FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第360回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  2. 第 2 位 ( △ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪エスニックなヴォーカルと量感ある交響楽が繊細に織り込まれた秀逸曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Rihanna“Russian Roulette”


 スペシャルドラマ「坂の上の雲」は 愛媛県が舞台。朝ドラ「ウェルかめ」が 徳島県。そして大河ドラマ「龍馬伝」は 高知県。四国で 香川県だけ抜けていますが、坂の上の雲と龍馬伝には、このふたつのドラマを繋ぐ「香川照之」が出演しています(笑)。

 ご本人には好まれない紹介かも知れませんが東京大学文学部卒業。離婚後 親権者として育てた母親は名女優・浜木綿子。そして父親は名歌舞伎俳優・市川猿之助。「坂の上の雲」正岡子規から「龍馬伝」岩崎弥太郎へ年を跨いで日曜夜8時に展開したリレーキャストは、ドラマ全体をも凌駕する圧倒的存在感でした。

 私は歴史上の人物の中で、坂本龍馬が あまり好きになれません(笑)。

 その理由を、香川照之演ずる岩崎弥太郎がドラマ冒頭で断言したのには驚きました。「あんな脳天気で自分勝手で人垂らしでオナゴに好かれて、あげな腹の立つ男は どこにもおらんじゃけん!」(笑)。まさしく その通りだと思います(笑)。

 しかし、この腹の立つ男には、日本の進むべき未来を誰よりも早く指し示した史実があります。明治維新の功績たるや どの元勲にも劣りません。

 「龍馬伝」の映像処理には従来の大河ドラマと異なり、立体感や色彩に広がりを持たせる技術が視られ独特のスケールを表現しています。

 30分延長した第1回放送の視聴率は 23・2%(関東地区)。そのサブタイトル「上士 と 下士」に4年前の大河ドラマ「功名が辻」第47回「種崎浜の悲劇」のジェノサイドと連続性を感じさせました。そのジェノサイドを指揮した望月小平太 役が 香川照之だったのです。

 音楽は佐藤直紀が担当。テーマ音楽は秀逸で、ネオ・クラシカルの歌姫と称されるLisa Gerrardのヴォーカルに特徴があります。

 私は初聴の時、米国CBSテレビのバラエティー番組で日本版も制作された事がある「サバイバー(SURVIVOR)」のテーマ音楽“Ancient Voice”(BLOG プレリュード 2002年からの選曲 3位)を想起しました。

 アフリカ系の民俗音楽の旋律を模しており、そこに量感溢れるオーケストレーションと絶妙に連結する転調があります。

 個人的には近藤長次郎役の大泉洋に大変注目していますが(笑)同じく個人的には あまり好きになれない(笑)日本の歴史上傑出した大人物・坂本龍馬を時代劇初挑戦の福山雅治が どう演じるか? 「龍馬伝」の今後の展開に期待しています。

 2010年 NHK大河ドラマ「龍馬伝」3日 放送・第1回「上士と下士」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 福山雅治 → ○ 香川照之 → △ 大森南朋 → 広末涼子 → △ 寺島しのぶ / △ 杉本哲太 →→ 奥貫薫 →→ 宮迫博之 → △ 草刈民代 / ○ 蟹江敬三 → △ 松原智恵子 → △ 倍賞美津子 → ◎ 児玉清 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年01月08日 の週間選曲リストと『 龍馬伝 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。