チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第800回ランキング

   最新リスト
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    家入レオ「もし君を許せたら」
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    BS Dlife・ドラマ「コールドケース ~ 真実の扉」メイン テーマ(ピアノ ヴァージョン)[村松崇継]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」エンディング テーマ音楽 [丸山和範]
    ♪1位 2週、登場11週。


 このブログで毎週発表している『週間選曲リスト』が、800回目を迎えました。ブログ開始から 800回 の間に、約 16年の歳月が経過し、カウンターのページビューも 41万 を超えました。本当に ありがとう ございます。

 以前ご紹介しました通り、現在ブログのレイアウト、特に週間放送視聴日記の段落整序する作業を続けています。同時にCSSのソースのチェックも 平行して行っています。CSSを独自に組んでから 10年以上経過しましたが、中には 臨時につけたセレクタの名前が意味不明だったり、未使用セレクタが そのまま残っていたりします。それらを お掃除(笑)している訳です。

 CSSの掃除は、この夏で終わると考えていますが、週間放送視聴日記の段落整序は、年内に終わるかどうかといった状態です。少しずつやっていますので、お時間を頂ければと思います。今週で 週間選曲リストが 800回を迎えましたから、週間放送視聴日記は、800を超えています。この段落整序が、誤字脱字も含めて最後の全体チェックになると思います。

 一定文字数のブログ記事が、週1更新でも 800を超えると、誤字脱字チェックは もとより、全体の読み直しすら無理な状態になるのです(笑)。 最後のテキスト全体チェックとも言える段落整序は、現在 130週(20%)ぐらい終わりました。なにか昨年末からブログ作業が、ずっと続いていますが(笑)小目標を設定して、コツコツとやっています。

 段落整序 と CSSの掃除が終わりますと、いよいよ専用サーバへの引っ越し準備にかかります。専用サーバと言っても、物理的なサーバ1台を、まるまる占有するのではありません。そんな事したら莫大な経費が掛ります(笑)。VPS(バーチャル・プライベート・サーバ)と言って、物理サーバの運用部分を占有します。賃貸マンションみたいなもんです(笑)。

 今使っている共用サーバは、長期滞在ホテルみたいなもので、家具が完備しています。ところがVPSは、一切家具はなく、OSを自分でインストールしなければなりません。但し 好きな家具 つまりOSを置けます。今回VPSに引っ越ししようと思ったのは、理由が ふたつあるのです。ひとつは、モバイル ブログのスピードアップ。もうひとつは、データセンターの選択です。

 このブログは、朝令暮改(笑)なAMPとか使わずに、モバイル機能は 相当スピードアップしていますが、さらに低速なモバイル環境でも、すぐブログが表示される様にしたいのです。しかし、これ以上のスピードアップは、共用サーバ つまり既存の家具では限界です。そこでVPSに移って、OSから高速な最新式を使い、スピードアップを図ろうといった考えなのです。

 データセンターの位置選択は、前から気になっていた自然災害リスク関連がポイントになります。今このブログの共用サーバは、大阪にある様ですが、そのデータセンターの位置を、こちらで選択したいのです。個人ブログが、DR(ディザスタリカバリ)まで考える必要はないかも知れませんが(笑)15年以上続けてきた意味合いを熟考すれば、やはり重要なのです。

 Google Cromeが、SSL化していないサイト ページの閲覧に、保護されていない通信 と強制表示を開始し、ひと騒ぎになっています。このブログは、2年前に完全SSL化してありますので「保護された通信」と、全ページに渡ってグリーン表示されており、全く問題ありません。これも早くから問題意識を持って、対策に取り組んだからだと思っています。

 VPSへの移転は、究極の個人ブログを目指すならば、やはり必要だと考えます。VPSは、何もかもがサイトオーナー、つまりブロガーの管理次第になりますので、OS理論の勉強を始めました。週間選曲リスト 800回は、究極の個人ブログへの道標になります。これからも「チャート★ドランカー BLOG」を、引き続き ご愛読頂ければ幸いです。

第799回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    家入レオ「もし君を許せたら」
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」エンディング テーマ音楽 [丸山和範]

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    BS Dlife・ドラマ「コールドケース ~ 真実の扉」メイン テーマ(ピアノ ヴァージョン)[村松崇継]
    ♪初聴の時に驚いた 高度に和声と調性が整っている秀逸な劇伴音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]


 5日に『第20回 長野県知事選挙』が投開票され、2期 8年の阿部 県政に審判が下ります。選挙に関する週間放送視聴日記は、いつも投開票日の直後に書いていますが、前回に引き続き、投開票日を挟んで書くことにしました。通常なら投開票日の翌週書くことになりますが、来週は 週間選曲リストが 800回目にあたります。それと最大の理由が 無風(笑)だからです。

 前回2014年の県知事選と同じ構図で、自民、立憲民主、国民民主、公明、社民から推薦を受けた、現職県知事である阿部守一 候補が、共産推薦の候補を大きくリードしていており、各メディアの事前情勢分析も、阿部 候補極めて優勢で、投票締め切りの 10日 午後 8時ジャストに、阿部 候補には「0秒当確」(笑)が出ると、投開票日 2日前の 3日現在 断言できます。

 阿部 知事は、4年間の県政を卒なくこなしてきました。約 7年前のブログに 「菅谷市長 と 阿部知事の違い」を書いた事がありました。比較の基準点は、東日本大震災直後でしたが、3年前の松本市長選で、菅谷市長の前言撤回による多選を批判した事があり、現在では阿部 知事 と 菅谷市長が、どっこいどっこい(笑)になっています。

 私がテレビなどの報道で、阿部 知事の政治家としての度量が視えたのは、2014年の御嶽山噴火の時です。発災時から阿部 知事は、果敢に陣頭指揮を取っていましたが、行方不明者が発見できず厳冬が迫るなか、組織的な捜索を打ち切る決断に迫られた時、さらにその決断を表明した時の阿部 知事の苦悶の表情には、政治家としての度量を視た思いがしました。

 5期 20年 続き王朝とも言われた吉村 県政の時、やはり同じ構図となった無風の県知事選では、吉村陣営が 各市町村の投票率を、県公共事業の査定基準に使おうとしたとのエピソードも残っています。王朝ここに際まれりといった逸話ですが、今回の県知事選も、このまま推移していけば、史上最低の投票率をマークする恐れが多分にあります。

 ネット選挙運動が解禁になり、要件を満たすこのブログでも、投開票日前に候補者の支持を表明する事ができます。前回の選挙の時には、阿部 知事支持を表明しましたが、例のtwitterも 5年ぶりで 1ツィート(笑)という現状では、今回の選挙に関して特段の表明を致しません。やはり阿部 候補も 3期目となり、多選ゾーンに入ってきています。

 私は一度も選挙を棄権した事がありません。それは開票速報マニア(笑)であると同時に、有権者ひとりひとりが、どんなに無風でも立候補者の中から、最も公職にふさわしいと思う候補者に投票する行為が累積される事によって、国政や地方行政は、正しく定まると信じているからです。5日の投票日には、必ず投票に行こうと思っています。


(追記) 5日 投開票の「第20回 長野県知事選挙」は、阿部守一 知事が 新人候補を破り、3期目の当選を果たしました。全県が猛暑の投票日でした。NHK総合は、午後 8時ジャストに、全国に向けてのNHKニュース速報で、阿部 候補の当選確実を打っています。FM長野では、午後 8時55分からのFM長野ニュース(JFN)で、阿部 候補当確を速報していました。

 【獲得得票数:阿部守一 候補 63万5365 金井忠一 候補 11万0930】

 大河ドラマ「西郷どん」の放送後、全国ニュースで発表されたNHK出口調査のグラフは、阿部 候補の支持率が 85%を超えており、これでは0秒当確やむなしという感じでした(笑)。阿部 候補の実際の得票率も 85・1%です。間違いなく無風な県知事選でしたが、投票率は 過去最低でも 43・28%と、前回から 0・28しかダウンせず、下げ止まった印象も受けました。

第798回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    家入レオ「もし君を許せたら」
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」エンディング テーマ音楽 [丸山和範]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    majiko「ひび割れた世界」
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「限界団地」主題歌
    ♪1位 3週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽 [吉川清之]
    ♪テーマ音楽とラスト前に流れる劇伴が定着してきている。


 暑中お見舞い申し上げます。2018年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 また 7月なのに この猛暑。遂に 5年ぶりに極値まで更新してしまいました。23日 午後2時16分に、埼玉県 熊谷市(気象官署)で『国内最高気温極値』が更新されました。5年前の更新は、無人の地域気象観測所であるアメダスでしたが、今回の極値更新は、有人の熊谷地方気象台です。ちなみに埼玉県の地方気象台は、さいたま市でなく、伝統的に熊谷市にあります。

 【国内最高気温極値:41・1度】

 熊谷市の地元デパートには、夏期に巨大温度計が設置されており、更新直後からメディアの取材が殺到しました。12年前に極値更新した時、目盛りが 40度までしか設定されておらず、振り切れてしまいましたが(笑)今年の巨大温度計は、なんと 45度まで目盛りが設定されています。今回の極値更新は、楽勝というか、ある意味恐るべき巨大温度計です(笑)。

 今まで記録ホルダーだった高知県 四万十市 江川崎では、2014年に 熊谷市と多治見市そして地元・江川崎の気温表示モニターを設置し、記録防衛(笑)するべく、監視しながらの町おこしで盛り上がった事もありました。最近では同じく極値ホルダーだった 秋田市、多治見市、熊谷市と共に、アツいまちサミットを毎年開催して、呉越同舟(笑)盛り上がっているそうです。

 ここ長野県松本市も 連日最高気温が 35度を超えています。我が家は、スマートメーターで、最新の電力使用量が判る仕組みになりましたが、エアコンのせいで毎時間ごとに やはり相当量の電力を消費しています。帰宅時に暑いのが嫌なので、タイマーで弱稼働させたりと、急激な電力使用を避け、少しでもエコしようと考えているのですが、なかなか決め手になりません。

 御嶽海が幕内最高優勝した日に、仕事のしがらみから、とあるクラブというかバーに行く事になったのですが、事前の予定が早く進行してしまったため、外で 40分近く時間調整をする羽目になりました。やっと開店でバーに入るやいなや、ママさんにウォーターだけを持ってくる様に指示し(笑)酒抜きの水割り(笑)を作って がぶ飲み。やっと熱中症の危機を脱しました。

 その後も、ママさんに科学の実験の様に酒を入れろと(笑)本当に薄い水割りしか作らせませんでした(笑)。お仕事でも 休暇中でも 今回の様なお遊びでも、この猛暑では 平等に熱中症の危険性があります。お陰で悪酔いはせず帰宅できましたが、夜間でも外気は 温度が下がっておらず、帰宅後は、ぬるめの入浴と、やはりエアコンでクールダウンした次第です。

 左前足を噛む行為をして、飼い主をびっくりさせた、ミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン ですが、この猛暑を元気一杯で過ごしています。どうもストレスの原因は、単にエサが足りなかっただけ(笑)の様で、大目にエサを与えると、噛むのは止めて連日エサを完食。飼育ケースのフタをまた壊し、飼い主が顔を見せると、飛び出してくる蛮行(笑)を重ねています。

 紅葉の盆栽は、充分な散水を毎日しているせいか、葉も青々として元気そのものです。ところが、白梅の盆栽のほうは、この猛暑のため 少し葉の元気が なくなってきました。猛暑の日中に散水すると、葉にダメージを与えてしまうので、早朝や日没後に散水する様に心掛けています。なお紅葉の盆栽には、またアシナガバチくんが 1匹休憩所として使ってくれています。

 いつからか猛暑の表現として「命に関わる暑さ」という表現が使われる様になりました。気象庁は、今回の猛暑を災害だと判断している様です。7月に国内最高気温極値が更新されると、8月は どの様な夏になってしまうのか心配になります。とにかく適度の冷房使用と水分補給で、今年の猛暑を乗り切りたいものです。

第797回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    majiko「ひび割れた世界」
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「限界団地」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    家入レオ「もし君を許せたら」
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」エンディング テーマ音楽 [丸山和範]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]
    ♪まだ奄美歌唱の当てはめに違和感を覚える。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    クレイジーケンバンド「山鳩ワルツ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」6 ~ 7月 オンエアー曲


 6日から 8日にかけて、西日本の広い範囲で起きた集中豪雨は、大きな被害をもたらしました。気象庁は、この豪雨を「平成30年7月豪雨」と命名しています。スーパー台風が本土を直撃した訳でもなく、全くノーマークの集中豪雨が、西日本を襲いました。 唯一この災害を強く警告していたのが、11府県に発令されていた「大雨特別警報」だったのです。

 【犠牲者 219名 行方不明者 10名 負傷者 364名】

 特別警報は、その地域で数十年に一度の現象が予想される大災害が差し迫っている時にのみ、原則として都道府県単位で、気象庁から発表されるスーパー警報です。NHKの場合、発令された都道府県では、ラジオ第2を含む全波で特別警報を伝えます。また全国には、NHK―FMも含み速報されます。私は、岡山県の特別警報発令を、NHK―FM長野で聴いています。

 特別警報が発令されると、気象業務法 第15条の2で、都道府県や市町村には、対象住民に速やかに伝える法的な義務が生じます。しかし中日新聞によれば 広島市の担当者は、まさか自分の街に特別警報が出るなんて と、特別警報のシステムを全く熟知してなかったかの様なコメントが掲載されていました。これでは、損賠の可能性すら生じます。

 同じく広島県のラジオメディアである広島FM と RCCラジオは、大雨特別警報を迅速に伝えていましたが、その後 最も被害が発生している時間帯に通常番組を続けていました。大雨特別警報は、緊急地震速報と異なり急迫の状態が長時間続きます。繰り返し繰り返し伝える事が、ラジオメディアとしての責務だったはずです。

 結局 広島FMやRCCラジオは、多数の行方不明者が発生した後に、特設ニュースなど番組編成を弄り始めています。これでは何の為の特別警報なのか解りません。気象庁は、特別警報をシャープに発令して、シャープに解除します。新たな甚大被害の発生可能性が無くなったと判断すると、すぐ特別警報を解除します。特別警報が出ている間は、通常番組は止めるべきなのです。

 折しも 5日に総務省で、今後のLアラートの在り方検討会の初会合が開かれました。FM・AMのラジオメディアで Lアラートを、どの様に正確迅速かつ省力化で伝えるのか? 特に局舎が社員無人となる深夜・休日における、ラジオからのLアラート伝達手法についても課題となるはずです。Lアラートには、当然特別警報も含まれます。

 ラジオメディアにとって減災のために必要なのは、事後の感想でなく発災時の情報です。まだ地方自治体の防災担当者やラジオメディアの間には、特別警報を甘く捉えている方や、従来の気象警報と同レベルだと理解してしまっている方も まだ多いのですが、2013年から始まった特別警報は、緊急地震速報や噴火警報も含む究極の警報システムなのです。

第796回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    majiko「ひび割れた世界」
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「限界団地」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」エンディング テーマ音楽 [丸山和範]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [富貴晴美]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    家入レオ「もし君を許せたら」
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査」主題歌
    ♪ヴォーカルとストリングス アレンジの和声が際立って整っている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    クレイジーケンバンド「山鳩ワルツ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」6 ~ 7月 オンエアー曲
    ♪演歌とワルツの旋律連結が、山鳩の鳴き声という大変ユニークな佳曲。


 ワールドカップ サッカー等の週間放送視聴日記で前後しますが お許しください。 2日に、落語芸術協会会長の桂歌丸 師匠が、お亡くなりになりました。。81歳でした。最高視聴率 36・1%、現在でも 15%を超える好視聴率をマークしている人気演芸番組「笑点」の大喜利メンバーを 40年、司会を 10年勤めあげてきました。

 歌丸 師匠と言えば 笑点。笑点 と言えば 歌丸 師匠です。私は、子供の頃から 日曜の夕方は、笑点そして大喜利を視て育ったテレビ世代です。歌丸 師匠の長い笑点歴で忘れられないのは、故・三遊亭小円遊 師匠とのバトル(笑)です。大喜利でお題が出て、レギュラー メンバーが答える、そのやりとりの中で 突如戦端が開かれます。

 答えにかこつけて、相手を罵倒(笑)するのです。すると罵倒された相手は、間髪入れず手を上げて、お題への答えの中で、罵倒し返します(笑)。司会の三波伸介 さんは、バトルが始まると、歌丸・小円遊 両師匠だけを交互に指名し、後楽園ホールの大歓声と共に、アップで映し出される罵倒された時の両師匠の怒気を含んだ真剣な顔で、笑いが増幅するのです。

 それ故、1980年に小円遊 師匠が急逝した直後の笑点での、歌丸 師匠を忘れる事ができません。訃報を伝える大喜利の特別な挨拶で 歌丸 師匠は、今にも泣き出しそうな憔悴した顔でした。歌丸 師匠 と 小円遊 師匠は、本当は無二の親友だったのだと、この時初めて 全国の視聴者は 知ることになります。無二の親友だからこそ、あのバトルに視聴者は大爆笑できたのです。

 またさらに思い出深いのは、笑点 元旦特番での師弟大喜利です。70年代当時の笑点では、大喜利レギュラー陣の師匠たちが、矍鑠(かくしゃく)としていました。三遊亭円楽 師匠には 三遊亭圓生 大師匠、林家こん平 師匠の後ろには 先代・林家三平 大師匠、そして林家木久蔵 師匠の後ろには 林家彦六 大師匠、そして歌丸 師匠の後ろには 桂米丸 大師匠が座っていました。

 師弟大喜利では、先代・三平 大師匠が 新人メンバーの様な(笑)活躍で爆笑をとっていく中で、米丸 大師匠 と 歌丸 師匠は、一体どっちが弟子なのか? といった風貌でした(笑)。桂米丸 大師匠は、落語芸術協会会長を長く勤め、現代社会を取り入れた新作落語一筋の方でしたが、弟子の歌丸 師匠は、江戸文化を発掘するかの様に古典落語一筋で、実に好対照な芸風でした。

 そして米丸 大師匠は、御年 92歳となり最長寿の現役落語家として、弟子の訃報に接しています。あの元旦特番の師弟大喜利 と 小円遊 師匠とのバトルは、私の忘れ得ないテレビ視聴の思い出です。今頃先代円楽 師匠を始め天国で、芸談に花を咲かせてる頃でしょうか? 桂歌丸 師匠は、テレビジョン草創期から放送の歴史と共に、一代で名跡まで登り詰めた落語家でした。

ブログ開始は 2003年です。

FM長野 周波数

松本    中継局 86・4MHz  10W
大鹿    中継局 81・8MHz   1W
飯田    中継局 88・3MHz 100W
聖     中継局 78・1MHz 100W
飯山野沢  中継局 81・8MHz  30W
小海    中継局 80・3MHz 100W
木曽福島  中継局 81・5MHz  10W
岡谷諏訪  中継局 81・8MHz  50W
善光寺平  中継局 83・3MHz 100W
美ヶ原   送信所 79・7MHz1000W
コールサイン(呼出符号) : JOZU-FM
演奏所 : 長野県 松本市

NHK-FMの周波数


FM長野について

 本社演奏所や本局送信所の地理的配置 さらに独特のコールサイン呼称など、全国のJFN加盟局の中でも FM長野は、放送研究の価値があるユニークな存在です。

 旧郵政省による県域民放FM局の電波割り当てが 長野県にあったのは、1982年10月27日。175件の免許申請調整は 月日を要しましたが、1987年 8月25日 申請一本化に合意しました。

 そして自治体・有力企業総意の元で、長野エフエム放送株式会社が 同年11月12日 創立。FM長野は、1988年10月 1日に開局しています。

 私は、信州の中心に位置する美ヶ原高原(海抜2031メートル)の王ケ頭にある FM長野の美ヶ原 本局送信所が、全国のFMラジオ本局送信所の中で、最も地理的に優れた位置にあると考えています。

 FM長野の本社演奏所と本局送信所の距離は、約11キロほどですが 直線ラインを追うと、送信伝搬が僅かに王ケ鼻の陰で隠れてしまいます。

 そこで松本市 岡田町の茶子望主山に反射板を設置。本社演奏所からのSTL波(3・436GHz 10W)は、反射板(縦横10メートル内)に向かって送信し、その反射波を本局送信所へ届ける 独特な送信の仕組みを採用しています。

 また本局送信所からの放送波は、県内9ヶ所の中継局でエア受けをしています。松本 中継局の場合、約8キロの距離を 5素子1段1面で受信し、ダイホールアンテナにより 垂直偏波で再送信します。

 特にFM長野の中継局は、開局以来 音質劣化を避けるため、復調せず再送信している大きな特徴があります。FM長野は、他局との比較でも音質が優れたラジオ局なのです。

 プレス発表されたFM長野の基本理念に基づき、開局当時の自社制作番組は、アナウンサーがディレクターも兼務し、自ら調整卓を操作しながらアメリカンDJスタイルで放送していました。

 当時は月曜から金曜まで5日間連続 約2時間の生ワイドを、女性アシスタントとアルバイトひとりずつだけの体制でオンエアー。コストをかけず、FM長野の草創期を一生懸命支えてきたのです。

 長野エフエム放送 沿革にも まとめてありますが、その後のFM長野の番組編成方針は、この開局から数年間に培った原資を費やし、役員構成の変化にスライドしながら、FM長野のステーションカラーが変遷していきました。

 これからの地方における単営ラジオ局の存在価値は、道州制も念頭に サービスエリア内全体の公益へ、どう立脚するかで決まります。地域統合の象徴となる様に存在価値を維持するため営利活動をし、安定経営に努める放送事業会社であるべきなのです。

 災害などの緊急報道や選挙結果の一早い報道など、重要なニュースの速報性の維持は FM長野に不可欠です。それ故 普段から緊急ニュースの素早い送出や、それを可能にする将来まで続く地方行政区画を見据えた、ニュース配信報道機関との連携強化が なによりも必要です。

 特に音楽放送を主体とするFMラジオ放送局の定時ニュース報道は、幅広く主要項目(ヘッドライン)を出来る限りコンパクトに伝える事も大切です。FM長野ニュースは、これらの要素が常に満たされるべきなのです。

 松本市に本社演奏所が在するFM長野は、ラジオ放送の本旨である第1次情報報道の迅速性・信頼性を損なわないために、地域・年代に こだわらない多くのエリア内リスナーの聴取習慣を維持すべく、良質の音楽番組を放送し続ける使命があります。

 また長野県の人口動態は、全国平均と比較しても高齢化が進んでおり、当然長野県をサービスエリアとするラジオ局は、人口動態にリスナーターゲットをスウィングさせなければならないはずです。

 安易なターゲット層を絞った番組は、ターゲット外の絶対多数のリスナーが、確実にラジオから離脱させる結果に繋がりかねません。従来からのオーディエンス・セグメント編成ではラジオを救えないのです。

 信州に移り住む前月の1991年 3月から、私は定期発行されたFM長野の「番組表」(タイムテーブル)を収集・保存し続けています。

 その数は 現在250部を超えました。開局時である1988年10月 第1号など、初期のタイムテーブルもコピーを入手し所有。戦後のラジオ放送の歴史に関する資料も数多く保存しています。

 私は、ラジオ放送に対して、全国にいるヘヴィなリスナーとは違ったスタンスを 心に持っています。

 全国のラジオ放送局は、放送局である以前に、国から免許を受けた「無線局」であるという認識です。呼出符号であるコールサイン(JOZU-FM)が存在するのは、FM長野が国から許可を受けた無線局だからに他なりません。

 このブログ、特に送信解析 FM長野にも書いていますが、私がFM長野を長年愛聴している根本の理由は、佐渡島から茨城・大阪に至るまで受信可能であるFM長野が、国から許可を受けた無線局として、送信伝搬の優秀性を有しているからです。

 FM長野を取り巻くラジオメディアが、合併や放送番組の同一化もあり得る峻烈な転換期を迎える中、FM長野も これから未来へ向かい、放送体制も 番組形態も DJも 勤める社員さんも そしてリスナー自身も、ゆっくりと確実に入れ替わっていく事は避けられません。

 ですが その中で私は、数少ない長期間入れ替わらないリスナーとして、健康である限り、これからもレベルの高い音楽番組を中心に、FM長野を聴き続けていきたいと考えています。

MY RADIO

tivoli audio Model One

愛用しているメインラジオです。

NHK-FMについて

 NHK-FMは、1957年に東京から開局したFMラジオ放送の老舗です。長野は、1964年に開局しました。

 クラシック音楽を中心に、ポピュラー洋楽・歌謡曲・ワールドミュージックそして純邦楽・民謡に至るまで、あらゆるジャンルの音楽を、公共放送として差別なく放送しています。

 NHK-FMの最大の特徴は、オンエアー曲をノーカット完奏させる点にあり、開局以来その編成方針を貫いています。

 平日の朝・午後そして夜と、クラシック音楽放送を帯ワイドで編成。特に夜の帯ワイド番組「ベスト・オブ・クラシック」は、NHK-FMの看板番組になっています。

 NHK-FMの定時ニュースは、7時・12時・19時及び深夜1時から4時までの毎正時に、ラジオ第1放送と同時放送されています。

 但し基幹である19時のニュースを休止して放送する「NHK交響楽団 定期演奏会」の生中継(年18回予定)は、NHK-FMの最も重要な音楽番組に位置付けられています。

 NHK-FMでは、原則として臨時ニュース・ニュース速報を放送しませんが、緊急地震速報特別警報は 全国に送出。また気象警報・竜巻注意情報などは、対象エリアに向けカットインで放送されています。

 長野局からの地域放送(ニュース・気象情報枠を除く)は、現在お昼前 11時50分から、夕方は平日のみ 18時50分からの それぞれ10分間と、だいぶ減ってしまいました。

 この地域放送は、交通情報・気象情報・お知らせ・ローカルニュース などですが、全国学校音楽コンクールやNHK杯全国高校放送コンテストの県内優秀作品を、夕方の10分間でオンエアーする事もあります。

 1970 ~ 80年代のNHK-FMは、平日 18時台の50分間とウィークエンドに、全国の放送局が リクエスト番組を中心とした独自編成をしており、NHK-FMが個性にあふれた素晴らしい時代でした。

 私は、NHK-FMの地域放送として、土曜午後約3時間に渡って各局毎にオンエアーされていた「FMリクエストアワー」を熱心に聴いていました。

 FMリクエストアワーは、各局のNHKアナウンサーが生放送で、民放ラジオより自由闊達に担当する事が許されており、長野局では毎週独自のチャート(ベスト11)を発表していました。

 FM長野 開局前の時代には、NHK-FMの地域放送が、全国のFMラジオ放送の中で 大きなウエイトを占めていたのです。

 FMラジオ雑誌は、2001年に総て休廃刊してしまいましたが、FM放送で音楽を楽しむスタイルを続けている人達や、演奏曲目を事前にチェックした上でFM放送を愛聴する高いレベルのラジオリスナーは、まだ多く存在しているのです。

 長野県内だけでも、FM長野 10ヶ所に対し NHK-FM 25ヶ所と、圧倒的な数の送信所・中継所からの電波で、NHK-FMは 全国放送されています。

 NHK-FMの歴史は、音楽ラジオ放送の原点は何か? いつもFM長野を始め民放FMへ問いかけながら刻んできました。そして現在もクラシック音楽番組中心の安定した番組編成と 優れた音楽放送を続けています。

 我が家では NHK受信料を支払っています。この受信料は ラジオ機能の維持にも使われており、FM長野リスナーを標榜していますが、払った受信料の分だけは NHK-FMを聴く権利があります(笑)。

 NHK-FMには、全曲完奏で音楽放送をする佳き伝統を継承しながら、FM長野リスナーである私のオアシスとなって欲しいものです。

 FM長野とNHK-FM。この2局のFMラジオ放送に囲まれた日々は、私にとって理想的なスローライフなのです。

MY ANTENNA

vertical polarized antenna for fm-Radio

ベランダにある屋外FMアンテナ
松本中継局(垂直偏波)受信専用です。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、最新5週分のリストを常時連記している『 トップページ 』です。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てが オリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

BLOG PET

かめクン

このブログでも おなじみ
長年 飼い続けている
ミシシッピ アカミミガメの
ごぞんじ『かめクン』です。