FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第181回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・報道番組「特報首都圏」テーマ音楽 [書上奈朋子]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌
    ♪昨年の昼ドラ「危険な関係」とタイトルバックは似ているがミディアムバラードの佳曲。


 5日に 北朝鮮は、計 7発のミサイルを 日本海に向け発射しました。1発目のミサイル発射が午前 3時33分。4時04分には 2発目のミサイルを発射。FIFA ワールドカップ 準決勝「ドイツ vs イタリア」の試合を生中継していたNHK総合は、午前 4時29分の段階で「北朝鮮がミサイル発射 日本海に着弾の情報」と最初のニュース速報を流しました。

 5時01分に 3発目のミサイルを発射していますが、NHK総合は 5時14分の段階で「北朝鮮がミサイル 2発目も発射との情報」と ニュース速報のテロップを表示。この段階で やっと北朝鮮のミサイル発射は続いていると報道がされ始め、5時53分に試合の中継を教育テレビへ急遽移行します。そしてNHKニュース おはよう日本 の枠内で、ニュースの詳報を伝えました。

 民放テレビ各局も一斉に、朝のニュースやワイドショーで速報報道を開始。その間も 4発目・7時10分、5発目・7時30分、6発目・8時20分と、北朝鮮はミサイルを発射し続けます。事態の完全な把握できない状況のままでしたが、その頃イラク戦争以来となる軍事評論家・江畑謙介 氏がNHKに登場。視聴者に不安が増幅する中、的確で冷静な解説をしていました。

 さらにNHKは、総合テレビの連続テレビ小説(朝ドラ)「純情きらり」の放送休止を決定。特設ニュースは 11時10分まで続きました。しかし、朝ドラを放送休止にしたNHKの判断に関しては問い合わせが殺到。特設ニュース内で何回も「NHKからのお知らせ」と称して、ニュース内容より優先して変更された朝ドラの放送予定を伝えていたのが 少々気になりました。

 さらに午後5時22分、北朝鮮は 7発目のミサイルも発射しています。なお日本国内へ着弾等の被害はなく、武力攻撃事態・予測事態による国民保護法で規定された「警報放送」もありませんでした。但しミサイル発射という緊急事態にかかわらず、国内メディアの速報には、致命的ともいえる遅れがありました。この時差の改善は、国民保護法の観点からも急務だと考えます。

 海外メディアでは、アメリカ・CNNテレビなどが、派手な音楽効果とタイトルバックで“BREAKING NEWS”(臨時ニュース)を放送し続けました。これに対し国内の放送メディアは、増えていくミサイル発射を 淡々と伝えていったのが印象的でした。宣戦布告とも受け取れかねない北朝鮮の暴挙に対し、毅然とした国際正義のスタンスが必要だと強く感じています。

第182回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・報道番組「特報首都圏」テーマ音楽 [書上奈朋子]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]
    ♪1位 8週、登場27週。


 先日「日本民間放送年鑑」を読む機会がありました。日本民間放送年鑑は、日本民間放送連盟(民放連)に加盟しているラジオ・テレビ全放送事業会社の沿革・概要や最新の決算内容が、一冊の年鑑にまとめられています。

 私も職業柄、バランスシートの数字の意味が ある程度解ります。通して読んだ限りでは、やはり全国のラジオ・テレビ局の収益に翳りが出てきている感じです。

 FM長野(長野エフエム放送)に関しては、草創期である 1990年代の頑張りが、やはり今の経営安定に繋がっている様です。

 会社法 第939条1項3号の規定に基づくFM長野(長野エフエム放送)の電子決算公告(バランス シート)では、現在「放送設備強化積立金」4億円。利益準備金は 1440万円が計上されています。この潤沢な内部留保は、FM長野の将来を支える源泉となっています。

 ラジオ局は、放送・送信施設の更新など多額な減価償却費が必要です。FM長野以外のFMラジオ局のバランスシートを「日本民間放送年鑑」で読み取ってみると「本業」の営業収益が各局とも大きく減ってきており、正常な減価償却が困難になってきている局さえあります。

 送信施設の更新を後回しにしたり怠ったりすると、停波を含む放送事故が発生し得る可能性の加速度が、幾何級数的に高まります。ですからラジオ局の経営は、減価償却を最も重要視しなければなりません。

 最近のラジオ放送を聴いていると、番組の主役がリスナーなのか? パーソナリティなのか? 聴いていて疑問になる事もあります(笑)。また番組が伝えているのは 音楽なのか? トークなのか? これも疑問です。

 個性的で魅力ある番組は存在しています。しかし中には、パーソナリティやスタッフが、ラジオ局に存在している事へのアピールのため番組を制作しているのか? と思う事さえあります(笑)。

 それが判るのは、CMスポットの他に、やたら存在するPRに関する放送です。パーソナリティが歌手・アーティストですと なおさらで、新曲のリリース・コンサート情報など、どんどん放送中に織り込んでいくのです。そして局は、パーソナリティである歌手・アーティストからCM料金を貰う事はなく、逆にギャランティーを支払います(笑)。

 ラジオ放送事業は、本来タイム・スポット販売による収益が基本です。スポンサーへメリットがあるとの裏付けとなるべく、リスナーにとって独創的で魅力ある番組を開発するのが本旨です。

 前々からこのブログでも書いていますが、パーソナリティー人事が強く影響するスクラップ&ビルドの番組編成から、パーソナリティーが「引き継いでいく」核となる番組を創造する事こそ大切だと思います。本来のCMが多量のPR放送で埋没する事態は避けなければなりません。

 タイム料金を支払う提供企業は、番組や番組コーナーのスポンサーです。時間帯の無条件なスポンサーではありません。その基本点は忘れないで欲しいと、一(いち)ラジオリスナーとして願っています。

第183回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・報道番組「特報首都圏」テーマ音楽 [書上奈朋子]

  2. 第 2 位 ( △ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌
    ♪1位 6週、登場14週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌
    ♪深い詞と Vo.中村由利のビブラート特徴を生かした古井利人の抜群な編曲。


 18日から19日にかけて集中豪雨があり、長野県内に大きな被害をもたらしました。

 【犠牲者 12名 行方不明 1名】

 17日の早朝より降り出した雨は 当初累積20ミリ程度でした。ところが 18日 午後から再び活発化し、1時間20ミリを超える断続的な豪雨となり、19日 午前4時半から5時にかけて、岡谷市 湊地区・川岸東地区などで多くの土石流が発生しました。

 田中康夫 長野県知事は 19日 午前6時19分 陸上自衛隊に対し、岡谷市への災害派遣を要請。さらに同日 午後2時05分 上伊那郡 辰野町長の依頼により、同町への災害派遣を要請。松本駐屯地の指定部隊が救助活動にあたっています。

 県内の降水量は 19日 午後1時までの29時間で、諏訪市 諏訪 391ミリ・辰野町 421ミリに達しました。

 土石流による被害が甚大な岡谷市 湊地区は、諏訪湖から山並へ斜面が伸び、そこに住宅が連なる扇状地です。また同市 川岸地区も以前このブログでも書きましたが、近くのFM長野 岡谷・諏訪 中継所の電波が届きにくい地形的に特異な地域でした。

  8日 夜は NHK長野第1放送が、ラジオで断片的に大雨情報を流していました。しかし、結局 岡谷市民には自治体の防災行政無線を通して、具体的な避難指示・勧告が伝達された様です。長野県民であるラジオリスナーとして思う事は、防災行政無線で伝える緊急情報を、県域ラジオで同報できないのか? という点です。

 今回の様な突発的な集中豪雨の時、やはり県域ラジオ局は きめ細かく情報を放送すべきです。どうも水害などの場合、放送メディア全体において初動の災害報道が甘い気がします。防災行政無線で伝える緊急情報を、県域のラジオ局は同報できないものでしょうか?

 この場合 対象地域外の電波では 伝達する必要はありません。対象地域内の送信所や中継局のみ、通常番組を中断して緊急情報を、防災行政無線と同報で伝達する仕組みが考えられます。

 ある意味、中継局放送の様な概念です。もちろんその緊急情報を、誰がどこからアナウンスするのか? そこにも課題があります。ただ現状の県域ラジオ局にとって、技術的に無理難題であるこの中継局放送や防災行政無線のラジオによる同報にこそ、これからのラジオメディアが生き残る道が延びているのかも知れません。

 今回の豪雨で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


(追記) 26日 気象庁は、この集中豪雨を『平成18年 7月 豪雨』と命名しました。

第184回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・報道番組「特報首都圏」テーマ音楽 [書上奈朋子]

  3. 第 3 位 ( △ )
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]
    ♪パーカッション と キーボードで畳み掛ける優れた劇伴トラックがある。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング
    ♪1位 2週、登場 9週。


 「週間選曲リスト」の作成は 大変です(笑)。毎週発表するためには、主題歌や 劇伴音楽のチェックが不可欠であり、新作テレビドラマを出来得る限り視なければなりません。ただ実際の選曲は、劇伴音楽なら和声感や 調性感に基づくインスピレーションが大切で、そのインスピレーションを受けた劇伴を、録画録音でじっくり聴きチェックしていく感じです。

 これらのチェックを続けていくと解る事ですが、最近のゴールデンタイムのテレビドラマには 魅力が無くなってきました。ストーリーも 配役も、例えればコピーから コピーを繰り返し、画質が劣化しているかの様です。7月期のドラマ視聴率も軒並み 10%を切る結果が出ています。この「週間選曲リスト」でも、夜ドラ主題歌・劇伴音楽のリストイン頻度が落ちてきました。

 一方 元気なのがSBC(TBS)と NBS(フジ)で放送されている「昼ドラ」です。私は長年、丁度 昼食時間が昼ドラ時間帯に重なる事も多く、昼ドラを見続けてきた希有な男性有職視聴者(笑)です。東海テレビ制作・NBS長野放送(フジ系)でオンエアーされている昼ドラは、ドロドロしつつも(笑)コンパクトにまとまった「テレビスタジオ演劇」と類別できます。

 現在放送中の「美しい罠」は、暗黒舞踏の第1人者・前衛芸術家にして名優である 麿赤兒が、トメのクレジット順でフル出演。63才にしてヒロインの櫻井淳子とベットシーンまで演じ(笑)ドラマ全編が麿赤兒の独壇場となる様相を呈しています(笑)。視聴率的にも昼の時間帯としては 根強い人気を保っています。

 またSBC信越放送(TBS系)で、先々週までオンエアーしていた宮藤官九郎 脚本の昼ドラ。愛の劇場「吾輩は主婦である」は、主婦(斉藤由貴)に文豪・夏目漱石が乗り移り現代へ甦るという、想像を絶するストーリー設定 と 面白さで昼ドラ史上五指に入る傑作でした。斉藤由貴の後ろから、憑依していた本田博太郎が現れたシーンは、忘れ得ないレベルに達していました。

 昼ドラとは、日本固有の放送文化ではなく(笑)米国では、ソープオペラと呼ばれ、ひとつのドラマシリーズが何十年も続いている例もあり、非常に安定したドラマ枠になっています。米国のソープオペラは、1時間ドラマが主で、それを平日 5日間放送していきます。この長期間に渡る連続ドラマを視続けていると、ドラマの登場人物が、まるで家族の様な存在になるそうです。

 東海テレビの「美しい罠」は、30分のドラマで全 65回放送ですが、米国のソープオペラは、さらに厳しい制作スケジュールで終わりなく延々と続いていくのです。日本の夜ドラのほうも、若手出演俳優の実力が試され、優劣も はっきり視聴者に判ってしまうほどの大胆なストーリー構成で、少しずつ低迷感から脱却してほしいものです。


(追記) 麿赤兒 氏は、本年度 文化庁長官表彰を受けました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2006年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。