FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第138回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    倖田來未“Flower”
    ♪先月発売した17枚目のシングルはバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]


 あの「米中枢同時テロ」から、もう 4年になります。2001年 9月11日の NHKニュース10 は、北海道に上陸した台風 15号情報などをヘッドラインで、堀尾正明 アナ と 森田美由紀 アナが冒頭で伝えていましたが、午後10時01分38秒に、米国・ニューヨーク市の世界貿易センタービルに航空機が激突したとの第1報が入ってきたのです。

 白煙を上げるビルのライブ映像が送られてくると、堀尾正明 アナ と ニューヨーク駐在の中島将誉 記者との実況に急遽切り替わりました。その時は まだ事故の可能性が高いという報道スタンスでした。そして10時03分02秒に、2機目がビルに突っ込む、衝撃的な映像を全国に生放送したのです。この後 総てのテレビ・ラジオ放送は 類例がない報道体制へと突入していきます。

 民放テレビが一斉にニュース速報を流し始め、放送していた通常番組を中断して、次々と報道センターからカットインしていきます。とにかく世界貿易センターに飛行機が突っ込んだ、その事実を伝えるだけで精一杯でした。まだテロと断じた報道は ありません。そしてそのまま「報道特別番組」へ切り替わっていったのは 午後 10時20分頃でした。

 そしてNHKは、午後 10時43分頃に、谷村啓 アメリカ総局長 自ら生リポートを放送しています。NHKは、最高・最重要級の報道において、政治部長・国際部長などが自らマイクの前で、リポーターや解説者として出演します。この様な大ニュースは 滅多にありません。アメリカ総局長は、NHK海外総支局の最高職なのです。

 その頃には、地上波民放テレビ全局が通常番組打ち切りとなり、CMなしの報道特別番組で、進行中の同時テロを伝えていました。ラジオでは、FM長野が ジェットストリームを放送休止にし報道特別番組を生放送。SBCラジオもSBC(TBS)テレビの報道特別番組の音声を そのまま放送。あのJ-WAVEでさえ報道特別番組を開始しています。

 各局が混乱し うわずった放送をする中、11時30分に世界貿易センタービルの全塔倒壊が確認された瞬間、堀尾 アナは「信じられない様な映像をご覧頂いてますけれども、 これは現実の映像です。」と冷静かつ象徴的なコメントするなど非常に わかりやすい速報をしていました。そして森田 アナは、陪席のデスク役に徹して、押し寄せる原稿を黙々と整理していたのです。

 「米中枢同時テロ」のニュース生中継は、世界史に残る大事件を そのまま実況中継してしまった 前代未聞の放送でした。私は、この時の録画テープを 6時間ほど所有しています。この 6時間には、米中枢同時テロの勃発から放送資料録画されていますが、余りにも凄惨な内容なので、保管を躊躇しているのが正直な気持ちです。


(追記) この録画は凄惨なシーンをカット編集。週間放送視聴日記内容の立証のためデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。

第139回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  3. 第 3 位 ( ☆ )
    NBS フジ・カスペ!「剣客商売スペシャル」テーマ音楽 [篠原敬介]
    ♪チェロ演奏と美しい旋律が輝いている。

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング


 5日にオンエアーされた SBC信越放送(TBS系)の月曜ミステリー劇場「横山秀夫サスペンス・ネタ元」は、今年 春に私が住んでいる家の近くでロケが行なわれた作品です。ドラマの舞台は 長野県上田市ですが、シーンの特性によって、ここ長野市でもロケが行われた様です。主役 と トメになる沢口靖子・内藤剛志は「新・科捜研の女」のコンビです。

 長野県の有力新聞社「信濃日報」の事件記者である 沢口靖子が、特ダネが原因で新聞の不買運動まで起こされながら、事件の真相にたどり着くストーリーでした。内藤剛志は、前に勤務していた全国紙の新聞社で、特ダネとして容疑者の個人情報まで掲載してしまい、処分絡みで退職した後に再就職した、信濃日報の社会部デスクを演じています。

 但し架空の地元有力新聞社といっても、現実には「信濃毎日新聞社」しかなく、作品を放送したSBC信越放送は、信濃毎日新聞社のグループなのです(笑)。TBS系の 2時間サスペンスは、1982年にGメン’75 シリーズの終了を受けて始まった「ザ・サスペンス」が最初で、曜日を転々とし(笑)2001年 4月からは「月曜ミステリー劇場」として定着しています。

 2時間サスペンスの原点は、テレ朝系の「土曜ワイド劇場」で、1977年 7月 2日放送の「時間よ止まれ」が第1作となります。なんと渥美清が主演で、文化庁芸術祭優秀賞を獲得しています。土曜ワイド劇場のオープニングは、なにか催眠術でも用いる様な(笑)信号点滅の映像で、原作・脚本・音楽担当者 そして 監督まで 顔撮り紹介される独特なものでした。

 事前に自宅へロケの「お知らせ」が回覧されました。作品名などは非公開。ロケ日も平日 4日間の内、任意の1日として特定せず、集会所をロケで使用する事だけ記されていました。やって来る俳優さんの名前などは 全く発表がなく、非常に秘密主義なロケハンだったのです。それも そのはずです。主役の沢口靖子 さん が来ていたんですね。ドラマを視て気付きました。

 私はロケを見に行かなかったのですが、自宅で仕事の支度をしていると、集会所のほうから怒鳴り声に似た叱責の声と、ハイ!とまるで軍隊調で返事をする女性の声が聞こえてきました。ロケだと知っていたので不審な感じはしませんでしたが(笑)作品を視聴してみると、その集会所は葬儀のシーンとして使用されており、特段怒鳴り声を上げるシーンは無かったのです(笑)。

 どうやらその声は、制作スタッフから発せられていた様でした。2時間サスペンスは、制作費 と 制作日数が限定され、ロケ期間は数日程度しか与えられていません。「横山秀夫サスペンス・ネタ元」は、ロケで先を急ぐスタッフの怒声がこだまして(笑)地元有力新聞社に不買運動まで起こるシュールなストーリーでしたが、なかなか味の有る 2時間サスペンスでした。

第140回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”
    ♪他歌手では表現できないサビ部が素晴らしいバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪1位 3週、登場18週。


 11日 投開票の『第44回 衆議院議員総選挙』は、自民が歴史的な大勝利を遂げました。民主以下の野党は惨敗となり、自民・公明の連立与党全体では、参議院否決法案の再議決・成立だけでなく、衆議院の憲法改正発議に必要な、全議席の 3分の2を一気に確保してしました。これで解散・総選挙の起因となった 郵政民営化法案は、再提出の上で成立する事が確実となりました。

 【獲得議席数:自民 296 民主 113 公明 31 共産 9 社民 7 国民新党 4 新党日本 1 新党大地 1 無所属 18】

 郵政民営化法案の否決・廃案に対し、小泉 首相が大逆転を狙った今回の衆議院解散・総選挙でしたが、大逆転などと言った生易しい範疇ではない、事前の予想を遥かに超越した結果となりました。凄まじい敗北を喫した岡田克也 民主党代表は即日辞意を表明しています。なお長野県内 小選挙区の当選者は、3回連続 自民 3 民主 2。1区で 民主の復活当選がありました。

 衆院選での 自民大勝の最高記録は、2度目の衆参同日選挙を、中曽根康弘 首相が高い内閣支持率を背景として一気呵成に決行した、1986年 第38回総選挙の 300議席です。次に池田隼人 首相が安保闘争で疲弊した国政の転換を図り、高度経済成長政策により大勝利した 1960年 第29回総選挙の 296議席。今回は これに並びました。

 マスコミの出口調査は、だいたい投票日の午後に、政府筋や政党幹部へ情報が入ると噂されています。午前 と 午後の出口調査集計に、大差が生じる可能性は殆どありません。午前中の出口調査集計だけで、全体の議席数予測は可能です。今回も一部 民主党議員のブログにも、この午後の段階で敗色濃厚との落胆の文章がアップされ始めていました。

 しかし、午後 8時の投票締切と同時に各テレビ局が一斉に発表した「出口調査」の結果は、いずれも自民 300議席以上獲得という驚天動地の予測。ここまで伸びるとは誰もが予想せず、あっけに とられた視聴者も多かったと思います(笑)。その後 発表された小選挙区ごとの出口調査結果は、片っ端から郵政民営化反対議員が劣勢。冒頭から大変な状況での開票速報でした。

 小泉 首相は、郵政民営化法案否決により 追い詰められての解散・総選挙のはずでした。ところが選挙戦中のテレビ党首討論でも ひとりクールビズの小泉 首相の姿に、妙な余裕と自信を感じていた方は少なくなかったと思います。世論というより小泉 首相の国民の心底を読む力が、与野党の民営化反対派を圧倒していた様です。

 これで否決された郵政民営化法案は、再提出の上で成立する事が確実となりました。小泉 首相の読み通りです。出口調査発表の午後 8時ジャストに最もドラスティックな「小泉劇場」の幕が開いた感じです。終夜続いた開票速報で出口調査の流れが変わる事はなく、郵政民営化法案に反対した議員たちの慟哭が聞こえるような展開でした。

第141回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK総合・金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」テーマ音楽 [近藤等則]
    ♪「腕におぼえあり」の劇伴を彷彿とさせる、トランペッター近藤等則の粋なテーマ音楽やタイトルバック。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]
    ♪1位 3週、登場12週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪1位 5週、登場11週。


 真夏の暑さから日々解放され、信州も少しずつ秋が近づいてきました。信州は 山々から秋がやってきます。FM長野は、その山々が連なる信州を、放送エリアにしなければならないFMラジオ放送局です。数多くのサテライトから電波を出している事は、このブログでも紹介してきました。しかし、中には送信所・サテライトの近接地域でも、電波が届きにくい場所があります。

 人口 20万人以上も集中している諏訪盆地は、美ケ原 本局送信所の放送電波が到達していながら、やはり近隣高山の影響も受け受信障害が出てしまいます。マルチパス ノイズは、長野県FM送信の天敵(笑)みたいなものです。そこで良好な受信のため、松本中継局と同等の理由から、諏訪市・茅野市・岡谷市をサービスエリアとする、別途中継局設置の必要性がありました。

 『FM長野・岡谷諏訪 中継局』は、1988年 8月29日 試験電波発射、FM長野 開局と同時に正式開設しました。送信周波数は、81・8 MHz です。茅野市 大字宮川 字安国寺の晴ケ峰高原・標高 1200m地点から、送信出力 50W で 指向性送信しています。

 岡谷諏訪中継局は、東西 2面に電波を発射しています。2面指向性送信ですから、FM電波は、8字上に伸びていきますが、地形上 八ケ岳から山梨県境までの東方面へ電波が伸びる傾向があります。NHK―FMの岡谷諏訪中継局も併設されており、同一出力ですが 実効輻射電力(ERP)は、FM長野は 75Wに対し、NHK―FMが 79Wと、若干の差異があります。

 また岡谷諏訪中継局が置局されているのにも係わらず、どうしても岡谷市 川岸地区だけは、地形の特殊性から岡谷諏訪 中継所の電波が受信しにくい状態です。FM長野・岡谷諏訪 中継所の放送を、カーラジオで聴いていると、岡谷市 川岸地区で良好な受信が途切れてしまいます。岡谷市 川岸地区は、美ヶ原 本局送信所の放送受信が推奨となります。

 諏訪盆地には、その中央に湖周 15・9Kmと信州で最大の湖「諏訪湖」を有しています。諏訪大社は、諏訪湖の周辺に上社本宮・前宮・下社春宮・秋宮 計 4箇所の境内地をもつ信州の大神社です。FM長野には、中信・南信の地域情報の提供も期待しています。岡谷諏訪 中継所は、諏訪湖 と 諏訪大社を有する諏訪地域をカバーする、中核を担う長野エフエム放送中継所なのです。

 FM長野の全送信所・中継所を、このブログの「週間放送視聴日記」で、総て ご紹介する事が出来ました。また新たな中継所の置局や送信体制に重大な変更がありましたら、随時ご紹介したいと考えています。

第142回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」テーマ音楽 [近藤等則]

  2. 第 2 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Frederico Mompou“POUR ENDORMIR LA SOUFFRAMCE”
    NHKラジオ第2放送・教養番組「朗読の時間」時間調整音楽
    ♪16時の時報前に流れる心に染みるジャズ・ピアノソロ。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    高橋真梨子「淡き恋人」
    SBC TBS・愛の劇場「正しい恋愛のススメ」主題歌
    ♪シンプルなメロディ・ラインに古き良き歌謡曲のリズム。


 長野県知事は、武力攻撃事態等における国民保護法が定める指定地方公共機関のひとつに、長野エフエム放送(FM長野)を指定しました。15日付で長野県報に告示されています。これによってFM長野は、有事の際に警報や避難指示を放送する法的義務を負う事となりました。

 今まで緊急の警報放送の必要性があるものは、津波警報と東海地震の警戒宣言の2種のみです。海のない長野県では、実質的に東海地震の警戒宣言 1種だけとなっています。

 武力攻撃事態等における国民保護法によると、指定公共機関や指定地方公共機関は「国民保護業務計画」を策定しなければならず、その計画を公表する義務があります。FM長野を始め指定されたメディアは、ホームページなどで専用ページを作り、国民保護業務計画を公開する事が想定されます。

 いったいテロなど有事の際、どの様な警報放送をするのか? まだFM長野を始め殆どの放送局でも警報アナウンスの予定稿など、全く準備していないのが現状だと思います。しかし、国民の生命財産を守るべく法的義務を課せられた放送なので今後の整備が待たれます。

 「国民保護業務計画」の公表義務というのは、報道の自由という名の検証監督なき自由を謳歌してきた戦後のマスメディアにとって、重大な意味を有する法制度になります。国民保護法 第7条第2項には、放送事業者の言論その他表現の自由に特に配慮することが明記されていますが、国民保護情報の発信は、総て国家機関に一元化されています。

 国民保護情報を迅速に伝達する事と報道の自由を混同してしまい、放送局の消極的な判断だけで、国民保護情報の伝達が遅延してしまう事だけは、現に避けなければなりません。

 また気象庁では、地震発生から揺れが到達するまでに緊急のアラートを発する、世界初となる地震早期警報システムの開発を進めており、NHKを始めマスメディアでも導入の検討を始めています。FM長野でも将来、この地震早期警報システムが導入されれば、大きな報道体制の前進になると思われます。

 有事にしろ大地震にしろ緊急報道の生命線は、速報の速度であって、その速度は秒単位の世界です。そしてその速報が終わった後、どの様に臨機応変でアナウンスを挿入し、番組を変更していくのか? そこにも速度が要求されるのです。

 FM長野は災害対策基本法の指定地方公共機関でもありますので、緊急時の防災放送の訓練にも普段から力を入れて欲しいと、リスナーとして願っています。


(追記) 2008年 9月より、FM長野は「緊急地震速報」の運用を開始しました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2005年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。