FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第125回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪今回の大河劇伴は打楽器音が とても良いアクセント。


 私が最初にラジオで葉書リクエストが採用されたのは、先週このブログで紹介した通り、土曜午後に放送していたNHK-FM福島局の「FMリクエストアワー」(宮川泰夫 アナが担当)でした。

 さらに調べてみると福島局の「FMリクエストアワー」や「夕べのひととき」は宮川泰夫アナの他に、山本浩 アナ・伊藤博英 アナそして宮田修 アナも担当されていた事が判りました。今 振り返っても素晴らしい時代だったと思います。

 NHK-FMは、1957年12月24日から実験放送を開始。それまではAMのラジオ第1・第2放送で左右の音を別に送出。それらを左右2台のラジオて受信する、ステレオ実験番組が盛んに放送されていました。民放ラジオも2局共同で この様な実験番組を放送していたほどです。

 1963年12月16日からNHK-FMは、ステレオ放送番組をスタート。1977年11月には、全国のNHK放送局でステレオ化工事が終了し「FMリクエストアワー」などのローカル番組もステレオ放送となりました。

 オンエアー曲をノーカット完奏させるNHK-FMは、今でも根強いものがあります。

 朝・午後そして夜のクラシック音楽番組は安定したリスナー層があります。日曜夜の「気ままにクラシック」では渡辺徹 氏が担当していた「おしゃべりクラシック」時代からのライト路線がすっかり定着しました。

 現在 不定期放送ですが「クラシック・リクエスト」の長時間生放送は聴いていて素晴らしい一日を過ごせます。

 以前「NHK-FMはクラシック音楽番組を中心にして放送して欲しい」と、私が出したNHKへの意見の手紙に、NHKのラジオ番組編成から丁重なるご返事を頂いた事がありました。

 クラシック音楽番組の他にもラジオドラマの「青春アドベンチャー」やNHK全国聴取率調査で いつもFM1位の「ひるの歌謡曲」など安定した番組も多く、リスナーが長年愛聴出来るのはNHK-FMの大きな特徴です。

 圧倒的な数の送信所・中継所(長野県内でもFM長野 10ヶ所に対しNHK-FM 24ヶ所)からの電波で全国放送されている NHK-FMには、クラシック音楽番組中心の安定した番組編成と放送を続けてもらいたいものです。

 FM長野リスナーである私の故郷は、NHK-FMのリクエストアワーなのです。


(追記) 「ひるの歌謡曲」は 2006年 3月で放送終了となりました。

第126回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]
    ♪「大都会PART3」テーマ音楽もトランペットがメインだが より洗練されている。

  3. 第 3 位 ( △ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]


 2006FIFAワールドカップ・アジア地区最終予選 日本 vs 北朝鮮 戦は、第三国・無観客試合として 8日に行なわれ、異様な雰囲気の中 2-1で日本が勝利。1試合を残してジーコジャパンが、来年ドイツで開催されるワールドカップ本大会出場権を獲得しました。

 日本は昨年秋 行われた1次予選を、6戦全勝の1位通過。この最終予選で世界最速となる3大会連続W杯出場を決めました。

 ジーコ監督は、やはりナショナル・チームの監督として不可欠要素の「勝負強さ」を持っている監督かも知れません。来年のドイツ大会が本当に楽しみです。「ジーコジャパン」2006FIFAワールドカップ本大会出場おめでとう ございます。


(追記) 2006FIFA ワールドカップ・アジア地区最終予選における日本の成績は、5勝1敗0分・勝点15となり、グループBを1位で通過しました。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメ「かめクン」のおできが完治しました。

 治療薬を毎日塗り続けていましたが、先週かさぷた になった おできはポロっと取れました。念には念を入れて おでき の跡にも毎日薬を塗り、午後の乾燥飼育を続けましたが、跡も小さくなったので「完治」として治療を終了しました。

 結局 7週間ほどかかりましたが、おでき が悪くならず無くなって本当に良かったです。完治の日に「快気祝い」として大好物の川エビをたっぷり与えたら、かめクン 大喜びでパクついていました。


 このブログは、正式なブログサービスへ移転する準備を始めました。

 まだ どのブログサービスにするか? 決めていませんが、この無料携帯日記サイトは全くエクスポートを考慮しておらず(笑)結局 100以上の週間選曲リストや週間放送視聴日記を、ひとつずつコピーペーストして移記する事になりそうです。これは大変な作業です(笑)。

 まだRSS機能とか解らない点が多いのですが、ブログ開始以来貫いている一切 自らアフィリエイト広告を貼らないという点は、引き続き 方針にしようと まず決めています。

 それでも無料サイトには広告がついて回りますが(笑)ブログサービス移行後は速やかに有料サービスへ切り替えて、出来る限り広告がないブログを運営しようと考えています。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。

第127回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌
    ♪1位 2週、登場11週。


 先日 松本市本庄のFM長野・松本本社に、ちょっと立ち寄りました。

 道順を簡単かつ解りやすく説明してみると、松本駅から駅を正面にして左の方へ歩き、突き当たりの高架の所を さらに左折すれば、すぐFM長野のSTL塔が見えてきます(笑)。

 FM長野・松本本社は落ち着いた感じの局舎です。夜はFM長野のSTL塔がライト アップされます。私は、このSTL塔が松本市のシンボルだと思っています。

 以前ブログにも書きましたが、松本市にとって県域ラジオ局の本社演奏所が同市に在するのは極めて重要です。日本銀行支店が松本市にある事より重要だと認識しています。

 隔週で松本市提供の「ワンポイントガイド」を5分間放送していますが、松本市政とFM長野は もっと密接であるべきではないかと思います。

 松本市北部の芥子望主山(けしぼうずやま)にはFM長野の「反射板」があります。

 松本本社からのマイクロ波を この「反射板」にぶつけ、反射波が美ヶ原 本局送信所へ届きます。FM長野の放送は全て板の反射で送られるのです(笑)。

 松本市街から芥子望主山を望むと、天気によって反射板がキラキラ光り、この反射板も松本市の隠れたシンボルです。

 その松本市内でカーラジオをつけると、FM長野の放送は 2波が受信可能です。まずFM長野の本社演奏所(スタジオ)がある松本市内は全域で、美ヶ原 本局送信所からの電波が充分到達しています。

 しかし、美ケ原の山陰に沿って松本平が広がる地形から、受信障害でノイズの混入する可能性もありました。そこで本社所在地である松本市リスナーのため、開局準備の段階から特別な中継所の必要性が指摘されていたのです。それが もう1波の存在理由です。

 『FM長野・松本 中継局』は 1988年 8月29日 試験電波発射、FM長野 開局と同時に正式開設しました 送信周波数は 86・4 MHz です。

 松本市北部から垂直ダイホール・アンテナを使用し、松本平に電波が広角で行き渡る様に送信しています。松本市街地・塩尻市街地・東筑摩郡 山形村付近までがサービスエリアです。

 ちなみに送信周波数 86・4 MHz は、SBC信越放送・松本放送局の送信周波数 864 KHz と、なぜか不思議な数字の一致があります(笑)。

 松本市蟻ヶ崎の鳥居山腹から送信出力 10W で送信している松本 中継所は、FM長野・本社がある松本市20万リスナーにとって、専用かつ特別な長野エフエム放送中継所なのです。


(追記) 週間放送視聴日記(2014年10月31日)に、松本中継局は垂直偏波を掲載しました。

第128回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SONA“Love,Again”
    SBC MBS・ドラマ30「ヤ・ク・ソ・ク」主題歌
    ♪鈴木雅也のストリングス アレンジが際立つ佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌


 2005年は上半期が終了し、折り返し点へ向かっています。そこで『2005 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。

 年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 まず 選曲条件は、週間選曲リストの1位楽曲に限ると設定してあります。それ以外の楽曲は 年間ランキングに選曲できません。

 まず このブログの年間(上半期)1位は、毎週のリストで1位を最も長く記録した楽曲が、全てに優先して「自動確定」する独自のルールを採用しています。

 そして年間(上半期)2位から 5位に関しては、まず選曲条件をクリアした楽曲の中から 1位週数のデータを軸として、レギュラーの「選曲基準」により改めて 4曲を慎重に選曲し「1位週数」及び「登場週数」を参考データとしながら、独自性の高い順位決定が出来る自由な選考基準も並立採用しています。

 よくある年間チャートの集計手法は、毎週のランキングに 1位 何点・2位 何点と配点。その合計得点で順位を決定します。ところが この手法は、長年 音楽チャートを記録・研究してきた経験からすると、実感と順位が なかなか合致しません。

 上位に対し どんなボーナスポイントを設定しても、下位で長期間ランクされた楽曲が有利となります。この欠点のため「ザ・ベストテン」でも「ビルボード」でも年間チャートは、視聴者や読者の実感に即さない結果になる事が しばしば ありました。

 私は かねてから、年間チャートとは実感と順位の合致が最も重要と確信しており、この様な新しいルールを考案した次第です。

 上半期 1 位には、柴田淳「おかえりなさい。」が選曲されました。

 【1位 7週 登場10週】

 今年の上半期順位は、選曲条件をクリアした楽曲 7曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2005 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 7)
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( 6)
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( 3)
    山下達郎「忘れないで」
    NHK総合・NHKアニメ劇場「名探偵ポアロ と マープル」エンディング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( 3)
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( 2)
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2005年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。