FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第638回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    MAYUKO“Addio a dio”
    NBS フジ・木曜劇場「医師たちの恋愛事情」挿入歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「まれ」劇中効果音楽 [澤野弘之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「ランチのアッコちゃん」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [挾間美帆]
    ♪シンプルな旋律だが和声と調性が整っている劇伴。


 このブログは放送・音楽に関するブログで、株式・外国為替・商品市況に関するブログではありません(笑)。ですが後者のブログだと思って、ご訪問なさる方が絶えません(笑)。

 それは株価・外為・商品の値動きグラフが「チャート」と称しているからで私のラジオネームの「チャート」という部分に、Googleさんを始めとする検索エンジンが過敏に反応するからです(笑)。

 週間放送視聴日記ではラジオ日経(ラジオたんぱ)の話を書いた事がありますし、2008年に起きた金融危機の時も株式市況放送について書きました。Googleさんも あながち関連性が全くないとは分析しなかったのでしょう(笑)。

 このブログでは、毎年の年頭日記に「日本経済星取表」を発表しています。年末 大納会終値の日経平均株価が 1年前と比較して、高ければ白星安ければ黒星という、大相撲の星取表を模した仕組みで発表しています。

 この様な前回比の高安を直近 12期間で集計して、百分率で表した株式・外為・商品チャートを「サイコロジカル ライン」と称しています。12勝 0敗なら 100%、6勝 6敗なら 50%になります。

 きっと株式・外為そして金相場など儲けた損したと丁半博打の様なので(笑)サイコロ(賽子)を振った結果を模した線という事かと思いきや、市場に参加する大衆心理をリズム化した線“Psychological Line”という意味なのだそうです。

 今や世界の経済市場は24時間動いていますが、そこに 1期間 1回(終値)の計測ポイントを設定し、直近 12回の値上がり勝率が、市場参加している大衆投資家の心理的変化を数値にしているという考え方なのです。

 一般的に75%(9勝)以上から 75%を切った時に売りのサイン、25%(3勝)以下から 25%を超えた時が買いのサインと言われています。しかし、サイコロジカルラインをデイリー(日足)ウィークリー(週足)単位で、長期に渡りチェックしてみましたが、まず当っていません(笑)。

 余りにも単純な手法と的中率の低さに、経済研究家達から毛嫌いされるサイコロジカル ラインですが、マンスリー(月足)単位以上で見ると、市場に参加する大衆心理をリズム化している指標性は、あながち否定できない気がします。

 私が調べてみるに 75%や 25%でなく、中立の 50%に重要な意味がある様に思えます。上がっていく相場そして下がっていく相場が、慣性として確実に通過するポイントが 50%なのです。そしてサイコロジカル ラインの向きの転換と、変化なしや平行も含めた向きの継続にもシグナルがある様です。

 私は、音楽の(笑)チャート研究目的で統計学を勉強した経験がありますが、サイコロジカル ラインの他にも、指数平滑移動平均線(EMA)の考え方は、その平均値を算出する最新データから最古データまでのウエイトに、指数関数の考えを取り入れて軽重をつけている理に叶った分析手法だと思いました。

 サイコロジカル ラインの50%を関門と考える手法を応用し、月足なら12ヶ月や24ヶ月など一定期間の指数平滑移動平均値(EMA)を同じく関門やゾーンとし、最新の値動きが超えるか否かで分析出来るかも知れません。

 指数平滑移動平均(EMA)は、直近の値動きを重視しデータを可変して算出するのに対し、サイコロジカル ラインが、投資家心理を数値化する意味から定量のデータ(勝敗)を 12期間平等に扱っている点にも相互の補完関係があると考えます。

 サイコロジカル ラインの極値である 100%や0%は、市場の好況そして恐慌を端的に表現しています。

 1949年の東証再開以来、計測ポイントを 年1回(大納会終値)とする 12年間のサイコロジカル ラインを算出してみると、戦後の東京株式市場に幸いにも 0%はありませんでした。100%は1回だけ、1989年のバブル史上最高値が見事に符合しています。

 経済ブログだと思って迷い混まれた ご訪問者の皆さん、少しはお役に立てたでしょうか?(笑)でも投資・投機は自己責任でお願いします。私も年 5%ぐらいの金利になるような預貯金の運用を夢見ているのですが、実践経験も度胸もなく なかなか果たせません(笑)。

 年頭日記の日本経済星取表も次回で 12回目の発表となり、最新のサイコロジカル ラインが算出できる様になります。この音楽・放送ブログでも、経済のチャート数値を年 1回ですが発表していきたいと考えています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年06月12日 の週間選曲リストと『 サイコロジカル ライン 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。