FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第864回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ“ONE”
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]
    ♪1位 4週、登場 7週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    テレビ東京・単発ドラマ「さすらい署長スペシャル」劇中効果音楽 [濱田貴司]
    ♪選曲 山本逸美のクレジット有。リスト対象は、21時32分から流れた劇伴佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    松任谷由実「深海の街」
    テレビ東京・報道番組「ワールド ビジネス サテライト」エンディング テーマ曲


 結論から言うと極めて難解です(笑)。この書籍だけでなく「大嘗祭」そのものが難解なのです。天皇陛下御即位の儀式の中で、最も重要な大嘗祭を理解しようと、民俗学者・折口信夫が著した「大嘗祭の本義」を読んだのですが、理解への作業を止めるべきだとの妙な結論に達してしまいました。皇位継承に伴う大嘗祭とは、理解を超越した最重要な宮中祭祀なのかも知れません。

 1930年(昭和5年)に発表された、折口信夫「大嘗祭の本義」は、戦後批判も多く集まりましたが、内容を否定できるほどではありませんでした。著作権保護年数が経過したため青空文庫に蔵しており、気軽にネットで読み始めたのですが、文語体のためか どうも難解です。現代語訳の書籍を入手し精読を試みても、やはり難解のままだった(笑)のが、読後の正直な感想です。

 理解出来なかったという結論を先に出しましたので(笑)大嘗祭の本義を読んで気づいた点だけを書いてみます。まず、大嘗祭の本義というタイトルです。講演の記録が主で、当初は 民俗学より見たる大嘗祭 という演題だったのですが、もっと深く論じようと、折口信夫が相当の覚悟で まとめた著述です。やはり 本書からの摘み食いをする様な批判とは、次元が異なります。

 次に大嘗祭を行う主基殿・悠紀殿を守備するため、衛門が配置されている事に驚きました。古式ゆかしく太刀 や 弓矢を持っていますが、これは兵士です。護衛隊を要する皇室儀式は、大嘗祭だけなのです。また幄舎には、三権の長を始め国家の中枢が招待され、外から見守っています。以前読んだ明治天皇紀には、大嘗祭に西郷隆盛が参議として幄舎で参列している記録がありました。

 基本的に大嘗祭は、天皇一世一度の新嘗祭なのですが、ここに折口信夫が唱えた「真床襲衾」(まことおふすま)という、とてつもない概念が現れます。新嘗祭では絶対有り得ない概念です。どういう意味か、ここでは書きません(笑)。ただ事実として平成の大嘗祭には、主基殿・悠紀殿に寝座が備え付けられており、この寝座の存在は、誰にも否定が出来ないのです。

 平成2年に宮内庁は、主基殿・悠紀殿に備え付けられた寝座に、天皇は儀式上一切触れないとの妙な見解(笑)を わざわざ発表しています。ただ大嘗祭が、午後 4時半から翌日午前 3時半までと、皇室儀式として極めて稀な深夜に行う事からも、この概念を完全否定する事は 難しいのです。また真床襲衾(真床覆衾)という語彙は、日本書紀の神代紀にも厳然と現れています。

 真床襲衾の本義について興味のある方は、ご自身でお調べになってください(笑)。14日から 15日にかけて、天皇陛下一世に一度だけ行われる大嘗祭は、皇室儀式の中でも秘儀中の秘儀に違いありません。折口信夫が民俗学を、演題 や 著作タイトルから外した事にも現れている通り、民俗学や歴史学の考察からは、超越した世界に大嘗祭は存在しているのです。

第863回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]

  2. 第 2 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ“ONE”
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]
    ♪Billy Goldenberg 制作テーマ音楽もリスト対象。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    松任谷由実「深海の街」
    テレビ東京・報道番組「ワールド ビジネス サテライト」エンディング テーマ曲


 即位の礼 と 台風等の週間放送視聴日記で前後しますが お許しください。10月 9日に スウェーデン王立科学アカデミーは、今年のノーベル化学賞を、吉野彰 旭化成名誉フェローに授与すると発表しました。午後 6時49分にローカル枠放送中の総合テレビで「ノーベル化学賞に旭化成の吉野彰さん リチウムイオン電池を開発」と、まずNHKニュース速報が流れています。

 そして午後 6時52分に全中カットインで、赤松俊理 アナが 2分間 臨時ニュース(チャイムなし)を放送しました。NHKニュース7では、近づくスーパー台風に時間を割いていたため、私は CSのTBS NEWSで、最初の記者会見生中継を視ていました。24時間ニュースチャンネルを標榜する TBS NEWSは、重要記者会見の徹底生中継を得意にしています。

 ノーベル化学賞は、本当に功績確定しているかどうか? 慎重の上にも慎重な審査があり、それが受賞候補者の待ちくたびれ(笑)に繋がるケースが多いのですが、今回の吉野彰さんの場合、ノーベル賞候補として、最も期待感が高まっていた年に、受賞の知らせが届く幸運な受賞者だった様で、記者会見では、語彙の端々に多幸感を感じさせる喜び一杯の姿がありました。

 それもそのはずです。吉野氏のノーベル化学賞受賞の功績は、今や全人類に革命的な普及を遂げたスマートフォンで広く使われている「リチウムイオン電池」の開発であり、誰もが功績を理解できるノーベル化学賞受賞者です。スマホだけではなく 私のガラホにも、リチウムイオン電池は 使用されており、今このブログが書けるのも リチウムイオン電池のお陰なのです(笑)。

 当然ノーベル化学賞の選考委員会も、厳しいチェックを伴う功績確定を待つ必要がなく、候補者リストに入っている様だと評判が立ち、今年取れると下馬評に上って期待感が高まった極みで、受賞決定の知らせが飛び込む理想的(笑)な展開になりました。吉野 氏が記者会見の際に、苦しい研究過程を例えていた「ランナーズハイ」になる必要はなかったという訳です(笑)。

 この日記記載も遅れる理由だった、大雨特別警報を伴う台風19号が、吉野 氏の受賞決定週に襲いました。吉野 氏は、リチウムイオン電池を搭載した電気自動車がさらに普及すれば、一般家庭 2日分程度の電気が、停電時でも融通出来るという、これも実に解りやすい見通しを提示していました。リチウムイオン電池の蓄電機能は、大災害などの非常時にも応用が効くのです。

 これで日本国籍を有するノーベル賞受賞者は 25名を数えました。そして だんだんと気になってきたのは、まだ経済学賞の受賞者が、日本人でひとりもいないという点です。調べてみると有力候補は いらっしゃる様で、今後に期待が出来ます。このブログも足掛け 17年となり、9度もノーベル賞受賞時の日記が残っています。ノーベル化学賞 本当に おめでとう ございます。

第862回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    城南海 ~ きずきみなみ“ONE”
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」主題歌
    ♪転調にヴォーカルの力業を感じるが、アレンジが際立っている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    松任谷由実「深海の街」
    テレビ東京・報道番組「ワールド ビジネス サテライト」エンディング テーマ曲


 臨時の国民の祝日になった 22日に、皇居において「即位礼 正殿の儀」が挙行され、天皇陛下が正式に ご即位を宣言されました。同日夜には、饗宴(きょうえん)の儀も皇居で行われましたが、台風19号の被害が甚大だった事を考慮して祝賀御列の儀は、来月10日に延期となっています。14日から 15日にかけては、即位礼の中で最も秘儀な大嘗祭も行われます。

 即位礼 正殿の儀は、NHK総合を始め、テレビ東京を含む民放テレビ キー全局が生中継しました。NHK総合は、午前 8時から午後 2時まで約 6時間の特設ニュースを放送しています。当日は 熱帯低気圧の雲が首都・東京を覆い、朝から雨が降り続きましたが、急速に天気が回復し、ちょうど正殿の儀が行われている時間から、皇居上空に晴れ間も見え、虹が出現したそうです。

 FM長野では、JFN全国ネットで午後 1時30分から 2時間半に渡り「即位礼 正殿の儀スペシャル」を放送しました。改元時よりも、皇居と近接した半蔵門に本社のあるTOKYO FMらしい しっかりとした編成でした。一方のNHK―FMは、同時間帯にまた三昧(笑)。1時間ほどは、ラジオ第1とサイマル放送をしても良かったのではと思ってしまいます。

 この即位礼 正殿の儀は、CNNが全世界に生中継しました。ブログにも退位礼 正殿の儀について、外国王室に類例のない洗練された儀式と書きましたが、即位礼 正殿の儀は、古代 と 近代が融合した、やはり外国王室に類例のない儀式だったと思います。あの「高御座」「御帳台」の静なる美しさと、高らかな 21発の祝砲は、王室でなく帝室としての格式が映っていました。

 私は、平成の即位の礼を視聴した経験があり、録画も保存しています。その時は「NHKニュース スペシャル」と題し、総合司会は、松平定知 アナでした。その時に視た見識からも、本来ならば即位の礼は、祝賀御列の儀まで、臨時の国民の祝日 1日間で行うものですが、台風災害のため分離したのも、これからの令和時代を象徴していると捉える事も出来ます。

 即位の礼のテレビ生中継は、生涯において何度も視られるものではありません。国の儀式(国事行為)として行われた正殿の儀には、皇室制度の深遠さが表現されていました。いかなる時代であれ皇室制度は、極力不変であるべきです。天皇皇后両陛下が歩まれる令和時代が、その美しさ や 深遠さに値する様にと願ってやみません。天皇陛下ご即位 誠におめでとうございます。


(追記) 11月10日に延期となった「祝賀御列の儀」が、午後 2時57分から挙行されました。折からの秋晴れの中、皇居を出発し赤坂御所までの約 4・6キロを、オープンカーでパレードしています。沿道には、11万9000人が詰めかけ、天皇皇后両陛下に賀意を表しました。

第861回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]

  2. 第 2 位 ( △ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    松任谷由実「深海の街」
    テレビ東京・報道番組「ワールド ビジネス サテライト」エンディング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ
    ♪1位 5週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]
    ♪往年の米国テレビ映画のテーマ音楽を含んだ彩りある劇伴。


 12日から 13日にかけて、大型で非常に強い勢力の台風19号が来襲。長野地方気象台は、長野県内に初の「大雨特別警報」を発表しました。記録的な豪雨が長野県内 特に河川上流地帯に降り、千曲川が決壊。上田電鉄の鉄橋が崩落し、長野車両センターでは 北陸新幹線全車両の 3割が浸水するなど、長野市・上田市に短時間で大きな被害が発生しました。

 この大雨特別警報は、長野県だけでなく、東京都・神奈川県・埼玉県・静岡県・山梨県・茨城県・群馬県・栃木県・新潟県・福島県・宮城県と、関東甲信越地方から 東北地方まで広範囲に及び、甚大な人的被害をもたらしました。台風19号が去った後も、被害の広がりが止まりません。阿部守一 長野県知事は、12日午後 9時34分、陸上自衛隊に災害派遣を要請しています。

 【犠牲者 95名 行方不明者 5名 負傷者 472名】

 台風19号は、マリアナ諸島近海で急発達し、僅か 1日で中心気圧が 77hPaも低下。一気に 915hPaまでに達してしまい、まさしく「スーパー台風」の様相を呈していました。そのスーパー台風が本土直撃コースをゆっくり進行。4日前の 8日の段階で、政府の危機管理センターには、情報連絡室が設置されるなど、尋常ならざる警戒シグナルは出ていたのです。

 NHK総合は、12日 午前 9時30分から台風に関する特設ニュースを開始。NHK-FMも、極めて異例とも言える特設ニュースを、ラジオ第1とサイマルで放送しています。NHK-FMは、ニュース以外の通常番組を全て休止し、正午から翌 13日 午前 7時20分まで続けました。全国のFM放送で、これだけ台風情報に特化したのは、NHK-FMだけでした。

 大雨特別警報が発表されたのは、午後 3時30分。NHKは、ラジオがテレビより早く速報しています。その時 私は、対象地域に長野県が含まれている事に正直驚きました。NHK長野局は、対象地域としてEテレ と ラジオ第2放送でも大雨特別警報を伝え、全波での放送を確認しています。携帯電話にも、アラーム音が緊急地震速報と同じ緊急速報メールが送られてきました。

 FM長野は、大雨特別警報が発表された 25分後の「トラフィック&ウエザー」で まず第1報。そして午後 4時55分に番組を変更して臨時の気象情報を 5分間、向井優 アナが伝えました。その後もカットインで随時情報を放送しています。ここ数年 特別警報がサービスエリアに出たJFN加盟局の対応と比較して、概ね迅速 かつ 独自に情報を伝えていたと思います。

 このブログでも12日 午後 3時48分から、長野県に大雨特別警報が発表されたと「臨時のお知らせ」を全ページに掲載しました。臨時のお知らせ は、大雨特別警報が解除になった翌 13日 午前 3時20分まで続けています。個人ブログでもやれた速報表示にもかかわらず、残念ながら特別警報対象地域のJFN加盟局のサイトには、全く特別警報表示がされませんでした。

 JFN加盟局は、国から放送免許を受けたラジオ放送局です。災害時には、報道機関の一端として自らのサイトが、災害情報のポータルになるべきだと考えます。ところがサイトには、申し訳なさそうに(笑)気象情報へのリンクが貼ってあるだけです。全国のFMラジオ局は、電波を利用したイベント業者ではありません(笑)。もう少し自らのサイトの意義を熟考すべきです。

 直ちに命を守る行動を要求される特別警報は、究極の気象警報です。NHK長野局が、普段ニュース報道をしないEテレやラジオ第2放送も、全波サイマルで伝えた様に、民放ラジオ局も特別警報が出た時は、サイトも含めて、より多くの対象サービスエリアの住民に伝える努力を全力で行うべきです。今回の台風で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。

第860回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]
    ♪NHKオンデマンドで視聴。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    松任谷由実「深海の街」
    テレビ東京・報道番組「ワールド ビジネス サテライト」エンディング テーマ曲
    ♪ヴォーカルとE.B.の調性が整っている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    OKAMOTO’S「新世界」


 8日に エフエム東京(TOKYO FM)は、記者会見を行い、V-LOW マルチメディア放送からの撤退を発表しました。エフエム東京の今期連結決算は、83億円の巨額純損失を計上。投融資打ち切りによって、i-dioは 放送終了が確実な情勢です。異様な鳴り物入りだったデジタルラジオ放送は 我が国から消滅し、JFNグループの長い悪夢が ようやく終わりました。

 i-dioの投資損失を単年度の決算で一気に減損処理するとは、賢明な経営決断です。エフエム東京には、約 273億円という莫大な内部留保があり、それで 83億円の損失を処理出来ると踏んだからだと思います。黒坂修 社長が「資金繰りは万全」と豪語したその裏付けは、莫大な内部留保にあります。それでも今回の減損処理で、内部留保の約 3割が霧散してしまいました。

 黒坂 社長が「もし前体制が続き、これまでの方針を維持してi-dio事業を突き進めていれば、本当に危なかった」と述べた通り、内部留保の総額に累積損失が近づいていけば、エフエム東京そしてJFNの経営危機に繋がるところでした。回収不能になった約 150億円の事業費への未練からか、まだ躊躇が見られますが、i-dioは 即刻放送を打ち切り清算すべきです。

 全国のJFN加盟局も該当地域のi-dioに出資しており、各地域のマルチメディア放送が早く清算を進めないと影響が強くなります。また日本政策投資銀行からの借入金も大変気になるところです。民放AMラジオ局がAM放送を廃止する流れの中で、TOKYO FM と JFN加盟局は、これからハンデキャップを背負って、放送事業を進めていかなければなりません。

 それと同時に重要な考察が成り立ちます。東日本大震災がターニングポイントになって、国土強靭化の大命題の元に、絶対に認められなかったAM局のFM補完中継が一気に普及し、AM放送の廃止まで到達した様に、今回のV-LOW マルチメディア放送からの撤退が、日本のラジオメディアにとって、大きなターニングポイントになる事は間違いないからです。

 V-LOW マルチメディア放送の終了によって、日本のラジオメディアは、これからFMアナログ放送で進む事が ほぼ確定しました。もちろん本局送信所 と 中継局間の従来のエア受けを、TTLによるデジタル波にするなど、伝搬過程でのデジタル化は さらに進むでしょう。されど基本のラジオ電波は、FMのアナログ波に統一されていくのです。

 そしてインターネット配信によるIPサイマルラジオとして、radiko がさらに定着するでしょう。但し radiko と アナログ放送電波の間には、伝搬遅延という絶対差があります。やはり時報や緊急地震速報は、アナログ放送でないと成立しないのです。意外にアナログ放送 と インターネット配信は、ラジオメディアにおいて住み分けが可能になるかも知れません。

 これからのTOKYO FMについて、黒坂 社長は「面白く、楽しく、心地よく、美しいコンテンツをプロデュースして、生活者に楽しんでもらうという原点に立ち返って出直したい。」と実に興味深い方針を明らかにしました。特に心地よく、美しいという語彙は、今までのTOKYO FMに あまり当てはまらなかったものです(笑)。

 そう言えば、昔のFM東京時代には、心地よく、美しい番組がたくさんありました。日本のラジオメディアは、これからFMアナログ放送で進みます。どうか老舗のTOKYO FMには、少子化時代に対応する事でFM東京時代へ回帰し、心地よく、美しい番組を数多く制作して、JFN と JFN加盟局を牽引してもらいたいものです。高い高い授業料を払ったのですから。

ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。