FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第138回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    倖田來未“Flower”
    ♪先月発売した17枚目のシングルはバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]


 あの「米中枢同時テロ」から、もう 4年になります。2001年 9月11日の NHKニュース10 は、北海道に上陸した台風 15号情報などをヘッドラインで、堀尾正明 アナ と 森田美由紀 アナが冒頭で伝えていましたが、午後10時01分38秒に、米国・ニューヨーク市の世界貿易センタービルに航空機が激突したとの第1報が入ってきたのです。

 白煙を上げるビルのライブ映像が送られてくると、堀尾正明 アナ と ニューヨーク駐在の中島将誉 記者との実況に急遽切り替わりました。その時は まだ事故の可能性が高いという報道スタンスでした。そして10時03分02秒に、2機目がビルに突っ込む、衝撃的な映像を全国に生放送したのです。この後 総てのテレビ・ラジオ放送は 類例がない報道体制へと突入していきます。

 民放テレビが一斉にニュース速報を流し始め、放送していた通常番組を中断して、次々と報道センターからカットインしていきます。とにかく世界貿易センターに飛行機が突っ込んだ、その事実を伝えるだけで精一杯でした。まだテロと断じた報道は ありません。そしてそのまま「報道特別番組」へ切り替わっていったのは 午後 10時20分頃でした。

 そしてNHKは、午後 10時43分頃に、谷村啓 アメリカ総局長 自ら生リポートを放送しています。NHKは、最高・最重要級の報道において、政治部長・国際部長などが自らマイクの前で、リポーターや解説者として出演します。この様な大ニュースは 滅多にありません。アメリカ総局長は、NHK海外総支局の最高職なのです。

 その頃には、地上波民放テレビ全局が通常番組打ち切りとなり、CMなしの報道特別番組で、進行中の同時テロを伝えていました。ラジオでは、FM長野が ジェットストリームを放送休止にし報道特別番組を生放送。SBCラジオもSBC(TBS)テレビの報道特別番組の音声を そのまま放送。あのJ-WAVEでさえ報道特別番組を開始しています。

 各局が混乱し うわずった放送をする中、11時30分に世界貿易センタービルの全塔倒壊が確認された瞬間、堀尾 アナは「信じられない様な映像をご覧頂いてますけれども、 これは現実の映像です。」と冷静かつ象徴的なコメントするなど非常に わかりやすい速報をしていました。そして森田 アナは、陪席のデスク役に徹して、押し寄せる原稿を黙々と整理していたのです。

 「米中枢同時テロ」のニュース生中継は、世界史に残る大事件を そのまま実況中継してしまった 前代未聞の放送でした。私は、この時の録画テープを 6時間ほど所有しています。この 6時間には、米中枢同時テロの勃発から放送資料録画されていますが、余りにも凄惨な内容なので、保管を躊躇しているのが正直な気持ちです。


(追記) この録画は凄惨なシーンをカット編集。週間放送視聴日記内容の立証のためデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2005年09月02日 の週間選曲リスト と『 米中枢同時テロから4年 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。