FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第856回ランキング

  new
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    安藤裕子「鑑」
    BSテレ東・土曜ドラマ9「W県警の悲劇」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    OKAMOTO’S「新世界」
    ♪ストリングスに和声を感じさせるアニメ映画主題歌。


 もう何度このブログに、安倍 内閣改造について書いたのでしょうか? いつも優先する出来事が起きて(笑)すぐ書けなかったのですが、今回は珍しく(笑)断行週に書いています。11日に、第4次 安倍内閣の第2次改造がありました。麻生 副総理(内閣法 第9条の第1順位指定大臣)と、菅 官房長官の 2人だけ留任。内閣の屋体骨には、全く変動がありませんでした。

 組閣前日の午後から入閣内定者のニュース速報が打たれ始め、夜遅くには 閣僚の顔ぶれが決まっています。当日は 午後 1時25分に、菅義偉 内閣官房長官から閣僚名簿が発表されました。NHK総合・信越放送・長野放送・長野朝日放送が生中継しています。河野太郎 外務大臣が防衛大臣に、茂木敏充 経済再生担当大臣が外務大臣へスライドしたのが、今回の改造の焦点です。

 前回の改造では、初入閣が 12名いましたが、今回は さらに上回る 13名の初入閣があり、閣僚の 68・4%を占めています。初入閣者には、婚姻発表をなせが首相官邸でやってのけた(笑)小泉進次郎 環境大臣。さらにメダリストで出来過ぎ(笑)の担務となった橋本聖子 東京夏季五輪担当大臣が目を引きました。また再入閣では、高市早苗 総務大臣が返り咲いています。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・茂木敏充 外務大臣、4位・高市早苗 総務大臣、5位・河野太郎 防衛大臣 となっています。

 安倍 総理大臣は、8月に戦後在職期間歴代 1位になりました。そして 11月には、明治後期に長く首班を受け持ってきた 桂太郎 総理大臣の 2886日を抜いて憲政史上でも在職歴代 1位になります。そして陰に隠れていますが(笑)麻生 副総理大臣は、副総理の在職歴代 1位を既にマーク。菅 内閣官房長官も、官房長官の在職歴代 1位となっています。

 安倍 内閣は、来月に消費税を 10%に引き上げ、食料品などに初めて軽減税率制度が導入されます。どうせなら麻生副総理が総理だった頃の様に、景気対策で全国民へ幾ばくかの(笑)金員を配ればとも思いますが、ややこしいポイントサービスや対象外なプレミア商品券だけのようです。そして商業に従事する方々にとって、さらにややこしい税率計算が待ち構えています。

 ダブル選のカードを切らずに参院選を勝利した安倍 首相は、最も難しい政策とされる消費税アップを、まもなく決行します。税率計算のトラブルが頻発する恐れは多分にある中で、最も懸念される消費の冷え込みが、その軽減税率制度でカバーできるのか? そして今回の改造内閣で、憲法改正に本格着手するのか? 安倍 首相の政治日程にも注目が集まっています。

第855回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( △ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    安藤裕子「鑑」
    BSテレ東・土曜ドラマ9「W県警の悲劇」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング
    ♪ヴォーカルでビートを可変させているかの様な技巧佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング
    ♪1位 2週、登場12週。


 総務省の有識者会議(放送を巡る諸課題に関する検討会・分科会)は、8月30日の会合で「民放AMラジオ放送廃止」を容認する事で一致しました。今後は FM補完中継が民放のラジオ放送を担う事になります。3月に民放連が要請してから、あっという間にAMラジオ放送廃止の流れが定まってしまい、遂に 日本のラジオ放送の根幹を変える Xデーがやってきました。

 スケジュールは、まず来年秋にAMラジオ放送を長期停波する実証実験の要項が発表されます。法令整備の作業を経て、2023年から実証実験としてのAM波の停波がスタート。民放AMラジオ局が一斉に放送免許更新となる 2028年までに、北海道の一部地域などAM波がラジオ放送に どうしても必要な地域を除き、民放AMラジオ放送が、日本から無くなります。

 ですが NHKは、ラジオ第1放送を中心に従来通りAMラジオを継続するそうです。韓国KBSの韓民族放送(972KHz)について、ブログで書いた際に懸念を述べていますが、外国からのAM電波による侵略の恐れは、NHKの全国放送網が維持されれば ある程度免れそうです。そしてNHK―FMがラジオ第1放送に吸収されてしまう事態も避けられそうです。

 放送法 15条には「協会は、公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように豊かで、かつ、良い放送番組による国内基幹放送(国内放送である基幹放送をいう)を行うとともに、放送及びその受信の進歩発達に必要な業務を行い・・・」と定められており「あまねく日本全国において受信できるように」の文言がAMラジオ放送維持の根拠とされています。

 しかし放送法で、AMの維持が明記されている訳ではありません。いわんやNHKがぶっ壊れて(笑)しまえば、法的根拠の前提が無くなります。私の様にNHKラジオだけの受信料を支払ってもいいと考えている国民は、圧倒的に少数なはずです。ラジオ第1のFM補完中継も始まっており、2028年以降もNHKのAMラジオ放送網が維持されるとは断言出来ないのです。

 まず 2023年から始まるAM長期停波の実証実験で最大の注目点は、TBS・LF・QRの在京AM 3局の動向です。中継局が複数ある他の県域AMラジオ局は、まず中継局を長期停波させて様子を見る事が可能ですが、FM補完しか中継局がないTBS・LF・QRの在京AM 3局は、いきなり本局を長期停波させるしか実証実験を行う道がありません。

 TBS・LF・QRの在京AM 3局にとって実証実験から、それは ぶっつけ本番のAM長期停波を意味します。来年秋に発表される実証実験の要項には、中継局の長期停波の他にも、時間帯による停波が明記されると考えられますが、TBS・LF・QRの在京AM 3局にとって間違いなく実証実験開始の段階から、事実上のAM放送廃止が始まるはずです。

 既にIBC岩手放送ラジオの前沢中継局が昨年 9月末に、CBC中部日本放送ラジオの岐阜中継局も昨年10月末に停波・閉局してます。特にCBCラジオの岐阜局は、送信出力も 0・5KWとハイパワーでしたが、やはりFM補完中継をクリアに聴ける事が理由で廃止しました。両局ともに放送免許更新直前の停波・閉局で、今後もこの様な先行例が出てくると思われます。

 既存FM放送のキー局であるFM東京(TOKYO FM)が、粉飾決算で大騒動の真っ只中に、民放AM放送廃止が決定的になりました。トーク主体の放送を既存FMでも続けると、著しく没個性化してしまうのは避けられず、音楽主体の放送に回帰してシステムの合理化を図るしか方策はないようです。FMラジオ放送にとって峻烈な時代は、間違いなく到来しました。

第854回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    安藤裕子「鑑」
    BSテレ東・土曜ドラマ9「W県警の悲劇」主題歌
    ♪打楽器打ち込みがヴォーカルを際立たせているアレンジ先行の佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Liam Gallagher“Shockwave”


 ゴールポストを動かす国として有名(笑)だった韓国ですが、徴用工問題や海軍によるレーダ照射問題で動かすどころか、あっちにも こっちにも ゴールポストを置き始め(笑)遂に日本は、貿易管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」のリストから、韓国を除外する政令改正を決行しました。安倍 内閣サイドからすれば、考えに考え抜いた 1枚目のイエローカードです。

 自国経済発展の根幹を、日本に依存していた韓国は、この考え抜いた事実上の制裁措置に衝撃を受け、外交の体を成さない非礼な罵詈雑言を公式のメッセージとして浴びせました。日本政府は予想していた範囲内として、原則シカト(笑)で、冷静に対応しています。そしてその罵詈雑言を、親韓系も多い国内メディアを通じて日本国民に直接聞かせているのです。

 日本は 1枚目のカードを切っただけなのに、韓国は 米韓同盟の重要性すら忘れて、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄という究極のカードまで切ってしまいました。とにかくシカトされるのが嫌な様です(笑)。過去の経緯から正義があると思い込んでいても、韓国を個人に例えるなら、こんなに上から目線で自意識過剰な者とは付き合いたくありません(笑)。

 但し、韓国国民の総意は、上から目線でないはずです。あの罵詈雑言は、あくまでも文在寅 大統領の外交能力欠如から発しています。文在寅 政権には 野党側から、対日姿勢に対して批判も多く、特にGSOMIA脱退に関しては、自裁行為だとの指摘もあります。北朝鮮が日課の様に行っている(笑)短距離ミサイル発射は、有効射程圏が日本でなく、韓国そのものなのです。

 そして その北朝鮮が、今回のホワイト国除外に関して、同胞擁護の観点からの罵詈雑言(笑)を浴びせる事なく原則静観しているのも気になります。北朝鮮のプロパガンダ メディアには 大きな特徴があり、水面下で外交交渉をしている最中は、その相手国への罵詈雑言を控える傾向があるからです。日朝の情報担当者が、第三国で接触を繰り返しているとの一部報道もあります。

 口のききかたに気をつけろ とは、さすがに外交交渉では言えませんが(笑)韓国・北朝鮮の外交は 高飛車で かつ解りやすく、日本政府は 総ての手筋を読みきった上で、今回のホワイト国除外を決行したのだと思われます。韓国には、正常に締結した日韓基本条約 と 請求権協定を遵守して、上から目線や罵詈雑言を止め、対等な国家間としての誠実な外交を強く求めます。

第853回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( △ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    eRe“Sentence”
    ♪16日のNHKーFM「クロスオーバーイレブン2019夏」でオンエアーされた。グレゴリオ聖歌にリズムトラックを融合した稀有な佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Liam Gallagher“Shockwave”


 先週の週間選曲リストにおいて、600曲目のリストイン楽曲を記録する事が出来ました。2003年 1月に最初の 5曲がリストインしてから、17年かけて 600曲のリストが、ブログで公開・保存しています。ちなみにその内 252曲が年間ランキング・データベースで登録管理。さらに絞られた 79曲が全期間ランキング・データベースに登録管理されています。

 この週間選曲リストの最大の特徴は、ラジオ放送のCDオンエアー曲を始め、テレビドラマで使われた僅かな劇伴音楽や、ニュースの冒頭に流れるテーマ音楽であっても「美しい音楽」ならば、果断に選曲していくという点です。この特徴を貫くと、ご愛読者ご承知の通り、曲目や制作者が特定出来ない段階でも、リストインする事がよくあるのです。

 もちろんリストに入ってる期間中に、曲目やアーティスト名が判明すると、不詳の記載を消し、楽曲を特定し得る表示を リストイン週から遡って修正しますが、結局リストに登場している間に判明しない事もあるのです。当然リストには、不詳のまま掲載され続けます。そして選曲者であるブロガーは、歳月の経過と共に、調査 と 修正を忘れてしまうのです(笑)。

 そこで意を決して(笑)初めての「週間選曲リスト 不詳楽曲一斉再調査」を実施しました。過去 18年間の週間選曲リストから、曲目が判らない、アーティストなどの音楽制作者が判らないとして不詳の表示が出ている楽曲を総て洗い出し、この2019年の段階で 1曲でも多く判明させようという調査です。サスペンスドラマの再捜査みたいな感じです(笑)。

 結果は、不詳楽曲 13曲中、8曲(61・5%)の曲目やアーティスト名が判明し、リストから不詳が消えました。もっと早く調査をしておけば良かったです(笑)。ここ数年ドラマの劇伴やインストメンタルのCMなどに、興味をもって頂く方が増えており、その曲目などの問い合わせに、ネットで回答する関係者などが現れているのが、判明の原因として挙げられます。

 いかなるジャンルの音楽でも差別なく取り上げていく週間選曲リストの考え方が、浸透してきていると感じました。思い出すのは、元ちとせ「恵みの雨」(2007年 年間3位)です。CMで流れた段階から不詳のまま 1位を記録し、曲目が決まった時、制作担当者さんから情報のメールが送られてきました。これから不詳が発生した場合は、粘り強く調査を続ける所存です。

 初めての「週間選曲リスト 不詳楽曲一斉再調査」は、成功だったと思います。年間ランキング楽曲で唯一音楽制作者不詳だった曲も、アーティスト名の特定が出来、不詳が消えました。これからも美しいと感じた音楽は、僅か 10秒程度のインストメンタルでも、不詳を怖れず(笑)選曲して、このブログの週間選曲リストに掲載していきたいと考えています。

第852回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    Liam Gallagher“Shockwave”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ
    ♪通算 600曲目のリストイン。高い情緒性があるロックビートで貫かれた佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Qyoto「花時雨」
    カンテレ・ドラマ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」主題歌


 2020年(令和2年)3月31日までに置局しないと周波数割当が取り消されてしまう、民放AMラジオ局の補完FM中継局でしたが、最も準備が遅れていたRKC高知放送、RNC西日本放送(香川)そしてRFラジオ日本に、民放ラジオ難聴解消支援事業の補助金交付が決まって予備免許が下り、期間内での全民放AM局の補完FM放送開始は確実になりました。

 注目の RFラジオ日本は、送信所の位置が神奈川県 横浜市。送信出力 5KW、実効輻射電力(ERP)は なんと 41KWと、県域補完局の約 8倍近くとなるハイパワーが予備免許で認められています。AMの出力は 20KWで、神奈川県域というより南関東広域に放送している現状から、FM補完も間違いなく東京方面への安定送信を目的としているのだと推測できます。

 しかし、RFラジオ日本と同規模であるラジオ関西の神戸FM補完中継局は、出力が 1KWと、姫路FM補完と合わせても、ほぼ兵庫県域の送信規模です。そこで私が思い出したのは、FM富士(山梨)の三ツ峠中継局でした。出力が 0・3KWながら、抜群のロケーション(標高 1795m)と 強い指向性アンテナで、東京方面を大きくカバーしています。

 1980年代後半のFM多局化で、私が最も驚いたのは、このFM富士・三ツ峠中継局の構想でした。まだ開局前の準備室に直接問い合わせをしたところ、丁重に葉書の返事を頂いた記憶があります。開局当時 FM富士には、地元選出の某有力政治家一族が経営に参画しており、この様なスピルオーバー前提の送信体制が認められたのだと思われます。

 90から 95までの僅か 5MHzに、全国のFM補完中継局が ひしめく状態になりました。全国のFM補完で私が注目しているのは、KRY山口放送のFM補完です。なんと 13の補完中継局を設置しています。そして瀬戸内海側の 8中継局を、92・3MHzで同期放送。日本海側の 5中継局は、86・4MHzで同期放送と、僅か 2つの周波数しか使っていません。

 なんとKRY山口放送は、GPSで周波数 と 電波発射のタイミングを、100万分の1秒まで合わせる事が出来るデジタルFM送信機を独自に開発。全く干渉のないFM同期放送が実現しました。これは FMラジオ放送にとって革命的な発明です。周波数不足の問題が一気に解決します。現在特許申請中との事ですが、ぜひ全国のラジオ局にも普及してもらいたいものです。

 海外混信などの難聴対策や災害対策ならば、76 ~ 90MHzのFM補完が認められており、KRY山口放送の様に同期放送を利用すれば、従来の放送周波数帯でもFM補完を、さらに認めていく可能性があります。災害対策のFM補完とは、解釈次第で全国あまねく理由となるからです。もはや既存局を含めてFMラジオは、峻烈な時代へと突入しつつあります。


(追記) 週間放送視聴日記(2019年 9月 6日)に、民放AMラジオ放送廃止へ を掲載しました。

ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。