FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第734回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS カンテレ・ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」劇中効果音楽 [澤野弘之・KOHTA YAMAMOTO]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング
    ♪1位 4週、登場16週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    ぼくのりりっくのぼうよみ「つきとさなぎ」
    テレビ東京・ドラマ25「SR サイタマノラッパー ~ マイクの細道」エンディング テーマ
    ♪日本語ラップとしては美しく調性まで感じる。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「犯罪症候群」テーマ音楽 [やまだ豊]
    ♪打ち込みのストリングスが深い旋律を奏でる佳曲。


 19日に奇妙なニュースが、全国のマスコミへ配信されました。北朝鮮 北東部の核実験場内でバレーボールの試合が行われていたという記事です(笑)。米ジョンズ・ホプキンス大 高等国際問題研究大学院の米韓研究所によって、分析された人工衛星画像に映っていたそうです。

 世界の主要国は自前の軍事偵察衛星を持っており、日本も情報収集衛星を保有しています。軍事偵察衛星の解像度は、約10センチから30センチ程度の地上の物体を識別できるとされています。そして その軍事偵察衛星の殆どは、軌道が北朝鮮上空を通過する際に必ず撮影活動をします。

 米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース社の民生用衛星を利用して、北朝鮮の分析を行っていますが、軍事偵察衛星でも民生用の人工衛星でも、レーダを使用しない工学撮影は、雲のない好天が条件です。

 そして偵察衛星が工学撮影可能な日 つまり 好天の日は、北朝鮮の地上でも当然解ります。軍事偵察衛星が撮影しているのを充分意識した上で、わざわざ核実験場でバレーボールの試合を開いてみせたのだと思われます。

 一方 国内ではあまり報道されていませんが、アフガニスタンに展開している米軍は、イスラム国(IS)の拠点に、GBUー43/B 大規模爆風爆弾兵器(MOAB)を投下し、初めて実戦使用しました。

 MOABは、全ての爆弾の母と言われるほど、非核兵器では史上最大の爆弾とされています。どうも日本は被爆国として核兵器に敏感なのですが、MOABに関しては殆ど関心がありません。原水爆の様に広範囲な被害をもたらしませんが、500平方メートルほどのピンポイントな範囲でしたら、地下を含めた全ての施設が消滅します。

 トランプ 政権は、歴代のホワイトハウス首脳部が使用を躊躇していたMOABを、いとも簡単に実戦使用しました。シリアへのミサイル攻撃も決断は早く、中国やロシアは腰が引けています。

 そう言えば尖閣諸島への中国公船の領海侵犯行為も、一時期からは回数や侵犯時間が減ってきた感じを受けます。やはり安倍 首相とトランプ 大統領の親密な関係、さらに尖閣諸島は 日米安全保障条約 第5条の適用範囲だと、国務長官・国防長官が確認した点も影響していると思われます。

 トランプ 大統領は 軍事行動を、投機利殖の売買タイミングを計る様な決断で対応しています。ある意味一切妥協しないと好戦的な姿勢を崩していない北朝鮮も、核実験場のバレーボールの試合は、瀬戸際外交の限界値を示している感じさえします。

 日本国内もミサイル射程圏に完全に含まれている事もあり、迎撃体制の前にJ―ALERT(全国瞬時警報システム)の運用だけは、ラジオ局・テレビ局のメディアを含めて、24時間怠りなく行ってもらいたいものです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年04月28日 の週間選曲リストと『 北朝鮮動向 と J-ALERT 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。