FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第874回ランキング

   new
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    福原希己江“Pretty girl milking her cow”
    Netflix・オリジナルドラマ「深夜食堂 ~ Tokyo Stories Season 2」挿入歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「グッド・ファイト」テーマ音楽[David Bucklay]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    家入レオ「未完成」
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    BSテレ東・ドラマ「今夜はコの字で」テーマ音楽[石塚徹×SomaGenda×鈴木俊介]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]
    ♪過去の大河ドラマ劇伴を研究し尽くしたかの様な実にオーソドックスな佳曲。


 4年に1度、同じ年に回ってくるのは、うるう日、夏季オリンピック、そして米国大統領選挙です。うるう日は 来月、東京夏季五輪は 7月、米国大統領選挙は 11月にやってきます。米国大統領選挙の民主党候補選びに関しては、来月のアイオワ党員集会、ニューハンプシャー州予備選からスタートします。誰が民主党候補者になるか、まだ予断の許さない状況です。

 一方の共和党候補者は、確定しています。現職のトランプ 大統領です。就任当初は、4年もつのか と、甘く考えていた知識人も多かったのですが(笑)いまや再選を目指しています。失言が止まらず、人事も猫の目の様に変わり、弾劾裁判まで連邦議会下院から起こされていますが、まだセーフティゾーンをキープしている事自体、従来の大統領にない したたかさを感じます。

 その典型例が、今回のイランに対する強硬策でした。イランにおける革命防衛隊司令官とは、巨大な武力諜報機関のトップなのですが、そこに直接アタックをかける事自体、宣戦布告に等しい行為なのです。正月から きな臭い世界情勢となりましたが、その報復が誰も予想だにしなかった、革命防衛隊の民間航空機に対するミサイル誤爆というアクシデントを招いてしまいました。

 イラン国内に沸いた、燃え上がる様な反米感情が、一転 自国の反政府感情に変質し、イランにとっては、不運この上もありません。そして 強引な諜報軍事作戦を決断したトランプ 大統領を非難する声が、殆ど上がらなくなりました。それぞれの立場から、成否いずれの結果分析はできますが、トランプ 大統領が強運としか、表現出来る語彙が見当たらないのも事実です。

 さらに イランへの軍事行動は、思わぬところへ影響をもたらしています。北朝鮮です。イランへの軍事行動の前日まで、新型兵器の試射成功と大々的に報道し、米国に対して瀬戸際外交を展開していましたが、イランの軍事行動以降、沈黙する時間が多くなりました。北朝鮮が最も怖れる、ピンポイント奇襲作戦の成功例を見せつけられたのですから、当然の反応かも知れません。

 中国との貿易バトルも、これでは収拾がつかないと思わせるくらい、非難 と 報復の応酬で、関係が悪化してしまったのですが、突然貿易交渉を巡る「第1段階の合意」で、正式な文書に お互い署名しています。水面下では 交渉が進んでいたのです。日本とは、既に新貿易協定が発効しており、トランプ大統領は、喧嘩話を全面に出しながら、着々と成果を得ています。

 舌禍を怖れる日本の政治家は 数多くいますが(笑)自らの舌禍を休みなく発射し(笑)それに慣れさせていく手腕は、前代未聞の技です。ブログでトランプ 大統領の外交手法を「プロレス外交」と書いた事がありますが、国内国外いずれのリングでも、従来の政治家には 真似の出来ない、押し引きの勘どころを掴むのが絶妙な大統領に、4年間で成長してしまった様です。

第873回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    福原希己江“Pretty girl milking her cow”
    Netflix・オリジナルドラマ「深夜食堂 ~ Tokyo Stories Season 2」挿入歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「グッド・ファイト」テーマ音楽[David Bucklay]

  3. 第 3 位 ( △ )
    家入レオ「未完成」
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    豊島たづみ「とまどいトワィライト」
    CS 日本映画専門チャンネル・ドラマ「たとえば、愛」主題歌
    ♪1位 4週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    BSテレ東・ドラマ「今夜はコの字で」テーマ音楽[石塚徹×SomaGenda×鈴木俊介]
    ♪僅か30秒のタイトルバックにキレのある和声を感じさせる佳曲。


 近年 Cookieを利用した、ネット広告配信が、やたら目立ってきました。ちょっと検索や情報を閲覧した商品名から、突然ポップアップで、その商品の広告が掲示される行為が、ネットで横行しています。リターゲティング広告と称し、サイト閲覧の際に生成される Cookie(クッキー)という情報を基に制作されていますが、実に鬱陶しい存在です。

 同じくらい鬱陶しいのは、サイト閲覧をする最初の段階で、Cookie使用の同意を求めてくるポップアップです。EUで個人情報に関する法律(規則)“GDPR”が制定され、個人情報を無断に使う可能性があるとして、Cookie利用を厳しく制限する様になりました。確認メッセージを出し同意を得ないと、巨額の制裁金が課されるペナルティもあり得るのです。

 あくまでも欧州域内のみの規制ですが、国際企業のサイトでは、僅かでも“GDPR”の適用範囲に入っている事を警戒して、日本語で確認メッセージを出し始めているのです。このブログは、国内のアクセスを原則対象としていますから、問題ないと思っていましたが、遂に日本でも、Cookie利用規制を念頭に置いた、新しい個人情報保護法が制定される事になりました。

 このブログでは、アクセス解析として、長期間 Google Analytics を利用してきました。Google Analytics を使う限りは、Cookieの利用を明示しなければならす、現在 Privacy Policy に、その記載をしています。しかし このブログでは、ご訪問された方が どのページをお読みになったのか? そのデータに ほぼ使用が限定されており、Cookieまで必要ないのです。

 しかし このままは、必要ない Cookie利用の確認メッセージを出す法的必要性が生じるかも知れません。そこで このブログでは Google Analytics の利用を廃止して、Cookieを利用しない「自作のアクセス解析」を設置する事にしました。総てオリジナルのシステムで運用してきたブログですが、唯一外部のものを使っていたアクセス解析も、遂に自作致します。

 自作のアクセス解析では、Cookieを一切利用せず、いつどのページをお読みになったのか? アクセスログからのみデータを収集します。そのデータに基づき、日計・週計・月計など切り口を変えて解析する、実に簡易な機能です。システムは、PHPで構築し、従来のアクセスカウンター機能や、ご愛読者ボタン機能と連動したものにしたいと考えています。

 年末から少しずつ制作に入っており、自作したアクセス解析の完成後、約 1ヵ月程度の検証テストをし、Google Analytics と同じ結果が出ていると確認出来ましたら、トラッキングコードをブログから取り外して Google Analytics を廃止する予定です。非営利な個人ブログに、Cookieは 必要ありません。簡易なアクセス解析を、自作で設置すれば済む話なのです。

第872回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( △ )
    福原希己江“Pretty girl milking her cow”
    Netflix・オリジナルドラマ「深夜食堂 ~ Tokyo Stories Season 2」挿入歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    豊島たづみ「とまどいトワィライト」
    CS 日本映画専門チャンネル・ドラマ「たとえば、愛」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    山本彩「追憶の光」
    TSB YTV・バラエティ番組「ダウンタウンDX」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「グッド・ファイト」テーマ音楽[David Bucklay]
    ♪長編のタイトルバックとフィットしたオーケストレーションな佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    家入レオ「未完成」
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査」主題歌
    ♪高い感性のヴォーカルとフィットしたミディアムロックな佳曲。


 年頭日記にも書きましたが、今回の紅白は、やれイリュージョンだの けん玉だの(笑)歌番組というより演芸大会(笑)的な内容で覆われていました。すべての歌は、応援歌だ。などと言った今回の紅白テーマは、音楽の普遍性を理解しておらず不遜極まりないフレーズです。ドキュメント録画やCGに依存せず、まともに歌った出場歌手は、いったい何組いたのでしょうか?

 NHKは、今年からインターネット同時配信を開始する予定です。しかし、当初の計画からトーンダウンした内容になりました。総合テレビ・Eテレの 24時間配信は行えず、結局 17時間程度から始まりそうです。ネットのみの視聴者から受信料を徴収する事も意図していた様ですが、困難となりました。現行の放送法を厳格に解釈すれば、新たな徴収は 無理な話です。

 ブレーキをかけたのは、高市早苗 総務大臣を筆頭とした政府・総務省筋でした。これ以上の組織肥大化を避けるべく、NHKの新事業計画に待ったをかけたからです。驚いたのは、BS衛星放送のチャンネル削減要求でした。BS 4波から 1波を削減しろとの要求に対して、NHKは、最も普及している BS1・BSプレミアムから 1波を削減すると回答してしまったのです。

 4K・8Kの普及は進んでいないのに、その 4K・8Kを温存して、最も普及している BS1・BSプレミアムから 1波を削減するならば、衛星契約の受信料を地上波契約の金額まで下げるべきです。大多数の世帯で、僅か 1波しか視聴できない衛星契約を 1年 1万円以上も割り増しで払わせるなど、こんな選択をして なぜ平気なのか? NHKの信義さえ問われかねません。

 ネット同時配信には、受信契約を勧める表示が出て、受信契約を確認できた世帯のみ、その表示が消えて、かつ見逃し配信も視ることが可能になるそうです。たぶんNHK受信契約世帯に付されているID番号あたりを入力するシステムだと思われますが、誰が考えても、これはスクランブル放送に類しており、あのNHKから国民を守る党の主張に立脚しているのです(笑)。

 NHKから国民を守る党の議席獲得に関して、一部の経営委員は、強い危機感を持っており、昨年末に会長の交代まで行いました。ところが理事・職員には、その危機感が薄く、大衆からかけ離れた高額給与を守るべく、巨額の人件費を予算に計上し続けており、一方では、受信料徴収を外部に委託し、職員が地を這う様な努力をせずに、未納世帯から受信料を取り立てているのです。

 4K・8Kを守るために、普及している 2Kのチャンネル削減を考えてしまう事自体、衛星放送に割り増し受信料を払っている多くの世帯への付加価値維持を軽視しています。NHKから国民を守る党に言われるまでもなく、NHKに対する国民の目は 厳しくなっており、受信料の引き下げ幅の議論や ネット同時配信を契機に、NHKの大改革は、待ったなしの状況なのです。

第871回ランキング

  
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    豊島たづみ「とまどいトワィライト」
    CS 日本映画専門チャンネル・ドラマ「たとえば、愛」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    山本彩「追憶の光」
    TSB YTV・バラエティ番組「ダウンタウンDX」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ★ )
    福原希己江“Pretty girl milking her cow”
    Netflix・オリジナルドラマ「深夜食堂 ~ Tokyo Stories Season 2」挿入歌
    ♪主題歌「思ひで」の原曲を抜群の調性で歌唱した秀逸曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「いだてん ~ 東京オリムピック噺(ばなし)」テーマ音楽[大友良英]


 明けまして おめでとう ございます。2020年(令和2年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。12月26日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、Offical髭男dism“Pretender”(推定得点:380)が獲得。前年の年間 1位だった、米津玄師“Lemon”ほどの高得点ではありませんでしたが、長期間ランクインしていました。

 30日の「第61回 日本レコード大賞」は、Foorin「パプリカ」が受賞。発表をライブで視ていましたが、この結果には 驚きました。最年少受賞歌手となり、労働基準法では 児童の扱いです。同法 第61条によって、児童は 午後 8時から午前 5時までの労働が禁止されており、受賞直後の歌唱が録画放送になっていました。視聴率(関東地区)は、14・0%でした。

 Foorin「パプリカ」は“COUNTDOWN JAPAN”年間チャートの 3位でしたが、J-WAVE“TOKIO HOT 100”の年間チャートでは、100位までに入っていません。現代の音楽チャートは、集計方法の選択だけで、全く結果が異なってしまいます。それだけ共通する大衆的な音楽ヒットが成立しにくいのです。今回のレコ大は、象徴的な事象でした。

 大晦日 放送「第70回 NHK紅白歌合戦」は、それみた事か(笑)白組が優勝しました。視聴率は、過去最低の前半 34・7% 後半 37・3%でした。前回と同じくゲスト・会場・視聴者を分離する 3ポイント制で勝敗を判定したのですが、会場・視聴者共に、白組へポイントを入れてしまいました。NHKは、会場審査員も視聴者で構成されている点に、未だ気付いていません。

 【最終審査結果:紅組 1 白組 2】

 審査の内訳は、ゲスト審査員が、紅組 6(54・5%)白組 5(45・5%)と、紅組が 1ポイントを獲得。会場審査は、紅組 1002(42・4%)白組 1361(57・6%)視聴者審査も、紅組 33万2394(43・1%)白組 43万7825(56・9%)となり、白組が 2ポイント。前回比で、会場・視聴者の紅白得票差が縮小したものの白組優勝が決まりました。

 今回の紅白は、とにかく凝り過ぎで(笑)ディスプレイから受ける映像情報も過多な状態が、4時間30分に渡り続きました。制作サイドの自己満足ばかり目立ち、これでは 視聴者が離れてしまいます。特別枠も含めて再考 と 反省をすべきです。但し 紅白歌合戦 → ゆく年くる年 のギャップは、NHKホールのバズーカ クラッカーから、奈良市の薬師寺へ、見事に落ちています。

 正月 2日・3日の「第96回 箱根駅伝」は、青山学院大が 総合・往路優勝を遂げました。復路優勝は 東海大学でした。駅伝開催としての気象条件に恵まれた今大会は、区間・往復総合と驚異的な新記録が続出し、区間賞が各校に分散。そのためトップを独走していた青山学院大も、結局 復路優勝を逃しました。厚底シューズの普及もあって、記録が極めてハイレベルになっています。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ ● ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ● ○ 』(2019年 大納会)】

 昨年大納会の日経平均株価終値は、2万3656円62銭と、1年間で 3641円85銭「上昇」しました。年頭日記恒例の経済「星取表」は、7年ぶりの黒星から再び点灯しています。米中対立回避の動きに、平均株価が急伸したのも要因です。しかし、国内の消費動向に伸びはなく、五輪特需後の賃金低下の懸念もあり、ひとつ付いた暗雲から、経済に不透明感が漂ってきています。

 ここ長野県松本市は、大晦日の朝が大変暖かく、元日から寒は戻りましたが、好天に恵まれて、市街地に積雪もない 穏やかな三が日を迎えました。ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


(追記) 箱根駅伝の視聴率は、往路 27・5% 復路 28・6%でした。

Year‐End Ranking

  
  1. 第 1 位 ( 6)
    家入レオ“Prime Number”
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」主題歌
    ♪終奏部の和音構成で評価は分かれるが、ドラマ ヴァージョンにおいて、アレンジによる旋律の洞察が他を圧倒していた、劇伴音楽の範疇において高い域に達しているドラマ主題歌。

  2. 第 2 位 ( 5)
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( 5)
    My First Story“With you”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( 4)
    BSフジ・ドラマ「警視庁捜査資料管理室」テーマ音楽 [櫻井陸来]

  5. 第 5 位 ( 4)
    城南海 ~ きずきみなみ“ONE”
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」主題歌


 2019年も 歳末を迎えて、このブログの更新は、今年最後となります。そこで 今週の週間選曲リストは『2019 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2019 1 4日 第820回ランキングから、20191220日 第870回ランキングまでの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数は 40曲。その中から選曲条件をクリアした楽曲として 15曲が データベースに登録されています。確定・決定した年間ランキングの累積資料は、次の通りです。

 【1位 6週 登場11週】① Prime Number 家入レオ。 【1位 5週 登場10週】② そなちね Tempalay。 【1位 5週 登場13週】③ With you My First Story。 【1位 4週 登場 8週】④ 警視庁捜査資料管理室 テーマ音楽。 【1位 4週 登場 9週】⑤ ONE 城南海。

 以上の累積資料 と 参照先の選曲理由に基づき、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )を作成しています。今年の週間選曲リストは、リストイン総曲数が 昨年比で 3曲減りましたが、選曲条件をクリアした曲数は 昨年と同じでした。累積資料で大きくリードする楽曲が現れず、年間ランキング楽曲 5曲は、累積資料の数値が僅差で並んでいます。

 まず年間 1位を、ルールに従って、1位週数 6で自動確定。選曲条件をクリアした楽曲の中から、1位週数のデータを軸として、年間ランキング楽曲 4曲を慎重に選曲しました。そして 累積資料を参考に、順位を決定しています。但し 年間 2位・3位と、年間 4位・5位の各ゾーンについては、1位週数・登場週数のデータを参考にしながらも、独自性の高い順位決定を行いました。

 今年 最も美しい 5曲の内訳は、ドラマ主題歌 3曲、テレビCMソング 1曲、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽 1曲 となっています。

 4年ぶりに、ヴォーカル系の楽曲が 過半数を占めています。インストゥルメンタル系が僅か 1曲だけと、週間選曲リストの年次動向は、大きく変化しました。理由として、今年の劇伴音楽に優れたトラックが少なかった事が挙げられます。ドラマ主題歌に関しては、放送時間帯やカテゴリーに偏りもなく、今年の 週間選曲リスト が投影された、年間選曲リスト を作成・公開できました。

 上皇陛下が ご退位され、令和元年への改元があった 2019年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年をお迎えください。

ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。