FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第416回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“Show Me Love(Not A Dream)”

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・ドラマ10「フェイク ~ 京都美術事件絵巻」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪穏やかな広がりのあるインスト オンリーの劇伴。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「告発 ~ 国選弁護人」劇中効果音楽 [沢田完]


 CNNテレビを視る時間が増えています。やはりエジブト情勢は気になるところです。

 そのCNNテレビを視ながら 妙な事にも気づきました。どうも私の英語ヒアリング力が落ちているのです(笑)。同時通訳無しになる日本時間 午前0時以降のCNNテレビを視聴していると、肝心なところが聞き取れず 画面の字幕に頼る事も多くなりました。

 出演しているアンカー達が興奮して早口だという理由もありますが(笑)ここ暫く英語ラジオ放送を聴けないせいかも知れません。

 私は、ご多分に洩れず英語が喋れません。ところが平易な英会話は ほぼ聞き取れます。なぜ妙に耳年増(笑)な英語力がついたのか? と言うと、在日米軍放送のFEN(現・AFN)を聴き続けたからです。

 小学6年生の頃からFENを聴いていました(笑)。土曜午後のAmerican Top 40(全米トップ40)を聴きとりたい一心からでしたが、シャワーを浴びる様にFENを聴き続けていると不思議に英語は解ってきます。

 まずペラペラ喋っている(笑)そのペラペラが 1語ずつ区切って聴こえる様になります。次に名詞が解ってきます。

 例えばAmerican Top 40のDJであるケーシー ケイサム(Casey Kasem)が、やたら「サーベイ」(笑)と言っているのは“Survey”。つまり“Research”より高度な順位を算出する音楽市場調査という意味だと解ってくるのです。

 そして語をつなぐ動詞が聞き取れる様になると、8割がた英語放送は理解できます。文法は特に関係ないのです(笑)。その時には英文読解も ある程度こなせます。しかし、この様な勝手についた英語力は やはり勝手に落ちてきます(笑)。

 信州に来て約20年になりますが、こちらで東京 横田の在日米軍放送は殆ど聴こえません。やはり英語放送を普段から聴いていないと、確実にヒアリング力落ちてくるのです。

 そこで最近私は、Voice Of America(VOA放送)を聴くようにしています。

 三大ネットワークやCNNなど民間放送が深く根付いているアメリカ合衆国にあって、Voice Of America(VOA放送)は、国務省が管轄する対外向けの「国営放送」です。

 昔のVOAは 短波放送中心でした。特に東アジア向け 9・760MHzが有名で、ラジオたんぱ(現・ラジオ日経)第2放送の昼間限定送信用JOZ7と全く同一周波数なため、ラジオたんぱ専用ラジオがあると、夜8時からVOAの英語放送がクリアに聴く事が出来ました。

 現在では 夜10時からですが、9・760MHzは健在です。そして短波ラジオよりインターネットが主流となった今、24時間ストリーミングで英語放送を聴く事ができます。

 暫くぶりでVOA放送を聴いているのですが、毎正時から5分間 必ず最新ニュースを流す編成は FENと同じになっています。

 お堅い政府広報番組もありますが“VOA MUSIC MIX”という長時間音楽番組は、アメリカンDJスタイルで選曲も良く、全世界のリスナーからリクエストを受け付けていました。

 またVOA放送には“SPECIAL ENGLISH”という基礎英語1500ワードだけで、ニュースなどを ゆっくり放送する時間もあります。こちらは現状の英語力でも ほぼ聞き取れました(笑)。

 VOAも ご多分に洩れず政府予算の削減とかで、アジア向け短波放送の廃止が検討されています。

 元々VOA放送は、第2次 世界大戦当時から政府宣伝の国営放送としての役割を担っており、現在 アフリカ向け放送に大変力を入れていて、ストリーミングされている全世界向けネット中継の「グローバルライブ」でも、アフリカの朝夕の時間帯は、アフリカ向けに特化した番組が そのまま流れているほどです。

 しかし、アジア向けの番組も まだ残っていますし、VOA放送は英語学習に最適なラジオです。私もVOA放送のリスニングで、英語ヒアリングのリハビリ(笑)をしているところです。


(追記) 2011年 5月 6日の週間放送視聴日記に、VOA放送からの返事。 2015年 8月14日には、VOA放送のログを取得。 2017年 8月18日には、VOA放送の今後 を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年02月11日 の週間選曲リストと『 Voice Of America VOA放送 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。