FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第195回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪ラストに流れるピアノ・アンサンブルは変わらず秀逸。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌


 9日に 北朝鮮は、地下核実験を決行したと発表しました。

 核実験とされる爆発があったのは 午前10時35分。韓国のテレビメディアは、11時のニュースに第1報を伝えていましたが、日本は、11時45分頃 民放テレビのニュース時間帯で各局一斉に速報しています。

 ところがNHKは、ローカル番組の放送時間帯だったためか特設ニュースまで至りませんでした。NHK総合には、平日 正午前と午後6時台にローカルの放送枠があります。この枠で地震や緊急事件が発生すると、やはり若干速報が遅れるのです。

 結局NHKは、今回の地下核実験の詳報を 正午のニュースで登坂淳一 アナが伝えていました。但し一気に情報が入ったためか、陪席で解説をする国際部記者の名前を紹介し忘れるなど少々混乱していた様です。

 12時40分に 長野放送局では、ローカルニュースを関口泰雅 アナが5分間放送。その後 朝ドラのリピートを通常通り放送。午後1時からの特設ニュースは 阿部渉 アナが担当しました。

 NHKお馴染みの軍事評論家・江畑謙介 氏も登場し、どこよりも早く爆発の規模から「実験失敗」の可能性を示唆。特設ニュースは そのまま午後3時10分まで続いています。

 今回 NHK正午のニュースは、40分間に渡り総合・FMと同時放送しました。この場合、ラジオセンターへもアナウンサーが ひとり付き「ただ今テレビと同時に放送しております。」などとラジオ独自のナビゲーションを挟みます。このナビゲーションは、内多勝康 アナが担当しています。

 長野市の気象庁 松代精密地震観測室でも観測した人工爆発が、もし本当に北朝鮮の地下核実験なら、これは全世界への重大な挑戦です。

 このまま核開発が進みミサイルへの核弾頭搭載が可能になれば、周辺国はおろか人類全体を人質にして、国家の体制維持を謀っていると解釈されても否定できません。全体主義国家として、あのナチスドイツさえも到達した事がない極めて危険な段階になります。国際社会の一致した すみやかな措置が求められます。


(追記) 2009年 5月25日 北朝鮮は、2度目の地下核実験を決行しました。
 2013年 2月12日 北朝鮮は、3度目の地下核実験を決行しました。
 2016年 1月 6日 北朝鮮は、水爆と称する4度目の地下核実験を決行しました。
 2016年 9月 9日 北朝鮮は、5度目の地下核実験を決行しました。
 2017年 9月 3日 北朝鮮は、6度目の地下核実験を決行しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年10月13日 の週間選曲リストと『 北朝鮮 地下核実験 決行 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。