FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

FM長野 周波数

松本   中継局 86・4MHz   10W
大鹿   中継局 81・8MHz    1W
飯田   中継局 88・3MHz  100W
聖    中継局 78・1MHz  100W
飯山野沢 中継局 81・8MHz   30W
小海   中継局 80・3MHz  100W
木曽福島 中継局 81・5MHz   10W
岡谷諏訪 中継局 81・8MHz   50W
善光寺平 中継局 83・3MHz  100W
美ヶ原  送信所 79・7MHz 1000W
コールサイン(呼出符号) : JOZU-FM
演奏所:長野県 松本市   FM長野について

(NHK-FM)
松本   中継局 84・8MHz   10W
大鹿   中継局 85・0MHz    1W
飯田   中継局 77・4MHz  100W
聖    中継局 83・0MHz  100W
飯山   中継局 82・8MHz    3W
小海   中継局 84・9MHz  100W
木曽福島 中継局 82・9MHz   10W
岡谷諏訪 中継局 85・3MHz   50W
善光寺平 中継局 85・7MHz  100W
美ヶ原  送信所 84・0MHz  500W
コールサイン(呼出符号) : JONK-FM
演奏所:長野県 長野市
NHK-FMについて


FM長野について

 本社演奏所や本局送信所の地理的配置 さらに独特のコールサイン呼称など、全国のJFN加盟局の中でも FM長野は、放送研究の価値があるユニークな存在です。

 旧郵政省による県域民放FM局の電波割り当てが 長野県にあったのは、1982年10月27日。175件の免許申請調整は 月日を要しましたが、1987年 8月25日 申請一本化に合意しました。

 そして自治体・有力企業総意の元で、長野エフエム放送株式会社が 同年11月12日 創立。FM長野は、1988年10月 1日に開局しています。

 私は、信州の中心に位置する美ヶ原高原(海抜2031メートル)の王ケ頭にある FM長野の美ヶ原 本局送信所が、全国のFMラジオ本局送信所の中で、最も地理的に優れた位置にあると考えています。

 FM長野の本社演奏所と本局送信所の距離は、約11キロほどですが 直線ラインを追うと、送信伝搬が僅かに王ケ鼻の陰で隠れてしまいます。

 そこで松本市 岡田町の茶子望主山に反射板を設置。本社演奏所からのSTL波(3・436GHz 10W)は、反射板(縦横10メートル内)に向かって送信し、その反射波を本局送信所へ届ける 独特な送信の仕組みを採用しています。

 また本局送信所からの放送波は、県内9ヶ所の中継局でエア受けをしています。松本 中継局の場合、約8キロの距離を 5素子1段1面で受信し、ダイホールアンテナにより 垂直偏波で再送信します。

 特にFM長野の中継局は、開局以来 音質劣化を避けるため、復調せず再送信している大きな特徴があります。FM長野は、他局との比較でも音質が優れたラジオ局なのです。

 プレス発表されたFM長野の基本理念に基づき、開局当時の自社制作番組は、アナウンサーがディレクターも兼務し、自ら調整卓を操作しながらアメリカンDJスタイルで放送していました。

 当時は月曜から金曜まで5日間連続 約2時間の生ワイドを、女性アシスタントとアルバイトひとりずつだけの体制でオンエアー。コストをかけず、FM長野の草創期を一生懸命支えてきたのです。

 長野エフエム放送 沿革にも まとめてありますが、その後のFM長野の番組編成方針は、この開局から数年間に培った原資を費やし、役員構成の変化にスライドしながら、FM長野のステーションカラーが変遷していきました。

 これからの地方における単営ラジオ局の存在価値は、道州制も念頭に サービスエリア内全体の公益へ、どう立脚するかで決まります。地域統合の象徴となる様に存在価値を維持するため営利活動をし、安定経営に努める放送事業会社であるべきなのです。

 災害などの緊急報道や選挙結果の一早い報道など、重要なニュースの速報性の維持は FM長野に不可欠です。それ故 普段から緊急ニュースの素早い送出や、それを可能にする将来まで続く地方行政区画を見据えた、ニュース配信報道機関との連携強化が なによりも必要です。

 特に音楽放送を主体とするFMラジオ放送局の定時ニュース報道は、幅広く主要項目(ヘッドライン)を出来る限りコンパクトに伝える事も大切です。FM長野ニュースは、これらの要素が常に満たされるべきなのです。

 松本市に本社演奏所が在するFM長野は、ラジオ放送の本旨である第1次情報報道の迅速性・信頼性を損なわないために、地域・年代に こだわらない多くのエリア内リスナーの聴取習慣を維持すべく、良質の音楽番組を放送し続ける使命があります。

 また長野県の人口動態は、全国平均と比較しても高齢化が進んでおり、当然長野県をサービスエリアとするラジオ局は、人口動態にリスナーターゲットをスウィングさせなければならないはずです。

 安易なターゲット層を絞った番組は、ターゲット外の絶対多数のリスナーが、確実にラジオから離脱させる結果に繋がりかねません。従来からのオーディエンス・セグメント編成ではラジオを救えないのです。

 信州に移り住む前月の1991年 3月から、私は定期発行されたFM長野の「番組表」(タイムテーブル)を収集・保存し続けています。

 その数は 現在250部を超えました。開局時である1988年10月 第1号など、初期のタイムテーブルもコピーを入手し所有。戦後のラジオ放送の歴史に関する資料も数多く保存しています。

 私は、ラジオ放送に対して、全国にいるヘヴィなリスナーとは違ったスタンスを 心に持っています。

 全国のラジオ放送局は、放送局である以前に、国から免許を受けた「無線局」であるという認識です。呼出符号であるコールサイン(JOZU-FM)が存在するのは、FM長野が国から許可を受けた無線局だからに他なりません。

 このブログ、特に送信解析 FM長野にも書いていますが、私がFM長野を長年愛聴している根本の理由は、佐渡島から茨城・大阪に至るまで受信可能であるFM長野が、国から許可を受けた無線局として、送信伝搬の優秀性を有しているからです。

 FM長野を取り巻くラジオメディアが、合併や放送番組の同一化もあり得る峻烈な転換期を迎える中、FM長野も これから未来へ向かい、放送体制も 番組形態も DJも 勤める社員さんも そしてリスナー自身も、ゆっくりと確実に入れ替わっていく事は避けられません。

 ですが その中で私は、数少ない長期間入れ替わらないリスナーとして、健康である限り、これからもレベルの高い音楽番組を中心に、FM長野を聴き続けていきたいと考えています。

MY RADIO

tivoli audio Model One

愛用しているメインラジオです。

NHK-FMについて

 NHK-FMは、1957年に東京から開局したFMラジオ放送の老舗です。長野は、1964年に開局しました。

 クラシック音楽を中心に、ポピュラー洋楽・歌謡曲・ワールドミュージックそして純邦楽・民謡に至るまで、あらゆるジャンルの音楽を、公共放送として差別なく放送しています。

 NHK-FMの最大の特徴は、オンエアー曲をノーカット完奏させる点にあり、開局以来その編成方針を貫いています。

 平日の朝・午後そして夜と、クラシック音楽放送を帯ワイドで編成。特に夜の帯ワイド番組「ベスト・オブ・クラシック」は、NHK-FMの看板番組になっています。

 NHK-FMの定時ニュースは、7時・12時・19時及び深夜1時から4時までの毎正時に、ラジオ第1放送と同時放送されています。

 但し基幹である19時のニュースを休止して放送する「NHK交響楽団 定期演奏会」の生中継(年18回予定)は、NHK-FMの最も重要な音楽番組に位置付けられています。

 NHK-FMでは、原則として臨時ニュース・ニュース速報を放送しませんが、緊急地震速報特別警報は 全国に送出。また気象警報・竜巻注意情報などは、対象エリアに向けカットインで放送されています。

 長野局からの地域放送(ニュース・気象情報枠を除く)は、現在お昼前 11時50分から、夕方は平日のみ 18時50分からの それぞれ10分間と、だいぶ減ってしまいました。

 この地域放送は、交通情報・気象情報・お知らせ・ローカルニュース などですが、全国学校音楽コンクールやNHK杯全国高校放送コンテストの県内優秀作品を、夕方の10分間でオンエアーする事もあります。

 1970 ~ 80年代のNHK-FMは、平日 18時台の50分間とウィークエンドに、全国の放送局が リクエスト番組を中心とした独自編成をしており、NHK-FMが個性にあふれた素晴らしい時代でした。

 私は、NHK-FMの地域放送として、土曜午後約3時間に渡って各局毎にオンエアーされていた「FMリクエストアワー」を熱心に聴いていました。

 FMリクエストアワーは、各局のNHKアナウンサーが生放送で、民放ラジオより自由闊達に担当する事が許されており、長野局では毎週独自のチャート(ベスト11)を発表していました。

 FM長野 開局前の時代には、NHK-FMの地域放送が、全国のFMラジオ放送の中で 大きなウエイトを占めていたのです。

 FMラジオ雑誌は、2001年に総て休廃刊してしまいましたが、FM放送で音楽を楽しむスタイルを続けている人達や、演奏曲目を事前にチェックした上でFM放送を愛聴する高いレベルのラジオリスナーは、まだ多く存在しているのです。

 長野県内だけでも、FM長野 10ヶ所に対し NHK-FM 24ヶ所と、圧倒的な数の送信所・中継所からの電波で、NHK-FMは 全国放送されています。

 NHK-FMの歴史は、音楽ラジオ放送の原点は何か? いつもFM長野を始め民放FMへ問いかけながら刻んできました。そして現在もクラシック音楽番組中心の安定した番組編成と 優れた音楽放送を続けています。

 我が家では NHK受信料を支払っています。この受信料は ラジオ機能の維持にも使われており、FM長野リスナーを標榜していますが、払った受信料の分だけは NHK-FMを聴く権利があります(笑)。

 NHK-FMには、全曲完奏で音楽放送をする佳き伝統を継承しながら、FM長野リスナーである私のオアシスとなって欲しいものです。

 FM長野とNHK-FM。この2局のFMラジオ放送に囲まれた日々は、私にとって理想的なスローライフなのです。

MY ANTENNA

vertical polarized antenna for fm-Radio

ベランダにある屋外FMアンテナ
松本中継局(垂直偏波)受信専用です。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、最新5週分のリストを常時連記している『 トップページ 』です。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てが オリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。

ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

BLOG PET

かめクン

このブログでも おなじみ
長年 飼い続けている
ミシシッピ アカミミガメの
ごぞんじ『かめクン』です。

第749回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽[吉川清之]
    ♪対象サウンドトラック楽曲は“Memory”。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  3. 第 3 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Place Of Love”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・海外テレビドラマ「シカゴ・メッド」エンドクレジット テーマ音楽 [Atli Orvarsson]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「おんな城主 直虎」テーマ音楽[菅野よう子]


 今日は「山の日」です。2016年に 国民の祝日として制定されました。

 2000年の国民の祝日に関する法律改正で、ハッピーマンデー制度が取り入れられて以来、海の日をはじめ一部の祝日は、第2や第3月曜日と定められて、日付が変動する様になりました。

 もちろん元旦や建国記念の日、勤労感謝の日など、日付自体に意味を有する祝日は変動しません。春分の日と秋分の日は、国立天文台の春分点・秋分点 計算結果で自動決定されます。

 山の日の場合、海の日同様に曜日指定でも構わないのではないか? と思うのですが、制定当初から 8月11日と固定されています。これは国民の祝日に匹敵するほど日本社会に浸透している、旧盆休みを充分意識した設定です。

 沖縄などを除き旧盆は、13日(迎え盆)から16日(送り盆)で、前後に土日が来ると嬉しくなるのが、例年沸き起こる気持ちでした(笑)。

 同じく社会に浸透している年末年始休みは、12月28日が御用納めで、新年 1月 4日が御用始め。29日から 3日まで年末年始休みとなりますが、元旦の休みは当たり前過ぎて、元旦を国民の祝日と意識する事は ほとんどありません(笑)。

 ところが山の日は、お盆休みの2日前に固定されました。これは元旦の数百倍以上の有難みがあります(笑)。今年はお盆休みが事実上2日間延長されました。これから山の日と旧盆休みが有る限り、毎年カレンダーを見る楽しみが、ゴールデンウィークの様に増幅します。

 実は4年ほど前、仕事の筋で知り合った方に、文章を書いてほしいと頼まれた事がありました。海の日があるからには、山の日を新たに国民の祝日として制定する運動を、信州の地から起こしたい。ついては某市議会に請願するから、請願理由の原案を書いて欲しいとの事でした。

 なるほどと思いながら、期日までに請願理由の骨子を仕上げて提出しました。その文章は、気負う事なく書き上げた記憶があります。心の中では、そんなに簡単に山の日が 国民の祝日に制定される訳はない。少なくとも 10年以上かかると甘く見ていたのです(笑)。ところがです。山の日は、それからわずか2年後の昨年、国民の祝日として制定されてしまいました(笑)。

 私はその骨子の文章に、既に制定されている海の日に対抗して(笑)山の日の祝日意義を「美しき山岳を尊び、国民が山々の連なる国土を愛護する日」と書いています。これならば海の日と五分五分になるだろうと思ったからです(笑)。そして実際 国民の祝日に関する法律に定められた 山の日の意義は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。」とされています。

 自宅は賃貸マンションの3階ですが、サッシの先には北アルプスの山々が広がっており、玄関方向に見える里山は、美ヶ原高原です。山の日だけでなく、1年365日 山に親しむ環境です。山の日を国民の祝日として祝う意義は、旧盆休みが伸びる事以上に(笑)この澄み切った空気からも感じています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、11日に 38万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。

第748回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽[吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・海外テレビドラマ「シカゴ・メッド」エンドクレジット テーマ音楽 [Atli Orvarsson]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Place Of Love”
    ♪抜群の調性感を有するデリコサウンドの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「おんな城主 直虎」テーマ音楽[菅野よう子]


 3日に、第3次 安倍内閣の第3次 改造がありました。前回の改造も、8月 3日で、ちょうど1年目の改造となります。

 今回の改造でも麻生 副総理(内閣法 第9条の第1順位指定大臣)菅 官房長官という骨格には変更がありませんでした。その中で、野田聖子 総務大臣、河野太郎 外務大臣、そして鈴木俊一 五輪担当大臣に意外性を感じました。

 組閣に関する情報は前日の午後あたりから漏れ始め、深夜には ほぼ閣僚の顔ぶれが内定。当日は 午後1時27分、留任した菅義偉 内閣官房長官から閣僚名簿が発表されました。NHK総合・信越放送・長野放送・長野朝日放送が生中継しています。

 この閣僚名簿発表を視ていて気付いたのは、内閣担当と内閣府特命担当の多さです。働き方改革だの まち ひと しごと創生だの 人づくり革命だの(笑)発表した菅 官房長官が言い間違えて訂正する一幕もありました。

 特命事項は 主幹大臣に任せるのが筋で、復興・五輪など法律によって増員が認められた大臣ポストこそ、真の特命担当大臣だと考えます。また革命の他にも「横滑り」という語彙も、発表される閣僚名簿で使うべきではないと思いました。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・茂木敏充 経済再生担当国務大臣、4位・野田聖子 総務大臣、5位・林芳正 文部科学大臣 となっています。

 7月28日に稲田朋美 防衛大臣が辞任し、この内閣改造までの 7日間は、岸田 外務大臣が防衛大臣を兼務しました。正直に言って私は一連の陸自日報問題よりも遥かに、この外務・防衛大臣兼務の人事が驚きでした。

 外務大臣は 我が国の外交を司る重要閣僚であり、防衛大臣は 我が国の国防を司る重要閣僚です。外務大臣と防衛大臣は、極めて重大な国運の原因と結果の関係をもたらす、最も分離しなければならない閣僚です。緊迫した外交交渉の最高責任者が、同時に防衛攻撃命令を発する最高責任者を兼ねていたら、相手国は一触即発のメッセージと受け取ってしまいます(笑)。

 外務大臣と陸海軍(防衛)大臣の兼務例など、太平洋戦争を開戦遂行した東條英機 内閣(17日間)や、韓国併合をした桂太郎 内閣(45日間)ぐらいなものです。案の定 7月29日に北朝鮮はICBMの発射実験を決行し、岸田 外務大臣が防衛省のトップとして対応に追われています。

 外務大臣に防衛大臣を兼務させる事自体、安倍 内閣の秘蔵っ子だった稲田 前防衛大臣を守り切れなかった防衛省組織に対する、安倍 首相の不満のシグナルとも受け取れますが、外務大臣と防衛大臣さらに財務大臣は、例え短期間でも国家の根幹を支えあう、意図的な兼務は許されない重要閣僚だとの認識は必要だと考えます。

 最近安倍 首相の体調はどうなのか? あまり報道もないので少し気になっていますが、革命や横滑りという語彙を気にせず使う内閣官房、外相の防衛相兼務、やたら多い特命担当など注意シグナルが垣間見える中で、憲法改正の自民党提案が視野に入った 安倍 内閣の今後に注目が集まっています。

第747回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・海外テレビドラマ「シカゴ・メッド」エンドクレジット テーマ音楽 [Atli Orvarsson]

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽[吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]
    ♪1位12週、登場32週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「おんな城主 直虎」テーマ音楽[菅野よう子]
    ♪全劇伴に渡って明らかな旋律類似が気になるが、メインテーマは ようやく耳に馴染んできた。


 暑中お見舞い申し上げます。2017年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 今年の夏は、予測が難しい局地豪雨などの甚大な災害が起きています。5日から6日にかけては、福岡県・大分県に大雨特別警報が発令されました。

 特別警報は、経験したことのないような異常な気象現象や天変が起きる可能性があり、かつ今まで数十年間災害には見舞われない地域でも、災害の可能性が高まっている時にのみ、気象庁が気象業務法 第13条の2に基づき発令する最も重い警報です。

 福岡県に引き続き大分県に大雨特別警報が発令された時刻は、5日午後7時55分で、NHK―FMとラジオ第1放送では、通常番組を打ち切って全国に速報。大分ラジオ第2放送(JOID)でも対象エリアに速報しました。またFM大分は、地元の大分合同新聞社と密接な関係があり、大雨特別警報と災害状況を 逐次ニュース報道しています。

 福岡県と大分県に多くの人的被害が出たこの局地豪雨を、気象庁は「平成29年7月 九州北部豪雨」と命名しました。メディアが大雨特別警報をどの様に伝え、その特別警報が被災地に伝わり、住民の皆さんはどの様に受け止めたのか? 時系列を追った詳細な検証が求められています。今回の豪雨で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。

 ここ信州でも、先月25日に木曽郡王滝村・木曽町で震度5強の強い地震があり、朝7時02分に緊急地震速報が長野県内の携帯端末へ一斉送信されました。緊急地震速報も、気象庁が発表する特別警報に含まれます。

 私のガラホは、睡眠時にサイレントマナーという無共鳴完全シャットアウトをしており、休日の朝をぐっすり熟睡していたのですが(笑)いきなり「地震です!」とのアナウンスとアラートが鳴り響きました。多種多様な生活スタイルを営んでいる対象住民に、緊急地震速報を一斉同報する迅速さは、従来からあるラジオ・テレビの既存メディアが到底及ぶものではありません。

 特別警報は、J―ALERT(全国瞬時警報システム)に属します。どうも地域の防災行政無線と、基幹放送事業者としてのFMラジオ放送を別系統に考えてしまいますが、対象住民に一刻も早く緊急情報を伝達する その公的使命は、本来同じはずです。

 対象地区が 放送サービスエリア内だった場合のみに限定される条件はありますが、J―ALERTはFMラジオメディアで放送し、緊急告知放送は自動で起動するラジオ端末を普及させていく事は、将来までラジオメディアが生き残っていく大きな道筋だと考えます。

第746回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・海外テレビドラマ「シカゴ・メッド」エンドクレジット テーマ音楽 [Atli Orvarsson]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽[吉川清之]
    ♪ストリングスと打ち込み打楽器に誤和音的要素があるが、緊迫感の演出とも捉えられる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Kalafina“storia”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」オープニング テーマ


 安倍 首相の在任も通算 5年目を迎えました。内閣支持率を紐解くまでもなく、長期政権と言われた中曽根 内閣も小泉 内閣も 5年目は危険水域でした。心機一転をはかるべく断行されるであろう 来月の内閣改造に注目が集まっています。

 安倍政権を ここまで支えてきたのは、景気拡大政策の実践です。リーマンズショックの頃は、失業者が続出していましたが、現在は 逆に人手不足が深刻です。どちらも社会への不満が声高ですが、両者は根本的に異なります。

 わが国の経済状況を端的に把握できる物差しとして「景気動向指数」があります。経済の動きにシャープに反応する 28項目の指標をベースに算出する総合指数です。

 景気動向指数も実にややこしい分類があり、理解するのは一筋縄でいかないのですが(笑)景気の波を経年で観測するならば、コンポジット・インデックス(CI)の先行・一致・遅行の3指数を把握していれば良いと思います。

 先行指数は 数ヵ月先の景気の動きを示唆し、データに東証株価指数や新規求人数、通貨流通総量であるマネーストックなどを使います。一致指数は 今の景気を現し、鉱工業生産指数や全産業営業利益、有効求人倍率などを基に算出。半年から1年遅れで反応する遅行指数は、家計消費支出や法人税収入・消費者物価指数など、景気の実感に係わる結果がデータに含まれています。

 景気動向指数は、国のシンクタンクである内閣府経済社会総合研究所が発表していますが、内閣府統計局や総務省統計局と密接な連携をしています。

 その総務省統計局には統計図書館という専門図書館があり、電話やメールで統計に関する相談を受付けています。以前仕事関連で この統計相談を利用した事があるのですが、担当した官僚の方が ざっくばらんで、統計資料に関する質問に丁寧に答えて頂き、実に好感を持った思い出があります。

 景気動向指数の資料は、内閣府のサイトから簡単にダウンロードできます。その資料から CI先行・一致・遅行の3指数の流れを見ると、日本の景気の波が手に取る様にわかります。

 2008年のリーマンズショックの時は、先行指数が100ポイント台から 75ポイントまで僅か半年で一気に急落し、一致指数も後を追うように崩れました。ところが遅行指数は、どうにか 97ポイント前後で踏みとどまり、その後 安倍政権の誕生と共に 3指数は上昇に転じています。

 3指数の並びも重要で、景気が明確に急上昇する時は指数が 先行 > 一致 > 遅行 と並びます。景気が悪くなって行くときは 遅行 > 一致 > 先行 と逆の並びになるのです。今月発表になった 5月の速報値では、先行指数 104・7、一致指数 115・5、遅行指数 116・7 と比較的高い数字をマークしていますが、3指数の向きは 遅行 > 一致 > 先行 でした。

 景気動向指数は、日本経済を集約していく、最も重要な政府統計です。先月の東京都議選では自民党が大敗しましたが、国政の野党第1党である民進党も敗北しています。マスコミは、安倍政権が情緒的な内閣支持率で右往左往するかの様に報道を続けていますが、内閣の命運は、この景気動向指数が握っているのかも知れません。

第745回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Kalafina“storia”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Might fall in love”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・海外テレビドラマ「シカゴ・メッド」エンドクレジット テーマ音楽 [Atli Orvarsson]
    ♪抑制された和音構成だが、視入ると染みてくる劇伴。


 全国に普及してきた民放AMラジオ局のFM補完中継局が、制度として認められた理由のひとつに、送信施設の老朽化があげられます。AMラジオ放送局の本局送信所を全面更新すれば、一度に最大で20億円、平均しても8億円以上の費用を要します。

 しかし、送信施設の更新というのは、AMラジオ局だけ必要なのではありません。FMラジオ局も ある年数を経ると、送信施設の全面更新をしなければ、トラブル無き日々の送出は難しくなってきます。

 NHK―FMでも老朽化した送信所施設の整備を 毎年全国で行っており、昨年度だけでも、長野(美ヶ原)鹿児島(鶴丸)宮崎(鰐塚山)の老朽化した放送機を更新し、長野(美ヶ原)和歌山(岩屋山)徳島(笹森山)高松(青峰)では 老朽化した空中線(アンテナ)施設を更新しました。

 2011年の地上波テレビのデジタル化の際に、ほとんどのテレビ送信所は全面更新をしました。そして立派な放送タワーを共同で整備し、その時に建設した放送タワーにFMラジオ局も送信施設を移し、全面更新を上手く済ませたケースもあります。

 この様な共同で放送タワーを建設出来た県域・広域のラジオ・テレビ局は、NHKを含めて お互いの関係が良好で、対等な経営バランスに立脚している場合が多いのです。視聴者にとっても公共財から享受を受ける立場から実に有益です。

 県域・広域のFM放送を営む事業会社のバランスシートなどを読み解くと、減価償却の観点からも約 15年程度で演奏所(スタジオ)を含めた施設更新が必要になってきます。この施設更新目的の多額の支出は、放送事業会社の宿命と言うべきものです。

 FM長野が開局する前、80年代の深夜放送を席巻した「ビートたけしのオールナイトニッポン」の初代ディレクターであった、LFニッポン放送の森谷和郎 専務取締役は、AMとFMの同一番組送出は、経費が 2倍掛かるため出来れば 100%補完FMで聞いてほしいと、FM波への一本化の将来性を明言しています。

 LFニッポン放送のAM送信所は、千葉県木更津市にありますが 老朽化が進んでおり、また東京都足立区には 予備送信所があって機能を維持しており、さらに東京スカイツリーにあるFM補完中継施設を加えると、森谷 専務の主張も理解出来ない訳ではありません。

 FM補完送信所・中継所の整備には、国から補助金が一定比率交付されるケースが多く、各地に立派な施設が建設されつつあります。しかし 従来のFMラジオ放送局の送信施設の更新には、放送局の自己負担が原則であり、そこには先見の明がある決断が必要になってきます。

 その決断と放送送信施設の更新を躊躇していると、先伸ばしにした歳月が、放送事業会社の経営統治に重くのしかかってくるのです。