FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第428回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ヤドランカ「誰かがサズを弾いていた」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」4 ~ 5月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・ドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」劇中効果音楽 [村松崇継]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「網笠十兵衛」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺岳夫]
    ♪「同心暁蘭之介」同様、実にユニークな和音構成の劇伴音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]


 以前このブログで書きました、Voice Of America(VOA放送)から郵便物を頂きました。

 2ヵ月ほど前に、サイトのプログラム紹介が読みにくいから改善して欲しいと、意見する英文の手紙を航空便で送ったのです。それが どうも気に入られた様で(笑)放送局の大型カレンダーに、オバマ 大統領夫妻の絵葉書 さらにステッカーまで送られてきました。

 その中に“Radio Listener Report”の用紙も入っていました。そこにまた意見を書いて送れという事なのでしょうか?(笑)VOA放送リスナーの番号も付してあり、私は 5055番だそうです。

 米国 国務省直轄の国際放送局へ意見文を送る私も どうかと思いますが(笑)ちゃんと受け止めるVOA放送は相当の度量です。

 国際テロリストの頭目 ウサマ・ビンラディン 容疑者への急襲作戦が、1日に 決行されました。その時に撮影されたホワイトハウスのシチュエーション ルーム(作戦司令室)の写真が公表されています。

 写真の中には、正副大統領・国務長官・国防長官・統合参謀本部議長らが、軍から送られてくる中継画面を食い入る様に見つめる姿も写っており、まさに海外テレビドラマ“The West Wing”で視た米国中枢部の光景に重なり合うものがありました。

 東日本大震災直後、国力と度量を同盟国への友情として示した米国も、外憂内患を抱えているのです。

 また秋頃に この“Radio Listener Report”用紙で、気づいた意見や感想をVOA放送へ送ってみたいと考えています。


(追記) 2015年 8月14日の週間放送視聴日記に、VOA放送のログを取得。 2017年 8月18日には、VOA放送の今後 を掲載しました。


 まもなく満20年を迎える、我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン ですが、やらかしてくれました(笑)。やらかしたのは かめクン でなく飼い主のほうです(笑)。

 水交換が終わって居室に戻り、かめクン も丘で一息ついていた時でした。私が充電コードを腕に引っ掛けてしまったのです。携帯電話がまだ上フタ全開だった かめクン の飼育ケースの中へ見事に「ダイブ」(笑)。ポチャンと水没してしまいました。

 すぐサルベージ(笑)しましたが、携帯のキーが利かず待ち受け画面も暴走開始。仕方がなくソフトバンクのサービスショップへ直行しました。何万円もかかるのを覚悟しましたが、保険のパックに加入していたので 1万円前後で どうにか収まるとの話でした。

 また送受信メールなどのデータを、小まめにSDメモリーカードへバックアップしていたので、ダメージが小さくて済みました。現在 代替機を借りて修理に出しています。

 それにしても異物が飼育水に飛び込んでくると、びっくりして大騒ぎする うちの かめクン ですが、水没事故を起こした瞬間、飼い主の慌てる様子を じっと見上げていました(笑)。かめクンには かないません(笑)。


 その携帯の話が続きます。このブログはモバイルでも運用しています。最近Docomoとauの携帯電話で お読みになっている方から、ナビゲーションが文字化けしているとの指摘を受けました。

 調べてみるとブログの本文は問題ありませんでしたが、やはり2キャリアの一部機種でナビゲーションの文字化けを確認。急ぎバグを修正しました。

 結局 文字化けの原因は、ブログの日本語コードUTF-8に BOM(Byte Order Mark)と称する別の認識コードが 3バイト程混入していたためと判りました。

 そう言えば昔は、ラジオを自作する電子工作など流行った時代もありましたが、電子工作は ちょっとしたハンダ付けのミスで失敗します。

 ご承知の通り このブログは、WORDPRESSを利用し HTMLやCSSを総て自作で運用していますが、僅か16進数演算3バイトで、大きな文字化けを起こしてしまうサイトのプログラミングも、まさしく この電子工作みたいな感じだと ため息まじりに思った次第です。

第429回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・ドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」劇中効果音楽 [村松崇継]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ヤドランカ「誰かがサズを弾いていた」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」4 ~ 5月 オンエアー曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]
    ♪放送を重ねるにつれてインストゥルメンタルの美しさが浸透してきた。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「網笠十兵衛」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺岳夫]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]


 地上波テレビの夕方 5時台そして6時台は、現在ニュース番組が主流です。でも昔は そうでありませんでした。

 例えばNTV日本テレビ(日テレ)は、平日 午後6時から30分間にアニメのリピート放送枠が編成され、日テレ制作以外のアニメも連日帯で放送していました。その様な自由なアニメ枠は、東京キー局で殆ど姿を消してしまいましたが、今その役割は CS 衛星チャンネルが担っています。

 最近そのCS ファミリー劇場で、ホッとするアニメが 平日夜に 帯で放送されています。「ど根性ガエル」第1テレビシリーズ(笑)。いやー懐かしいです。

 「ルパン三世」や「天才バカボン」同様、1970年代に本放送よりも その平日夕方帯の再放送で人気が出ました。とにかく主人公のピョン吉(千々松幸子)はカエル。それも ひろし(野沢雅子)の一丁羅シャツに圧着した平面ガエルです。日本語をしゃべり普通に食事をします(笑)。

 ひろし の母ちゃん(小原乃梨子)は、母ひとり 子ひとりで ひろし を育てる中、ピョン吉も我が子同様に面倒を見ます。五郎(高橋和枝)は、ひろし の中学の後輩で なぜか渡世映画の親分子分の様な関係です(笑)。

 京子ちゃん(栗葉子)は、ひろし の同級生かつガールフレンドです。劇中に よく夫婦喧嘩の様な言い争いをします(笑)。

 よし子先生(武藤礼子)は、ひろし の中学校のマドンナ的存在。町田先生(永井一郎)は、ご存じの名台詞「教師生活25年~」でお馴染み(笑)ひろし の中学校の担任。そして梅さん(原田一夫)は、ひろし と ピョン吉が住む町で店を開いている宝寿司の職人。この「ど根性ガエル」の裏主役です(笑)。

 「ど根性ガエル」は、東京・下町中学校の学校社会が舞台です。そんな学園アニメにも かかわらず、全編 人情の機微を大切にしたストーリーが展開します。

 以前このブログでも「大晦日は何曜日?」と題して、何年か一度に巡ってくる大晦日 放送の「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」は大変味があると書きました。やはり この「ど根性ガエル」でも、年末年始エピソードは味があります。

 第23話「どうするどうするクリスマス」は、養護施設出身の梅さんが、その養護施設にピョン吉 と ひろし を招待。ひと騒動の末にクリスマスパーティーを開く心温まるエピソードです 。

 また蕎麦屋に客を取られ、すっかり閑古鳥の宝寿司。そんな宝寿司を盛り上げようと、ピョン吉が年越し寿司を企画する 第26話「年越し寿司だよ全員集合」も人情が染み通った傑作です。今回この2エピソードを録画して、MPEGファイルで保存しました。

 「ど根性ガエル」第1テレビシリーズは、今でも全国の地上波民放で再放送されており、ファミリー劇場などCSでも放送されています。ただタイトルバックで1シーン「製作・著作 トムス・エンタテインメント」と修正が入っていました。

 調べてみるとトムス・エンタテインメントは、制作した東京ムービーの版権を現在保有している会社だそうです。10年以上ぶりに「ど根性ガエル」を視ましたが、ピョン吉も ひろし も 京子ちゃんも 経年変化なく元気でした(笑)。

 東日本大震災から2ヵ月経過した今、この様な人情アニメを視ると本当にホッとします。梅さんは佳いです。実に佳い。梅さんが配達のスクーターから唄う このフレーズも佳いのです。
 「寿司を食うなら宝寿司。男度胸は梅三郎。ときたもんだ。」(笑)。

第430回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」劇中効果音楽 [村松崇継]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ヤドランカ「誰かがサズを弾いていた」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」4 ~ 5月 オンエアー曲
    ♪1位 3週、登場 7週。

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    MISIA「記憶」
    abn テレ朝・ドラマ「遺留捜査」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]


 連なる山々のため ここ信州では、聴けるラジオ放送が限られています。

 FM長野と SBCラジオ。この2局は、全県がサービスエリアです。そしてNHKは、AMがラジオ第1放送ラジオ第2放送。そしてNHK-FM放送となります。

 実はもう1局、長野県全域をサービスエリアに含むラジオ局があります。全国を対象に短波放送している「ラジオNIKKEI」(ラジオ日経)です。

 旧称は、NSB日本短波放送(ラジオたんぱ)。第1放送と第2放送 2波あります。民間の短波放送局は、世界的にみても稀有な存在です。

 亡き父は大昔 プロ野球のナイター中継を聴きたいために、短波ラジオを所有していた事がありました。中波ラジオで当たり前の様に放送しているナイター中継の先駆けは、NSB日本短波放送だったのです。

 草創期を経た後は番組編成が、平日昼の株式市況実況、土日の中央競馬実況、そして平日夜の医学情報番組へ特化していきました。

 ラジオNIKKEIの医療従事者向け医学情報番組は、日本で最も聴取者層を限定したラジオ放送です。

 例えば 1957年(昭和32年)から脈々と放送が続いている「ドクターサロン」という番組は、医師免許を有する現役ドクターだけをリスナー対象としています。

 「臨床医の皆様。キョーリン製薬がお招きするドクターサロンにどうぞ。」という敬意のこもった独特のオープニングから始まるこの番組では、司会の医科大教授を サロンドクターと称しています。

 ゲストで出演する権威ある医科大教授は、サロンのお客様として登場。リスナーである医師の質問に、専門的用語をふんだんに使って答えていきます。

 とにかく医師免許を有するお医者さんが疑問に思う事に、医学の権威が答えるのです。これ以上ないほどのハイレベルな医学情報番組です。

 実に地味と思われがちな短波放送ですが、長い歴史の中で脚光を浴びた時代もありました。それは 大橋照子 アナウンサー在籍の頃です。

 大橋照子 アナは、日本短波放送の社員アナウンサーでしたが、実に魅力的な独特の美声でした。私は、大橋 アナが担当した お昼の気象通報を聴いた事もあるのですが、未だに忘れられないくらい素晴らしい放送でした。

 その大橋 アナが、平日の株式市況の後 生放送で担当した「ヤロウどもメロウどもOh!」は、全国から学生リスナーが殺到し、おりからのBCLブームもあって空前の短波放送人気となりました。

 私の記憶違いでなければ、最盛期に首都圏ラジオ聴取率において、LF ニッポン放送を抜いた事もあると思います。但し「その他のラジオ局」扱いで記録されました(笑)。

 今では短波放送を聴く人も減り、ラジオNIKKEIへ社名が代わった頃は、送信機更新の予算が確保できないという存否に係わる非常に厳しい状況だったそうです。

 最近では その施設も どうにか更新されましたが、平日の放送開始は 朝7時30分。放送終了が午前0時頃と、日本で最も放送時間が短いラジオ局になっています。それでもインターネット展開は早くから取り組んでおり、生き残りの道を懸命に模索していました。

 特にラジオNIKKEI社員である競馬実況アナウンサーには、個性的な方が多く在籍しています。昨年秋から平日夜放送している、その競馬実況アナによるフリートークが展開する「アナライズド」は、なかなか面白い番組です。

 こういった中央競馬実況中継もありました。2月 3日(日曜)の小倉競馬は、降雪のため 4レース以降中止。この様な場合「続行競馬」として翌月曜に開催延期となります。

 第4レースからの「続行競馬」を、ラジオNIKKEIは第2放送で急遽中継。それも福岡県 小倉市の競馬なのに、進行MCは東京の本社スタジオからと変則的な6時間通しの生放送でした。

 そこで小林雅巳 アナと 渡辺和昭 アナが、月曜に競馬中継を聴いているコアなリスナーからのメールを紹介しながら中継を進行したのです。以前ブログで 旧態然な競馬実況中継を批判した事もあったのですが、この競馬中継は 大変面白かったです。競馬中継は かくあるべきではないかと思ったくらいです。

 ラジオNIKKEIは 東日本大震災直後に、その競馬中継でネットの関係があったRFCラジオ福島の震災特別報道番組を そのまま全国放送し、被災地の現状を伝えました。

 また このブログで紹介した事があるRBC琉球放送の沖縄民謡リクエスト番組「民謡で今日拝なびら」(みんようで ちゅう うがなびら)を、この 4月から連日全国へ放送するなど大胆な試みもしています。

 サイマル放送“radiko”でも全国放送免許を有するラジオNIKKEIは、第1放送が広がりをみせる対象地域全てに搭載される様になりました。

 東日本大震災でラジオの役割が見直されたとは言え、ラジオ放送は今 厳しい時代を迎えています。

 ラジオNIKKEIへは、早くも ひと昔前から その寒波が押し寄せてきましたが、放送時間の短縮とネット展開で乗り越えようとしています。短波放送であるラジオNIKKEIの苦労は、これから中波やFM局のヒントになるかも知れません。


(追記) 2012年 4月 2日から、IPサイマル放送“radiko”で ラジオ NIKKEI(第1放送)の全国配信がスタート。7月27日から ラジオNIKKEI 第2放送の全国配信もスタートしました。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、15日に 16万 を突破しました。 ご愛読頂き ありがとう ございます。

第431回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」劇中効果音楽 [村松崇継]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  3. 第 3 位 ( △ )
    MISIA「記憶」
    abn テレ朝・ドラマ「遺留捜査」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Sade“Still In Love With You”
    ♪頑固な旋律パターンだが美しいアコースティック バラード。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]


 昨年11月26日に成立した改正放送法が、まもなく施行されます。日本の放送の基本法は、60年ぶりに抜本改正となりました。

 ラジオ自体が好き、放送自体が好きというコアなリスナーは、たまに散見されます。ですが放送法や電波法の領域まで深く研究する方は、なかなか存在しません。私は、その稀有な存在の一人です(笑)。

 今回改正された放送法や関連政令・省令を読解して、ふたつ大変驚いた点がありました。

 まず今まで放送業界を下支えしていた「マスメディア集中排除の原則」が、ラジオ局(コミュニティFM局を除く)に限り大きく緩和された点です。

 AM・FM問わず なんと4社まで、ラジオ局同士の経営統合や合併が認められる事になったのです。出資比率制限を受けますが、5社以上も不可能ではなくなりました。

 TBSラジオ・QR文化放送・LFニッポン放送・RFラジオ日本が 1社へ経営統合しても、法令に反しなくなったのです。

 在京AM局で無難な例えをしてますが(笑)総務省は、いかに全国のラジオ局の経営に対し強い危機感を覚えていたのかが解ります。

 もし経営統合や合併が実際起きた場合、同一サービスエリアでは ラジオ局同士の競争原理が薄まります。そして局内部でリストラの嵐が吹き荒れるのも間違いありません。ただ それが純粋にラジオリスナーサイドから見て不幸な結果なのかは、現状で即断出来ないのも事実です。

 もっと驚いたのは、免許不要局の空中線電力の上限が、0・01Wから1Wへ 一気に100倍上がった点です。読み間違いではないかと何度も確認していますが(笑)本当に100倍上がりました。

 1Wというと殆どの方は、ライトや電球を想像して(笑)ピンとこないかも知れませんが、ラジオ送信では大変なパワーとなります。FM長野 大鹿 中継局の送信出力が 1Wです。コミュニティFM局の送信出力制限も当初1Wでした(現在は20W)。

 私は、長野県 松本市郊外のマンション3階に住んでいますが、ここのベランダから 1WのFM送信機で電波を送出したらどうなるでしょうか? 松本市街地の広範囲をカバー出来ると思います。その1Wの送信まで放送免許不要になるとは 本当に驚きました。

 1980年代にフランスでは、放送電波の開放政策が実施されています。「自由ラジオ(Radio Libre)」として大変な数のFMラジオ局が誕生したのです。パリ市内では 100局以上受信出来たと言われています。

 今回の日本の場合、密接に関連する電波法における刑事罰のない微弱電波の電界強度基準(電波法施行規則)などが、まだ変わっておらず不透明な点もあります。しかし、いずれにしろ免許不要局の空中線電力の上限が 100倍アップとは、大変な放送法の改正ポイントだと思います。

 他にも全ての放送局を「基幹放送」と「一般放送」に分類し、電波使用で保護され得る基幹放送を満たす条件として、番組調和の原則を厳格に適用すると法制化されました。

 報道番組も教養番組も一定比率放送して、バランスの良い編成をしていく考え方が 番組調和の原則です。

 しかし、音楽中心の民放FM局で、報道番組も一定比率を満たし基幹放送としての資格を維持出来るのか? いろいろと懸念が出てきます。

 あんな番組を報道番組と種別したり、こんな番組を教養番組と種別して、比率を保つテクニックは可能ですが(笑)今後この具体的な番組種別も公開しなければなりません。

 「オーディエンス・セグメンテーション」など もはや過去の方法論です。今回の放送法改正が、ラジオ局にとって重大な転換点になる事は間違いありません。

 そろそろ自分達のターゲット層に合ったリスナーを探し求めるのではなく、絶対多数のリスナー層へ自らを合わせていくラジオ放送が求められています。その努力は、ラジオメディアのビジネスモデルを考える以前の問題なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2011年5月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。