FM長野・NHK-FM リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第1103回ランキング

   new
  1. 第 1 位 ( △ )
    Kroi “Amber”
    ダイドーブレンド テレビCMソング
  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Marilyn Martin “Night Moves”
    YouTube TopPop Performance
  3. 第 3 位 ( △ )
    Billie Eilish “Birds Of A Feather”
  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS カンテレ・ドラマ「マウンテンドクター」劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪ 平坦な旋律の中で美的和声を感じさせる劇伴佳曲。
  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    がらり「パーティーチューン」
    テレ東・ドラマ25「晩酌の流儀3」主題歌

 7日に『第22回 東京都知事選挙』が投開票され、現職の小池百合子 知事が、3選を果たしました。一気に内閣・政党支持率が下がった国政与党の苦しい事情を背景に、東京都選出の野党参院議員が全てを投げ出して一騎討ちを挑む「首都決戦」の様相を呈しましたが、蓋を開けると現職の強さが目立ち、逆に組織なき新人候補に 2位・3位を逆転される予想外の結末になりました。

 【獲得得票数:小池百合子 候補 291万8015 石丸伸二 候補 165万8363 蓮舫 候補 128万3262】

 最近では、情勢取材を加味した従来の世論調査より、期日前投票 出口調査の日別集計値の推移が、選挙戦期間中の各候補者最新支持率を最も的確に反映するデータになってしまいました。今回の都知事選の場合、告示直後は 小池 候補が大きくリードしていましたが、日を追うごとに 石丸 候補が猛追。終盤になると蓮舫 候補、さらに 小池 候補まで失速していった傾向が判ります。

 「百合子・蓮舫 都知事選は首都決戦に」の記事では、支持率 10%内の大激戦になると、開票速報マニアとしての期待感(笑)を書いてみましたが、結局 NHK出口調査では、1位・2位との支持率差が 17%と広がり、またもや午後 8時ジャストに当確打ち。さらに百合子・蓮舫でなく、いつの間にか百合子・伸二になってしまいました。当初の激戦予想など雲散霧消です。

 ただこの兆候は、東京から 1600キロ離れた沖縄県議選に現れていました。先月16日投開票の沖縄県議選では、知事野党である自民党の公認候補が 20人全員当選しています。私もRBC琉球放送の開票速報を配信で視聴しましたが、記者解説にも戸惑いが見られるほどでした。沖縄でのこの結果は 奇跡とも言え、国政野党躍進からの方向転換を、最初に示唆していました。

 2位と大善戦した石丸伸二 候補は、日本におけるインターネット選挙 最初の勝利者です。沖縄県議選の結果と複合すると、若年を中心とした無党派層が、共産党を中心に長年進めてきた革新系組織選挙を拒絶し始めた傾向も見えてきます。ビラを巻き、集会に参加し、デモでシュプレヒコールを上げる旧態前の革新系組織選挙は、間違いなくネット選挙の手法と対極に位置します。

 コンプライアンスなきN党の戦術は、これも旧態前な既存選挙システムに対する破壊闘争にも見えました。過去最高 56名の立候補の果てに、結局供託金を没収されなかったのは 上位 3名だけ。最終的な得票率差は 18・5%まで広がりました。小池 知事の勝因は、誰も逆らえない災害対策を訴え続け、煽られても決してヒール役を演じなかった老練な選挙戦術にあります。

 ネット選挙の欠点は、議論の往復に終始し、岩盤支持層が形成されにくい点です。またアンチも即時湧き出してきます。石丸 候補の広島県安芸高田市長時代のパフォーマンスは、トランプ 前大統領のプロレス外交戦術に似ているのです(笑)。今回の東京都知事選は、ネット選挙の初成功例として影響を及ぼし、結果を伝える開票速報特番も、今後さらに単純化していくと思われます。

第1102回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Marilyn Martin “Night Moves”
    YouTube TopPop Performance
  2. 第 2 位 ( △ )
    Kroi “Amber”
    ダイドーブレンド テレビCMソング
  3. 第 3 位 ( ▽ )
    中島みゆき「新・地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「新プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌
    ♪ 1位 2週、登場17週。
  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Billie Eilish “Birds Of A Feather”
  5. 第 5 位 ( ★ )
    がらり「パーティーチューン」
    テレ東・ドラマ25「晩酌の流儀3」主題歌
    ♪ ギリギリで和音構成が遊離しそうですが 整った和声を感じます。

 インターナショナルをアンテルナショナルと呼んているのは、最近になって知りました。昔から馴染みのある呼称を使います。ラジオ・フランス・インターナショナル( Radio France Internationale = RFI )は、フランスに半世紀前からある国営の国際放送局です。開局事情を紐解くと、国営放送の組織が無かった第2次世界大戦の占領下におけるレジスタンス放送まで遡ります。

 BCLをやっていた学生時代は、話すのも憚れるほど異端なリスナーでした。当時 国連NY本部から短波送信していた国連放送が、ベリカードを発行しない事にカチンときた私は、東京の国連広報センターに詰問の手紙を書いて本部職員を紹介させ、ベリカードを発行させた記憶があります。異端リスナー以外の何者でもありません(笑)。そのベリカードは、まだ保管しています。

 探してみたのですが、RFIのベリカードは 持っていませんでした。RFIには 日本語放送が無く、私の所有する英語放送のベリカードは、VOA や AFRTSぐらいしかありません。ラジオ・フランス・インターナショナルの英語・フランス語放送を聴いた記憶は残っていて、フレンチポップスを流すのかと思いきや、アフリカ系の民族音楽や流行歌一色だったのを覚えています。

 RFIは、日本語放送を試みた事があります。期間限定でテスト送信をしたり、制作した番組を、日本短波放送(現・ラジオNIKKEI)で、毎週末放送したのです。自由ラジオが広がっていたフランスらしい発想でしたが、定着はしませんでした。外国の国際放送の番組を、日本国内向けの免許を有した短波放送で送信する行為は、放送法に抵触する可能性が高かったからです。

 インターネットの時代に入り、ラジオ・フランス・インターナショナルは、全世界で高音質聴取が出来る様になりました。久しぶりに聴いてみましたが、やはりフレンチポップスは 追いやられ(笑)アフリカ系の音楽が多く流れていました。長い時を隔てても あまり変わりません。RFIのフランス語放送は、昔も今もアフリカ諸国へ向けて、リスナー層を特化しているのです。

 フランスは、植民地政策を経てアフリカの宗主国との立場を堅持しようとしており、現実にアフリカでは、フランス語圏が広い範囲を占めています。自国のプロパガンダが目的となる国際放送でなく、アフリカ国内の放送に模してしまい、ニュースの論調や番組構成で、宗主国フランスの色合いを出していくのが、ラジオ・フランス・インターナショナルの意図なのかも知れません。

 フランスは 第5共和制です。少しゼレンスキー的傾向がある(笑)マクロン 大統領は、この五輪直前に解散に打って出て、国民議会の総選挙 第1回投票が行われ、極右政党の大躍進を招き苦境に立っています。パリ夏季五輪の開会を控え、前景気に便乗したマクロン大統領の国民議会解散は、危険なゲームだったと、ラジオ・フランス・インターナショナルは 伝えているのです。

第1101回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Marilyn Martin “Night Moves”
    YouTube TopPop Performance
  2. 第 2 位 ( ▽ )
    中島みゆき「新・地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「新プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌
  3. 第 3 位 ( △ )
    Billie Eilish “Birds Of A Feather”
  4. 第 4 位 ( ★ )
    Kroi “Amber”
    ダイドーブレンド テレビCMソング
    ♪ CM初聴で驚いたラップを超越したドライブ感に精密な伴奏和声が重なり合う佳曲。
  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Billie Eilish “Lunch”

 2024年は 上半期が終了し、もうすぐ折り返し点です。そこで『2024 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に 付記しました。この上半期順位は、12月最終週に作成・公開する 年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。

 先週の 1100回記念ご挨拶に、サイトマップを分割整理したと報告しましたが、先々週の記事「NHK大河ドラマ考察」も、新しいサイトマップとなります。ここを中心記事と定め、22年間の大河ドラマ記事に関するリンクを追記で一挙掲載しました。開票速報番組レビューの全リンクは、中心記事「開票速報マニア」の追記として掲載しており、今回が中心記事の第2弾です。

 開票速報特番・大河ドラマ・ノーベル賞・五輪・W杯・紅白などは、記事数が揃っているテーマで、編年体のアーカイブが可能な状態を保っています。このブログでは、記事をまとめてアーカイブする方が多いのですが、総数も 1000を超えると、全ての関連記事のリンクを掲載する事が もはや困難です。そこで中心記事を定めて、関連リンクを集めて追記してみようと考えました。

 まず開票速報特番 と 大河ドラマに関する中心記事を定め、インデックスの役目を果たす関連記事へのリンクを、総て掲載しました。中心記事のリンクは 固定せず、関連記事が増えていけば、その中心記事のリンクを その都度追加していきます。他のテーマに関しても、折を見てこの様に中心記事を整備して、編年体アーカイブをされる皆さんの便宜を図りたいと考えています。

 NHK大河ドラマは、放送期間が 1年間と、最近の民放ドラマに類例がない破格の長さです。またテーマ音楽を流すタイトルバックを丁寧に制作しています。NHK大河ドラマのテーマ音楽は、500回記念 全期間1位を始め、過去 21回の年間ランキングで、年間1位を 5回マークしています。また過去 22回の上半期順位では、上半期1位を 10回も記録しています。

 今年の上半期は、最長 1位週数(5週)をマークした楽曲が 2曲ありました。上半期順位は、週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に従って確定・決定します。最長 1位週数が 2曲あった今年の上半期の場合は、登場週数の多い(22週)楽曲を、上半期 1位に自動確定。もう 1曲(8週)は、上半期順位の 5曲に自動選曲され、上半期 2位と決定しました。

 【1位 5週 登場22週】① 光る君へ テーマ音楽 今年の上半期順位は、ルールの年間ランキング要項に基づき、対象期間(6ヵ月)内の週間選曲リストにおいて、選曲条件をクリアした楽曲 9曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2024 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 5)
    NHK総合・大河ドラマ「光る君へ」テーマ音楽 [冬野ユミ]
  2. 第 2 位 ( 5)
    クボタカイ “gear5”
    テレビ東京・ドラマ25「ハコビヤ」オープニングテーマ
  3. 第 3 位 ( 4)
    米津玄師「さよーならまたいつか!」
    NHK総合・連続テレビ小説「虎に翼」主題歌
  4. 第 4 位 ( 4)
    NHK総合・ドラマ10「燕は戻ってこない」劇中効果音楽 [Evan Call]
  5. 第 5 位 ( 3)
    Alicia Keys “Golden Child”

第1100回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    中島みゆき「新・地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「新プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌
  2. 第 2 位 ( △ )
    Marilyn Martin “Night Moves”
    YouTube TopPop Performance
  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドラマ10「燕は戻ってこない」劇中効果音楽 [Evan Call]
    ♪ 1位 4週、登場 7週。
  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Billie Eilish “Birds Of A Feather”
  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Billie Eilish “Lunch”

 このブログで毎週公開している『週間選曲リスト』が、1100回目を迎えました。ブログ開始から 1100回 の間に、約 22年の歳月が経過。カウンターのページビューも 74万 に達し、数値を重ねています。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げる次第です。

 4ケタの通算回数にも ようやく慣れてきました。つい先日、第1000回記念 全期間ランキングの作成・公開が終わったと思ったら、あっという間に 1100回の節目を今週通過します。次の全期間ランキングまで、5分の1が経過しました。世界も 国内社会も 異変に満ちた日々を送っていますが、せめてこのブログ内では 穏やかな時間を重ねていきたいと願っています。

 周年や 100回毎の記念には、自力で組み上げたHTMLやCSSの整備を行うのが慣習となっていましたが、1100回となると、整備しなくてはならない懸案項目が見当たらなくなっています。広告を全く表示しない個人ブログの場合、安定すればデザインを変える必要がないのです。それでも 1100回記念ですので、微細なんですが気になっている点を改善してみました。

 まず従来のサイトマップを、ブログマップ( blogmap )と、リストマップ( listmap )に分離しました。ブログマップは、アーカイブの多いリストのURL掲載に絞り、TXTベースのリストマップに全ページのURLを掲載しています。これらのマップは、検索エンジンクロールの道案内用なのですが、全ページ数が 1000を超えたので、便宜を図り 2分割にしてみました。

 また昨年から構造化データをJSON-LDで書いていますが、当初から気に入らない所がありました。テキストデータが必須でないのです。そこでリストの記事からHTMLタグを抜いた純粋なテキストデータを、articleBody として、JSON-LDに組み入れました。検索エンジンのクロールの際に、早い段階で ちゃんと記事を読み取らせようという企み(笑)に基づきます。

 この2点が 1100回記念の主なブログ整備です。ご愛読者・訪問者の皆さんには、全く関係がありません(笑)。PCのブログには、HTML・CSS・PHPそしてRSS総て文法合格の表示が掲示されています。と言う事は、もはや整備のしようがないのです。運営をしていく上で、ブロガー自身がすっきりしたい それだけの為に、この微細な 2点を整備した次第です(笑)。

 真のテキストブログならば、HTMLなどのソースも自ら書き上げるべきという信念で、1100週間やってきました。週間選曲リストもリストイン総曲数が 786に達しました。リストの選曲 と HTMLの組み上げ、この両極端を満たしてこそ、このブログは 維持出来るのだと考えています。これからもチャート★ドランカーBLOGを、引き続き ご愛読頂ければ幸いです。

第1099回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドラマ10「燕は戻ってこない」劇中効果音楽 [Evan Call]
  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「新・地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「新プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌
  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Billie Eilish “Birds Of A Feather”
  4. 第 4 位 ( ★ )
    Marilyn Martin “Night Moves”
    YouTube TopPop Performance
    ♪ 猟奇サスペンス的なミュージッククリップが強く印象に残る 38年前の秀逸曲。
  5. 第 5 位 ( ★ )
    Billie Eilish “Lunch”
    ♪ EB.から派生する伴奏の和声が強く印象に残る佳曲。

 私がNHK大河ドラマを視始めたのは 小学生の頃でした。断片的な記憶があります。はっきりと 1年間通して視続けた作品は「草燃える」や「独眼竜政宗」あたりからでしょうか。現在まで毎週欠かさず視聴しており、録画をする習慣もあります。その昔、VHS 120分テープに 3倍速で全話録画していました。長期の休みの時に、そのテープを 朝から晩まで一気に視るのです。

 この一気見により、大河 1年分 50回近くを約 3日強で視てしまいます。直後見終わってしまったという喪失感を避けるため(笑)名場面のエピソードあたりに戻り、またそこから見続ける事までするのです。このブログでは「大河ドラマ 秀吉」の記事に、このテレソンの様な録画視聴をしたと書いています。こんな視聴が出来るのは、長期シリーズのNHK大河ドラマだけです。

 BSでの先行放送があっても、やはり大河ドラマは、総合テレビの日曜 20時です。これは「草燃える」の記事に書いていますが、昔の国政選挙の即日開票では、この大河ドラマの画面に当確速報が頻発していました。今では 国政選挙になると、放送休止や 19時台に繰り上げ放送する事があります。開票速報マニアとしては、この大河ドラマ と 選挙速報の関係も味なのです。

 大河ドラマは、1年を通じて日本史を掘り起こしていきます。今年の「光る君へ」や、応仁の乱を描いた「花の乱」。さらに南北朝時代の「太平記」などは、改めて史実を学び直していく様な新鮮さがあります。2026年の大河ドラマ「豊臣兄弟」になると、これは 学び直す必要なし(笑)。戦国時代の主要な出来事は、過去の大河ドラマで繰り返し頭に刷り込まれています。

 大河ドラマの最高傑作である「独眼竜政宗」の頃は、世帯視聴率が優に 30%を超えていました。しかしテレビというメディアが衰え、今年の「光る君へ」は、10%の攻防戦というレベルまで後退してしまいました。それでも録画によるタイムシフト視聴を加えた総合視聴率では、20%に達するほどの勢いがあります。大河ドラマを視聴する習慣までは まだ衰えていません。

 120分のVHSテープに 3倍速で連続録画していた時代は、遠い昔となり、私の様にNHKオンデマンドの会員になれば、主要な大河ドラマ全エピソードの一気見は、いつでも簡単に出来る様になりました。改正された放送法によりネット配信は、NHKの必須業務と定義されています。電波による放送でなくネット配信のほうが、今後は 重要視されるかもしれません。

 このブログでは、2003年の開始以来 毎年の大河ドラマを、クレジット順序と共に紹介してきました。また昔の名作大河ドラマも取り上げています。各作品の詳細なレビューや、最近多くなってきた批判記事は、下記のインデックスからアーカイブしてみてください。NHK大河ドラマは、これからも受け継ぎ維持していかなければならない放送文化そのものなのです。


(追記) NHK大河ドラマに関する週間放送視聴日記は、次の通りです。

  1. 虎に翼 光る君へ 見づらい配役クレジット文字(2024年)
  2. 光る君へ NHK大河ドラマ(2024年)
  3. どうする家康の歴史観(2023年)
  4. どうする家康 NHK大河ドラマ(2023年)
  5. 鎌倉殿の13人のスタッフクレジット(2022年)
  6. 鎌倉殿の13人 NHK大河ドラマ(2022年)
  7. 青天を衝け 混乱するクレ順(2021年)
  8. 青天を衝け NHK大河ドラマ(2021年)
  9. 麒麟がくる 本放送再開(2020年)
  10. 麒麟がくる NHK大河ドラマ(2020年)
  11. いだてん にワーストの烙印(2019年)
  12. いだてん NHK大河ドラマ(2019年)
  13. 西郷どん NHK大河ドラマ(2018年)
  14. おんな城主 直虎 NHK大河ドラマ(2017年)
  15. 総合視聴率 と 真田丸(2016年)
  16. 真田丸 と 大泉洋(2016年)
  17. 真田丸 NHK大河ドラマ(2016年)
  18. 花燃ゆ NHK大河ドラマ(2015年)
  19. 軍師官兵衛 NHK大河ドラマ(2014年)
  20. 八重の桜 NHK大河ドラマ(2013年)
  21. 平清盛 NHK大河ドラマ(2012年)
  22. 江 ~ 姫たちの戦国 NHK大河ドラマ(2011年)
  23. 龍馬伝 と 大泉洋(2010年)
  24. 龍馬伝 NHK大河ドラマ(2010年)
  25. 天 地 人 NHK大河ドラマ(2009年)
  26. 篤姫 シナリオの問題点(2008年)
  27. 再び篤姫のクレジット順(2008年)
  28. 篤姫 NHK大河ドラマ(2008年)
  29. 風林火山 緒形拳(2007年)
  30. 風林火山 のクレジット順序(2007年)
  31. 風林火山 NHK大河ドラマ(2007年)
  32. 功名が辻 と 同役出演(2006年)
  33. 大河ドラマの お笑い枠(2006年)
  34. 功名が辻 の分岐点(2006年)
  35. 功名が辻 NHK大河ドラマ(2006年)
  36. 義経 NHK大河ドラマ(2005年)
  37. 新選組!ある隊士の切腹(2004年)
  38. 新選組!避けては通れぬ道(2004年)
  39. 新選組! NHK大河ドラマ(2004年)
  40. クレジット順 ドラマのチャート(2003年)
  41. 秀吉 NHK大河ドラマ(1996年)
  42. 八代将軍吉宗 NHK大河ドラマ(1995年)
  43. 花の乱 NHK大河ドラマ(1994年)
  44. 独眼竜政宗(1987年)
  45. 草燃える NHK大河ドラマ(1979年)

ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 ご愛読者(拍手)ボタンがあります。