FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第813回ランキング

   最新リスト
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜ドラマ「不惑のスクラム」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    UA「黄金の緑」
    BS朝日・ミニ番組「緑のコトノハ」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    番匠谷紗衣「ここにある光」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    CHOYA 新生篇 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「ぬけまいる ~ 女三人伊勢参り」劇中効果音楽 [吉俣良]
    ♪ドラマのコンセプトとは 対岸の洗練された劇伴がある。


 最近ネットサービスの改廃が目立っています。ネット草創期からホームページ作成に広く利用されてきた Yahoo!ジオシティーズが、来年春でサービス終了と発表されました。古くからのホームページが、管理をしなくなった状態ながら まだたくさん存在しており、それらが消えてしまうのは 大変残念です。その中には、資料性の高いページが沢山残っています。

 先日 政府の個人情報保護委員会は、Facebookに対して、個人情報流出防止対策の行政指導を行いました。Facebookは、性格診断アプリで収集した 8700万人の個人情報を消去する事無く保存し、その横流しを阻止出来なかったそうです。また杜撰な管理から ハッカーが、2900万人の個人情報を盗難したとのニュースも伝わっています。

 私が一番驚いたのは、Facebookの「いいね!」ボタンに、個人情報収集のトラップが仕掛けてあり、いいね!を押さなくても、そのページ閲覧者のデータが勝手に送信されてしまう事実でした。それ故に あのSNS系のボタンを設置すると、ページが重くなる訳です(笑)。Facebookの所業は、ハッカー達と発想が同じで、犯罪に近接しています。

 このブログに関して、Facebookの いいね!ボタンを設置した事は、一度もありません。また現在SNS系のソーシャルボタンは、一切設置していません。設置すると やたら重いボタンは、やはり訳有りで重くなっている様です。トラップ付きのボタンを安易に設置してしまう事は、後々プライバシーポリシーの責を、サイト運営者が問われる事になりかねません。

 このブログのメールフォームには、メッセージなしでも、ご愛読者のお気持ちがブロガーに送れる「ご愛読者ボタン」という拍手ボタンが設置されています。この ご愛読者ボタン は、ボタンを押した日付 と、どのページをお読みになったのか? の情報のみ ブロガーへ伝わる仕組みになっています。私自身が このボタンを作りました。単純明快で優しい仕様です(笑)。

 昔から個人サイトを運営したのに、Facebookの隆盛を知り、そちらに移ってしまった方が数多くいらっしゃいます。その個人サイトの残骸が、Yahoo!ジオシティーズなどに残っているのですが、その判断が正しかったのか? 甚だ疑問です。やはり私企業のSNSにネット発信行為を依存してしまう事は、その私企業の盛衰と一蓮托生になってしまいます。

 私も、このブログと mixiや twitterへの連動を模索した時期がありましたが、結局この個人ブログだけを、wordpressを使い独立して運営するスタイルに落ち着いています。今回の騒動と、その後のFacebookの衰勢を見ても、SNSを乗り換え続ければ、コンテンツは くすんでいきます。この選択は 間違ってなかったと考えています。

 やはりネット草創期に、一斉に芽を吹き出した個人ホームページ・個人ブログの概念が、最も基本のスタイルです。どんなに隆盛が伝わってきても、既存の私企業SNSのシステムに依存しないほうが懸命だと気づかされます。無垢なサーバサービスから発信し続けるシステムこそ、インターネットの王道なのだと、今回のFacebookの騒動から つくづく思うのです。

第812回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜ドラマ「不惑のスクラム」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    UA「黄金の緑」
    BS朝日・ミニ番組「緑のコトノハ」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    番匠谷紗衣「ここにある光」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    Sia“Alive”
    Honda テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    CHOYA 新生篇 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪成熟篇よりハイテンポで多少荒い和声になっているが佳曲。


 茨城に住んでいた頃、幼少期から読んでいた東京新聞からの中日新聞読者である私としては、朝刊スポーツ面を開くと、ボヤキと受け取れる見出し(笑)が、連日の様に目に飛び込んできました。負けると厳しい論調となる紙面も、夏あたりから達観の趣きまで出てきます。今シーズンの中日ドラゴンズは、セ・リーグ 5位に終わり、ファンとしては 労苦の1年(笑)でした。

 我が家では、ドラゴンズの主催試合を、CS放送で ほぼ試合開始から視る事が出来ます。負け試合を視るのは 楽しくないので、リードしている時のみ視るようにしていましたが、間違いなく勝てると思っていた試合で、9回裏に 5点を逆転されるなど、トラウマになる様な(笑)信じられない負けが連発したのが、今年のドラゴンズでした。

 シーズン開幕の時、当時守護神だった田島慎二 投手の体型を観て、いやな感じがしていたのですが(笑)軸となるピッチャーは、どんどん 2軍に落ちていき、ドラゴンズの投手陣は、夏あたりから総崩れの状態になってしまいました。打撃は 好調だっただけに残念です。現役時代 最優秀救援投手に選ばれた事がある 森繁和 監督の心中は、如何ばかりかと察します。

 その森繁和 監督は シーズン終了時に退任し、新しい監督に 与田剛 前楽天コーチが就任しました。ドラゴンズOBの元投手です。但し森繁和 監督は 解任でありません。白井文吾 オーナー(中日新聞社会長)が与田 新監督への就任要請をした際に、森繁和 監督は同席していました。退任する監督としては、異例のポジショニングです。

 この異例さは、森繁和 監督のシニアディレクター(SD)即日就任で裏付けされます。シニアディレクター(SD)とは、球団代表のアドバイザーです。外国人選手の獲得や トレードなどの渉外を補佐する、1年契約更新制の仕事だそうです。中日新聞では、あまりこの就任を大きく取り上げず、球団編成への決定権は無いと 殊更説明してありました(笑)。

 やはり落合博満 前GMと、谷繁元信 元監督の件が念頭にあると思われますが(笑)森繁和 SDが、球団の編成に深く関与していく事は間違いありません。今シーズンオフもドミニカへ渡り、選手をスカウトしてくるのだそうです。森繁和 SDに対しては、首位打者になったビシエド 選手を始め外国人選手達が、絶大な信頼を置いています。

 昨年から今年にかけても金銭闘争に固執するゲレーロ 選手を放出して、新たにアルモンテ・モヤ そしてガルべス選手を抜擢した、森繁和 SDの目は 洞察力に満ちていました。この能力を 単に退任監督だと捨ててしまうのは、チームの損失です。そして就任要請での同席に象徴される様に、今回 白井オーナーと共に、与田 新監督を抜擢したのが真意だったはずです。

 与田 新監督は、25日のドラフト会議で、逸材である大阪桐蔭高校の根尾昂 選手を抽選で引き当てる大仕事を やり遂げました。4枚ある封筒の中で、今シーズンの成績と同じ 下から 2番目 を引いたら「選択確定」の当たりクジが出てきたとは、思わず笑ってしまいました。さらに 6位までの指名でも、ほぼ理想的な新人獲得が出来ています。

 そして新しいコーチ陣は、ヘッドに伊東勤 元ロッテ監督を招聘し、驚くほど外部から人材を投入しています。逆に二軍は、小笠原道大 監督を留任させ、まるでOBから 近未来の指導者を養成するかの様なコーチ人事となっています。私個人的には、小笠原 監督昇格待望論が、まだくすぶっていますが(笑)とりあえず二軍監督続行でホッとしてます。

 最近のドラフト会議は、客入れをしてショーアップしており、選択確定した球団には インタビューまで行います。そのインタビューを受けた与田 新監督の笑顔に、来年以降の新しい上昇気運も確定となった気もします(笑)。まずはAクラス・クライマックス シリーズ出場を目指す与田ドラゴンズの奮起に期待しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2018年11月 』のリストを、保存しているページです。最新のリストから順に掲載しています。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。