FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第381回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS 囲碁将棋チャンネル・テレビ対局「第19期 竜星戦」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪囲碁テレビ対局のテーマ音楽とは思えないほど和声が整った佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn ABC・ドラマ「警視庁失踪人捜査課」劇中効果音楽 [Audio Highs・横山克]


 4日に、鳩山 内閣が総辞職しました。

 社民党の連立政権離脱と支持率の低迷で息詰まった鳩山 首相は、潜かに退陣を決断。2日 午前9時33分、NHK総合は「鳩山首相 民主幹部に辞意伝える」とニュース速報が流れました。

 ほぼ同時に通常番組が打ち切られ、臨時ニュース(チャイムなし)を開始。正式に辞意を表明した10時からの両院議員総会を生中継しました。県内民放テレビ全局も報道特別番組で生中継。テレビ東京は通常番組を放送しています。

 小沢 幹事長に辞任を求め、そして選対幹部の選挙違反問題があった北海道3区の小林千代美 議員へ辞任勧告をするなど、異例な自らの辞任表明でした。鳩山 首相は小沢 幹事長と差し違える覚悟を、スピーチ一発で表現したかったのかも知れません。

 NHK総合の臨時ニュースは横尾泰輔 アナが担当。地上波デジタルで視聴していると、副調整室の激しい指示がインカムから漏れた音声となって聞こえていました。また原稿整理の際、陪席のデスクがモロ画面に登場してしまうなど(笑)若干混乱した状況もありました。

 戦後 短命だった内閣の上位は、1位・東久邇宮稔彦王内閣(54日) 2位・羽田孜内閣(64日) 3位・石橋湛山内閣(65日) 4位・宇野宗佑内閣(69日) 5位・芦田均内閣(220日)となっています。

 東久邇宮稔彦王は、終戦僅か2日後に就任した ただひとりの皇族首相。そして この内閣は、我が国の歴史の中で唯一の緊急避難的内閣です。

 結局 鳩山内閣は、戦後8位の短命内閣(266日)となりました。

 午前11時から行われた民主党代表選挙で、菅直人 副総理が新代表に当選しました。

 【獲得得票数:菅直人 候補 291 樽床伸二 候補 129】

 午後1時12分 国民新党との連立が合意。2時05分には仙谷 国家戦略担当大臣が、新官房長官に内定との情報も流れています。

 そして衆議院は2時36分、参議院が2時55分に内閣総理大臣指名選挙が終了。菅直人・民主党代表が、第94代(61人目)の内閣総理大臣に選出されました。

 内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 313票(65・6%)参議院 123票(51・8%)でした。

 参議院では過半数を4票オーバーし、1回の投票で指名されています。この後一気に組閣まで行う予定でしたが、やはり宮中の親任・認証式まで強行するのは無理がある様で、組閣は週明けの8日となりました。

 そこで気になったのは、組閣までの4日間です。

 菅 代表は総理大臣に指名されても天皇陛下の親任がなく、まだ総理大臣でありません。この4日間は憲法 第71条の規定により、鳩山 前首相が依然として内閣総理大臣の地位を保持しています。

 総辞職した鳩山 内閣の全国務大臣も同様です。それならば総理大臣指名選挙は、8日にすれば良かったのですが もう済ませてしまいました。鳩山 前首相は、花束を貰って拍手の中官邸から去っています(笑)。

 総辞職した内閣が引き続き 国政を担っている「職務執行内閣」が4日間も続く事は、危機管理の観点から やはり気になります。

第382回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    CS 囲碁将棋チャンネル・テレビ対局「第19期 竜星戦」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Superfly「タマシイ レボリューション」
    2010 NHKサッカー テーマ曲
    ♪既存曲に旋律の類似性は強いが調性の整った佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]


 8日に 菅直人内閣が正式発足しました。総理大臣指名選挙から4日間という長丁場だった鳩山「職務執行内閣」に特段の危機はありませんでした。

 その職務執行内閣から北澤俊美 防衛大臣が、シンガポールの「アジア安全保障会議」へ海外出張。岡田克也 外務大臣と直嶋正行 経済産業大臣は、札幌のAPEC貿易担当大臣会合に出席しています。

 堂々たる職務執行内閣でしたが(笑)それもそのはずです。この3名を含む 11名の閣僚が、そのまま菅新内閣で再任。初のクラリオンガールからの入閣となった(笑)蓮舫(本名:村田蓮舫)行政刷新担当大臣など、新任組は前日までに ほぼ顔触れが判明していました。

 当日は午後1時22分に、仙谷由人 内閣官房長官が閣僚名簿を発表しました。その模様はNHK総合のみ生中継しています。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・仙谷由人 内閣官房長官、2位・岡田克也 外務大臣、3位・前原誠司 国土交通大臣、4位・中井洽 国家公安委員長、5位・千葉景子 法務大臣 となっています。

 岡田 外務大臣と前原 国土交通大臣が、一気に上位へ入ってきました。

 今回は組閣独特の雰囲気もなく、夜9時には親任・認証式が終了。いつもなら新大臣の記者会見を生放送するNHK総合は、翌9日の午前0時15分から録画による時差放送へシフトしました。

 NHK総合の番組変更で予定していた東方神起の特番が放送延期になり、このブログの更新通知をしているtwitterのフォロワーの ひとり「NHK_PR」(広報局)さんは弁明に おおわらわでした。

 NHKの広報をtwitterで対応するのは、末期の鳩山政権以上に大変です(笑)。結局 記者会見は 午前2時42分まで放送されています。

 今回の菅内閣でのポイントは、やはり仙谷 官房長官に尽きます。

 1990年の衆院選で日本社会党から初当選。同年TBSテレビ「クイズダービー」の野党委員長・新人議員大会に、当時の土井たか子 委員長と出演するも、最後の問題で賭け間違え 0点という逸話も残っています(笑)。

 社会党出身議員でありながら、国旗・国歌法案には賛成投票。官房長官として記者会見場へ登壇する時、日章旗に一礼しています。

 2002年には全摘出の胃癌手術を受け克服。中国の文化大革命に対して肯定発言を しばしば行い、人民裁判的との批判もあった あの「仕分け作業」のシステムは、鳩山 内閣で初代 行政刷新担当大臣だった仙谷 氏のアイデアとの噂もありました。

 菅総理大臣は就任記者会見で、仙谷 官房長官を「煙たい存在」と断言(笑)。仙谷 官房長官が隣席から苦笑いしている中、だからこそ内閣は仙谷 官房長官中心でまとめると、中曽根内閣における後藤田 官房長官(当時)の比喩まで出し全幅の信頼を表明しています。

 昨年の衆院選で民主党が大勝利した直後、NHK総合の「追跡!A to Z」に出演した仙石 氏が、これからの民主党政権について発言した その構想や注意点は、自らの重要閣僚就任を除き(笑)その後ほとんど現実のものになっていました。

 参院選が間近にせまる中、仙石 官房長官は後藤田 官房長官的存在まで登り詰められるのでしょうか? 仙石 官房長官がクイズダービーの様にコケると(笑)民主党政権は厳しい状態になるかも知れません。仙石 官房長官こそ菅内閣で最も注目される人物です。

第383回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    CS 囲碁将棋チャンネル・テレビ対局「第19期 竜星戦」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Superfly「タマシイ レボリューション」
    2010 NHKサッカー テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    坂本冬美「また君に恋してる」
    ♪演歌歌手としての抑揚を削ぎ落とした洗練されている旋律と調性。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]


 11日 開幕した FIFAワールドカップ・南アフリカ大会。15日の1次リーグ 日本 vs カメルーン 戦は、1-0で見事勝利し、8年ぶりの勝点 3をあげました。

 どうしても1993年 ドーハの悲劇がトラウマなのか、ロスタイム4分と聞いた瞬間に とても嫌な感じがしましたが(笑)無事逃げ切ってなによりでした。海外開催のW杯サッカー本大会では初勝利となります。

 生中継したNHK総合の視聴率は 前半 44・7% 後半 45・2%(ビデオリサーチ・関東地区)をマーク。瞬間最高は試合終了直前の 49・1%。平均と瞬間最高の数字に あまり差はなく、試合中ザッピングの少ない集中した視聴動向が解ります。

 ちなみに「韓国」でのカメルーン vs 日本 戦視聴率は 24・1%(TNS メディアコリア・全国)もあったそうです。

 ラジオでは、4年前実施した日本民間放送連盟ほぼ統一の生中継と異なり、日本 vs カメルーン 戦 実況中継を全国AM・FM75局がネットしました。民放連ラジオ加盟は現在 101局。つまり民放連は「希望した局のみ」ネットしています。

 JFN加盟局では、FM青森・FM大阪・広島FM・FM岡山・FMえひめ・FM香川・FM徳島・FM佐賀・FM鹿児島がネットしていません。裏送りになった“JET STREAM”を放送しています。

 とにかく岡田ジャパンは、本番前の国際強化試合に負け続けていました。ネットするかどうかの判断から、全国ラジオ局の岡田ジャパンに対する下馬評が見えてくる様です。

 特に音楽放送がメインのFM局で、スポーツ中継をするという判断は重大で途中の変更が利きません。日本戦 3試合は追加なく75局のみネットされます。

 ここ信州ではFM長野(長野エフエム放送)が、岡田ジャパンの勝ち点 3を生中継しました。予想外の(笑)岡田ジャパンの好発進に、19日の強豪オランダ戦も期待が集まっています。


(追記) 25日の1次リーグ 日本 vs デンマーク 戦は、3-1で見事に勝利。2勝1敗 勝点 6でグループE組2位となり、決勝トーナメント進出を果たしました。

 試合開始は午前3時31分。ハーフタイムの時間に松本市内で綺麗な朝焼けが見られました。そして試合終了が5時21分。中継しなかったNHK総合では、勝利の瞬間にチャイム入りのNHKニュース速報が流れています。視聴率は 関東地区で 33・1%をマーク。瞬間最高が 5時19分の46・2%でした。


 このブログが登録されている、Yahoo!モバイルのカテゴリが変更になりました。

 新しい登録カテゴリは、トップ > 地域情報 > 日本の地方 > 信越 > 長野県 > メディアとニュース > その他 です。間に「長野県」が入りました。

 WORDPRESSへ移行後は、携帯からのご訪問が大変増えています。モバイル ブログもURLはPCと全ページ同じです。今後とも よろしく お願いします。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、16日に 12万 を突破しました。ご愛読 頂き ありがとう ございます。

第384回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Superfly「タマシイ レボリューション」
    2010 NHKサッカー テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    CS 囲碁将棋チャンネル・テレビ対局「第19期 竜星戦」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( △ )
    坂本冬美「また君に恋してる」

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ
    ♪1位 7週、登場11週。


 2010年は上半期が終了し、折り返し点が近づいています。そこで『2010 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。

 年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 今週の週間選曲リストは、384回目になります。お約束した通り、第500回は記念として「全期間ランキング」を作成・公開する予定です。

 そのルールとなる「全期間ランキング要項」が決まりました。今週から Basic List 週間選曲リスト・ルールで紹介しています。

 2年前に「全期間ランキング」の選曲条件は、年間ランキングに選曲された楽曲に限ると まず設定しました。現在 その基準でデータベースを運用しています。

 但し最終年に関して、まだ年間ランキングの作成・公開に至らない場合は、5週以上 1位を記録した楽曲を、最終年の年間ランキングに選曲された楽曲とみなす事が出来ます。

 さらに今回 具体的なルールを定めました。基本は「年間ランキング要項」と同じです。但し「特別規定」が ふたつあります。

 まず全期間ランキングでは、同じ年の年間ランキング楽曲を 3曲以上選曲できません。これは特定年度の楽曲が「全期間ランキング」へ過度に反映するのを避けるためです。

 また全期間ランキングの 5曲中 2曲は「1位週数」及び「登場週数」のデータを参考にしながらも、全期間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲の中から出来る限り「意外性」のある選曲をしなければならない規定も設けました。

 5曲全てが年間1位に固まってしまう硬直した全期間ランキングでなく、全期間2位から5位は、出来る限り柔軟な選曲・順位決定を保証するためです。

 特別規定をふたつ設けた「全期間ランキング」( All-Time Rankings )まで、あと2年半です。今週の上半期から → 年間 → 上半期 → 年間 → 上半期 → やっと全期間 となります(笑)。

 上半期 1 位には、NHK大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽が選曲されました。

 【1位 9週 登場25週】

 今年の上半期順位は、選曲条件をクリアした楽曲 8曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2010 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 9)
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( 7)
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  3. 第 3 位 ( 3)
    NHK総合・大河ドラマ ミニコーナー「龍馬伝紀行」効果音楽 [いちむじん]

  4. 第 4 位 ( 3)
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  5. 第 5 位 ( 1)
    Superfly「タマシイ レボリューション」
    2010 NHKサッカー テーマ曲


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2010年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。