FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第769回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「オーファン・ブラック ~ 七つの遺伝子」劇中効果音楽 [fox capture plan]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「This is Us 36歳、これから」クレジット音楽 [Siddhartha Khosia]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    凛として時雨“DIE meets HARD”
    BS JAPAN・ドラマ24「下北沢ダイハード」オープニング テーマ曲
    ♪1位 3週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Anly“Venus”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌
    ♪1位 3週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    The Lumineers“Scotland”
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」テーマ曲


 明けまして おめでとう ございます。2018年(平成30年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。12月30日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、星野源「恋」(推定得点:286)が獲得しました。例年 年間チャートを発表していた コスモ ポップス ベスト10 は、昨年 3月を以って放送終了となっています。

 同じく30日の「第59回 日本レコード大賞」は、乃木坂46「インフルエンサー」が受賞。世帯リアルタイム視聴率(関東地区)は、14・4%でした。“COUNTDOWN JAPAN”年間チャートの 20位までに、4年連続で レコード大賞 受賞作品が入っていません。但し 受賞歌手の別曲は、年間 7位をマークしています。

 大晦日 放送「第68回 NHK紅白歌合戦」(1部 35・8%・2部 39・4%)は、また白組が優勝しました。昨年のボール投げへの批判に懲りたNHKが、審査方法の反省と 事前周知をしていたのですが、昨年に引き続き 歌手の対戦毎に受け付ける多重投票方式を また採用しました。ところが、昨年批判を受けた会場審査は、エンディング 1回だけしか集計しませんでした。

 【最終審査結果:紅組 143万2371 白組 223万7644】

 視聴者審査は、紅組 143万1292(39・0%)白組 223万6339(61・0%)。会場審査は、紅組 1079(45・2%)白組 1305(54・8%)。会場審査の得票は、全体の僅か 0・065%にしか達せず、どうも紅白スタッフには「1票の平等」という概念が、昨年に引き続き理解出来てない様でした。審査システムは、またもや崩壊の危機です(笑)。

 驚いたのはテレビ東京「第50回 年忘れにっぽんの歌」が、今回紅白に重なる 22時まで放送したのにもかかわらず、8・4%と善戦した点です。少子高齢化が一気に進行している現代において、視聴率を最も動かせる世代は、実は壮年以降になりつつあり、この世代を無視したり敵に回すと、高視聴率は 統計学的に無理となってしまいます。

 どうもNHKは、紅白出場歌手の選考段階から 審査のシステムまで、この理論学習が欠落している様に思えてなりません。但し このブログでかねてから価値を主張している(笑)紅白歌合戦 → ゆく年くる年 のギャップは、NHKホールのバズーカ クラッカーから、岐阜県白川郷に位置する明善寺の静寂へ、今回は見事に復活しました。

 正月 2日・3日の「第94回 箱根駅伝」(往路 29・4%、復路 29・7%)は、青山学院大が 4連覇で総合優勝しました。復路優勝も青山学院大でしたが、往路優勝は 東洋大学でした。箱根駅伝は、世代を問わず高い人気 と 支持を集めています。来年 4月末に退位が決まった天皇陛下がお出ましになった 皇居での新年一般参賀は、過去最高の 12万6720人が訪れました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ ● ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ 』(2017年 大納会)】

 昨年大納会の日経平均株価終値は、2万2764円94銭と、1年間で 3650円57銭「大きく上昇」しました。年頭日記恒例の経済「星取表」は、6連勝となっています。日銀の設定した物価目標は、未だ達成してませんが、底堅い内需・外需を背景に設備投資や個人消費も上向き、日本経済は、好況が続いている状態です。

 ここ長野県松本市は、昨年末から目立った積雪がなく、元旦から晴天が続き 穏やかな三が日を迎えました。ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。

第770回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「オーファン・ブラック ~ 七つの遺伝子」劇中効果音楽 [fox capture plan]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「This is Us 36歳、これから」クレジット音楽 [Siddhartha Khosia]

  3. 第 3 位 ( △ )
    The Lumineers“Scotland”
    NHK BSプレミアム・海外ドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]
    ♪若干和音の連結に引っ掛りを覚えるが、オリジナリティー溢れる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    Maika Loubté“THE CHOYA 2017”
    CHOYA 成熟篇 テレビCM音楽
    ♪曲目・制作者は不詳だったが 公表された。


 暮れから正月にかけては、このブログのHTML5 と CSS3 そしてPHPを修正する作業を続けて、結局お休み返上で頑張りました(笑)。事の起こりは、昨年末にGoogleさんが提唱していた“AMP”( Accelerated Mobile Pages )機能を取り外す決心をしたからです。表示スピードが早いブログとしては“AMP”に あまり存在意義は無かったのです。

 同じくGoogleさんが提供しているモバイルサイトの読み込みテスト Test My Site によると、このブログは、3Gでの読み込み時間が 3秒と「特に良好」の判定を貰っています。また試験的に導入していたAMPページでは、保存したキャッシュを表示するため、アクセスカウンターや 臨時のお知らせ機能 に支障が出ていました。

 そこで意を決して“AMP”を撤廃したのです。Googleさんの意向に逆らったことになります(笑)。もちろん従来のAMPページへのアクセスは、総て通常のモバイル ブログページへリダイレクトしました。その“AMP”撤廃作業の最中、どうしても気になってしまい、さらに変更したのが、前々から気になっていた構造化データの設定です。

 このブログの構造化データは、トップページは Blog 、他のページが Blogposting に設定していました。当然と言えば当然ですが、この設定にすると、納得が出来ない構造化データになってしまうのです。例えば 商業ブログの記事によくあるアイキャッチ画像と称する、どうでもいい(笑)イメージ写真は、このテキスト ブログには全く存在しません。

 また個人ブログですから 組織名などは無いのです。ところが Googleさんは、BlogBlogposting に設定するならば、記事ひとつずつに画像を指定しろとか、組織名を明記してアイコンを指定しろとかルールを設け、それらが構造化データに明記されていないブログは、エラーと判定してしまいます。ブログは、全てが商業目的でないのに、エラーと決めてかかるのです。

 フォト指定をブログ写真館にある かめクン の画像を流用(笑)したり、組織名を このブログ名にしたりと便法で切り抜けてきましたが、ブロガーとして どうしても釈然としませんでした。そこで今回、構造化データについても、Googleさんの指図に明確に逆い(笑)新年から このブログの構造化データを 正直な内容に修正しました。

 まず商業ブログしか想定していない BlogBlogposting の設定を止めて、そのひとつ上の階層である“CreativeWork”としたのです。“CreativeWork”とは、著述などの作品発表全般を示し、もちろん個人ブログの運営も含みます。次にコンテンツの主題である“about”を、text-only blogtext-only blog post)つまりテキストブログと定義しました。

 そして“CreativeWork”の概念である“workExample”は、nonprofit blognonprofit blog post )つまり非営利ブログだと定義しています。テキストブログとは “CreativeWork”以外何者でもありません。これで商業ブログの構造化データとは決別出来、個人ブログとして必要なデータのみを、エラーなしでマークアップ出来ました。

 構造化データとは、ウェブのHTMLがどんな意味を有するのか? 検索エンジンのロボットさんに理解させるため タグ付けしたものです。ですからGoogleさんの推奨している JSON-LD という まとめ書きにも、私は疑問を持っており、このブログでは、HTML5の中の適所に マークアップしてタグ付けする、Microdata で構造化データを書いてあります。

 朝令暮改が激しくなったGoogleさんの言いなりにはならず、“AMP”撤廃 と 構造化データの変更を決行して、本当に すっきりしました。ページのスピードアップなら、HTMLや CSSの構成で実現していくのが本筋ですし、非営利な個人ブログを貫くなら、CreativeWork 宣言をしたほうが、真実の姿は 構造化データに反映されていくのです。

第771回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「オーファン・ブラック ~ 七つの遺伝子」劇中効果音楽 [fox capture plan]
    ♪劇伴の着想がシンプルながら斬新である。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Maika Loubté“THE CHOYA 2017”
    CHOYA 成熟篇 テレビCM音楽

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「This is Us 36歳、これから」クレジット音楽 [Siddhartha Khosia]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    The Lumineers“Scotland”
    NHK BSプレミアム・海外ドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」テーマ曲


 このブログのHTML5・CSS3 そしてPHPを修正して“AMP”( Accelerated Mobile Pages )の撤廃 と 構造化データの修正を行ったと ご紹介しましたが、一気に範囲を広げて、その他にも スムーズスクロールや 独自のツールチップの導入 さらにフォントの微修正など、PC・モバイル共に ブログ機能の改善も済ませてしまいました(笑)。

 特にモバイル ブログでは、スムーズスクロールや 独自のツールチップ表示など、PCブログと ほぼ同じレベルの機能を搭載しています。このブログを読み返してみると、5年半前のゴールデンウィークの時も お休み返上で、HTML5導入の作業をしていました。今回返上する気は、さらさら無かったのですが(笑)年末年始休みを、結局作業に費やしてしまいました。

 今では、モバイル ブログからのご訪問が 5割を超えており、優先して機能を充実しなければなりません。その考えが追い付かずに 最近では、レスポンシブ ウェブ デザインと称して、モバイルブログを引き伸ばしただけのPCデザインが逆に蔓延(笑)しています。ですからPCブログに取り入れた新たな機能を、そのままモバイル ブログでも搭載しなければならなかったのです。

 それとは逆に、昨年秋 先行して行ったモバイル ブログのボタン挙動の改善を参考にして、今回PCのトップへ戻るボタンの挙動も改善しました。デザインにマッチして、ボタンが さりげなく現れます(笑)。但し jqueryを使っており、ブログが重くなる原因になってしまいます。そこでプログラミング言語である“PHP”のバージョンアップも合わせて行いました。

 統計によると全世界のサイトで、PHP 7へ移行しているのは、まだ 10%程度にしか達しません。OS周辺のバージョンアップを追っていくとキリがありませんが(笑)サーバのさくらインターネットさんでは、ワンクリックでバージョンアップする事が出来ます。そこで今までのPHP 5・6から、速度が 2倍になると言われるPHP 7・1まで一気に上げてみました。

 ところが、ブログの各所にエラー表示が出現したのです。PHP 7・1では、非推奨や互換出来ない関数を使っていたためで、この修正にまた数日かかり、結局 14日深夜に、このブログは PHP 7へ移行しました。PHP 7のお陰で、jqueryを使っていても、ページ表示は 高速が維持されており、PCブログは 違和感がありません。

 wordpressのプラグインまで自作を貫いていた このブログとしては、今後またPHPのバージョンアップがあると、同様のエラー修正が必要になるかも知れません。現在使用している 16のプラグインは、独自関数を受け持っている function.php に順次移行して一括管理し、使用関数のチェックなどスピーディーに出来る様にしたほうが賢明です。

 またプラグインに頼っていた サーバ移転時のURLリダイレクト設定などは、サーバを制御するファイルである htaccess に委せて、プラグイン依存からは 卒業(笑)したほうが楽かもしれません。新たな課題が生じてしまいましたが、次のバージョンアップまでには まだ時間があるので、少しずつ汎用の効く方向へ改善していきたいと考えています。

 このブログを、私にとっての田中久重の万年時計的な存在だと例えた事がありました。Google さんには、是々非々の姿勢で(笑)デザイン・機能の総てを自作にこだわり、画像に依存しないオールテキスト そして 非営利な個人ブログを貫いています。正月休みを費やしてしまいましたが、作業の結実には、ブロガーとして満足しています。

第772回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Maika Loubté“THE CHOYA 2017”
    CHOYA 成熟篇 テレビCM音楽
    ♪作編曲は 井筒昭雄。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「オーファン・ブラック ~ 七つの遺伝子」劇中効果音楽 [fox capture plan]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「This is Us 36歳、これから」クレジット音楽 [Siddhartha Khosia]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    The Lumineers“Scotland”
    NHK BSプレミアム・海外ドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」テーマ曲


 俳優・鈴木亮平の存在を知ったのは、MBS毎日放送系の深夜ドラマ「彼岸島」(2013年)でした。原作がコミックで、相当ぶっ飛んだ筋書きでしたが、弟役の白石隼也と共に強烈な印象を残しました。その後 2016年の朝ドラ「花子とアン」で、ヒロインの夫役を演じ、彼岸島と 180度違う芝居の振幅の両端を示してくれました。

 日本中の俳優の中で、いま南洲翁に最も適役なのは、鈴木亮平だと思っています。来年の大河が心配な中で(笑)今年 2018年の大河ドラマは「西郷どん」(せごどん)。明治維新 屈指の英傑。そして我が国最後の内戦を巻き起こしても、あっと言う間に 逆徒から 英傑にカンバックした(笑)比類なき国史上の大人物・西郷隆盛 公の生涯を描きます。

 大河ドラマで西郷隆盛と言えば、やはり 1990年の「翔ぶが如く」。隆盛を演じた主役の西田敏行は、今回ナレーター。そして大久保利通を演じた鹿賀丈史は、今回権謀に長けた 27代当主・島津斉興を演じています。そして西郷隆盛に維新に通じる道を開いた、英明果敢な 28代当主・島津斉彬に 渡辺謙を配役。西田敏行-加山雄三の関係は、鈴木亮平-渡辺謙となります。

 西郷どんは、3回まで終わりましたが、映像質感が 2010年の龍馬伝と類似しており、藩内の貧困を殊更強調してあるのも龍馬伝と似ていて、少し気になりました。第1回放送のリアルタイム視聴率(関東地区)は 15・9%、タイムシフトを加味した総合視聴率は 21・2%です。斉彬の渡辺謙には申し分がなく、脇を支える配役も重厚です。

 音楽は富貴晴美が担当。テーマ音楽に関して、器楽和音の連結がオーソドックス過ぎると言うか、少し引っ掛かりを覚えました。但し、これは 私の和声感から来るもので、音楽的な疑問点は無く、かつ前作の劇伴の様に 次から次へと類似例という事も無く(笑)オリジナリティは感じさせてくれました。毎週聴き込んでいくと、味が出ると思います。

 過去の大河からも原作や脚本が女性となると、歴史感が欠落し人物のキャラだけ立てば良いとの描写上の懸念が多分にありましたが、原作者の林真理子は、執筆に当たって歴史資料を精査したとの事で、今のところ史実からの違和感はありません。冒頭にも書いた通りに、今年よりも来年の大河が心配ですが(笑)まずは、今年の大河「西郷どん」の今後の展開に期待しています。

 2018年 NHK大河ドラマ「西郷どん」21日 放送・第3回「子供は国の宝」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 鈴木亮平 → 瑛太 → 黒木華 → 桜庭ななみ → 北村有起哉 → 高橋光臣 → 渡辺豪太 → 堀井新太 → 塚地武雅 → 水野久美 → △ 大村崑 / △ 沢村一樹 → 戸田菜穂 → 岡本富士太 → 青木崇高 → 小柳ルミ子 → △ 藤木直人 / ○ 鹿賀丈史 → △ 竜雷太 → △ 佐々木すみ江 → △ 平田満 → △ 風間杜夫 → △ 松坂慶子 → ◎ 渡辺謙 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2018年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。