FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第249回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    桑田佳祐“NUMBER WONDA GIRL ~ 恋するワンダ”
    アサヒ飲料 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    織田哲郎「月ノ涙」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛の迷宮」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌
    ♪テンションが不協和音ぎみだが、不思議に和声と調性は整っている佳曲。


 守屋武昌 前防衛事務次官の証人喚問が、29日 午後行われました。NHK総合が生中継しています。静止画による証人喚問中継ほど、気の抜けたテレビ放送は ありません。守屋 前事務次官は、静止画による中継を請求したそうですが、テロ特措法特別委員会の議決で、動画による中継となりました。私は、いやはや という思いで視聴しました。

 以前このブログでも書きましたが、防衛省において事務次官を筆頭とする「背広組」も、職務宣誓上は 自衛隊員です。しかし、事務次官在任中の 5年間を含め 200回を超えるゴルフ接待があったなど、厳しく律しなければならない自衛官だとは とても思えません。制服組とは異なり、やはり「背広組」は、官僚なのでしょうか?

 規律に厳格な自衛隊・防衛庁の世界にさえ、地位や環境に慣れきってしまい、倫理観が欠落した行動に出る人が現れます。社会では、自分の意識と欲求から理解出来るもののみ信じ、他の存在を蔑視して認めない振舞いに及ぶ地位ある者は、意外に多く存在します。ところがこういう人を、周りの環境も増長させてしまう事が往々にあるのです。

 例えば素朴な田舎の人達の集まりに、突然都会の人間が現れて、今までの事情なんかお構い無しで、自分が正しいと信じ切り、既存の集まりを引っ掻き回してしまえば、これほど迷惑な話は ありません。ところが、その素朴な人間達にも能力 と 経験が足りなければ、これまたお話にならないのです。かえって独善を増長させてしまいます。

 両者とも真摯な姿勢で学ぶ事がなく、自分達が意識し経験した範囲内でしか、物事を理解しようとしません。ここに独善性の元凶が巣食っています。これでは 両者に未来はなく、仕事から後世に残るものは 微塵もありません。こういった救われない人達の集まりを垣間見ると、アイデアがあっても、両者を救う気持ちなんぞは 全く起きないものなのです。

 結局 後世では、功績が何も残らなかった実態を、瞬間確認するだけです。その確認は、一瞥という語彙が適切かも知れません。人間としての存在価値にも悖ります。豊かな経験は、蔑視から決して生じず、真摯な学ぶ姿勢からのみ積み重なっていくのです。今回の防衛省の問題も、そう言ったレベルの話だと思わざるを得ません。

 仕事で最近、松本・長野間の高速バスに乗る機会が多くなりました。特急で行くよりも 便利が良いと気付いたからです。そのバスの窓から、より身近に信州の秋の深まりを感じる事が出来ます。特に筑北の山あいから安曇野へ抜ける田園風景は 美しいものです。豊科インターの手前で ラジオ周波数の紹介ボードがあり、FM長野も 79・7MHzと紹介されています。

 そのFM長野で人事異動がありました。熊谷正・常務取締役 兼 放送部長が、TFM(エフエム サウンズ)に戻るため、先月いっぱいで辞職されています。私のラジオリスナーとしての経験から、類似例に気付かせない(笑)穏やかで洗練された自社制作番組 と そこから醸し出す音楽を、FM長野では オンエアーして欲しいものです。一(いち)リスナーとして念願しています。


(追記) 11月28日に 守屋武昌 前防衛事務次官は、収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕されました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年11月02日 の週間選曲リスト と『 エフエムサウンズ 熊谷正 氏 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。