FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第321回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    宮本笑里“Fantasy for Violin and Orchestra”

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Kalafina“Lacrimosa”
    TBS MBS・アニメ「黒執事」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  4. 第 4 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”
    ♪純ソウルと言い切れる佳曲。


 昨年 秋に大改編を実施したFM長野に、この春 大きな番組異動は ありませんでした。

 ただ全国民放FM局の中でも類例なき超大型な平日 帯の生ワイドだった“The Step”は、僅か6ヵ月で 5時間25分から 2時間55分へ放送時間が短縮となっています。

 この春は 広告不況の影響からか、全国のJFN加盟局で自社制作率が軒並み低下しました。古くからのFM長野リスナーである私としては、自社制作率に こだわらず穏やかな番組編成を望んでいます。

 キー局であるTOKYO FMでも、人気音楽番組に成長してきたJFNC制作の“A・O・R”を「ネット」。看板番組“JET STREAM”の機長を 伊武雅刀 氏から 大沢たかお 氏に交替させるなど、ミニマムチェンジも数が目立っています。

 今回のFM長野の改編で 私が注目したのは、その“JET STREAM”の後、平日 午前0時55分に「FM長野ニュース」(JFNニュース)が新設された点です。

 以前から最終のFM長野ニュースが早過ぎる(21時55分)と このブログで指摘してきました。深夜のFM長野ニュースが新設されたのは、この改編で一番嬉しく思っています。

 お隣りのSBCラジオは、遂に平日の24時間放送を止めて来週から早朝1時間放送が休止となります。FM長野には、足元を見つめた穏やかな番組編成を重ねて期待しています。


(追記) SBCラジオの平日放送休止は 6ヵ月で終了し、また24時間放送へ戻っています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2009年 4月 現在

  1. 【1】FM-NAGANO WEEKLY PROGRAM The Step
       月 → 木 1600 ~ 1855
       陣内大蔵・田中利彦・林マヤ・ちのみえこ

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1049
       小林新

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1130 ~ 1225
       週替わりパーソナリティ

 開局時(1988年10月)から 21年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第322回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宮本笑里“Fantasy for Violin and Orchestra”
    ♪編曲は 羽毛田丈史。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Kalafina“Lacrimosa”
    TBS MBS・アニメ「黒執事」エンディング テーマ
    ♪1位 1週、登場 5週。


 5日に 北朝鮮は 人工衛星打ち上げと称し、長距離弾道ミサイルを太平洋に向けて発射。ミサイルは日本領空を通過しました。

 NHK総合テレビは、発射から 2分後の午前11時32分、登坂淳一 アナが「北朝鮮発射情報」とのタイトルで「飛翔体」発射を速報しています。

 前日に誤探知のミスもありましたが、NHKでは初めてアナブースに緊急情報ネットワークシステム「Em-Net(エムネット)」の端末を設置。ニュース原稿なしで、首相官邸 危機管理センターからのオンライン緊急情報を即時読み上げました。

 情報更新の度に、スタジオで鳴り響いているEm-Netのアラームが放送音声へも入っています。このため北朝鮮ミサイル発射のニュースは、NHK総合テレビが全世界で最も早く報道しました。

 直後から民放テレビ各局も一斉に報道特別番組を開始。午前11時37分になってミサイルは日本領空を通過したとの情報が入り、スタジオからも安堵感が流れました。

 FM長野では、午前11時36分“キユーピー HEART OF SUNDAY”の放送中に、TOKYO FM 報道・情報センターからカットインで発射の第1報。11時44分に ミサイル太平洋到達の第2報。11時55分からのFM長野ニュースでは、小林新 アナがミサイル発射の詳報を伝えました。

 そして正午には“au ONAIR MUSIC CHART”の放送開始を遅らせて、TFMが全国へニュースを放送しています。「テレビ ラジオを通じて情報を知らせる」との政府要請を受けて、FM長野の発射情報は迅速だったと思います。

 なお日本国内で着弾等の被害はなく、武力攻撃事態または武力攻撃予測事態による国民保護法で規定された「警報放送」もありませんでした。また防衛大臣の破壊措置命令により国内4ヶ所に配置された、ミサイル防衛(MD)システムからの迎撃弾は発射されていません。

 国内実戦配備のパトリオット ミサイル・PAC-3を 今回初めて視ましたが、非常にコンパクトな機動的装備で驚きました。東京・市ヶ谷の防衛省敷地に配備されたPAC-3は、満開の桜と不思議なコントラストでした。

 人工衛星のロケットと弾道ミサイルは技術的に近接しています。自ら先軍政治を標榜する国家からの発射により、世界へ脅威を与えた事実は隠し様がありません。

 朝鮮中央放送は 9日 正午に「重大放送」として、金正日 国防委員長の再選を発表しました。北朝鮮における国家の最高ポストは「国防委員長」です。

 同日夜 放映した第12期 最高人民会議 第1回 会議での金正日 国防委員長の姿に、やつれた感じが残っていましたが手足の麻痺等は視られませんでした。

 今回のミサイル発射が北朝鮮の思惑から離れ、国民保護法に基づく警報放送の重要な訓練となった事は間違いありません。

第323回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    宮本笑里“Fantasy for Violin and Orchestra”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS フジ・木曜劇場“BOSS”劇中効果音楽 [澤野弘之・和田貴史・林ゆうき]
    ♪数トラック佳曲の劇伴がある。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]


 お気づきの方も あるかと思いますが、このブログに ファビコン(favicon)を設置しました。

 ファビコン(favicon)とは、ブログやサイトのシンボルマークとして、ブロガーやサイト管理者が独自に設置したアイコンです。

 このブログのファビコンは、グリーン一色のバックに、週間選曲リストの選曲理由マーク「8分音符」を白抜きで表現してみました。

 現在 総ての主要ブラウザはファビコンをサポートしており、皆さんのアドレスバーやお気に入りリストにも、白抜き8分音符のファビコンが ちょこん と表示されていると思います。

 8分音符がデザインされた このブログのシンボルマークであるファビコンを、今後とも ご愛顧のほど よろしく お願いします。

 なおトップページ・サイドバーからの外部リンクは、このブログが登録されている世界最大のウェブ ディレクトリ“Open Directory Project”(dmoz)日本語階層だけに限定しています。

 加えてインターネットの総本山“W3C”へのデザイン(CSS)検証リンクと、このブログの公式バナーを付属してあります。

 このブログは 最小数のバナーリンクしか設置していません。これからも 引き続きシンプルなデザインで読みやすいテキストブログを目指します。

 なお このブログもリンクフリーですが、リンクの際は 全ページに表示されているメールアドレスから お知らせ頂けると嬉しいです。

第324回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    宮本笑里“Fantasy for Violin and Orchestra”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌
    ♪和声が整っている佳曲。予告の裏で流れているのが残念。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場“BOSS”劇中効果音楽 [澤野弘之・和田貴史・林ゆうき]


 テレビキー各局では、先月 開局記念の長時間特番が多く放送されていました。当然 懐かしの番組が数多く蔵出しされ概ね視聴率も好調だった様です。

 テレビのベストテン番組と言えば、やはり名実共にTBSテレビの「ザ・ベストテン」が まず挙げられます。

 諸説ありますが4部門集計で総合順位を決定する手法は、QR文化放送の「全国歌謡ベストテン」。そして毎週70位近くまで総合順位を深く算出する手法は、福岡・RKB毎日放送の「RKBベスト歌謡50」。このふたつのラジオ ヒットチャート番組から、それぞれモデルを持ってきたと私は推測しています。

 しかし「パタパタ」(笑)の出自が解りません。独特な「得点」表示は どこにも類例がなく、当時用いられた反転フラップ式の空港発着案内盤にヒントを得た独創だと、ずっと思っていました。

 少し前の話ですが、テレビ朝日では 1月30日から2月8日まで開局50周年記念「50時間テレビ」を 10日間に渡り 5時間ずつ放送しています。

 8日 放送「超大ヒット人気番組ぜ~んぶ見せます!スペシャル」では、あの「ベスト30歌謡曲」も取り上げられており、その特番を視て驚きました。「ベスト30歌謡曲」にパタパタがあったのです。

 「ベスト30歌謡曲」は、歌謡曲ヒットチャート番組の老舗です。既に私が小学生の頃、愛川欽也・五十嵐淳子の司会コンビで放送されていました。とにかく大きなスタジオに、1位から30位までのランキングボードが ぐるっと囲み、順位発表の際 その曲のボードを回転させる仕組みです。

 現在 テレビ東京で放送中の「出没!アド街ック天国」が 30位から紹介していくのは、愛川欽也 氏の「ベスト30歌謡曲」に対する思い入れの表れとも映ります。

 ベスト30にランキングされた歌手が 全員出演する訳ではありません。ベスト3は回転だけ(笑)という週もありました。その点 ベストテン歌手に必ず出演交渉して、出来る限り曲を紹介する「ザ・ベストテン」に関して、そのポリシーがベスト30歌謡曲より優れているのは確かです。

 ところが ベスト30歌謡曲の回転式順位ボードの1番下に得点表示、つまりパタパタがあったのです。私は すっかり忘れていました(笑)。5桁のパタパタで通常4桁の得点が表示されます。

 「ベスト30歌謡曲」(1972年放送開始)は「ザ・ベストテン」(1978年放送開始)より先に生まれました。となると あの「得点」パタパタは「ベスト30歌謡曲」に源流があるのかも知れません。

 ちなみに このベスト30という単位は、総合30位まで発表していたQR「全国歌謡ベストテン」と やはり全く同じです。

 そして「ベスト30歌謡曲」の得点集計に「ベスト30歌謡曲選考委員会」という謎の要素が加味されていたのも、これまたQR「全国歌謡ベストテン」(1962年開始)の第4資料「ベストテン選定委員会の集計結果」と類似しています。

 順位の公正さでも「ザ・ベストテン」を抜き去る事は出来ないと思われます。ですがパタパタ は、ベスト30歌謡曲に前から存在していました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2009年4月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。