FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第731回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    OKAMOTO’S「時差」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「嘘なんてひとつもないの」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    re:plus“Yourside”
    BS JAPAN・ドラマ「真夜中の百貨店 ~ シークレットルームへようこそ」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    NTT東日本 テレビCMソング [小田和正]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪1位 2週、登場13週。


 全国でAMラジオのFM補完中継局の配置が進んでいます。ですがJFN加盟局の春改編からは、特段の危機感などは感じられません。もはや出尽くし感が先行して覆っているのかも知れません。そんな春のラジオ改編の成功例として、この時期になると思い出す番組と言えば、QR文化放送の「決定!全日本歌謡選抜」です。

 LFとTBSに聴取率的に差をつけられた1976年の春に、QR文化放送は「第2の開局」と銘打った大改編を実施します。それは 人気パーソナリティだった片山竜二 氏をTBSから引き抜いて、朝ワイドを担当させるなど大胆不敵な全面改編でした。

 この「第2の開局」の一環として不毛の時間帯だった日曜午後には、3時間半の大型邦楽ヒットチャート番組を開発します。TBSアナからフリーになった小川哲哉 氏とQR社員の丹羽たか子 アナが担当し、電話リクエストをメインデータにベスト50を決定・発表。しかも全てのオンエアー曲を完奏させるという実に独創的な番組でした。

 開始当初は野末陳平 氏に、途中ヒットチャートとは無関係のコーナーを担当させていましたが、程なく小川・丹羽のコンビが 3時間半フルで担当する様になりました。

 30名のオペレーターを配した電話リクエストを受け付けるルームと、DJブースを一体化した「情報コントロールセンター」から、小川 氏の有名なタメ口ゲストインタビュー(笑)も含めて、これでもかというほど新譜情報を流しまくり、ラスト1時間にベスト50を発表。ベスト10はフルコーラスでオンエアーしました。

 開始数年で空前の人気番組になり、30名のオペレーターを擁しても電話がパンク状態で、最盛期には東京都内で末尾8番の方などと、実に細かい末尾制限を設けて電話リクエストを受け付け、3時間半の間には上位曲に関して、前半とベスト10で2回オンエアーする、通常番組ではあり得ない事も平然と行っていました。

 ベスト50は、電話リクエスト集計と全国民放16社の順位に基づき、決定!全日本歌謡選抜の実行委員会が決定します。この実行委員会は「不二家歌謡ベストテン」におけるニッポン放送音楽委員会と類似性があり、重要な仕組みを構成しています。

 順位決定に関して番組プロデューサー・ディレクターなどへ、レコード会社やプロダクションからの圧力を避けるため、責任の所在を分散する機能が実行委員会だったのです。但し 丹羽たか子 アナは、数年前の雑誌インタビューで、実行委員会のメンバーが たった 3名だけだったと告白しています(笑)。

 また番組で紹介される全国民間放送16社の順位は、ベストテンと注目曲1曲だけで、この程度のデータ集計では総合 30位前後までが精一杯だし、電話リクエストの順位情報に至っては、8時だヨ!全員集合のヒゲのテーマをBGMに、なぜか順位を明確にせず、小川 氏が独走とか接近とか まるでマラソン中継の様なリポートをしていました(笑)。

 さらに人気が高まるとHBC北海道放送・SF東海ラジオ・OBCラジオ大阪でも、決定!全日本歌謡選抜が トヨタ自動車1社提供でスタートします。

 ところが同時ネットではなく、それぞれの局が別のパーソナリティを擁し、独自に電話リクエストを受け付けて、なぜかベスト50は全く同じという不思議な放送形態でした(笑)。この各局のベスト50が全く同じという事実は、当時の私が 遠距離直接受信により、この耳で確認しています。

 ベスト50の発表では、50位から1位までに総合点1275点を割り振り、女性歌手が紅組、男性歌手が白組として対抗戦を行い、勝った組へリクエストをしたリスナーには、抽選で賞品が当たるお楽しみもありました。とにかくQR文化放送は、この紅白対抗によるヒットチャートが好きで(笑)歌謡紅白人気投票や歌謡紅白ベストテンなど従前から放送していました。

 ベスト10とベスト3にはファンファーレが鳴り、順位発表の瞬間にはオペレーターの拍手。実行委員会が手計算で集計しているのに、なぜか当時あった大型コンピューターの稼働音BG、そしてイントロ幅に合わせた完璧な順位紹介アナウンスと、実に形式美に富んだ内容でした。

 まさか2本録りで配信していた(笑)全国歌謡ベストテンの様に、ベスト50を順位発表アナウンスの原稿と共に事前決定して、HBC・SF・OBCに予め配布していたという事はないと信じています(笑)。

 当時のアイドルブームに乗って白組が数十連勝しても、小川 氏が「今週も白組の勝利でした!」と何の迷いもなく堂々と発表していたくらい(笑)形式美を守りスタイルを変えなかったのが「決定!全日本歌謡選抜」だったのです。

 この頑なに開始当初のスタイルを守る姿勢は、例えば前半の数年間は年間ランキング発表がなく、年末年始もレギュラーのベスト50を淡々と発表しており、後半になって やっと年間ランキングの発表を始めましたが、なんとレギュラーベスト50の前の1コーナーとして行っていました(笑)。

 この年間ランキングの発表システムは、決定!全日本歌謡選抜の後番組“SUPER COUNTDOWN 50”で やっと昇華します。

 あまりにも見事なフォーマットのため番組終了時の寂しさも格別です(笑)。ベスト10の振り返りでエンディングを迎えテーマ音楽が終わり、丹羽 アナが「この番組は愛される車を目指すトヨタ自動車の提供でお送り致しました。」とコールした瞬間からです。QR文化放送から、一気に哀感に満ちた寂しさが漂います。

 トヨタ自動車からマルキン自転車へ(笑)超ローカルなCMが流れた後、局アナとして残った丹羽 アナが 今日の都内の天気など軽く紹介し「この後はサウンドスポットでお楽しみください。4時半になります。ジェイオーキューアール。」とコールされると日曜の喪失感に苛まれます。このまま菊正宗の辛口名人会まで聴いていると、さらにブルーは深まるのです(笑)。

 長年担当した小川哲哉 氏は番組降板の後で、RFラジオ日本で演歌番組など担当していましたが、すっかり姿を見せなくなりました。あの歌手インタビューで魅せた馴れ馴れしさは(笑)第2の開局文化放送として、決定!全日本歌謡選抜開始前の紹介番組の時から始まる天性のものでしたが、全く消息すら知れません。

 結局あの第2の開局で定着したのは、最も独創的だった「決定!全日本歌謡選抜」だけでした。最近のラジオ改編には独創的だと思わせる新番組が皆無に近い中、4月になると この「決定!全日本歌謡選抜」を思い出します。

 「さ。お待たせ致しました。全国民間放送16社の順位と皆様からの電話リクエスト集計により、決定!全日本歌謡選抜の実行委員会がここに決定した第468回 ベスト50の発表です!」。

第732回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    OKAMOTO’S「時差」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「嘘なんてひとつもないの」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NTT東日本 テレビCMソング [小田和正]

  3. 第 3 位 ( △ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS カンテレ・ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」劇中効果音楽 [澤野弘之・KOHTA YAMAMOTO]
    ♪和声・調性共に際立った、打ち込みオーケストレーションによる劇伴群。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    re:plus“Yourside”
    BS JAPAN・ドラマ「真夜中の百貨店 ~ シークレットルームへようこそ」エンディング テーマ


 この春のFM長野の自社制作番組は、昨年7月の大改編から大きな番組変更やパーソナリティの移動がありませんでした。これから陽春を迎え、美ヶ原高原から緩やかに風が流れ始めています。

 JFNネット番組では大きな改編がありました。1974年 開始の「ダイヤトーン ポップスベストテン」から数えて 43年間続いた「コスモ ポップスベスト10」が遂に終了しました。私にも 20年近くランキングを記録したりスクラップしていた時期があり感慨無量です。

 その代わりと言ってはなんですが(笑)日曜 午後1時からビルボードジャパンの最新情報を伝える”HITS ONE PREMIUM“がスタートしました。9年前のこのブログで、スタートしたビルボードジャパンのチャートについて書いた時、チャートを作るなら順位を紹介するラジオ番組が必要と書きました。やっと実現した感じです。

 また日曜 午前11時からのコーセー化粧品 提供枠は“KOSE Your Songs Best10”として、遂に順位発表を再開(笑)しました。但しベスト10と言っても、毎週予め決めたテーマに即したリクエストを募集し、集計したランキングを発表していくコンセプトです。

 ラジオチャート番組の本質は、全ての選曲を聴取者へ委ねる事にあります。その目的を達するため、今 最も多数の聴取者が満足する選曲を、統計学的手法で客観的に行うのが鉄則です。

 この本質を理解できないスタッフが、ラジオチャート番組の制作担当になると、途端に番組構成を自分好みなフォーマットへ変えてしまいます。そしてヒットチャート番組は潰れていくのです。まさしく順位発表を1コーナーに押しやった、コスモ ポップスベスト10の晩年がそうでした。

 この鉄則から考察すると、コスモ ポップスベスト10より新番組の”HITS ONE PREMIUM“のほうが良く、さらに新譜だけを対象にしない“KOSE Your Songs Best10”は さらに適合します。

 “KOSE Your Songs Best10”のテーマ曲は、前番組から引き続き あの「コーセー歌謡ベストテン」と同旋律です。今後の番組の推移と、FM長野には開局時のコンセプトを忘れない番組編成に、新しい緩やかな風が感じ取れる自社制作を期待しています。


FM長野 自社制作番組リスト
(敬称略 ・【 】内は整理順位)


2017年 4月 現在

  1. 【1】ラジモ!
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・向井優・大久保ノブオ・本間香菜子・成美・ダイナマイトマンダム・唐木さやか

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】claps!
       金 0730 ~ 1049
       高寺直美

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1100 ~ 1200
       高寺直美

 開局時(1988年10月)から 29年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第733回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS カンテレ・ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」劇中効果音楽 [澤野弘之・KOHTA YAMAMOTO]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    OKAMOTO’S「時差」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「嘘なんてひとつもないの」主題歌
    ♪1位 3週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪第2シーズンも変わらない和声に哀感がある秀でた劇伴音楽群。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NTT東日本 テレビCMソング [小田和正]


 今このブログの文章を打っているのは、ガラホです。やはり寝っころがっての片手打ちは(笑)長年慣れた物理テンキーでないとできません。昨年 5月にAndroid搭載のガラホにしましたので、スマホで閲覧出来るサイトは全て閲覧でき、完全SSL化した このブログも確認することが出来ます。

 携帯料金も無料通話のフル活用で、ガラケー時代から2000円近く減りました。もちろんデータ通信料は制限内に収まる様に工夫して使っています。通話料によってサービスされるポイントは、きちんと貯めて電池交換などに利用しています。

 そのポイントですが、最近妙なお知らせが送られてきました。6月以降はTポイントカード番号を登録しないと、携帯料金によるポイントを付与しないと言うのです。

 我が家はポイントカードが大好きで(笑)特に某大手ドラッグストアーのポイントカードを愛用しています。カード会員に送られてくる全品割引の葉書は、楽しみでもあり重宝しています。また地元スーパーのポイントカードも長年使っています。

 ところが携帯電話会社が勧めてくるTポイントカードは、近くに加盟店もなく使う機会が殆どありませんし、あまり必要だと思えません。マイナンバーについて書いた際、身分証明カードやポイントカードが大好きだと広言しましたが、さすがに全く使う機会のないポイントカードは あまり持ちたくないのです(笑)。

 Tポイントカード番号を登録しないと、携帯料金のポイントを付与しないと言うのも強引な話です。Tポイントカードと書けば、どこの携帯電話会社と判ってしまいますが(笑)その携帯電話会社でも、Tポイントカードを発行するらしいので、当初は それを所有する事を考えました。

 しかし調べてみると、その携帯電話会社発行のTポイントカードには、何やら他サービスへの紐がついています。どうしたものか? とさらに考えた挙げく、普段殆ど行くことがないコンビニエンスストアにわざわざ行き、機能が限定されたTポイントカードを新規発行して貰うことにしました。

 手続きは意外に簡単で、店員さんにお願いするとすぐ空カードを出してきました。店頭の端末で、私が住所・氏名などの個人情報を入力すると、その空カードが有効となり私のTポイントカードとして渡されました。

 帰宅後 早速そのTポイントカード番号を、携帯電話会社のサイトから入力しました。某ポータルのショッピングへの紐だけは付いてしまいましたが(笑)Tポイントカード番号は登録され、6月からも料金によるポイントが引き続き付与される事になりました。

 Tポイントカード番号を登録しなければ、携帯電話会社以外でのポイント利用は出来ないというなら解りますが、ポイント自体を付与しないと言うのはやはり強引な話です。

 長野で暮らし始めた25年ほど前、加盟店の多かったグリーンスタンプが、殆どの買い物に付いており、相当貯まった後、長野市内にあるギフトセンターでプレゼント交換をした楽しい思い出があります。それ以来ポイントカード好きになったのですが、最近はポイントカードが多種になってしまい、この店は あのカードど管理が大変になっています。

 前述の大手ドラッグストアーで買い物をしてレジに行った時に、レジの画面が目に入り驚きました。ポイントカードを提示した後のレジ画面には、我が家の直近1年間の買い物総額が表示されていました。どうりでレジで「いつもありがとうございます。」と挨拶されたり、割引の葉書を毎月送ってくるのは、このデータが原因なのかと妙に納得してしまいました。

 ポイントカードは大好きで、割引やプレゼント交換は楽しいのですが、買い物の履歴は細かく記録されており、特に今回のTポイントカードには、強引なほどの煩雑さを感じてしまいました。ポイントカードは好きなのですが、もう少し穏やかなシステムにしてもらいたいものです。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、9日に 37万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。

第734回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS カンテレ・ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」劇中効果音楽 [澤野弘之・KOHTA YAMAMOTO]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング
    ♪1位 4週、登場16週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    ぼくのりりっくのぼうよみ「つきとさなぎ」
    テレビ東京・ドラマ25「SR サイタマノラッパー ~ マイクの細道」エンディング テーマ
    ♪日本語ラップとしては美しく調性まで感じる。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「犯罪症候群」テーマ音楽 [やまだ豊]
    ♪打ち込みのストリングスが深い旋律を奏でる佳曲。


 19日に奇妙なニュースが、全国のマスコミへ配信されました。北朝鮮 北東部の核実験場内でバレーボールの試合が行われていたという記事です(笑)。米ジョンズ・ホプキンス大 高等国際問題研究大学院の米韓研究所によって、分析された人工衛星画像に映っていたそうです。

 世界の主要国は自前の軍事偵察衛星を持っており、日本も情報収集衛星を保有しています。軍事偵察衛星の解像度は、約10センチから30センチ程度の地上の物体を識別できるとされています。そして その軍事偵察衛星の殆どは、軌道が北朝鮮上空を通過する際に必ず撮影活動をします。

 米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース社の民生用衛星を利用して、北朝鮮の分析を行っていますが、軍事偵察衛星でも民生用の人工衛星でも、レーダを使用しない工学撮影は、雲のない好天が条件です。

 そして偵察衛星が工学撮影可能な日 つまり 好天の日は、北朝鮮の地上でも当然解ります。軍事偵察衛星が撮影しているのを充分意識した上で、わざわざ核実験場でバレーボールの試合を開いてみせたのだと思われます。

 一方 国内ではあまり報道されていませんが、アフガニスタンに展開している米軍は、イスラム国(IS)の拠点に、GBUー43/B 大規模爆風爆弾兵器(MOAB)を投下し、初めて実戦使用しました。

 MOABは、全ての爆弾の母と言われるほど、非核兵器では史上最大の爆弾とされています。どうも日本は被爆国として核兵器に敏感なのですが、MOABに関しては殆ど関心がありません。原水爆の様に広範囲な被害をもたらしませんが、500平方メートルほどのピンポイントな範囲でしたら、地下を含めた全ての施設が消滅します。

 トランプ 政権は、歴代のホワイトハウス首脳部が使用を躊躇していたMOABを、いとも簡単に実戦使用しました。シリアへのミサイル攻撃も決断は早く、中国やロシアは腰が引けています。

 そう言えば尖閣諸島への中国公船の領海侵犯行為も、一時期からは回数や侵犯時間が減ってきた感じを受けます。やはり安倍 首相とトランプ 大統領の親密な関係、さらに尖閣諸島は 日米安全保障条約 第5条の適用範囲だと、国務長官・国防長官が確認した点も影響していると思われます。

 トランプ 大統領は 軍事行動を、投機利殖の売買タイミングを計る様な決断で対応しています。ある意味一切妥協しないと好戦的な姿勢を崩していない北朝鮮も、核実験場のバレーボールの試合は、瀬戸際外交の限界値を示している感じさえします。

 日本国内もミサイル射程圏に完全に含まれている事もあり、迎撃体制の前にJ―ALERT(全国瞬時警報システム)の運用だけは、ラジオ局・テレビ局のメディアを含めて、24時間怠りなく行ってもらいたいものです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2017年4月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。