A・L制作著作の作品があります。徳川幕府 最初のクーデター未遂事件である慶安の変(由井正雪事件)を描いています。

 その知る人ぞ知る傑作時代劇「江戸を斬る」シリーズ・第1作「梓右近隠密帳」(TBS系・1973年 9月 ~ 1974年 3月 本放送)も、劇伴は山下毅雄 氏が担当しました。

 テーマ音楽は、スキャットと得意の口笛をアクセントにした「大岡越前」の旋律をベースに、さらに洗練された旋律と緻密な和音構成の作品です。当時の江戸市街地図を使ったタイトルバックも極めて優れています。

 私が最も尊敬する音楽家こそ 山下毅雄 氏その人です。私が敬愛してやまない山下毅雄 氏が、21日に ご逝去されました。。75歳でした。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2005年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。