FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第513回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK総合・時代劇「薄桜記」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Beautiful World”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    美輪明宏「ヨイトマケの唄」
    ♪他を圧倒する追従を許さない歌唱。第63回 NHK紅白歌合戦による視聴。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    BSフジ・時代劇「鬼平犯科帳‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]


 明けまして おめでとう ございます。2013年(平成25年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。

 12月28日 発表の FM長野“COUNTDOWN JP”年間第1位は、福山雅治「生きてる生きてく」 (推定得点:92) 。「コスモ ポップス ベスト10」年間第1位は、ONE DIRECTION“What Makes You Beautiful” (推定得点:105) が それぞれ獲得しました。

 30日の「第54回 日本レコード大賞」は、AKB48が「真夏のSounds good!」で連覇。この大賞発表の際に服部克久 制定委員長から発せられた「これが歌謡界の現状」発言には意味深なものを感じました。視聴率は 16・6%(関東地区)と昨年より上昇しています。

 大晦日 放送「第63回 NHK紅白歌合戦」(前半 33・2% 後半 42・5%)は、また(笑)白組が優勝しました。

 【最終審査結果:紅組 31万8625 白組 35万1942】

 我が家ではルーターを新しくして、CATVチューナーとネットを常時接続し、今回はデジタル放送 視聴者審査員として登録。そのデジタル放送審査員の票数は 紅組 25万9717(51%)白組 24万7463(49%)と紅組優勢でした。

 しかし、その他のワンセグ・携帯・スマートフォン・アプリ・会場審査員の合計値は 紅組 5万8908(36%)白組 10万4479(64%)と白が圧倒しており、結局デジタル放送審査員の票差を抜いてしまう結果になりました。

 私は、もちろん(笑)12月18日のPR番組で行われた予行投票(紅組 1万0180 白組 2万1479)当日の中間審査(紅組 21万2317 白組 22万4119)そして最終審査、全て紅組へ投票しています(笑)。

 やはりデジタル放送審査員の結果は視聴「世帯」の気持ちを反映し、モバイル端末は組織票的動きも垣間見える、投票行動の分離傾向が明確になっている様に思えました。

 そしてNHKホールのバズーカ クラッカーから三重県 伊勢神宮への11時45分ジャストの「映像落差」は、若干スイッチングの乱れがありましたが見事でした。伊勢神宮は今年 式年遷宮の年にあたります。

 正月2・3日の「第89回 箱根駅伝」(往路 29・1% 復路 27・9%)は、日本体育大総合・往路優勝。日体大の総合優勝は なんと30年ぶりとなります。復路は駒澤大が優勝しました。

 往路5区の山登りは暴風に近い強風のため、中央大・城西大の選手がゴール手前で無念の途中棄権をしています。ところが日テレの中継では、上位成績に注目し過ぎたのか ほとんどリポートがなく、放送終了直前に やっと情報を滑り込ませていました。

 NHKラジオ第1放送の中継は、日テレから提供される映像と実況なしの音声に基づきスタジオで行っています。実況の工藤三郎 アナは、芦ノ湖ゴールで鳴るレース終了の花火と、まだゴールしない中央大の選手の様子から、中央大 途中棄権を推測で判断していました。

 強風による低体温症と脱水症状でのリタイアとは、まるで冬山登山のアクシデントにも似ており、大変厳しい箱根山登り5区を演出してしまいました。

 ここ松本市は元旦に青空が広がりましたが、2日夜から3日朝にかけて雪も降り やはり風の強い三が日でした。

 さて年頭日記恒例の経済「星取表」。昨年大納会の日経平均株価終値は、1万0395円18銭と、1年間で1953円63銭「上昇」しました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ ● ● ○ 』(2012年 大納会)】

 星取表にも3年ぶりの白星がつきました。ここ数年は黒星が混んでいましたが、景気の回復が この星取表にも見られてくれば良いと願っています。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)や参院選がある 2013年。今年は果たして どの様な1年になるのでしょうか?

 ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。

第514回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK総合・時代劇「薄桜記」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    BSフジ・時代劇「鬼平犯科帳‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]
    ♪主旋律に類似性があるのは気になるが聴き込むと味が出る佳曲。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]
    ♪さらにタイトルバックで使用された新アレンジの劇伴がリスト対象。


 年末・年始のブログは特別になるため、日数が経過した事をお許しください。昨年12月16日の総選挙の結果を受けて 26日に特別国会が召集され、安倍晋三 自由民主党総裁が、第96代(63人目)の内閣総理大臣に選出されました。

 内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 328票(68・6%)参議院 107票(45・7%)決選投票 107票(45・7% 1位)でした。

 指名の後 直ちに組閣に移り、午後4時51分に、菅義偉(すが よしひで)内閣官房長官が閣僚名簿を発表しています。

 まず注目したのは「第2次 安倍内閣」という名称です。一度首相となった人が再び首相として組閣した場合、改造でない「第2次 内閣」になるのだそうです。

 調べてみると明治時代では、第2次 伊藤博文 内閣(1892年 ~ 1896年)第2次 松方正義 内閣(1896年 ~ 1898年)など改造でない第2次 内閣が多く存在します。

 元勲達は果敢に文字通りの再チャレンジを重ねてきました。戦後は第2次 吉田茂内閣(1948年 ~ 1949年)以来となります。

 内閣の布陣をみると とにかく目玉は、麻生太郎 元首相の副総理大臣兼任となる財務・金融担当大臣 就任です。

 遠くは高橋是清 元首相の大蔵大臣就任。直近になると 2001年の第2次 森改造内閣で、宮澤喜一 元首相と橋本龍太郎 元首相ふたりが入閣しましたが、それ以来の総理大臣経験者の入閣になります。また谷垣貞一 前総裁も入閣しました。

 私が注目したのは岸田文雄 外務大臣です。所属派閥は岸田派。まだ聞きなれない派閥ですが、前述の宮澤喜一 元首相が率いた宏池会が母体だそうで、今回その岸田派から 4人が入閣しています。

 それとは逆に無派閥大臣も5人おり、安倍 首相自身が無派閥です。また福島県第2区選出の根本匠 衆院議員が任命された「復興大臣」は、今までの内閣府特命担当大臣でなく、東日本大震災による復興庁設置法に基づく独立した国務大臣となりました。

 また内閣府特命担当が、第2次 安倍内閣に多いのも気になるところです。あの論客・山本一太 参院議員が入閣した担務は沖縄・北方担当大臣、その昔の北海道沖縄開発庁長官が復活したかのようです(笑)。

 さらに無派閥の古屋圭司 国家公安委員長には、拉致問題の他に国土強靭化という聞き慣れない特命担当もついています。国土強靭化とは、なにか防衛大臣と国土交通大臣で重複している感じもします(笑)。

 他にも今までと異なる沢山の担務がついており、以前このブログで日本一の図書委員(笑)と取り上げた国立国会図書館 連絡調整委員会委員という不可思議な担務は、中日新聞では文部科学大臣の枠から記載が消えてしまいましたが(笑)公式には ちゃんと残っています。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・谷垣禎一 法務大臣、4位・甘利明 経済再生担当国務大臣、5位・石原伸晃 環境大臣 となっています。

 総選挙の自民党大勝以降 期待感から日経平均株価は上昇し、安倍首相もやたら安全運転を心掛けており、特段のスキャンダルもなく発足3週目に入っています。

 副大臣・政務官・自民党人事では相当苦心の人選を行っており、来る7月の参院選でも勝ち衆参の捻れを解消しようとの目算の様です。

 参院選は3年に1回必ず行われます。政権側は衆院の様に解散で選挙のタイミングを取ることは出来ず、過去の結果を見ても概して与党に厳しい結果が出ています。

 一度失敗を経験した安倍首相の再チャレンジ内閣。その先行きの懸念も把握の上、期待感を上手く演出した安全運転で まずは始動しています。

第515回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK総合・時代劇「薄桜記」主題歌
    ♪1位 3週、登場17週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    BSフジ・時代劇「鬼平犯科帳‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪1位 3週、登場20週。


 このブログが、満10周年を迎えました。

 満5周年の時に お約束した、第500回記念 全期間ランキングは、昨年 9月28日に発表する事ができました。そのためブログ満10周年の節目は静かに迎えた次第です。

 振り返ると 2003年 1月 3日の第1回ランキングは、無料携帯日記サイトを通じて全くお試しの様に(笑)発表し始めました。

 そして 2005年暮れには ライブドア ブログへ移転。2010年 4月には さくらインターネットさんのサーバで、WORDPRESSを使い運営を開始。個人ブログとしては極めて独立性の高いスタイルにまでなりました。

 その原動力となったのが、ブログ開始以来 自ら広告を一切載せないポリシーです。さくらインターネットさんへ移転以降は、現在PC・モバイル共に全ページ一切広告がない状態を維持しており、個人ブログとしては大変ユニークな形態を保っています。

 デザインもHTML5・CSS共に、総てブロガーの手作りで制作。かつて この週間放送視聴日記でも紹介したことがあるABC朝日放送「探偵!ナイトスクープ」のパラダイス(笑)の様な独創に満ちたブログを、最初から理想として求めてきました。

 毎週必ずお読みくださる ご愛読者も年々増えてきており、心から感謝申し上げます。

 また週間選曲リストで取り上げた楽曲の制作関係者の皆さんから、メッセージを頂く機会も多くなっており、最近では1位(2012年 年間5位)を記録した城南海(きずきみなみ)さんのスタッフ オフィシャル さんから、1位の際にtwitterを通じてメッセージを頂きました。本当に ありがとう ございました。

 さらに週間放送視聴日記でも週ごとの反響が多くなっており、例えば先月 徒然なるままの雑感として書きました「マンションに簡易神棚」は、書いた本人が びっくりするほどのページビューを記録し、共感のメッセージを頂きました。

 このブログは「週間選曲リスト」と、ラジオ・テレビ番組のレビューやデータ、さらに季節感や文章の定型性を大切にした折節の身辺雑記やブログ・ブロガーからの運営情報を織り交ぜた「週間放送視聴日記」を一体として毎週ブログを構成しています。

 初めての方へ ご案内にも書いてあります通り「週間放送視聴日記」では音楽の話題だけに限定せず、政治・経済・国際・社会・スポーツなどニュース報道のレビューを積極的に取り上げています。

 それは個人選曲のリストの価値が、音楽の知識やセンスだけでなく、音楽以外の あらゆる事象に関する選曲者の思考過程を公開した日記によって裏付けされると思うからです。これからも週間選曲リストと週間放送視聴日記一体となったブログを、よろしくお願い致します。

 ブログも10年休まず続けますと、毎週のアップの作業も そのリズムが体に染み付いてしまい、アップ自体だんたんと苦にならなくなってきました(笑)。

 しかし、この10年間には東日本大震災当日の更新もあった様に、ブロガーの健康や生活状態さらに天変による不測の事態など、ブログの継続に全く不安がないわけではありません。

 一度に10年が経った訳ではなく、1週1週の積み重ねで10年が経ち、その1週には 7日間の積み重ねがあります。これからも 1週 7日間の積み重ねを大切にして、パラダイスの様な(笑)このブログを続けていきたいと思っています。

第516回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    スターダスト・レビュー“Crying”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ6 ~ 警視庁安積班」オープニング テーマ音楽 [遠藤浩二]
    ♪タイトルバックに流れる僅か25秒間の劇伴は抜群の和声感。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲
    ♪透明感に満ちたヴォーカルとシンフォニーが相乗した幻想的な佳曲。


 前作の「平清盛」が大河ドラマ史上過去最低の平均視聴率をマークしてしまったためか、年末に物凄い量の事前PR番組を、総合テレビで放送し続けました。その効果もあってか第1回からの視聴率は 21・4%(関東地区)。その後 第2回 18・8%、第3回 18・1% と推移しています。

 私は東日本大震災以降、広範な視聴者層のテレビドラマの嗜好が、根底の部分変化を起こしている感じていました。「平清盛」は その企画段階が震災前で、映像処理の手法や脚本の歴史感に意固地な固定観念があり、その嗜好変化へ対応仕切れなかったと思っています。

 今年の大河ドラマ「八重の桜」は、被災地・福島が舞台です。

 1980年の大河ドラマ「獅子の時代」では、菅原文太が演じる主役・平沼銑次が、会津藩の藩士として会津戦争以降の悲壮な闘争史を演じ、同時に永島敏行が演じる やはり会津藩士だった銑次の弟・平沼鉱造が、西南戦争を境に近代の帝国軍人として出世していく姿を描きました。

 福島が舞台の大河ドラマは、この「獅子の時代」以来です。「八重の桜」の映像を視ると3年前の「龍馬伝」と同様、質感に広がりを持たせる技術を踏襲していますが「平清盛」の様に色彩に突出した感じはありません。

 今回の主役に抜擢された 綾瀬はるか は、事前PR番組で連日放映されていた射撃手の姿が驚くほど堂に入っていました。問題はオダギリジョー演ずる新島襄が登場して以降の展開で、そこに震災復興のテーマが上手くオーバーラップできるのかが焦点です。

 テーマ音楽は 坂本龍一が担当。さらに劇伴音楽は 中島ノブユキが担当しています。テーマ音楽は、今週 週間選曲リストに入っていますが、昨年と異なり順位の伸びが ゆるやかです。リストイン週の選曲理由に書きましたが、とにかく類似性のある旋律が気になり、あまり新鮮味は感じられませんでした。

 昨年 年間1位の「平清盛」テーマ音楽のほうが、極めて高い音楽性を有していると思います。但し坂本龍一は、1年間流れるテーマ音楽の耐用度に着目して制作した様で、これから聴き込んでいくと感受が変わる可能性があります。

 なお中島ノブユキの劇伴音楽のほうには良いトラックがあり、週間選曲リストに別途リストインしてくるかも知れません。

 「平清盛」の視聴率がヒト桁になってしまった事は、取りも直さず今まで大河ドラマを見続けていた、コアの視聴者層が離れてしまった現実を示しています。

 NHKも反省したのか「八重の桜」は、震災以降変化した視聴者の嗜好にマッチさせようと懸命の努力をしており、初回から一旦離れた視聴者層が戻ってきています。福島復興の一助に成り得るのか「八重の桜」の今後の展開に期待しています。

 2013年 NHK大河ドラマ「八重の桜」20日 放送・第3回「蹴散らして前へ」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 綾瀬はるか → △ 西島秀俊 → 長谷川博己 → 風吹ジュン → 松重豊 → 玉山鉄二 → 貫地谷しほり → 市川実日子 → 綾野剛 / 小泉孝太郎 → 山本圭 → 柳沢慎吾 → 六平直政 → 津嘉山正種 → △ 風間杜夫 / △ 稲森いずみ → ○ 奥田瑛二 → ◎ 西田敏行 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2013年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。