FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第 6回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    中島みゆき「地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌
    ♪邦楽チャートを動かす中核世代が変化していく徴候を感じさせる佳曲。


 NHK総合テレビ初のテレソン「きょうはテレビの誕生日」16時間 生放送がグランドフィナーレを迎えていた 1日 23時33分、字幕テロップで「米国・スペース シャトル・コロンビアが消息を断つ」との衝撃的なNHKニュース速報が流れました。

 NHK総合テレビは緊急ニュースの場合、どの様な人気番組を放送していても、最優先で臨時ニュース・特設ニュースを放送してきた伝統があります。テレビ50年の歴史は それを裏付けており、今回のNHK初のテレソンでも その報道の歴史を放送するコーナーがありました。

 通常なら特設ニュースへ番組変更になるほどの重大事故発生ですが、華やかなグランドフィナーレは予定通り放送されていきます。その最中も続報となるニュース速報のテロップは画面に連発していました。

 はからずもテレビ放送開始50周年記念イベント当日のグランドフィナーレに、スペースシャトル消息不明の大事故が発生。しかもNHK総合テレビの看板番組であり現在 放送中の連続テレビ小説「まんてん」は ヒロイン・宮地真緒が宇宙飛行士をめざすストーリーです。

 最も劇的にと企画準備を進めていたであろうNHK初となるテレソン・グランドフィナーレの時間に、まるでNHKの姿勢を試すか如き重大ニュースの発生は、これからのテレビ放送の将来の厳しさを暗示しているかの様でした。

 結局 NHKはスペースシャトル消息不明のニュース速報が頻繁に流れる中、華やかなテレソンの放送はそのまま続行してしまい、視聴者に痛々しい印象を与えてしまった事は拭えません。例え1分間でもニュースセンターから、特設ニュースを挿入する事は出来たはずです。

 午前0時、テレソン終了直後から やっと特設ニュースに切り替わり、全中夜勤の阿部渉 アナが消息を断ったコロンビアに関する情報を伝え、午前1時過ぎ「コロンビア帰還直前で空中分解」との報道。消息不明のスペースシャトル「コロンビア」号は空中爆発し乗務員全員 犠牲になった惨事が確認されました。

 1963年 日米初のテレビ衛星中継 成功の時、予定の放送が全てキャンセルされ、その衛星中継でケネディ大統領 暗殺の特別ニュースは放送されました。あの機転と決断がテレビ50年史の重要な1ページを織り成したのだと、ふと思い起こしたのは私だけでしょうか?

第 7回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪和声が整ったアレンジも抜群の出来。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( △ )
    中島みゆき「地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー「プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌
    ♪1位 5週、登場 7週。
     年間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲は 累積資料を選曲理由欄で随時公開。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]


 風邪を引いてしまいました。。高熱が出て体の自由がききません。

 どうも季節性のインフルエンザだと思います。長野市内の病院・医院は どこも混雑しており、長い待合時間に耐えられるかどうか自信ありません。

 とにかく市販の薬と栄養をとり休養しています。ビタミンC(アスコルビン酸)の原末も食後に服用しています。風邪には充分気を付けていたつもりなのですが、帰宅後の手洗いなど多少さぼっていた点もあり、高熱の ぼやけた頭で反省しきりです。

 いくら風邪引きの人の前でマスクをし防御しても、飛散したインフルエンザ・ウイルスは、頭髪に付着してしまう事があります。そして帰宅後ゴロっと横になったりすると、頭髪からウイルスが枕などへ移り、結局 体内に入ってしまう例もあるらしいのです。

 やはり外出からの帰宅時には、手洗いや「うがい薬」での うがいの励行が大切です。「うがい薬」はポビドンヨードを主成分とするイソジンが有名です。またアズレンスルホン酸ナトリウムなどを主成分とする抗炎症剤が含有された「うがい薬」もあります。日常の風邪予防のうがいに使用して両方有効との事です。

 但し これらの薬によって作った うがい液で神経質に 一日何度も うがいする事は、のどの細胞を壊し かえって風邪ウィルスが侵入してしまうらしいです。

 外出からの帰宅時だけに、ブクブクうがい 1回・ガラガラうがい 2回の徹底的なうがいが効果的だと聞きました。また着ていたコートなど別室で脱衣して乾燥殺菌させ、早めに入浴して頭髪などに付着したウイルスを洗い流してしまうのも大切な様です。

 衣服に付着したウイルスは半日程度の乾燥状態で消えるらしく、頭髪などに付着したウイルスも簡単に洗髪で流せるそうです。要は喉や鼻の粘膜へウイルスが着く前に取り除く事だと思います。

 また消毒用エタノール スプレー(消エタ スプレー)を携帯して、手を洗えない環境では手洗いの代わりに手にスプレーするのも有効です。

 手は最もウィルスが付着し易く、まず手から口・鼻など粘膜にウィルスが入るのを防止するのが、一番大切な風邪予防策である事は間違いありません。風邪には周到な普段の予防が いかに大切か身に染みて感じます。

 皆さんもインフルエンザなど悪性の風邪には十分お気を付けください。

第 8回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・月曜ドラマシリーズ「風子のラーメン」エンディング テーマ音楽 [羽田健太郎]
    ♪最近珍しいシンプルなインストゥルメンタルのテーマ音楽。


 先日 放送されたNHK総合のテレソンに「NHKニュース報道の歴史」を紹介するコーナーがあり、その中でNHK総合夜7時のニュースの懐かしいタイトルバックを いくつか放送していました。

 特に昭和33年11月、皇太子妃・美智子さま婚約決定の日に放送された夜7時のニュースのオープニングを「時報前」から そのままオンエアー。カメラレンズを万華鏡で映し出すタイトルバックと力感溢れるテーマ音楽に感動を覚えました。

 昭和30年代のNHKニュースは、戦前から映画館で上映されていた「日本ニュース」などのニュース映画の影響を受け、ニュースの項目ごとにも内容にマッチした効果音楽が流れていたほどでした。

 NHKもテレビ開局当初は、デイリーのニュースというより週間のニュースを中心に放送しており、ニュース映画の手法が そのまま用いられフィルムで制作していました。

 それからデイリーニュースが普及した後もニュースのテーマ音楽は、やはり往年のニュース映画の様なファンファーレに近接した旋律だったのです。

 往年のNHK総合テレビジョンにおいて最も重要な編成ラインは、夜7時の前後です。

 「全国の天気予報」「各地の天気予報」「7時の時報」「7時のNHKニュース」この流れは不可侵(笑)と断じても過言ではない国民生活に浸透した番組編成ラインです。その夜7時のニュースの原点が、あの素晴らしいタイトルバックに残されていました。

 また昭和40年代に穏やかな語り口の今福祝 アナが担当されていた「NHK きょうのニュース」(当時の夜7時のニュースの名称)のタイトルバックや、昭和50年代にかけて白黒 → カラー化された、夜7時のニュースのタイトルバックも放送されていました。

 ただ私としては「ニュースセンター9時」2代目となる勝部領樹・末常尚志 両キャスター時代(1977年 ~ 78年)の放送10秒前から始まる時計画面と美しい転調がある、テーマ音楽を合致させた素晴らしいタイトルバックが もう一度視たかったのです。

 加えて坂本龍一が作・編曲。NHKニュース史上 最も斬新なテーマ音楽だったとの声も高い「NHKニュースワイド」(森本毅郎 アナが担当)のタイトルバックが放送されず少し残念でした。

 このブログの「週間選曲リスト」では 他では取り上げられる事がないニュースなど報道番組のテーマ音楽も、積極的に選曲していきたいと考えています。

第 9回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( △ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]
    ♪劇伴音楽も完成度が高く秀逸。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Shania Twain“I’m Gonna Getcha Good!”
    ♪ヴォーカルに和声感がある切れの良い洋楽ヒット曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    中島みゆき「地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌


 まだ開始まもないブログですが、長野県内だけでなく全国からアクセス・ご訪問があります。感謝申し上げます。

 私が愛聴しているFM長野(長野エフエム放送)は、長野県の県域民放FMラジオ局として 1988年10月 1日 開局しました。全く同じ日に東京の民放FM局J-WAVEが開局しています。

 民放FM多局化の真っ只中にFM長野は誕生しました。コールサインは JOZU-FM。アナウンスでは Zをゼットと言わずジーと発音しており独特な呼称をしています。本社演奏所は 長野県 松本市 本庄1-13-5。日本興亜 松本ビルに在しています。

 FM長野の大きな特色は、県庁所在地の長野市でなく松本市に「本社演奏所」がある点です。また本局送信所(79・7MHz 1Kw)も長野市ではなく県央の美ヶ原高原(標高2030m)にあります。長野市内は「善光寺平 中継所」(83・3MHz 100w)がカバーしています。

 当然 本社演奏所がある松本市は、美ヶ原の麓に位置する事から本局演奏所のエリアになりますが、山麓の陰になってしまい受信状態が悪く別に「松本 中継所」(86・4MHz 10w)を置局しています。

 旧郵政省による県域民放FM局の電波割り当て(長野地区:79・7MHz)があったのは 1982年10月27日。175件の免許申請調整は月日を要しましたが、1987年 8月25日 申請一本化に合意。長野エフエム放送株式会社が同年11月12日に創立しています。

 地元・長野県の有力企業である松本電鉄(アルピコ)・信濃毎日新聞・北野建設 各グループが、合計49%の発行済株式を分け合う株主構成が基点です。

 開局当初の主要株主は、1位・ながのアド・ビューロー(10・51%) 2位・北野建設(10・28%) 3位・松本電鉄(8・60%) 3位・川中島観光サービス(8・60%) 5位・北野合同建物(6・91%)と公表されています。

 一部株主の会社商号など変更されていますが、株式譲渡制限に関する規定も商業登記されており、現在も基本的構成に変化がありません。

 FM長野の番組編成方針は、役員構成の変化にスライドしています。開局(1988年)から担ってきた北島秋宏 取締役放送部長の時代は、FM長野は極めて高い人気を維持し、収益も抜群のパフォーマンスをみせていました。最も番組編成が安定していた時代です。

 1993年からの小林敬二 常務取締役放送部長の頃は、長野市にスタジオを設置し松本・長野の二元放送体制へ移行。中継所増設による難聴取地域の解消にも尽力されました。しかし安定した編成から、少しずつ番組のスクラップ・アンド・ビルドが目立ってくる様になってきます。

 1997年にTOKYO FM(エフエム サウンズ)より招聘された熊谷正 常務取締役放送部長は、ご周知の通り さらに このスクラップ・アンド・ビルド傾向を強めました。東京からタレントDJを積極的に登用していく、独自の編成方針を採り現在に至っています。

 本社演奏所・本局 送信所の地理的位置や独特のコールサイン呼称など、全国のJFN加盟局の中でもFM長野はユニークな存在です。


(追記) 開局10年目にあたる 1998年 3月 現在の長野エフエム放送の株主構成は、1位・ながのアド・ビューロー(10・51%) 2位・川中嶋土地開発(10・28%) 3位・アルビコ自工(8・60%) 4位・アルビコ観光サービス(8・60%) 5位・北野合同建物(6・91%)と公表されています。

(追記) 開局15年目にあたる 2003年 3月 現在の長野エフエム放送の株主構成は、1位・ながのアド・ビューロー(10・51%) 2位・川中嶋土地開発(10・28%) 3位・アルビコ自工(8・60%) 3位・アルビコ観光サービス(8・60%) 5位・信越放送(7・14%)と公表されています。

(追記) 2007年10月に、熊谷正 常務取締役放送部長は FM長野を退社されました。

(追記) 開局20年目にあたる 2008年 3月 現在の長野エフエム放送の株主構成は、1位・アルピコ自工(23・13%) 2位・川中嶋土地開発(7・00%) 4位・信越放送(6・25%) 4位・信濃毎日新聞社(6・25%)と公表されています。

(追記) 開局25年目にあたる 2013年 3月 現在の長野エフエム放送の株主構成は、1位・アルピコホールディングス(42・70%) 2位・ジャパンエフエムネットワーク(9・00%) 3位・信越放送(6・25%) 3位・信濃毎日新聞社(6・25%) 5位・中日新聞社(3・50%) 5位・ニッポン放送(3・50%) 5位・日本経済新聞社(3・50%) 5位・読売新聞社(3・50%)と公表されています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2003年2月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。