FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第853回ランキング

  new
  1. 第 1 位 ( △ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    eRe“Sentence”
    ♪16日のNHKーFM「クロスオーバーイレブン2019夏」でオンエアーされた。グレゴリオ聖歌にリズムトラックを融合した稀有な佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Liam Gallagher“Shockwave”


 先週の週間選曲リストにおいて、600曲目のリストイン楽曲を記録する事が出来ました。2003年 1月に最初の 5曲がリストインしてから、17年かけて 600曲のリストが、ブログで公開・保存しています。ちなみにその内 252曲が年間ランキング・データベースで登録管理。さらに絞られた 79曲が全期間ランキング・データベースに登録管理されています。

 この週間選曲リストの最大の特徴は、ラジオ放送のCDオンエアー曲を始め、テレビドラマで使われた僅かな劇伴音楽や、ニュースの冒頭に流れるテーマ音楽であっても「美しい音楽」ならば、果断に選曲していくという点です。この特徴を貫くと、ご愛読者ご承知の通り、曲目や制作者が特定出来ない段階でも、リストインする事がよくあるのです。

 もちろんリストに入ってる期間中に、曲目やアーティスト名が判明すると、不詳の記載を消し、楽曲を特定し得る表示を リストイン週から遡って修正しますが、結局リストに登場している間に判明しない事もあるのです。当然リストには、不詳のまま掲載され続けます。そして選曲者であるブロガーは、歳月の経過と共に、調査 と 修正を忘れてしまうのです(笑)。

 そこで意を決して(笑)初めての「週間選曲リスト 不詳楽曲一斉再調査」を実施しました。過去 18年間の週間選曲リストから、曲目が判らない、アーティストなどの音楽制作者が判らないとして不詳の表示が出ている楽曲を総て洗い出し、この2019年の段階で 1曲でも多く判明させようという調査です。サスペンスドラマの再捜査みたいな感じです(笑)。

 結果は、不詳楽曲 13曲中、8曲(61・5%)の曲目やアーティスト名が判明し、リストから不詳が消えました。もっと早く調査をしておけば良かったです(笑)。ここ数年ドラマの劇伴やインストメンタルのCMなどに、興味をもって頂く方が増えており、その曲目などの問い合わせに、ネットで回答する関係者などが現れているのが、判明の原因として挙げられます。

 いかなるジャンルの音楽でも差別なく取り上げていく週間選曲リストの考え方が、浸透してきていると感じました。思い出すのは、元ちとせ「恵みの雨」(2007年 年間3位)です。CMで流れた段階から不詳のまま 1位を記録し、曲目が決まった時、制作担当者さんから情報のメールが送られてきました。これから不詳が発生した場合は、粘り強く調査を続ける所存です。

 初めての「週間選曲リスト 不詳楽曲一斉再調査」は、成功だったと思います。年間ランキング楽曲で唯一音楽制作者不詳だった曲も、アーティスト名の特定が出来、不詳が消えました。これからも美しいと感じた音楽は、僅か 10秒程度のインストメンタルでも、不詳を怖れず(笑)選曲して、このブログの週間選曲リストに掲載していきたいと考えています。

第852回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    Liam Gallagher“Shockwave”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ
    ♪通算 600曲目のリストイン。高い情緒性があるロックビートで貫かれた佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Qyoto「花時雨」
    カンテレ・ドラマ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」主題歌


 2020年(令和2年)3月31日までに置局しないと周波数割当が取り消されてしまう、民放AMラジオ局の補完FM中継局でしたが、最も準備が遅れていたRKC高知放送、RNC西日本放送(香川)そしてRFラジオ日本に、民放ラジオ難聴解消支援事業の補助金交付が決まって予備免許が下り、期間内での全民放AM局の補完FM放送開始は確実になりました。

 注目の RFラジオ日本は、送信所の位置が神奈川県 横浜市。送信出力 5KW、実効輻射電力(ERP)は なんと 41KWと、県域補完局の約 8倍近くとなるハイパワーが予備免許で認められています。AMの出力は 20KWで、神奈川県域というより南関東広域に放送している現状から、FM補完も間違いなく東京方面への安定送信を目的としているのだと推測できます。

 しかし、RFラジオ日本と同規模であるラジオ関西の神戸FM補完中継局は、出力が 1KWと、姫路FM補完と合わせても、ほぼ兵庫県域の送信規模です。そこで私が思い出したのは、FM富士(山梨)の三ツ峠中継局でした。出力が 0・3KWながら、抜群のロケーション(標高 1795m)と 強い指向性アンテナで、東京方面を大きくカバーしています。

 1980年代後半のFM多局化で、私が最も驚いたのは、このFM富士・三ツ峠中継局の構想でした。まだ開局前の準備室に直接問い合わせをしたところ、丁重に葉書の返事を頂いた記憶があります。開局当時 FM富士には、地元選出の某有力政治家一族が経営に参画しており、この様なスピルオーバー前提の送信体制が認められたのだと思われます。

 90から 95までの僅か 5MHzに、全国のFM補完中継局が ひしめく状態になりました。全国のFM補完で私が注目しているのは、KRY山口放送のFM補完です。なんと 13の補完中継局を設置しています。そして瀬戸内海側の 8中継局を、92・3MHzで同期放送。日本海側の 5中継局は、86・4MHzで同期放送と、僅か 2つの周波数しか使っていません。

 なんとKRY山口放送は、GPSで周波数 と 電波発射のタイミングを、100万分の1秒まで合わせる事が出来るデジタルFM送信機を独自に開発。全く干渉のないFM同期放送が実現しました。これは FMラジオ放送にとって革命的な発明です。周波数不足の問題が一気に解決します。現在特許申請中との事ですが、ぜひ全国のラジオ局にも普及してもらいたいものです。

 海外混信などの難聴対策や災害対策ならば、76 ~ 90MHzのFM補完が認められており、KRY山口放送の様に同期放送を利用すれば、従来の放送周波数帯でもFM補完を、さらに認めていく可能性があります。災害対策のFM補完とは、解釈次第で全国あまねく理由となるからです。もはや既存局を含めてFMラジオは、峻烈な時代へと突入しつつあります。

第851回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( △ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]
    ♪1位 4週、登場21週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Qyoto「花時雨」
    カンテレ・ドラマ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Liam Gallagher“Shockwave”
    ♪オアシスな旋律が随所に聴き取れるストレートロック佳曲。


 参院選 投開票日の前日、私は 加入しているCATVから、CS TBS NEWS(旧 ニュースバード)で延々生中継されていた、宮迫博之・田村亮 の記者会見を視ていました。反社会的団体が絡む闇営業謝罪かと思いきや、所属していた吉本興業からのパワハラ告白と化し、なにかサスペンスドラマでの記者会見シーンを視ているかの様な、妙に演劇的な印象を受けました。

 22日に開かれた吉本興業 岡本昭彦 社長の記者会見も視ましたが、宮迫・田村記者会見と全く真逆な、先生に怒られた児童のシドロモドロな言い訳の様で(笑)これが一流企業トップの記者会見かと目を疑う、実に素人臭い内容でした。岡本 社長は、ダウンタウンのマネージャ時代に何度もテレビで視ていますが、あの頃のほうがメリハリはあったと思います(笑)。

 1990年代頃まで 吉本興業は、芸能プロダクションで唯一の東証1部上場企業でした。それが2009年に突然 上場を廃止しています。現在東証1部上場している芸能プロダクションは、アミューズ と エイベックスの2社だけです。そして公正取引委員会から注意を受けたジャニーズ事務所も、企業規模の割には 株式公開の道を一切採りません。

 吉本興業にしても、ジャニーズ事務所にしても、タレント養成のシステムには 共通項があります。NSC(吉本総合芸能学園)卒業生として、そしてジャニーズ ジュニアとして、多くのタレント候補を支配下で維持し、その中から少数を抜擢していくのです。ピラミッドの裾野を大きく広げていかないと、常に新しい人気タレントを供給していく事は困難になります。

 それ故に多数のピラミッドの裾野へギャランティを、湯水の如く支払ってしまう事になれば、経営を揺るがす巨大な人件費を要してしまうのです。吉本興業の様に、契約を口約束だけにして、信じられないほど少額のギャラしか支払わず、ジャニーズ ジュニアもゼロを含む完全歩合制なのは、こう言った理由があるからです。しかし このシステムには 問題点が多すぎます。

 コンプライアンスが厳格に問われる有名企業である 吉本興業で、全所属タレントと契約書を交わさず、単に口頭で結ぶ諾成契約が横行していたとは、いくら前述のシステムを維持する目的とは言え、ブラック企業の烙印を押されても異議は挟めないはずです。そしてブラック企業は、核心の問題になっている反社会的団体の素地に変質し得るのです。

 吉本興業内では、大崎ー岡本体制に反旗を翻したタレントも散見しますが、例えば浜田雅功、西川きよし、そして中田カウス 師匠(笑)あたりがまるで黙秘権の行使の様に発言をしないのにも深い意味がある様です。吉本興業と、公取委から前代未聞の注意を受けたジャニーズ事務所 は、このままのシステムに固執すれば、盛衰に係わる事態に発展する可能性があります。

第850回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Qyoto「花時雨」
    カンテレ・ドラマ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ
    ♪スカサウンドの様にも聴こえるが、調はロックに裏付けられている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「監察医 朝顔」劇中効果音楽 [得田真裕]


 暑中お見舞い申し上げます。2019年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 今年の関東甲信越地方の梅雨明けは、平年より 8日遅い 7月29日でした。梅雨の間は 日照時間も短く、冷夏の懸念もありましたが、梅雨明けした今週は 全国的に真夏日が続いています。冷夏の原因となるエルニーニョ現象が太平洋上に発生しており、まだ冷夏の可能性が残っていますが、とりあえず今週は いつもの盛夏が戻ってきています。

 気象庁所在地である東京都心では、33日間連続降水が続き、雨降りの最長記録をマーク。この夏は、不順な天候から始まりました。こうなると全国的な規模での稲作の作況指数が気になるところですが、1993年のタイ米冷害(74・凶作)以降、冷害に強い稲作の品種改良が進んでおり、今のところ心配はなさそうです。但し これから盛夏が続くという前提です。

 実は 今回の天候不順で体調を崩しまして、先月の月半ばに 3日ほど寝込んでいました。私は 若い頃から低血圧で、急に立ち上がった時など、たまに意識混濁を起こしてしまいます。茨城に住んでいた高校時代には、通学時に JR常磐線の電車の中で倒れた事もありました。その時は、座席に横にさせてもらい、着いた頃には すっかり回復して平気な顔で登校しました(笑)。

 若い頃は 倒れても回復が早かったのですが、今回は 急激な血圧の低下に、食欲不振も加わり、結局 3日ほど寝込んでしまいました。調子の悪い時に測定した血圧は、上 70 下 50しかありませんでした。但し頭の中は正常で、指先(笑)も普通に動きましたので、通常通りブログの更新は行っています。現在は 回復しましたが、それでも血圧が 上 110 下 70程度です。

 今回の低血圧による体調不良は、原因が定かでなく、しいてあげれば先月の天候不順が きっかけになった気がします。私の回りにも天候不順が起因で、体調不良を訴える人が散見されます。また夏風邪も流行に近い形で蔓延している様です。我が家で元気なのは、言わずと知れた ご存じ かめクン と、ベランダで青々と繁っている白梅 と 山紅葉の盆栽ぐらいなものです(笑)。

 ただ かめクン も日照時間不足を、バスキングライトによる人工日光浴で代償しており、白梅・山紅葉の盆栽も、充分な水分を毎日与えています。令和元年の夏は、天候不順で前半を推移しました。これから猛暑が続くのか? まだまだ予断は許しません。なにかしらの持病を抱える ご愛読者の皆様には、くれぐれもご自愛の上で、この夏を乗り切って頂きたいと願っています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、7月31日に 48万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。

第849回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング
    ♪編曲は Survive Said The Prophet。

  3. 第 3 位 ( △ )
    Qyoto「花時雨」
    カンテレ・ドラマ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」テーマ音楽 [Sean Callery]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「監察医 朝顔」劇中効果音楽 [得田真裕]


 21日 投開票の『第25回 参議院議員通常選挙』は、自民・公明の連立与党が、勝敗ラインとして設定した改選議席の過半数を超え勝利しました。自民は 前回獲得した議席数にも達しましたが、非改選も加えた参議院の新分野では、改憲勢力とされる党派の議席数が、憲法改正の発議に必要な 3分の2に 4議席不足する結果となりました。但し 改憲勢力の範囲分けは流動的です。

 【獲得議席数:自民 57 立憲民主 17 公明 14 維新 10 共産 7 国民民主 6 れいわ新選組 2 社民 1 NHKから国民を守る党 1 無所属 9】

 NHKの開票速報は、テレビ・ラジオ共に午後 7時55分からスタート。8時ジャストからの 1分間に 94名もの議席当確を打ちました。正確には 僅か 35秒です(笑)。比例区では その 35秒間に 50名中 42名の議席当確が一気に打たれました。長野局では 最初に、1名減員となった地元の当確をまず打っています。長野県選挙区の当選者は、国民民主党 1でした。

 abn テレビ朝日は、恒例の開票速報特番・選挙ステーションの放送時間を大幅に短縮しました。 7時58分から開始したものの 8時20分で一旦中断し、世界水泳選手権の中継を優先。9時58分から再開しても、11時で放送を終了。以降は 全米オープンゴルフの中継を深夜まで行いました。明らかに開票速報特番よりスポーツ中継を優先する編成方針です。

 我が家では、テレビを映像だけにして、音声はチボリ オーディオ モデルワンを通じて、NHKーFMの開票速報を聴いていました。とても整理されて伝わるラジオの開票速報を、テレビ映像で補完するスタイルです。ところがNHKーFMでは、午前 1時07分に開票速報を打ち切りラジオ深夜便を放送。内容は 究極のラジオ放送と言われる「話題と音楽」(笑)でした。

 もちろん正時から 15分ほどニュースとしての開票速報を放送し、比例の当確者は、ラジオ深夜便内で随時速報されていましたが、ラジオでも長時間編成から離れ始めていました。本来ならば電子投票を普及させて、運転免許の合格発表(笑)の様に全当選者を速報し特番は早めに終えるのが筋ですが、今の段階では 出口調査に根拠を置きスピードアップする形になっています。

 FM長野では、8時55分 と 10時55分からのFM長野ニュース(JFN)で 2回。11時からはJFNネットの開票特番を放送しました。FM長野ニュースではコンパクトに開票速報をまとめていましたが、今回も長野県区の当選・当確情報は、翌朝 7時30分からの“OASIS 79・7”フラッシュ ニュースまで ありませんでした。もはや常態化しつつあります。

 今回の参院選で驚愕だったのは「NHKから国民を守る党」の躍進に尽きます(笑)。選挙公示直後のNHKニュースで、NHKから国民を守る党と、党名がコールされただけでも、一言では表現出来ない強い違和感を感じました。それが比例で 98万票 1議席を獲得。全国の選挙区では得票率 3・02%と、政党助成金が国庫から交付される基準を突破しました。

 このブログで書いてきましたが、NHKは、バックアップの点からもテレビ・ラジオ各 2波の放送は、国民のために維持すべきだと考えます。もちろんノースクランブルです(笑)。しかし、NHKという巨大組織を維持する必要性は 国民に微塵もありません。NHK受信料の強制徴収 と 大衆から遊離した職員の高給などに、国民が嫌気を差している事は 間違いないのです。

 NHKから国民を守る党に、民放がまず当確を打った時に 立花孝志 代表が、NHKが当確を打ってからと祝賀を諌めたのには、NHK報道の信頼性を裏付ける様で笑ってしまいましたが、泡沫政党扱いだった NHKから国民を守る党が、国会議席を獲得し 政党要件を満たすまで急成長した事は、憲法改正への動向よりも、メディアが読みきれなかった国民の判断だと思います。

ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。