FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第325回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”

  2. 第 2 位 ( △ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    海援隊「早春譜」
    SBC TBS・水曜劇場「夫婦道」主題歌
    ♪変わらない武田節な佳曲。きちんとタイトルバックを制作している。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    宮本笑里“Fantasy for Violin and Orchestra”
    ♪1位 2週、登場 7週。


 ラジオニュースは、いつも最新ニュースが放送されるとは限りません。例えばNHKラジオ深夜便内の定時ニュースは、前日の出来事からピックアップされた内容が多く報道されています。

 特に大きなニュースのない時 その選択は、ニュース編集者の裁量が大きなウェイトを占めるのです。ですからFM長野ニュース(JFNニュース)とNHK-FM(R1同時放送)のラジオニュースでは、 トップ項目の違いが頻繁にあります。

 しかし 突発的な事件・事故ではなく、FM長野ニュースとNHK-FMニュースのトップ項目が一致し、その一致が長く続く時は、数年に一度しか起き得ない重大なニュースが、確実に進行中とのシグナルだと解釈できるのです。

 4月25日 午前からのFM長野ニュースとNHKラジオニュースは、トップ項目が一致し それが連続していきました。まさしく重大ニュース進行中のシグナルだったのです。

 その項目とは「メキシコで豚インフルエンザが人間に感染」。メキシコで僅か1両日の内に低毒性の「豚インフルエンザ」から突然変異した新型インフルエンザが、人間同士の感染を起こし始めた発端時のニュースでした。

 翌日から新型インフルエンザ感染は一気に世界中へ拡大し、WHO(世界保健機構)の新型インフルエンザの警戒レベルは、27日に フェーズ「3」からフェーズ「4」。30日には フェーズ「5」まで引き上げられました。

 最高レベルのフェーズ「6」になれば、全世界で新型インフルエンザの爆発的流行(パンデミック)を意味し、強毒性なら その犠牲者数は世界大戦に匹敵する可能性もあります。

 以前このブログでも 厚生労働省の新型インフルエンザ対策の指針案は「最後の審判の日計画」に匹敵する重大な内容だから、省令ではなく法制すべきではないのかと書いた事がありました。

 通常のインフルエンザ・ワクチン製造を中止して、豚インフルエンザ・ワクチン製造に切り替えるとか、ワクチン接種優先順位の決め方など、やはり「選民」の思想が滲み出ています。

 犠牲者4000万人と言われる1918年の「スペイン風邪」大流行とは異なり、新型インフルエンザを想定し対策に着手していた事と、情報化社会のおかげで迅速な初動だったのが せめてもの救いです。

 全世界が足並みを揃えた対応により、弱毒性のままでの いち早い流行の終息を心から願っています。


(追記) 5月 9日 カナダに短期留学していた、高校生 2人と教諭 1人に国内初の新型インフルエンザ感染を確認。10日に さらに 1人。16日に 海外渡航歴のない兵庫県立 神戸高校の生徒 8人から感染が確認されました。

 この時点で国内警戒レベルを「第1段階(海外発生期)」から「第2段階(国内発生早期)」に引き上げました。

 17日は さらに大阪府 茨木市の私立 関西大倉高校の生徒など計 84人の感染が確認。18日になると世代を超えた広がりを見せ 計 163人。20日には 236人の感染が確認されています。

 なお同日以降は、一般の病院で患者診療を開始。感染者総数の詳細な把握も事実上困難になりましたが、NHKは 独自の取材で発表を続けています。

第326回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・NHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」テーマ音楽 [プロジェクト image]
    ♪加古隆・羽毛田丈史・松谷卓と錚々たるメンバーが制作している重厚なテイストの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    海援隊「早春譜」
    SBC TBS・水曜劇場「夫婦道」主題歌


 ブロガー プロフィールでも紹介しました通り、私は FM・AM問わず全国のラジオ放送を聴いてきました。

 しかし、ただ1局 足を踏み入れた事のない「聖域」があります。それは「放送大学学園 東京エフエム(テレビジョン)放送局」です。連休の とある日 放送大学の授業番組を勝手に(笑)聴講してみました。

 放送大学は、文部科学省認可の正規な大学です。放送大学の長野学習センターは、県庁所在地の長野市でも ここ松本市でもなく 諏訪市にあります。

 これは 放送大学開学当時、CATVを利用した授業実験放送のパイオニアとして、諏訪市が全国から選ばれた経緯もあるからです。

 実は大学進学の時、父親に「大学は自宅から通える国公立大学」と厳命され、渋々希望ではない大学へ入り、途中で学業をぶん投げた暗い過去を持っています(笑)。

 だいたい共通一次試験(大学センター試験の前身)の時、参考書を広げている受験生の中で、ひとり「週刊コンフィデンス」の順位を見ていた輩です(笑)。法学の道に進みたかったのですが、法学部はなく結局心理学へ行かされました。

 私が有している行政書士資格は、平成2年度に独学で合格したものです。約1年ほど勉強しました。法学部を出ていない行政書士試験合格者のため、今でも珍しがられています。

 合格率は 当時10パーセント程度。全国統一の国家試験でしたが、まだ試験センターはなく都道府県が管理していました。私は 茨城県 北茨城市に住んでいて、受験地は自由な選択が出来る事から、水戸市で受験せず距離が近い福島県いわき市で受験しました。

 ですから私の行政書士試験の合格証書は、自治大臣(自治省は中央省庁再編により総務省へ統合)と福島県知事の連署で発行されています。

 行政書士試験合格の難易度は、どう考えても地方国立大学卒業より難しく(笑)私にとって この行政書士試験 合格証書が、唯一の(笑)ステータス シンボルとなっています。

 何事も先へ進む人々から「興味がない」と目を背けるのではなく、学べる事はコツコツと素直に学んでいく姿勢が大切だと思いますし実践もしています。

 そして この姿勢は、生涯学習にも通じると思うのです。他にも 例えば このブログのHTMLやCSSは、やはり独学でプログラミング出来る様になりましたし、統計学や音楽理論も興味から入った独学です。

 私の学生時代から比べると、この国は学歴社会から資格社会へと変化していきました。行政書士試験の難易度も さらに高くなっています。

 行政書士資格は、終身の国家資格です。現在 行政書士は開業していませんが、行政書士資格があるからこそ今の仕事が勤まっている感じさえあります。独学で合格した この行政書士資格が、私の人生を支えているのです。

第327回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( △ )
    海援隊「早春譜」
    SBC TBS・水曜劇場「夫婦道」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Hey Monday“Homecoming”
    ♪Pat Benatar“Heartbreaker”に旋律が極めて類似しているがガールズポップの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”
    ♪1位 2週、登場 7週。


 11日に 民主党の小沢一郎 代表が混乱の責任を取り辞意を表明。民主党が圧倒的有利と言われた次期衆院選は 混迷の様相を呈してきました。

 前回の総選挙は、2005年 9月11日の「郵政民営化解散」。あれから4年。衆議院の任期満了日は 今年 9月10日ですので、総選挙は遅くても真夏 8月。しかも 7月には 東京都議会議員選挙があります。

 ダブル選挙を避ければ麻生 首相にとって、解散の選択肢は もう殆どありません。


(追記) 16日 行われた両院議員総会の投票で、鳩山由紀夫 幹事長が民主党代表に選出されました。

【獲得得票数:鳩山由紀夫 候補 124 岡田克也 候補 95】


 このブログでも 4 ~ 5年前 頻繁に話題にしていた、ビデオテープ コレクションの整理。松本市へ引っ越した際さらに処分し約200本となりました。

 しかし、この1年に1本もアナログ ビデオテープの録画を視る事がありませんでした。そういったものなんだと思っています(笑)。

 そして この間にビデオテープに保存していた 4作品のテレビドラマや時代劇を、CSなどで改めてデジタル録画し重複のテープも増えてきています。

 さらに やはり200本ほどあるオーディオ カセットテープからのラジオ録音デジタル化は、全く手付かずの状態です。いっそ業者に頼んで、一気にデジタル化してしまおうとも考えているほどです。

 アナログテープの保存は 収納スペースを必要とします。アナログのデジタル化は、音質・画質の問題というより、この収納スペースの問題がポイントになってきました。


(追記) 2010年12月に、総てのアナログ録画テープのデジタル化が完了しました。

第328回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    Hey Monday“Homecoming”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    海援隊「早春譜」
    SBC TBS・水曜劇場「夫婦道」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    鍵山由佳“Love player”
    TSB YTV・新 木曜ナイトドラマ“Love Game”主題歌
    ♪パンク強含みなブリティッシュロックのテイスト。


 21日から「裁判員制度」が導入され、戦後最大の司法改革はスタートしました。

 裁判員に選ばれるかどうかを決めるのは、まず「くじ」に依ります。衆議院議員の選挙権を有する者、つまり選挙人名簿登録者から市町村の選挙管理委員会が、裁判員「候補者の予定者」を毎年1回「くじ」で選びます。

 具体的には最高裁判所が開発した「抽選」ソフト(笑)が 選管に提供されるそうです。それを使って一発抽選をする市もあります。また人口の少ない町村では、ガラガラ(笑)で選挙人名簿のページ数や間隔値を抽選します。

 ここで「仮当選」した有権者全員のリストが、裁判員「候補者の予定者」として選管から管轄地方裁判所へ送られます。この過程では 自分がリストに入っているのかが解りません。

 次に裁判員「候補者の予定者」リストから、同様の抽選を地裁は さらに行い「裁判員候補者」が決定。正式当選(笑)の皆さん全員には、最高裁から「裁判員候補者名簿記載通知書」が送付されます。ここまでが 年1回の手続です。

 そして対象刑事事件が発生し起訴されれば さらに抽選。確定した「裁判員候補者」に、いよいよ その管轄地方裁判所から呼出し状と質問票が送られてくるのです。

 そこで認められた辞退理由があるなど不適格者を除き、呼び出された公判初日 午前中に 4回目になる最終抽選で「裁判員」「補充裁判員」が選任される仕組みです。

 今まで一般国民から選ばれて司法へ参与出来る制度に「検察審査会制度」がありました。強い検察の公訴権に民意を反映させる機関で、今度の裁判員制度導入から、さらに その職権が強化されています。

 やはり同様の抽選で検察審査員を選びますが、私の友人・知人の中で、この検察審査員に選ばれた方は皆無です。

 あまた有るブロガーの中では、この検察審査員経験者を おひとりだけ「発見」(笑)しました。選出される確率は、約1万4000分の1という狭き門です。

 しかし「裁判員候補者」になる確率は 約 352分の1。平均寿命のスパンで試算すると約 67分の1となります。

 私本人を含めて友人・知人にも最高裁から通知書が送られてくる方は、当然現れるし増えていくはずです。

 この裁判員制度に関しては、まだ世論が分かれています。中にはアレルギー的な拒絶反応を起こす方も存在します。ですが私は、この新制度に賛意を示したいと思います。

 近年の凶悪犯罪の増加と検挙率の低下には、一般国民の司法への無関心が背景にあるとも考えられます。

 この裁判員制度を通して、全国から毎年約 352分の1の確率で「裁判員候補者」そして「裁判員」が選ばれていけば、司法参加の種が全国に蒔かれ、徐々に司法への無関心は、この国から消えていく可能性もあります。

 自由放任の米国で、どうにか司法が保たれているのは、やはり大陪審制度が根底にあるからです。

 長野地方裁判所松本支部は、全国でも まだ数少ない裁判員裁判を行う地裁支部です。私も何処で居住していようと辞退事由がない限り、例え極刑が予想される刑事裁判でも「裁判員」に選任されれば、きちんと受けたいと思っています。


(追記) 初めての「裁判員裁判」が、8月 3日から東京地裁で行われました。

 NHK総合では、重大刑事裁判の判決速報並のウエイトで裁判所前にテントを設置。「同時進行 裁判員裁判」として、野村正育 アナが初めての裁判員裁判の様子を 4日間通しで伝えました。

 報道によると 今回の裁判員裁判において、裁判員からの被告人質問や被害者親族への質問は、驚くほど鋭いものがあり、市民感覚というより非常に冷静な洞察を感じました。私は、日本初の裁判員 6名の方に 心からの敬意を表したいと思います。

第329回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Hey Monday“Homecoming”
    ♪通算100曲目の1位楽曲。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「夫婦旅日記さらば浪人」劇中効果音楽 [いずみたく]
    ♪エンディングの劇伴は 挿入歌旋律のリフレインだが、全く和声と調性を崩さず音を重ねていく見事な効果。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    五輪真弓「うたかた」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「将軍の隠密!影十八」主題歌
    ♪ストリングスを効かせた船山基紀の優れた編曲。


 豚インフルエンザの変異から始まった新型インフルエンザの流行も 厚生労働省の発表では、新たな発症者数が 20日をピークに減少傾向へ転じてきたそうです。

 それにしても季節性インフルエンザなら殆ど終息する初夏の季節に流行するのですから、弱毒性と言っても強い感染力です。近所のドラッグストアでも使い切りマスクが大量入荷しては、あっと言う間に品切れとなります。

 このブログでもおなじみ、足掛け19年飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」は、人間界の新型インフルエンザも なんのその元気な日々を送っています。

 その元気な かめクン にも、かつては皮膚病の発症が続いた年もありました。その際に勧められた「消毒用エタノールスプレー」で、飼育ケースの定期的な消毒を実践したところピタリと発症しなくなったのです。

 この「消毒用エタノールスプレー」は、もちろん人間にも有効です。鞄に常備して手洗いのできない時など軽くシューすると、各種ウィルスへの殺菌効果が抜群です。そこで我が家には、補充用の「消毒用エタノール」をボトルで常備してあります。

 ところが この「消毒用エタノール」も効果に気付いている人達の購入で品薄状態となってきているのです。

 私見ですが、マスクが完璧に新型インフルエンザの感染をブロックできるとは とても言い切れません。逆に感染した人が飛沫を防止するために着用するものだと思っています。

 有効な予防法は、まず頻繁な手洗い 。さらに外出帰宅時のうがいと、その後 風呂へ入り頭髪などに付着したウィルスを洗い流す事です。

 手摺りなどを触った直後、すぐ手洗いが出来ない時、この「消毒用エタノールスプレー」は手軽で効果のある対策となります。

 注意点は 火気厳禁。燃え出しても炎が透明で見えません(笑)。最近ハンドジェルも普及してきましたが、やはり主成分は 消毒用のアルコールです。

 新型インフルエンザは 秋以降の推移が一番の心配で、1918年のスペイン風邪の様に強毒性へ変異したら事態は深刻です。

 我が家では、一応当面のマスクと消毒用エタノールは確保しました。この真夏に品切れ傾向がなくなれば、さらに備蓄して秋冬の再流行に備えようと考えています。


(追記) 新型インフルエンザの国内感染者数は、NHK調べで 30日に 377人、6月3日 393人、7日 432人、12日 現在 566人と推移しています。

 遂に 12日 午前1時過ぎ、WHOは「世界は 21世紀では初めて 新型インフルエンザの世界的な大流行に入ろうとしている」と判断。警戒レベルを最も高い「フェーズ6」に引き上げると宣言しました。フェーズ6は「パンデミック」を意味します。

 その後 新型インフルエンザの国内感染者(患者)数は、7月 1日 1336人、7月15日 3124人、7月23日 現在 4988人と推移。真夏になっても感染の勢いは全く衰えず、全国で大流行の様相を呈しています。なお厚生労働省の患者全数把握は、7月23日で中止となりました。

 2010年 8月10日に WHOは、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)が終息したと宣言しました。 これにより警戒レベルは、最も高い「フェーズ6」から「最盛期後(ポストパンデミック)」に移行しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2009年5月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。