FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第377回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( △ )
    abn ABC・ドラマ「警視庁失踪人捜査課」劇中効果音楽 [Audio Highs・横山克]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]
    ♪リスト対象の劇伴が流れなくなってきた。


 CS 時代劇専門チャンネルで連日放送されていた大河ドラマ「草燃える」(1979年 本放送)が 先週 最終回を迎えました。

 今まで「草燃える」の録画テープは、エピソードが断片的にしかNHKで保存されていませんでした。ところが時代劇専門チャンネルなどで、テープの欠落を知った視聴者から寄贈が相次ぎ、遂に全話分が揃いました。

 そこで 発見の貢献者でもある時代劇専門チャンネルで まず放送された訳です。「草燃える」は、私が亡き父と毎週 本放送を視ていた大河ドラマで、再び全話視る事ができ大変感動しました。

 鎌倉幕府の草創期から承久の乱まで丹念に描かれている「草燃える」は、源頼朝(石坂浩二)から 北条政子(岩下志麻)へ 大河ドラマで数少ない主役のリレーがあります。この点からも やはり回を追う毎に、鎌倉幕府の人間関係が強く印象に残るドラマ構成なのです。

 父は 本放送当時、梶原景時(江原真二郎)の忠臣ぶりを やたら誉めていましたが、今回改めて全話視てみると、藤岡弘 演ずる三浦義村の非情な したたかさに なぜか惹かれました(笑)。

 また最終回の承久の乱までミスリードする事なく鎌倉幕府の理論支柱となった、政所別当・大江広元(岸田森)と門注所別当・三善善信(石濱朗)の文官コンビの存在も、私には大きく映りました。

 さらに「母に捧げるバラード」海援隊のリードヴォーカル 武田鉄矢が、新進俳優として鮮烈に大河初登場したのも、この「草燃える」なのです。

 武田鉄矢は、源頼朝に流人時代から従う安達盛長を演じました。この石坂・武田の主従関係は 絶妙の味があったのです。そして頼朝の急逝で出家した後に 安達家追討騒動が勃発し、北条政子が身を捨てて救いに来た時の名演技も忘れる事は出来ません。

 この「草燃える」とクロスして、同年 秋にTBS「3年B組金八先生」第1シリーズの本放送が開始しました。時を経た今、2010年の大河ドラマ「龍馬伝」では、勝麟太郎(海舟)として5回目の大河出演を果たしています。

 今から約30年前のホームビデオによる録画のため、視聴していて相当補正の跡が判りました。それでも補正し切れないトラッキングのズレなどによるノイズなどが残ってしまい、冒頭お断りのテロップを出した上で そのまま放送しています。

 特に第40回放送「修善寺」では、画面上部へ頻繁に白ボカシの補正が現れます。本放送当日の1979年10月 7日は、第35回 衆議院議員総選挙の投票日でした。

 8時45分からの「開票速報」前に 大河ドラマの放送時間内でも多くの当確速報が打たれた様です。どうも その当確速報を白ボカシで補正したと推測されます。

 この「草燃える」視聴後、鎌倉幕府の公式日記である「吾妻鏡」を現代語訳ですが 少しずつ読み始めました。

 編年体による1日単位で、祝典や慶弔儀礼 時には大雨・地震や日食・月食の記録まで織りはさみながら、鎌倉幕府の抗争史を淡々と記述しており 、ブロガー的な興味が湧く古典日記です。

 鎌倉幕府草創期の歴史的興味が一気に深まっていくほどの 素晴らしい「草燃える」全話再視聴でした。

第378回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn ABC・ドラマ「警視庁失踪人捜査課」劇中効果音楽 [Audio Highs・横山克]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    西野カナ「会いたくて 会いたくて」
    ジュエリーブランド ジェムケリー テレビCMソング
    ♪サビの聴感に曲イメージのウェイトを高くしているが和声は整っている佳曲。


 このブログで取り上げましたIPサイマル放送“radiko”は 大変好調です。開始月の3月だけでアクセスは 143万人、総ストリーム数が 1749万に達しました。

 その間に区域外から聴取したいとの希望が多く寄せられているそうです。ただ全国規模の区域外聴取には、まだ実施側の慎重論が根強くあるとの事でした。

 最近 岩手の友人から頂いたMP3ファイルで、IBC岩手放送を聴く機会がありました。20数年前、茨城でIBC岩手放送を聴き続けていた苦労を振り返ると、長野県 松本市の自宅で クリアなIBC岩手放送を聴く事が出来るというのは夢の様な話です。

 聴いた番組は、もちろん私のラジオの恩人・大塚富夫 アナウンサーの番組。20数年前 当時IBCトップ40「ベスト3予想人コーナー」で 大変お世話になりました。

 30年以上に渡って、IBCラジオの平日 昼帯ワイド「ワイドステーション(ワイド145)」を2日間。そして土曜のワイド“Town”を担当されてきました。20数年前は さらに日曜午後「IBCトップ40」を 4時間生放送していましたから、文字通り岩手のトップアナです。

 「ワイドステーション」の相方・水越かおる アナも、やはり 20年近く大塚アナと一緒にパーソナリティを担当しています。

 大塚 アナは、リスナーからのメッセージを丁寧に読んでいく朗読的技術と、物凄い機転で展開するフリートークの技術を両方兼ね備えたスーパーアナウンサーです。

 IBC報道局次長まで登りつめた大塚 アナも、最近ご病気がちで定年が近いとの話を聞き、心配していましたが元気そのものでした。

 正時放送で 時報の正報音が鳴り終わらないか否かに、アナウンスを開始する特徴もある岩手日報 IBCニュースを、正午からワイドステーションの内包全て大塚 アナは担当。なおかつ水越かおる アナとは、漫才以上の物凄い爆笑コンビに練り上がっていました。

 ワイドステーションを聴いた限りの話ですが(笑)大塚アナは 8億5千万円の退職金を貰い(笑)無事役職を退職して 即日IBCラジオに再雇用されたそうです(笑)。

 アナウンス副部長で正規雇用中の水越かおる アナを茶化しまくっており(笑)久しぶりにラジオから笑わせて頂きました。

 IBCトップ40の頃から続き、週7日の生ワイドを毎日通して放送している「バースデーミュージック」コーナーも、たくさんの地元スポンサーがついて健在でしたし、20数年の歳月を全く感じさせませんでした。

 信州とIBC岩手放送は繋がりもあります。TSBテレビ信州の伊東秀一 アナは、前職がIBC岩手放送アナウンサーです。さらに「中三(なかさん)風のグラフティ」という素晴らしい番組を長年担当されていたIBC岩手放送の村松文代 アナウンサーは、長野県 飯田市の出身なのです。

 大塚富夫 アナには、ぜひ水越かおる アナの定年まで(笑)頑張って欲しいと、ここ信州の地から願っています。


(追記) 週間放送視聴日記(2011年 3月11日)に、東日本大震災 当日の記載があります。 東日本大震災後のIBC岩手放送に関する週間放送視聴日記は、IBC岩手放送 と RFCラジオ福島をラジコ で聴く を お読みください。

第379回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ
    ♪編曲は 安部潤。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( △ )
    西野カナ「会いたくて 会いたくて」
    ジュエリーブランド ジェムケリー テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn ABC・ドラマ「警視庁失踪人捜査課」劇中効果音楽 [Audio Highs・横山克]


 参議院議員選挙そして長野県知事選挙が、段々と近付いてきました。

 従来秋に行われていた県知事選挙は、田中康夫 前知事の不信任決議による辞職から その時期が変わりました。12年に1度のサイクルで参院選と極めて近い時期もしくはダブル選挙の可能性もあります。そして今年が最初のサイクルに当たります。

 普天間の米軍基地問題は、国民との約束とされる鳩山 首相の解決期限が迫ってきました。

 ただ鳩山 首相本人が「海兵隊が抑止力と思わなかった。学べば学ぶほど 連携して抑止力を維持していることが分かった」と正直に(笑)述べてしまった通り「学ぶ前は」国防の意識も知識も、自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣のレベルまで達してなかった様です(笑)。

 また民主党・小沢 幹事長の外交政策は、元々対米重視から離れたラインを想定し、その国防意識が意図的に醒めており、相乗して民主党の安請け合いへ繋がった感もあります。今度の参院選が民主党にとって逆風なのは間違いありません。

 7日に イギリス下院総選挙の開票速報を、BBCのネット配信で視る機会がありました。

 完全小選挙区制のイギリス下院は、第3極の「自由民主党」(日本の政党と全く同名称)が躍進。第1党となった保守党は 過半数を獲得出来ませんでした。

 イギリスの総選挙開票には不思議な伝統が根付いています。開票速報において 中間得票数の発表がありません。しかも全候補者を開票所ごとに呼び出し、選管が最終確定得票数を発表。その場で当選者決定のセレモニーをします。

 ですからBBCの開票速報は、そのセレモニーの生中継が中心で、発表された後に最終確定得票数を打ち込み、初めて開票速報のグラフィック表示となります。常に「当選」は一発決定され「当選確実」という概念がないのです。

 投票は 夜10時まで続くため、例の「出口調査」発表は その午後10時ジャストになります。

 ビックベンの鐘と共に発表された出口調査のヘッドラインは“HUNG PARLIAMENT”。直訳すると「宙ぶらりん議会」(笑)。どの党も過半数を獲得せず 中途半端な議会運営で、国政は混迷する可能性があると示唆しています。

 結局 労働党のブラウン 首相は退陣し、第1党となった保守党のキャメロン 党首が新首相に就任。第3党の自由民主党と連立政権を組閣しました。保守党と自民党には 政策の隔たりが大きく前途多難です。

 日本も多党乱立する現在の状況では、ある意味“HUNG PARLIAMENT”の流れと似ています。ただイギリスとは異なり、静かに「政界再編」の大きなうねりが 既に始まっています。


(追記) 28日 鳩山 首相は、普天間の米軍基地問題に関して政府方針を決定。その閣議決定に署名拒否した福島瑞穂 消費者・少子化担当大臣を罷免しました。社民党は連立政権から離脱しています。

第380回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪Lisa Gerrardのヴォーカル手法は、映画“Gladiator”の劇伴に原型がある。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    西野カナ「会いたくて 会いたくて」
    ジュエリーブランド ジェムケリー テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn ABC・ドラマ「警視庁失踪人捜査課」劇中効果音楽 [Audio Highs・横山克]


 約 200本近くあるアナログ オーディオカセットテープのデジタル化作業は、現在 124本まで終了しました。とにかく時間を見つけては コツコツやってます。懸案だったドルビー録音のテープは、先に総てデジタル化し ひと安心といった感じです。

 その中で最も古いオーディオ カセットテープは何か? 確認してみると 1978年12月28日のTBSテレビ「ザ・ベストテン」だと判りました。32年前の録音です。

 ビデオデッキを買ってもらう直前で、当時所有していた「ラテカセ」(ラジオ・テレビ・カセットが一体化したもの)により録音したものです。

 「ザ・ベストテン」開始1年目の頃で、初めて放送された年間ベストテンが録音されていました。

 先日「ザ・ベストテン」のDVD-BOXが発売されました。史上8位の登場週数を誇る、ランキング歌手 山口百恵 さんの全出演・歌唱シーンが網羅されています。

 この発売がきっかけになり 作詞家・阿木耀子 氏は、29年ぶりに山口百恵 さんと再会しました。ふたりは抱き合って号泣。立ち会った夫の作曲家・宇崎竜童 氏は、その場で直立不動(笑)だったそうです。

 チャート記録ノートに「山口百恵」という名前を 1000回ぐらい書いた私としては、あの阿木耀子 氏でさえ 29年間 全く会おうとしなかった、山口百恵 さんの徹底した姿に ただただ脱帽です。

 生放送・生中継が有名なコンセプトだった「ザ・ベストテン」は、1978年から全603回の番組録画が完全な形でTBSに残っています。

 まさしく放送文化財としての価値はありますが、そろそろ全てハイビジョンでリマスター・HD化して良さそうな気もします。そして「再放送」です。第1回から「再放送」なんです(笑)。

 権利関係は大変難しいと思います。例えばCSのフジテレビTWOでは「夜のヒットスタジオ」を現在 再放送しています。しかし、所々 権利関係がクリアせず串抜けの状態でオンエアーされています。

 「ザ・ベストテン」は ランキング番組なので、この串抜けが発生すると問題になります。それでも CSのTBSチャンネルでは「クイズダービー」の再放送を続けてきました。「ザ・ベストテン」の再放送も不可能ではないと思われるのです。

 実はHBC(北海道放送)ベストテンほっかいどうリスナーの頃「ラジオベストテン情報」コーナーを通じて、私の手書きした歌手応援のメッセージが、約5秒ほど(笑)「ザ・ベストテン」で全国放映された事もありました。

 約5秒ほどでしたが、さすが視聴率30%超えの時代です。翌日 通っていた高校ではひと騒ぎでした。どうにか あのシーンを もう一度視てみたいのです。もちろん録画もします(笑)。

 「ザ・ベストテン」は、現在でも復活してもらいたい音楽番組のアンケートでトップを走っています。まずはBSでもCSでも構いませんので、第1回からのノーカット再放送を実現して欲しいものです。実現の暁には、またランキングノートを毎週つけるかも知れません(笑)。

 今回「録音」をデジタル化した 1978年の年間ベストテンが、また視られる事を心から願っています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2010年5月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。