FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第359回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャル ドラマ「坂の上の雲」メインテーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( △ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn HTB・スペシャルドラマ「ミエルヒ」劇中効果音楽 [本間昭光]
    ♪地域発信のドラマにフィットした穏やかな劇伴音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Rihanna“Russian Roulette”


 明けまして おめでとう ございます。2010年(平成22年)の元旦を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。12月21日の ABC(テレ朝)「M-1グランプリ 2009」は、最終審査 7-0-0(島田紳助・松本人志・上沼恵美子・東国原英夫・渡辺正行・オール巨人・中田カウスが支持)で、パンクブーブーが優勝。視聴率は、関東 20・6%、関西 30・3%と昨年より下回りました。

 29日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、B’z「イチブトゼンブ」 (推定得点:207)。 「コスモ ポップスベスト10」年間第1位は、Utada“Come Back To Me” (推定得点:118) が それぞれ獲得しました。ポップスベスト10において、日本人歌手が年間1位になったのは、番組史上初となります。

 30日の「第51回 日本レコード大賞」は、EXILE“Someday”が受賞。EXILEは2連覇になります。やはり下馬評通りの結果でした。ところが大晦日 午後に放送したETV 50周年記念 リクエスト ベスト50の第1位は「たんけん ぼくのまち」(笑)。個人的には、レコード大賞の結果よりも、遥かに衝撃を受けました(笑)。

 同じく大晦日 放送の「第60回 NHK紅白歌合戦」は、全く衝撃なく(笑)予想通り白組が優勝。私は 2回の予行練習・本番の中間投票そして最終投票、全て紅組へ投票しましたが、4回の投票全てにおいて白組が圧勝(笑)。空気の読めない視聴者審査員に依存する紅白勝敗審査システムは、もはや破綻している可能性があります(笑)。再考が必要なのかも知れません。

 【最終審査結果:紅組 21万3047 白組 34万8708】

 バック演奏の三原綱木とザ・ニューブリードは、2年連続NHKホールでなく放送センター506スタジオから遠隔演奏。但し正装でした。前回のラフな私服は抗議の意味なのでしょうか? 私は、NHKホールで演奏すべきだったと思います。11時45分ジャストの「ギャップ」は、会場のバズーカクラッカーから、山形県 寒河江市の慈恩寺へ、例年通り見事な映像落差でした。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ 』(2009年 大納会)】

 昨年大納会の日経平均株価終値は、1万0546円44銭と、1年間で 1686円88銭「上昇」しました。年頭日記恒例の経済「星取表」は、3連勝 2連敗の後 1勝となっています。内外需に景気回復の兆候が出てきていますが、先進国の景気はまだ底を打っておらず、まだ各経済指標も良化が鮮明になったとは言い切れない状態で、先行指標の株価が上昇しました。

 ここ長野県松本市は、午前中は曇っており厳しい寒さでしたが、午後からは晴れ間も出で 穏やかな元旦を迎えています。ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


(追記) 「第51回 日本レコード大賞」の視聴率(関東地区)は、13.5%「第60回 NHK紅白歌合戦」の視聴率は、前半 37・1% 後半 40・8%でした。

 正月 2・3日の「第86回 箱根駅伝」は、東洋大が総合・往路優勝。復路は 駒澤大が優勝。視聴率は、往路 27・2% 復路 27・9%をマークしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2010年01月01日 の週間選曲リスト と『 2010 年頭日記 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。