FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第176回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌
    ♪1位 6週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング
    ♪強烈なドライブと転調でも全く崩れない調性が維持された楽曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌


 最近BBCラジオ第4放送(BBC Radio 4)を聴く機会がありました。イギリス本国で聴いたのではありません(笑)。BBCラジオのインターネット中継をPC経由で聴いてみました。

 英国の公共放送BBCには、基本的に地上波ラジオが4波あり、第1放送は CHRやワイド番組中心の生編成。第2放送は 高範囲のジャンルや世代をカバーする音楽放送。第3放送は クラシック音楽や学校教育放送が中心です。

 そして第4放送は、戦前から続いていた旧第1放送をそのままに、伝統あるBBCラジオのスタイルが踏襲された編成となっています。

 平日夜 就寝前のひとときに名作を朗読する“Book at Bedtime”や、日曜朝に国内の教会を ひとつずつ紹介しながら鐘の音を そのまま放送する“Bells on Sunday”など、第4放送では 古き良きBBCラジオ番組を聴く事ができます。

 日本のNHKは 夜7時のニュースが基幹ニュースですが、英国BBCの場合では 夕方6時となります。その伝統あるラジオニュース番組“Six o’clock News”も聴きました。

 ただBBCの非常に予報音が長い 6点時報の後、いきなり30分間シンプルなラジオニュースが続きました。なによりも“Six o’clock News”ではなく“BBC Radio 4 News”とタイトルコールをしていたのが少し残念でした。

 実はBBCに倣って、NHKにも1950年代後半「ラジオ第3放送」構想がありました。結局その構想は NHK-FM放送へと変遷していきます。

 BBCの機械的な時報を聴くと、NHK(4点時報)やFM長野(1点時報)など、日本のラジオ局のラ単音を中心とした「ポーン」という正報音は、世界的にも余韻に音楽的効果のある独特な時報音だと改めて再発見した次第です。


(追記) “Six o’clock News”は、オープニングにビックベンの鐘の音を流す様になりました。これは午前0時の“Midnight News”と同じスタイルのオープニングです。大変美しく味があります。 週間放送視聴日記(2012年 7月13日)では、BBCニュース番組のテーマ音楽を掲載しました。

第177回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( △ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Red Hot Chili Peppers“DANI CALIFORNIA”
    ♪これだけポップなエッセンスを集めた楽曲は驚き。


 先日 実施した このブログのデザイン変更は、大変好評です。

 やはり2カラムのシンプルで落ち着いたデザインは、テキストベースのブログを かなり読みやすくしたと思っています。このCSSによるデザインを『リストキーパー(Listkeeper)』と命名しました。

 ところがブログの根本要素であるHTML文書に関して、教条的なほど厳格な文法チェックサイトを使い検査してみたところ、100点満点でマイナス200点(笑)という散々な結果が出てしまったのです。

 もちろん満点はプラスですので(笑)満点から 300点も離れています(笑)。これでは お話になりません。

 デザイン変更の際にCSSは取り替えましたが、HTMLはライブドアさんのテンプレートをほとんど変えてなかったのです。

 ブログテンプレートに合致した、厳格なXHTMLを採用しているのにもかかわらず、ライブドアさんのタグの使い方は「めちゃくちゃ」で意味不明なタグも目白押しでした(笑)。

 そこでXHTMLタグの大掃除を決行。結局このブログのXHTMLとCSSを、全面的に私が独力で組み直しました。

 終了後に同じ文法チェックサイトで もう一度検査。ライブドアさんが勝手に挿入するデフォルトタグまでは直せませんでしたが、各ページ概してプラス95点程度になりました。

 さらにインターネットの総本山“W3C”(World Wide Web Consortium)の電子文法チェックも受けたところ、このブログのCSSは合格しました。

 チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOGのデザインは、インターネットの総本山“W3C”認証済となり“W3C”から合格認証バナーと認証結果のリンクアドレスを頂きました。今週から このブログのサイドバー下部に貼ってあります。

 しかし、肝心のXHTMLが、デフォルトタグの文法ミスのため合格できません。この点についてライブドアさんに、改善を求めるメールを送ろうと思っていますが、ライブドアさんは現在デフォルトタグどころではないので(笑)後日 送るつもりです。

 これからも本ブログは、ユーザビリティを大切に考えていきます。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用を開始。XHTML・CSS共にW3Cの電子文法チェックで合格し、認証バナーが貼ってあります。

第178回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌
    ♪繊細なビブラートを かけている西島梢のヴォーカル声質。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Red Hot Chili Peppers“DANI CALIFORNIA”


 NHK大河ドラマ「功名が辻」は視聴率的にも好調を維持しています。山内一豊と その妻・千代の戦国出世物語ですが、信長・秀吉・家康・光秀といった有力武将を少し泥臭く描いているのも特徴です。

 NHK大河ドラマのキャストは、所属劇団・プロダクションや演劇キャリア、さらに大河ドラマの出演歴など多元的な選抜をしています。その中に「お笑い枠」と言うのがあります(笑)。

 1965年「太閤記」における てんぷくトリオ・伊東四朗 以来、落語家・漫才師・お笑い芸人から選抜しているキャスト枠です。他のテレビドラマとは異なりキャスティングの懐が深く、それが大河ドラマ活性化の原動力になっています。

 今作はロンドンブーツ1号2号の田村淳が抜擢され、中村一氏(孫平次)役を演じています。毎年この「お笑い枠」のキャストは多くの批評が出ますが、今作の田村淳は丁寧に役作りをして よくやっていると思います。

 NHK大河ドラマ「功名が辻」10日 放送・第23回「本能寺」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 仲間由紀恵 → ○ 上川隆也 / △ 武田鉄矢 → 和久井映見 → 松本明子 → 三原じゅん子 / ○ 大地真央 / △ 長谷川京子 / △ 香川照之 / △ 野口五郎 → 三谷幸喜 → 烏丸せつこ → △ 菅井きん / △ 斎藤洋介 / ○ 坂東三津五郎 / △ 近藤正臣 / ○ 浅野ゆう子 / ○ 柄本明 / ◎ 舘ひろし … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


 10日 開幕したFIFA ワールドカップ・ドイツ大会。12日の1次リーグ 日本 vs オーストラリア 戦は、残念ながら1-3で破れてしまいました。

 初戦はジーコジャパンにとって大変苦しい試合運びでした。ニュルンベルクでの対 クロアチア 戦に望みを繋げたいところです。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」の皮膚病が完治しました。

 今回は皮膚病と言うより、ちょっと角質化しただけの程度は軽いものでしたが、念のため治療薬を毎日つけていました。無事治療が終了して ひと安心です。今年の冬眠は水質管理を、より慎重に やってみたいと考えています。

第179回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NBS フジ・金曜エンタテイメント「剣客商売スペシャル」テーマ音楽 [篠原敬介]
    ♪美しいチェロ演奏による卓越した劇伴。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Red Hot Chili Peppers“DANI CALIFORNIA”


 『第18回 FIFAワールドカップ・ドイツ大会』は 12日の1次リーグ 日本 vs クロアチア 戦において、0-0 の引き分けとなり勝ち点 1を獲得しました。

 しかし、剣が峰となった23日の 日本 vs ブラジル 戦は、残念ながら1-4で破れました。日本にとって今回のドイツ大会は厳しい結果となってしまいました。

 【2006FIFAワールドカップ最終成績:ドイツ本大会 1次リーグ F組4位(0勝1分2敗・勝ち点 1) 監督・ジーコ 本大会得点・中村俊輔 1 玉田圭司 1 】

 最終戦となった対 ブラジル 戦は、深夜から早朝の時間帯にも拘らず 22・8%の平均視聴率(関東地区)をマークしました。1次リーグ3試合は、FM長野を始め全国の民間放送ラジオが、中波・FM・短波ほぼ統一して実況中継を放送しました。

 W杯サッカーは、1930年の第1回ウルグアイ大会以来、第2次世界大戦での2回の中止を除き夏季五輪の中間年に開催されてきました。

 今回の2006FIFAワールドカップは 195ヵ国が予選参加し、大陸別予選を突破した32ヵ国がドイツ本大会への切符を獲得しました。

 アジア代表として 日本・サウジアラビア・韓国・イラン。オセアニア代表として オーストラリアが出場。アジア・オセアニア代表の最高成績は「オーストラリア」の決勝トーナメント・ベスト16でした。

 ボールひとつあれば、どんな発展途上国でも国威の発揚が出来るサッカー競技の特性から、このFIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップは、その注目度と規模からも、オリンピックを凌ぐ最大の世界選手権大会に成長しました。

 FIFAワールドカップは、出場チームが国家と国民の力を、そのサッカーボールひとつに表現しようと総力で戦います。

 しかし、日本チームは、サッカーゲームというプロスポーツの到達点としてのみ、このワールドカップを理解している様にも見えました。それ故、雰囲気に呑まれ決定力不足に繋がった感じがしてなりません。

 4年間指揮をとったジーコ監督は退任しました。2010年の南アフリカ大会に期待したいと思います。


(追記) 2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会の最終結果は、優勝・イタリア(4回目)準優勝・フランス、3位・ドイツ となりました。

第180回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・報道番組「特報首都圏」テーマ音楽 [書上奈朋子]
    ♪僅か10秒足らずのテーマ音楽に表現された抜群の調性。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Red Hot Chili Peppers“DANI CALIFORNIA”


 2006年は上半期が終了し、ちょうど折り返し点です。そこで『2006 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。

 年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 年間チャートのシステムは、実感と順位が合致する事こそ最も重要と、長い間の音楽チャート研究から確信しています。その確信を本ブログで実現するため、絶対な数的基準と自由な選考基準をミックスした、年間(上半期)順位のルールを考案しました。

 まず選曲条件は、期間内の 1位楽曲に限られます。そして年間(上半期)1位は、期間内の「週間選曲リスト」で 1位を最も長く記録した楽曲が全てに優先で「自動確定」します。

 そして年間(上半期)2位以下は、選曲条件をクリアした楽曲の中から1位週数のデータを軸として、レギュラーの「選曲基準」により改めて選曲。その後で1位週数・登場週数を参考データとしながら、独自性の高い順位決定をします。

 この並立した基準により、レギュラーの「週間選曲リスト」と同じく「5曲」だけ選曲した年間(上半期)順位を確定・決定し、今まで実感と順位が一致した上半期順位を 4回。年間ランキングは 3回公開してきました。

 上半期 1 位は、NHK大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽が選曲されました。

 【1位 8週 登場25週】

 今年の上半期順位は、選曲条件をクリアした楽曲 6曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2006 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 8)
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( 6)
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌

  3. 第 3 位 ( 5)
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  4. 第 4 位 ( 3)
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  5. 第 5 位 ( 3)
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2006年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。