FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第834回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント」テーマ音楽 [千住明]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上のアルファ ~ 約束の将棋」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( △ )
    SIRUP“Do Well”
    ホンダ テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    BSフジ・ドラマ「警視庁捜査資料管理室」テーマ音楽 [櫻井陸来]
    ♪オールラウンドなベーシストらしく群を抜く調性を感じさせたテーマ音楽の佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    My First Story“With you”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪1位 5週、登場13週。


 7日 投開票された『第19回 長野県議会議員選挙』は、統一地方選の全国的傾向を反映して、自民党が堅調。国政野党系が芳しくなく、共産党は 前回比 3議席減。国民民主党が議席を失っています。ただ阿部守一 知事のオール与党体制に、変化が起き得ない新分野となりました。見え透いた結果から投票率は 47・57%と、11回連続下落で 戦後最低の数字を更新しています。

 【獲得議席数:自民党 21 共産党 5 公明党 4 立憲民主党 1 無所属 26】

 私は 投票日当日の昼過ぎに、自宅近くにある新しくなった公民館に設けられた投票所に行ってきましたが、メディアの出口調査員は 今回見当たりませんでした。投票所内には、いつもの様に 投票記念カード が配布のため備え付けられており、終了後に 1枚貰ってきました。だんだんとコレクションの域に達してきた 投票記念カードは、これで 9枚目になります。

 NHK長野局の県議選開票速報は、田中寛人 アナが担当しました。今回も速報の冒頭では、長野市 上水内郡・松本市 東筑摩郡・飯田市 下伊那郡の激戦 3区に絞り、予想得票率と称して出口調査順位を棒グラフで表示しました。実際の開票結果と照合すると 長野市区では、予想得票率最下位候補が当選しており、入れ違いが 1議席発生しています。

 一方 松本・飯田の 2選挙区に入れ違いは ありませんでしたが、順位は 実際の得票順と相当違っていました。NHK長野局も充分わきまえている様で、当確判定を極めて慎重に行っており、今回も最も遅い当選・当確者判定は、松本市 東筑摩郡区の最終議席でした。なおFM長野では 県議選の開票速報が無く、NHK-FMでも統一地方選の開票速報特番は ありませんでした。

 総合テレビの統一地方選 開票速報は、午後 7時59分からスタート。8時ジャストに、11道府県知事選の内、10道府県知事選で当確を打ちました。府議選・市議選と合わせてカルテット(笑)選挙になった大阪市は、知事選・市長選で 大阪維新の会が 2連勝。また府議選は 過半数、市議選が ほぼ過半数に近い結果となり、地域政党として 歴史的大勝となりました。

 今回のNHK開票速報で注目したのは、市町村のトップマップを全国規模でマルチ グラフィック化し、伊藤雅之 解説委員が、リアルタイムの分析を行った点です。この手法は、米国・CNNの開票速報で用いられています。伊藤雅之 解説委員は、日本の John King 記者になれるのか? 全国で 10人程度しか気づかない(笑)開票速報マニア独自の注目点が そこです。

 統一地方選は、2週後に後半戦がありますが、今回が平成最後の全国規模の選挙になります。米国・CNNは、2000年 大統領選での開票速報崩壊(笑)を経験し、出口調査 と 実際の開票を上手く融合したマルチ グラフィック分析を開発しました。NHKも この利点に着目し始めた様です。未来の開票速報特番でも汎用の効く分析手法だと考えます。

 令和の時代には、ネットも含めた電子投票が徐々に定着し、瞬時に開票が済んでしまうため、出口調査は だんたんと無意味化すると思われますが、憲法改正国民投票 開票速報を視野に入れながら、テレビの開票速報は、開票前から用意した予定稿を ただひたすら読み上げるだけでなく、臨機応変に記者が実況する時代に入っていくと思われます。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、6日に 46万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。

第833回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上のアルファ ~ 約束の将棋」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    My First Story“With you”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SIRUP“Do Well”
    Honda テレビCMソング
    ♪ラップから外れると旋律に不思議な和声を感じさせる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Krissie Karlsson“Girls”
    コーセー化粧品 テレビCMソング


 1日に 皇位継承に伴う元号が決定・発表されました。新元号は『令和』(れいわ)です。

 1370年余り前にあたる大化の改新から数えて、248番目の元号で、出典が国書である「万葉集」と、初めて我が国の古典から採用。時に、初春(しょしゅん)令月(れいげつ)にして、気淑く(きよく)風和ぎ(やわらぎ)との記述がある 巻五の梅花の歌 三十二首 序文より引用されています。新元号の施行は、5月 1日 午前0時です。

 当日のNHK総合は、午前 8時15分から 約 8時間に渡る特設ニュースを編成。元号に関する懇談会や 新元号発表の瞬間。そしてその後の反響まで 瀧川剛史 アナ と 上原光紀 アナが担当しました。特に 30年前の平成決定の臨時ニュースの際に解説を務めた 所功 京都産業大学名誉教授が、再びスタジオゲストとして招かれていたのには、視聴していて強い感慨を覚えました。

 当日は、元号に関する懇談会 → 衆参両院正副議長からの意見聴取 → 全閣僚会議 → 臨時閣議と元号決定の手続きが進みます。「元号に関する懇談会」のメンバーとして、2012年 ノーベル医学生理学賞を受賞された山中伸弥 京都大学教授を始め、NHK・民放連・新聞協会とメディアの首脳が入っている点に、政府の私的諮問機関の中でも極めて強いパワーを感じました。

 また「全閣僚会議」というのは、滅多に開かれないものです。関係閣僚会議ならば、しょっちゅう開かれますか(笑)全閣僚会議は、新元号決定手続き以外に開催されたという記憶がありません。全閣僚会議 と 正式な閣議は、構成メンバーが全く同じです。閣僚による全員協議会(笑)であって、発言の自由が認められた我が国最高の協議機関の様な趣があります。

 菅義偉 官房長官は、第1次 安倍内閣の初入閣の際にブログにも書きましたが、自らの経歴に ダンボール工場作業員と記しているくらい苦学されています。常に沈着冷静な官房長官ですが、11時41分の新元号発表の際には、明らかに高揚した姿が視てとれました。発表の瞬間のNHK総合視聴率(関東地区)は、27・1%、全局視聴率が 50%近くの数字を記録しています。

 ラジオでは、NHKーFMが 異例の特設ニュースを、10時からラジオ第1と同時放送しています。FM長野では、11時44分に“simple style”で新元号を初報道しました。ただJFNは、特段 臨時ニュースを組む訳でもなく、緩い報道体制だと思わざるを得ませんでした。全国のテレビ局では、旧U局を除いて、新元号発表の報道特別番組を放送しています。

 令和とは、とても美しい年号です。新聞号外を取り合いしている光景に象徴される様に、新元号発表に関して広範な国民の間で、これほどの盛り上がりを見せるとは 正直驚きました。中日新聞社は、夕刊を発行しない地域に 配達号外を発行し、我が家では入手する事ができました。元号制度 そして 皇室制度は、深遠なほど この国に根差しています。

 このブログでは、もう 14年ほど前の頃に、昭和天皇崩御から 元号平成発表に至るまでの、NHKチャイム入り臨時ニュースについて書いた事がありました。今回このリストを沢山の方がアーカイブして お読み頂きました。本当にありがとうございました。今回の新元号発表では、あのチャイムが鳴らず、Eテレや ラジオ第2放送は、通常の番組をオンエアーし続けています。

 今回の新元号発表は、翌日改元の緊急性はなく、1か月の準備期間があります。そしてFM長野・JFNの例を取り上げなくても、各局が個性的な編成をしても障りのないメディアの時代がやってきています。但しその編成には、社会性から強い責任 と 将来からの考課が伴います。そして あのチャイムは、震度 6弱以上の地震速報以外に、NHKは 鳴らさなくなっているのです。

 私としては、朝から新元号発表の特設ニュースを視聴しましたが、手続きの進行が まるで開票速報特番の様で(笑)そして菅 官房長官による発表まで実に劇的でした。チャイムが鳴らなくても、張り巡らされたネット社会の中で、令和という新元号が瞬時に鳴り響き、新しく穏やかな放送によるニュース報道の有り方 と 実践が、今回の新元号発表特番で視聴出来たと思っています。

第832回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上のアルファ ~ 約束の将棋」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    My First Story“With you”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「刑事ゼロ」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント」テーマ音楽 [千住明]
    ♪平成時代の終わりに相応しいインストルメンタル。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Krissie Karlsson“Girls”
    コーセー化粧品 テレビCMソング


 15日までに難関だった、このブログの「段落整序作業」が無事完了しました。860ページもある全リストのテキスト段落を、統一の基準により整序する作業は、本当に大変でした。たったひとりで行うなど、普通なら考えられない事です(笑)。小目標を細かく設定してコツコツ作業を続け、約 8か月以上も費やしてしまいましたが、どうにか やり遂げてしまいました。

 この段落整序作業の趣旨とは、検索エンジンからやってきた初めてのご訪問者にも、テキストブログのデザインとして、週間選曲リストのリスト アイテム(li)のイメージ、そして週間放送視聴日記のテキスト パラグラフのイメージを、統一した形で視認してもらう事です。テキストを読んで頂く前に、ブログの個性を感じて頂くという途方もない(笑)発想に由来します。

 今回の段落整序作業に関して、ご愛読者の皆様にお断りがあります。(1)リストタイトル すなわち 週間放送視聴日記のタイトルに関して 長すぎるものは、短く修正しました。これはモバイルでも 1行で表示出来る様にするためです。(2)段落整序を行うため、内容を変えないで、テキスト行の前後を入れ替えたリストがあります。この 2点を ご了解頂ければと思います。

 なお念のために申し添えますが、週間選曲リストに関しては、今回の段落整序作業の対象外です。リスト アイテムのイメージは、一切変えておりません。そして、テキストを読んで頂く前に、ブログの個性を感じて頂きたいと始めた、この段落整序作業でしたが、もう二度と やりたくありません(笑)。誤字脱字チェックも含めて、これが最後の全ページ校正作業となりました。

 そして 段落整序作業の次は、VPSへの移転を計画しており、実行寸前だったのですが 急遽取り止めています。世の中には、こういう事があるものです(笑)。さくらインターネット さんから突然メールがあり、今まで使用していた レンタルサーバのOSをバージョンアップし、モジュールのPHPに対応する工事となるべきメンテナンスを、25日に実施するというのです。

 表示速度のさらなる改善を図ろうと考えていた、VPSへの移転の必要が無くなりました。さらに「大災害時における非常用ブログの必要性」でも書きました通り、もうひとつの移転理由だったセキュリティに関する問題の解決策も、データセンターの選択より、予め非常用ブログを、サーバ位置を睨んで別ブログサービスで定めるしかないと気付きました。

 今回の段落整序作業と一緒に、アクセス カウンターのアップグレードも行っています。今までのタイムスタンプ付き画像から、PHPによるテキスト表示に改めました。ブロガー自身の確認閲覧や 正体不明のブラック訪問、検索エンジンのロボットさんは、一切カウンターが進まない様に厳しく設定しました。例の東京大学の某研究室さんも進まない様にしてあります(笑)。

 現在のサーバには 9年間 大変お世話になりましたが、引き続き お世話になりそうです(笑)。夢の 10連休前までには、SSLの更新を予定しています。このブログに SSLを導入してから、3年が経過しました。あくまでもネットの噂ですが、Google さんは、非SSLのサイトを、検索エンジンに載せない、アクセスさせない事まで検討しているそうです。

 とにもかくにも段落整序作業を終える事が出来ました。このブログの表示速度の変化については、また ご報告致します。ブログに搭載されたテキストの総文字数を測定したところ、段落整序作業終了時点で 129万6564文字もありました。よく 16年間 ひとりで書き連ねたものです。新しい時代も チャート★ドランカー BLOGを、何卒よろしくお願い致します。

第831回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上のアルファ ~ 約束の将棋」劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪NHKオンデマンドで視聴。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    My First Story“With you”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「刑事ゼロ」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント」テーマ音楽 [千住明]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Krissie Karlsson“Girls”
    コーセー化粧品 テレビCMソング
    ♪洋楽の範疇を超えてJーPOPに近接した旋律を有している。


 NHK-FMが 開局 50周年を迎えました。FM放送自体は、実験放送が 62年前に開始しており、正式な放送免許が下り 本放送開始してから、丁度 50年目になります。1日から 3日間に渡って長時間の開局 50年記念特番も放送されています。例の三昧(笑)的なスタイルでしたが、その 3日間のジャンル分けが「クラシック」「ポップス」「ラジオドラマ」でした。

 私は、ブロガー プロフィールにもある通り、AM放送の遠距離受信で、全国の民放ラジオ放送を聴き続けて、チャート番組の順位を記録してきました。しかし それは、雑音 と 受信障害との闘い(笑)だったのです。それ故に、FMリクエストアワーを始め県域放送全盛期を迎え、全国を網羅する周波数でクリアに聴く事が出来た NHK-FMで癒されるのが、当時の私でした。

 最近の私は、NHK-FMで クラシック音楽放送を聴くのが 主になっています。特に夜 7時の基幹ニュースを休止してまで生放送するNHK交響楽団の定期演奏会中継は、ほぼ毎回聴いています。FM屋外アンテナを出して、チボリ オーディオ モデルワンで聴く、N響定期公演の生放送や、早朝の 古楽の楽しみ、つまりバロック音楽放送は、素晴らしいものがあります。

 最近 AM放送を 殆ど聴いておらず、NHK-FM と FM長野だけでラジオライフは 事足りているのです。AMの遠距離受信で長年苦労してきた事もあって、クリアに聴ける地元 2局を、FM屋外アンテナ と チボリ オーディオ モデルワンで、澄み渡るほど綺麗に聴ければ、私のラジオライフは、充分満足なのです。ラジオとは、本来こう言ったものだと達観してきました。

 今回の 50周年記念は、クラシック・ポップス・ラジオドラマと分けた様に、この 3ジャンルがNHK-FMの特質を表しています。番組で表すと、ベストオブクラシック、ワールドロックナウ、そして 青春アドベンチャーです。FM長野リスナーを標榜している私としては、再放送をマメに行って、聴き忘れを解消して欲しいです。はっきり言って、三昧(笑)は 飽きています。

 このブログでは、もう 13年以上前から注視してきましたが、平日お昼の時間帯や深夜など、ラジオ第1との同時放送が すっかり定着しました。最近では、FMの完パケ番組を中心に、ラジオ第1の平日 16時台などへ逆輸入(笑)で放送される事も多くなりました。これには、ラジオ第1が 少しずつ生ワイド編成から脱却し始めてる傾向が解ります。

 NHK-FMの番組編成に関して、私の希望は ただ 1点。大きく変えるな!に尽きます(笑)。沢山ある長寿番組、再放送の多用など 古さを感じさせますが、民放を含むFM放送の編成傾向を見ていると、NHK-FMの番組編成こそ、実は 最先端を走っている気もするのです。開局 50年を迎えたNHK-FMには、普遍のイメージを大切にして欲しいと願っています。

第830回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    My First Story“With you”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上のアルファ ~ 約束の将棋」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「刑事ゼロ」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Toshi「幸せのちから」
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「記憶捜査 ~ 新宿東署事件ファイル」主題歌
    ♪1位 3週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント」テーマ音楽 [千住明]


 Google の検索エンジンには、このブログの個別ページが 長年インデックスされており、ごのブログの出店になってもらっています。何度も Google さんとは仲良くやっていきたいと書いてきましたが、これは無理だろうと思って書いたリストが、インデックスされているのには驚きました(笑)。約 3年前に書いた「Google さんの朝令暮改」というリストです。

  突然 Google が始めた“AMP”( Accelerated Mobile Pages )という機能を、やんわりと批判した内容ですが、 ちゃんとインデックスされているとは、Google さんも懐が深いです(笑)。朝令暮改とは、サイトオーナーの労力や時間を 全く考慮に入れず、導入してくれと新発表し、突然「や~めた!」と廃止してしまう、Google さんの所業を意味します。

 その冴えたる所業は、今回の Google +(プラス)の廃止でした。これからのサイトは、所有者情報ときちんと紐付けるべきだと、突然 Google + と言うSNSを始めて、全く所有者情報の紐付けが上手くいかず、利用者の減少に加えて 本末転倒な‎個人情報流出事件もあって、Google + を 4月 2日を以て廃止してしまうそうです。まさしく朝令暮改です。

 私も匿名ばかりのサイトに多少疑問を持ち、所有者情報としての Google + を設置して、きちんと紐付けをした事があったのです。せっかく Google + を開設したのに、証明も含めた高度な所有者情報としての役割は、結局SSLが担う様になり、Google + だけが放置の状態になっていました。 まもなくその Google + も姿を消します。

 もう Google さんも SNSと決別出来るのですから、サイトを重くしているSNSボタンなど厳しく対処して欲しいと思うのですが、また何か新しい朝令暮改が始まる予兆もあります(笑)。さすがに このブログ的には、Google さんの言いなりにはならず(笑)朝令暮改に対しては、是々非々の対応で臨みたいと考えています。

 HTMLや CSSを自作しているブロガーとしては、あくまでもシステムは 媒体であって、このテキストこそがコンテンツなのですが、Google内に住まいする世界最高のエンジニア陣は、発信するコンテンツがあまり無く、システム自体がコンテンツになってしまっています。ですから媒体であるべきシステムを、やたら弄りだかるのです(笑)。

 元々コンテンツ無きエンジニア陣には、安定したコンテンツ発信が 全てに優先されるという事を根本から理解出来ず、サイトオーナーの労力や時間を 全く考慮に入れないで、システムを弄りたがり、平気で朝令暮改をするのだと思います。これでは Google の将来にも不安が生じます。せめて首脳部ぐらいは、自らコンテンツを発信出来る者を置くべきです。

 12年前に放送された NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃」で、Google本社のフロントに置かれた、将来の夢を示すホワイトボードが紹介され、そこに手書きされた グーグル貨幣、グーグル政府 との語彙に 寒気がした事がありました。その域まで達しない事は、明白になってきましたが(笑)Google が、現代のネット社会を支配している事は 間違いありません。

ブログ開始は 2003年です。

MY RADIO

tivoli audio Model One

 愛用しているメインラジオです。

MY ANTENNA

vertical polarized antenna for fm-Radio

ベランダにある屋外FMアンテナ
 松本中継局(垂直偏波)受信専用です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

BLOG PET

かめクン

 長年飼っている『かめクン』と申します。