FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第786回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Ms.OOJA“Be Myself”
    中部電力 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    大橋トリオ“VENUS”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Suchmos「808(はちまるはち)」
    ホンダ テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS 関テレ・ドラマ「シグナル ~ 長期未解決事件捜査班」劇中効果音楽 [林ゆうき・橘麻美]
    ♪林ゆうき らしからぬ劇伴が流れていたが和声を感じるトラックもある。


 大河ドラマ「西郷どん」の総合視聴率をチェックしてみると、毎回 15%を超えており好調なようです。そんな中 4月 1日の「西郷どん」は突然休止となり「西郷どんスペシャル・鈴木亮平×渡辺謙の120日」と題して、鈴木亮平と渡辺謙の対談番組になりました(総合視聴率:13・3%)。

 今回の大河ドラマは、放送回数を 50回の予定から 47回に減らし、その減回分に関連スペシャル番組を挿入するのだそうです。NHKの働き方改革の一貫だと言われています。

 NHK-FMを聴いてると、4月から微妙な番組改編があった事に気づきます。例えば長年続いていた平日昼12時55分からの長野局(JONK-FM)の気象情報枠は、完パケの安心ラジオ(啓蒙放送)に変わりました。生放送の情報ゾーンが減っているのです。

 大河ドラマとNHK-FMの事例は、共通してNHKが新たに打ち出した「働き方改革」が、番組編成に顕在化した例の様です。

 NHKとしては、番組のスタジオ収録が 原則午後10時まで。ドラマ撮影の収録を原則午後9時までと目標を設定し、緊急対応の整備も同時に進めながら、大阪や福岡など拠点局を除き、報道記者に関して泊まり勤務の段階的な廃止をするそうです。

 島根県で、4月 9日に震度5強、23日に震度3の地震がありました。2回とも日曜深夜の発生で、長野局のNHK総合テレビは、放送設備の保守点検のため休止前のテストパターンが流れていましたが、臨時ニュースに切り替わっています。その臨時ニュースで島根局のアナウンサーが、地震発生で自宅から局舎に駆けつけたとリポートしていました。

 島根放送局は、地震発生時に無人でなかったのですが、深夜の地震発生時にアナウンサーが駆け付けるプロセスが、働き方改革における緊急対応の根幹の様です。長野局も土曜・日曜夜のローカルニュースを廃止して首都圏受けにするなど、この泊まり勤務廃止の流れが加速しています。

 NHKの働き方改革のきっかけになった労災事故原因は、都議選・参院選の当確判定を裏付ける過重な情勢取材と報道されており、女性記者は、携帯電話を握りしめたまま亡くなっていたそうです。

 このブログでも何回も書いていますが、選挙の出口調査発表は、あまり意義のある報道ではありません。正式な開票結果が出るまで数時間の違いしかなく、別に午後8時に全貌が判らなくても、開票結果を速やかに伝えれば、開票速報の要件を満たすはずです。

 既に一部のラジオ局では、定時ニュースや速報にAIが導入され、アナウンスも合成音声が流れ始めています。NHKでも働き方改革として、人工知能(AI)に定型原稿やテロップを自動作成させるのだそうです。

 我が家では、NHK受信料を真面目に払っており(笑)巨大化している組織や職員の高給には疑問を持っていますが、職員関係者の働き方改革には理解出来る思いがあります。

 やはりNHKだけでなくテレビ・ラジオを通じた放送メディア共通で、働き方改革は必要なのかも知れません。土曜・日曜のローカルニュースや、開票速報報道、さらに緊急災害報道を含む総てのニュース報道に、人工知能(AI)を積極的に導入する新しいスタイルが、既に俎上に載っています。

第787回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Ms.OOJA“Be Myself”
    中部電力 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Suchmos「808(はちまるはち)」
    ホンダ テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    大橋トリオ“VENUS”
    ♪1位 3週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS 関テレ・ドラマ「シグナル ~ 長期未解決事件捜査班」劇中効果音楽 [林ゆうき・橘麻美]


 天皇陛下のご退位が 来年 4月30日に決まり、今年のゴールデンウィークが、平成最後のゴールデンウィークになりました。中日新聞を始め各紙は、早くも平成時代の振り返りに紙面を費やし、1年後のご退位を控えて時代が転換していく雰囲気を醸し出していました。

 平成最後のゴールデンウィークは、私の誕生日の 4月28日土曜日から 昭和の日まで 3連休。5月3日の憲法記念日から みどりの日・こどもの日そして日曜日と 4連休という流れになりました。

 年末年始連休は、このブログの改善作業に費やしてしまったので、ゴールデンウィークは、のんびり連休を過ごそうと考えていました。ところが懸案だった wordpressのプラグインを、functions.php に移記する作業が手間取り、結局前半の 3連休を また費やしてしまいました(笑)。

 5月 1日のメーデーは、労働者の祭典でありながら、たっぷりと仕事をしてしまい(笑)結局 2日の午後あたりから休みに入り 4連休となりました。

 この4連休は、徒然草の口語訳を読んだりと、読書三昧ぽい時間で ゆっくりさせてもらいましたが、ちょっとした事件(笑)もありました。我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン が、突然左前足を噛み始めたのです。

 最初は何か目を痛めて押さえているのかと、びっくりしてしまいましたが、よく見ると左前足を噛んでいます。ネットで調べてみると 足を噛む行為は、なにかストレスを感じている場合が多いとの事。原因が思い当たりませんが、最近エサの時間が遅れるケースが多かったのに気づきました。

 早速エサを与えようとエサケースを見せた瞬間、かめクンは 噛むのをピタリと止め、ガチャガチャとエサくれの意思表示(笑)。好物の川エビも含めて多目に餌を与えると、ペロっと完食してしまいました。

 その日から多目にエサを与えてるせいか、左前足を噛む事は止めています。どうやら かめクン のストレスの原因は、エサの与え方だった様です(笑)。左前足を噛む行為は、27年 飼育を続けて始めてでしたが、原因が判ると その姿は 何やら いじけている感じにも見えたのです(笑)。

 平成最後のゴールデンウィークは、3連休と 4連休の飛び石でしたが、来年のゴールデンウィークは、天皇陛下のご退位と新天皇陛下のご即位で、10連休となる噂が流れています。

 即位日にあたる 5月1日が、臨時に国民の祝日となれば、例の国民の祝日に関する法律 第3条3項の規定が適用され、前後が「オセロ」(笑)な国民の休日となり、4月27日から 5月 6日まで 10連休が成立します。社会人になってから公的な 10連休は経験した事がありません。夢のような話です(笑)。

 但し 今上天皇の即位の礼は、臨時の「国民の休日」でした。新天皇の即位の礼は、来年10月22日と閣議決定しています。践祚(せんそ)すなわち即位日である 5月 1日が同様に「国民の休日」ですとオセロ条項は作動せず、10連休は不成立となります。

 一世一代の天皇践祚(せんそ)は、常に先帝の崩御から発し、大弔事を前提にしています。今回のご即位の日は 純粋な国家的慶事ですので、5月 1日は 臨時の「国民の祝日」にすべきかなと、我田引水的に考えています(笑)。

第788回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Ms.OOJA“Be Myself”
    中部電力 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS 関テレ・ドラマ「シグナル ~ 長期未解決事件捜査班」劇中効果音楽 [林ゆうき・橘麻美]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    WELLA テレビCMソング [音楽制作者 不詳]
    ♪15秒のCMに流れる調性を感じさせる音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Suchmos「808(はちまるはち)」
    ホンダ テレビCMソング


 3月までに、自民党から憲法改正の草案提示がありました。メインとなる 9条の他に、教育、緊急事態、参議院の合区解消の4項目です。既に報道機関からは、この自民党提案の「改憲4項目」について、1回目の世論調査の結果が出ています。

 教育に関しては、前々から憲法89条の私学助成禁止規定が、なし崩しになっているのではないか? との指摘から、改正の必要ありとの事でしたが、草案は具体性に欠けていて、この程度なら教育関連法令を整備すれは良いのではないかと思ってしまいました。

 参議院の合区解消ですが、1票の平等の例外を憲法に規定してしまおうとの意図があり、お手盛(笑)な改正案です。都道府県から少なくとも 1名ずつの参議院議員を選出しなければならない規定を設けるならば、まず憲法に都道府県の定義を規定するのが先決です。都道府県を、広域の地方公共団体のそれぞれの区域の選挙区と書いてあり、実に回りくどい表現です(笑)。

 憲法には、地方自治に関する規定はありますが、その地方自治体の区域や単位を決めているのは地方自治法です。道州制論議を完全スルーして、憲法に規定なき都道府県単位を前提に、参議院議員を確保しようとする考えは、ちょっとご都合主義な改憲案です。

 緊急事態条項に関する案も、旧憲法の緊急勅令に類する政令発布権と同等に、まず国会議員の任期を延長出来るというのも、やはりご都合主義な案です(笑)。

 日本では、既に緊急事態条項が法制化されています。警察法 第71条による緊急事態布告、災害対策基本法 第105条による災害緊急事態布告があります。いずれも内閣総理大臣が布告します。さらに武力攻撃事態対処法にも同様の権能があります。

 2011年の東日本大震災は、災害緊急事態布告が必要だったのでは? と思っていますが、当時の菅直人 首相は、布告しませんでした。もし衆議院解散時に緊急事態となった場合、憲法 第54条2項に参議院の緊急集会規定があり、国会の権能は維持されます。

 衆議院解散と参議院選挙が緊急事態に重なったとしても、参議院議員の改選は半数ずつですので、国会議員が不存在になる事は あり得ないのです。憲法 第56条1項では、その点を見越して本会議定足数を、総議員の3分の1と、半数以下に設定してあります。

 メインの9条改正草案ですが、正直に言ってレベルに達していると思いました。ただ 9条3項でなく、9条の2なのが多少引っ掛りを覚え、内閣総理大臣を最高指揮官でなく、最高の指揮監督者としているのには少し驚きましたが、自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する、との一文には整った草案との印象を受けました。

 自民党の改憲4項目に関して、教育、参議院合区解消、国会議員任期延長の緊急事態条項は、案の定(笑)反対多数。9条改正に関しては、賛否拮抗という世論調査が各社から出ています。

 安倍 首相と内閣がこれだけの逆風の中で、9条改正草案が賛否拮抗と言うのは、9条に関して、改憲意見が優勢になってきてると思われます。某革新老舗政党(笑)は、既に憲法改正反対の署名運動の動員をかけているとの話を聞いていますが、署名回収率が 2割程度だとの噂も耳にしています。この噂は、やはり世論調査と符合するのです。

 自衛隊がなければ、東日本大震災での迅速な救援復旧活動は不可能でしたし、最近公開になったイラク派遣の日報を読んでみても、活動が現行憲法の範囲内である事を常に意識して、懸命に頑張っている自衛隊員の姿が明らかになっています。

 自衛隊は、日本国憲法の私生児的な存在でした。民法を勉強した人には判ると思いますが(笑)憲法の非嫡出子ならば、自衛隊を「準正」にしてあげたいと思わざるを得ません。

第789回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Ms.OOJA“Be Myself”
    中部電力 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS 関テレ・ドラマ「シグナル ~ 長期未解決事件捜査班」劇中効果音楽 [林ゆうき・橘麻美]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    WELLA テレビCMソング [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・ドラマ「特捜9」劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪9係劇伴との比較から緩い感じを受けたが、先週あたりから締まった劇伴も流れている。


 最近では、日曜日に早起きする習慣が全くなくなり(笑)日曜日は、昼近くまで寝ている感じになっています。すっかり朝寝坊の習慣がついた日曜日ですが、チャートマニアだった学生時代は、だいたい朝8時前に目が覚めていました。ある意味 お仕事みたいなものです(笑)。

 当時のLFニッポン放送は、日曜午前9時から「不二家歌謡ベストテン」という超人気番組を放送していました。TBS東京放送も、真裏にヒットチャート番組を編成してきましたが、なかなか不二家歌謡ベストテンには、太刀打ちできませんでした。

 そこで時間帯をずらして、先にチャートを発表してしまおうと始めたのが、久米宏 アナ・小島一慶 アナが担当した「TBS今週のベストテン」でした。朝8時05分からのスタートです。洋楽・邦楽両方のベスト20から、サイコロを振ってオンエアー曲を決めるというユニークなシステムでした(笑)。

 その後「TBS今週のポップスベストテン」と「今週の歌謡曲ベストテン」に分離し、さらに邦楽が「ラジオリクエスト大賞 森田公一の青春ベストテン」として、1977年 4月から改めてスタートしました。なんと 12年続く人気番組に成長します。

 パーソナリテイーは、当時人気作曲家だった森田公一 氏を迎え、アシスタントに、前々番組から小島一慶 アナが戻ってきて、毎週邦楽のベスト20を発表していました。テーマ音楽からジングルに至るまで、森田公一ピアノソロのオリジナル曲で、休日早朝の雰囲気にマッチする、実に独特なスタイルでした。

 順位の決め方は、番組タイトルにもある通り、リクエスト葉書の枚数が基本で、そこにHBC北海道放送、MBS毎日放送、RKB毎日放送などからのデータを加味する仕組みです。HBCのデータは、ベストテンほっかいどうの週間ランキングを使っていました。

 従って森田公一の青春ベストテンは、不二家歌謡ベストテンの様に、全国のレコード売上げ動向や有線放送が強く反映されるのではなく、リクエスト重視のため人気歌手の新曲が、速い順位の動きになっていました。

 森田公一の青春ベストテンは、生放送だったのか? 未だに謎が残ります。私は、一部回を除いて事前収録だったと思っています。但し収録は、8時05分開始に合わせて、CMも入れながら 53分間程度を止めずに流し録りをする、疑似生放送(笑)の様な収録だったのかと思われます。

 ですからベストテン発表時に、小島一慶 アナが、1回 時刻告知をするのですが、時計の針は 8時18分に向かっていますとか、まもなく 8時20分になりますとか、実に微妙なニュアンスをしてました(笑)。

 番組には森田公一コーナーがあり、テーマを決めた曲特集や 最新曲を紹介して、森田公一 氏がスタジオに常置してあるピアノを弾きながら解説をします。その1985年 1月の森田公一コーナーには、強烈な記憶があります。

 その時は「卒業」というタイトルの曲が、菊池桃子、斉藤由貴、そして尾崎豊と3曲リリースされ、それを森田公一コーナーで取り上げたのですが、温厚な森田公一 氏が、尾崎豊「卒業」を痛烈に批判したのです。この様な詞を楽曲で表現するなとまで言い切り、アシスタントの小島一慶 アナは、返事に窮していたのを覚えています。

 自らもトップギャランというバンドを率いて、大ヒット曲「青春時代」を輩出した、流行作曲家である森田公一 氏の音楽性からすると、尾崎豊の音楽性は、相容れないものだったのかも知れません。

 森田公一の青春ベストテンでは、12月最終週に年間ベストテンを発表していました。集計方法は至ってシンプルで、毎週のベスト20に 1位 20点、2位 19点と1点刻みで、20位 1点と配点し集計します。同点は同順位と発表してました。ただ番組が末期になると、12月第1週頃の視聴率調査週間に、年間ベストテンを発表してしまう事もありました(笑)。

 毎週のランキング発表は、小島一慶 アナがデータを読み上げ、歌手演奏者名・曲目は森田公一氏が発表し、曲のイントロに繋げるスタイルです。小島一慶 アナは、他のチャート番組はない先々週の順位から紹介する場合もあり、独特のリズムでデータ紹介をしてました。

 またベスト3予想クイズがあるのは、不二家歌謡ベストテンと同じですが、全く独創で類例がなかったのは、綺麗に印刷された「月間ランク表」を発行するサービスでした。リスナーへのサービスが、ここまで充実しているラジオ番組は、なかなかありません。

 前述の年間ベストテン集計方法で、月間の順位を決め、1ヶ月間のベスト20を全曲掲載してあります。私も貰った事がありますが、長期保存が可能な上質紙による綺麗な印刷物で、綴じ穴や月間ベストテン曲の索引までヘッダについている素晴らしいチャート資料でした。この月間ランク表を、返信用切手を送ってきたリスナー全員に差し上げていました。

 テーマ音楽が流れる番組のエンディングでは、森田公一 氏と小島一慶 アナのこれからの予定を紹介して日曜日を演出(笑)します。そして 9時からのTBSラジオは、洋楽のオールディーズを紹介する、ISETAN ヒット・オン・サンデーと続いていくのです。

 ところが多くのリスナーは、LFニッポン放送へダイヤルを回してしまいます(笑)。そして違った集計で順位を出す「不二家歌謡ベストテン」を聴いていました。この住み分けが、首都圏・関東エリアのラジオリスナーでは、日曜朝の習慣になっていたのです。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、19日に 41万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2018年5月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。