FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第326回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・NHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」テーマ音楽 [プロジェクト image]
    ♪加古隆・羽毛田丈史・松谷卓と錚々たるメンバーが制作している重厚なテイストの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    海援隊「早春譜」
    SBC TBS・水曜劇場「夫婦道」主題歌


 ブロガー プロフィールでも紹介しました通り、私は、FM・AM問わず全国のラジオ放送を聴いてきました。しかし、ただ 1局 足を踏み入れた事のない「聖域」があります。それは「放送大学学園 東京エフエム(テレビジョン)放送局」です。連休の とある日、ちょっと興味が生じて、加入しているCATVを通じて、放送大学の授業番組を 勝手に(笑)聴講してみました。

 放送大学は、文部科学省認可の正規な大学です。放送大学の長野学習センターは、県庁所在地の長野市でも ここ松本市でもなく 諏訪市にあります。これは 放送大学開学当時、CATVを利用した授業実験放送のパイオニアとして、諏訪市が全国から選ばれた経緯もあるからです。長野県の学習センターの所在地が、県庁所在地にない 珍しいケースです。

 実は 大学進学の時、父親に「大学は自宅から通える国公立大学」と厳命され、渋々希望ではない大学へ入り、途中で学業をぶん投げた暗い過去を持っています(笑)。だいたい共通一次試験(大学センター試験の前身)の時、参考書を広げている受験生の中で、ひとり「週刊コンフィデンス」の順位を見ていた輩です(笑)。希望の法学部はなく、結局 心理学へ行かされました。

 私が有している行政書士資格は、平成 2年度に 独学で合格したものです。約 1年ほど勉強しました。法学部を出ていない行政書士試験合格者のため、今でも珍しがられています。合格率は、当時 10パーセント程度。私は 茨城県 北茨城市に住んでいて、受験地は 自由な選択が出来る事から、水戸市で受験せず 距離が近い福島県いわき市で受験しました。

 ですから、私の行政書士試験の合格証書は、自治大臣(自治省は 2001年の中央省庁再編により総務省へ統合)と 福島県知事の連署で発行されています。国家試験である 行政書士試験合格の難易度は、どう考えても地方国立大学卒業よりは 高く(笑)私にとって この行政書士試験 合格証書が、唯一の(笑)ステータス シンボルとなっています。

 何事も先へ進む人々から「興味がない」と目を背けるのではなく、学べる事は コツコツと素直に学んでいく姿勢が大切だと思いますし、実践もしています。そして この姿勢は、生涯学習にも通じると思うのです。他にも 例えば このブログのHTMLや CSSは、やはり独学でプログラミング出来る様になりましたし、統計学や 音楽理論も 興味から入った独学です。

 私の学生時代を起点に比べると、この国は、学歴社会から 資格社会へと変化していきました。行政書士試験の難易度も さらに高くなっています。行政書士資格は、終身の国家資格です。現在 行政書士は 開業していませんが、行政書士資格があるからこそ 今の仕事が勤まっている感じさえあります。独学で合格した この行政書士資格が、私の人生を支えているのです。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。