FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第283回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・木曜ドラマ「乙女のパンチ」劇中効果音楽 [制作スタッフが既存楽曲から選曲]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌
    ♪過去の作品と旋律の類似点は多いが、美しい終奏部を生かしたタイトルバック。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    COLDPLAY“Violet Hill”
    ♪1位 2週、登場 9週。


 CSテレビ放送は、約40以上も専門のチャンネルがあります。ビデオリサーチ社が 3月に発表した「専門チャンネル接触(視聴)率 共同調査」によると「時代劇専門チャンネル」は、4冠(6時 ~ 24時・19時 ~ 22時・19時 ~ 23時・5時 ~ 翌5時)で首位を獲得したそうです。加入世帯は 300万を突破。CATVやスカパーで高い人気を誇っています。

 確かに「時代劇専門チャンネル」は 良く出来ています。平日は 毎正時からCMなしで作品を入れ替えて放送。土日は 人気作品を集中放送。旧作にもかかわらず番組予告は、まるで新番組の様にオリジナルで制作しており、往年の旧作は、ハイビジョンでリマスターされ驚くほど鮮明です。プログラムガイド誌も、毎日 200件以上の新規申し込みがあるそうです。

 この週間選曲リストでも、四冠王の「時代劇専門チャンネル」から、私が尊敬して止まない天才劇伴音楽家・山下毅雄 先生の制作した「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽が、CS放送 初の 1位に選曲されました。私も小学生の頃以来、久しぶりに このテーマ音楽を聴きましたが、常識的なコード進行を壊していく様で、まさに鳥肌の立つ思いでした。

 どんな音楽家でも、この様な素晴らしい和声 と 調性のテーマ音楽は、作編曲出来ないでしょう。モノラル仕様ながら、クラリネットに抑えたパーカッション・ストリングスを加えます。そして少しずつ移調しながらも、同じ旋律を繰り返し演奏させ、歌舞伎に用いる柝の音が 定間隔で鳴っています。他はベースがアクセントなだけですが、全く独創的な音楽を醸し出しています。

 圧巻は 終奏部です。乱打になった柝の音に、ベースは まさしくモダンジャズの和音。さらに今まで同じ旋律のみ流していたクラリネットが一気に畳み掛け、なんとも言えない聴後感を残します。この山下 先生のテーマ音楽に対抗しようと、新しい鬼平犯科帳のエンドテーマとして採用した苦肉の策が、あのジプシーキングス「インスピレーション」なのかも知れません。

 少子高齢化社会は、もはや避ける事が出来ない この国の運命です。往年の名作・旧作を再放送ではなく本放送として扱い、過去をアーカイブするのではなく、過去を現在にリマスターしていく手法。山下毅雄 先生の天才的なテーマ音楽の美しさに相乗して「時代劇専門チャンネル」の編成が、まさしく高齢化社会における放送メディアの最先端を走っています。

第284回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌

  3. 第 3 位 ( ★ )
    左とん平「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」
    ♪テレ東「夏祭り にっぽんの歌」で視聴。経年変化なく圧倒されるストリングスのグルーヴ感。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]
    ♪1位 2週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・木曜ドラマ「乙女のパンチ」劇中効果音楽 [制作スタッフが既存楽曲から選曲]


 7日から 9日まで『G8 北海道洞爺湖サミット』が開催されました。

 G8サミットを「セレモニーだけの世界政府」と揶揄したり、その実効性も疑問視する人が多いのは事実です。しかし、先進主要国同士が決定的な軍事対立を回避するという同盟的危機管理の面から見れば、間違いなくG8サミットは有益です。

 例えセレモニーでも、年1度 先進主要国の首脳が全員集まり定期会同を持つ事は、それなりに大切だと思います。

 国連憲章には 未だ「敵国条項」が存在します。その該当国家が 1ヶ国も安全保障理事会 常任理事国に加わっていません。やはりドイツ・イタリアそして日本が加わるG8は、第2次世界大戦後の先進主要国を網羅している事だけは間違いありません。

 輪番で日本が議長国となるサミットは、これで5回目になります。なぜか過去4回とも、その年に衆議院の解散がありました。

 衆議院議員の任期は 4年。サミット開催の輪番が 8年。政変の年巡りというより、サイクルに類似性があるのかも知れません(笑)。ですが衆議院議員の任期満了は 来年秋と迫っており、サミット後の福田内閣の政治判断に注目が集まっています。


 引越しの影響からか膝と腰を少し痛めました。それは回復したのですが、ひと月前から左足のカカトも痺れだし、最近では一日中 痺れる様になってしまいました。

 松本市は 現市長が医学博士。肝臓移植で有名な信州大学医学部附属病院を始め、医療施設が充実している地方都市です。

 そこで市内最大の私立病院を受診しました。総合案内で症状を訴えると、即座に整形外科へ行って下さいとの事。「ん? 整形外科? 神経内科ではないのか?」と思いながら整形外科を受診しました。

 足腰の触診の後「これは腰から来てますね。レントゲンを撮りましょう」と、即座に腰のレントゲン撮影。あっという間に撮影が終わり、間髪入れず 2度目の診察。そこで見せられたものは・・。「背骨が変形してる!」。なんと私の背骨が妙に曲がっているのです。

 脊柱管の狭窄もありました。腰の疲労蓄積で骨が神経に触れてしまい、痺れているのではないか との診断でした。担当医師は、若い頃の脊椎の病歴・事故歴を さかんに聞いてきました。しかし、全く身に覚えがありません。

 帰宅後に思い出してみると、その 私が通っていた茨城県北茨城市立大津小学校に、ローラースライダーもどきの「大滑り台」があり、そこから落ちた事がありました。特に骨折など なかったのですが、思い当たる事は それぐらいしかありません。

 ここ数年 真冬になると、早朝など背中の寒気が取れない症状にも悩んでいました。どうやら この自律神経も、曲がった背骨に触れていた様です。取りあえず神経修復の内服薬を処方されましたが、初回から いきなり28日分です。これは 長期戦です(笑)。

 今までの身体の不調の原因が、約半日の初診で はっきりしました。当分長期の出張など無理は出来ませんが、日常生活に ほぼ支障はないので、ゆっくり療養しようと思っています。

第285回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ
    ♪アーティストイメージとは違うドライブ感を魅せるアニメ主題歌。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    みつき「夏のモンタージュ」
    SBC TBS・ドラマ30「ナツコイ」主題歌
    ♪声楽的歌唱力がある女優・高畑充希の和声感あるアレンジによる佳曲。編曲は 増田武史、詞 曲は 竹内まりや。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜ドラマ「乙女のパンチ」劇中効果音楽 [制作スタッフが既存楽曲から選曲]


 福岡県 北九州市の県域FM局“CROSS FM”(エフエム九州)も が 先々月 経営破綻し、会社清算による再建の道を選びました。以前なら KBS京都(近畿放送)など放送局の経営危機があっても、破綻だけは 免れてきました。20世紀では 想像さえつかなかった、日本の放送局の経営破綻は、21世紀に現実の姿となりつつあります。

 セントギガ(衛星デジタル音楽放送)で、史上初の経営破綻(事実上閉局)が起きて以来、経営基盤の脆弱なコミュニティFM局を中心に、放送局の破綻は 相次いで表面化しています。県域民放FM局の危機感は 尋常でなく、中には編成(放送)部 と 営業部を ひとつにする組織改革をし、一種の「本部」体制で乗り切ろうというFM局も存在するほどです。

 この様なラジオ局経営破綻と その法的処理が先例となって残ってしまえば、今の不況から好況へ日本経済が移っていったにしても、景気循環で 次の大不況が到来してしまった時に、もはや放送業界を守ってくれた護送船団は出航しません。個々の事情しか顧みないラジオ局の淘汰は、時間を先伸ばしする事があっても、これからも充分有り得るのです。

 4月からの新年度も相当の首都圏・関西圏人気局でさえ、スポットは 暫減傾向にあり、平成19年度決算は 赤字局が続出しています。現在でも資本金を蝕む 債務超過状態になっているラジオ単営局は 数局あります。累積赤字が改善しない局も 十指を超えていました。その債務超過状態になっていた局のひとつが“CROSS FM”(エフエム九州)だったのです。

 CSテレビ放送でも「スターチャンネル」が、累積赤字が 245億円まで達し、遂に会社清算をした上で再建となったそうです。通常の私企業なら、とても再建は 無理な負債です。CSテレビ局でさえ こんな状況ですから、インターネットの普及 や コアターゲットの絞り過ぎなど、原因が明確な全国のラジオ局の経営は、例外なく今回の不況で厳しさを増しています。

 だからと言って私は、将来 地上波ラジオメディアが姿を消す事は、絶対有り得ないと思っていますし 信じています。一体どのようなステーションや番組が将来も残るのか? 意外にその答えは、リスナーなら誰でも解りますが、現状維持に精一杯の送り手から見ると、フンと鼻を鳴らす様な単純で素朴な事かも知れません。

第286回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    みつき「夏のモンタージュ」
    SBC TBS・ドラマ30「ナツコイ」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪1位 3週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    谷村奈南“If I’m not the one”
    abn テレ朝・木曜ドラマ「四つの嘘」主題歌
    ♪6年前のドラマ「マイリトルシェフ」のタイトルバックと類似性が高いが、和声が整っている佳曲。


 暑中お見舞い申し上げます。2008年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 24日に 岩手県 沿岸北部で、震度6弱の激しい地震が発生しました。FM岩手では、岩手・宮城内陸地震に次いで 2度目の「緊急地震速報」を送出。NHK盛岡放送局のスキップバック映像によると、本震来襲直後に緊急地震速報のチャイムが遅れて流れ始めた様です。FM長野でも、9月から緊急地震速報の運用を予定しており、精度の高い速報が気象庁に求められています。

 【犠牲者 1名 負傷者 207名】

 ブロガー プロフィールでも紹介していますが、IBCラジオ(岩手放送)は、その昔 大変お世話になったラジオ局です。ひとつの県で 20店以上のレコード店の売上げを独自集計。邦楽 60位・洋楽 20位まで毎週発表する「IBCトップ40」を、かつて放送していました。その中の「ベスト3予想人のコーナー」で、2年近く私は 毎週 没なく葉書を読まれ続けていたのです。

 このIBCトップ40のプロデューサー 兼 ディレクター、そして 生みの親でもあった IBCラジオの故・北口惇夫 放送部長(当時)と、ラジオ チャリティ ミュージックソンの時に、電話を通じて お話した事があります。徹底的なリスナー参加の音楽ヒットチャート番組を独創した、全国でトップクラスの稀に見る器量な放送人でした。

 DJだった 大塚富夫アナウンサー(現・アナウンス部長)は、現在まで 20年以上も、IBCラジオの顔として生ワイドを担当されてきましたが、最近ご病気がちとの事。私の長々しい投稿葉書を、毎週 丁寧に読み続けて頂いたラジオの大恩人です。地震への心配 と 懐かしい気持ちが入り交っています。今回の地震で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


(追記) この地震は「岩手県沿岸北部の地震」と呼称されています。この呼称は、気象庁による正式な命名ではありません。 東日本大震災後の IBC岩手放送に関する週間放送視聴日記は、IBC岩手放送 と RFCラジオ福島をラジコ で聴く( 2011年 8月 5日)に掲載されています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、19日に 8万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2008年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。